gundollの考察 過去ログ倉庫

2006年新番組より前の感想の倉庫です。コメント、TBもちろんお待ちしております!

ツバサ・クロニクル 第12話 「暖かなエガオ」

2005年06月26日 10時26分51秒 | アニメ
先週までのナユタヤ国を離れた小狼たちの今日のお話は、
私が感じるに

 インターバル的な話

だったかなと。
ただ、これは全体的なところを見たときの話で、

重要なところは結構ちりばめられてましたよね。
特に、

 小狼の過去

ですよね~。
過去の記憶がないんですね彼。

私、思うのですが、その失われた(もしくはもとからない)記憶と
謎の組織の水槽にいる謎の人物が関係しているような気がしてならないんですよね^^;
ここらへん、当たったら、ちょっとうれしい反面、悲しい話になるんだろうなと。

しかし、過去の記憶がない小狼を支えたのは、父でもということもありますが
サクラの存在、大きかったのですね~。
笑顔のない小狼が笑顔を取り戻す過程がしっかり描かれていて良かったと思います。

しかし、そんな過程が、今のサクラの記憶を基に語られているので、
当然、その記憶の中に小狼がいるはずはなく…。

 これでもかというくらい切ないですね…(つД`)

ただ、今回はそんな切ない場面だけではなく、
羽の探索を通して、小狼とサクラが築く新たな絆も描かれていました。
過去の小狼との関係性は取り戻せないとしても、

 今、新たな絆が結ばれようとしているような気がします。

スイマセン、どうしても、昨日のウルトラマンネクサスの影響で「絆」という言葉がたくさんでてきてしまいますw
でも、本当に、今後小狼とサクラが新たな絆をつむぐとすれば、それはそれで、過去の関係性を取り戻すよりも前向きでいいのかもしれませんね。

今回は、サクラ&小狼の話だけではなく、
それを支えるファイたちも丁寧に描かれましたね。
今回の話を通して、初めてしっかりとした「結束」みたいなものが生まれたような気がします。

まぁ、モコナはあいかわらずですがねw

しかし、今回、「インターバル」といいましたが、
こうやって書いてみると色々思うところはありますねw

来週は、洋風な感じの世界でしょうか。
いつものツバサに戻るみたいですね。

来週も楽しみです!
コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 幻星神ジャスティライザー 第... | トップ | 交響詩篇エウレカセブン 第11... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
賛成です。(^^ (okotamaimai)
2005-06-26 14:50:45
 私も、謎の少年(?)が小狼の過去に関わってきそうだと思います。

特に、サクラの力に関して「時空を超える力」という形容もありましたから。(--;





> 今、新たな絆が結ばれようとしているような気がします。



 そうですね。

「幼馴染」から始まったのではない、

二人の新たな絆が結ばれているように思えますね。

to okotamaimaiさん (gundoll (管理人))
2005-06-27 02:39:50
コメントありがとうございます。



やっぱり、謎の少年と小狼何かありますよね。

時空を超える力ということは、やっぱりアレですかね^^;

少年=小狼とか…。

とりあえず、まだまだ分からないようですから、待つとしますか。
すいません (okotamaimai)
2005-07-04 21:32:10
 また、トラックバックがおかしくなってしまいました。

Yahoo!ブログの状態が思っていた以上に悪かったようです。

申し訳ありません。

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事