Salsa する?

Salsaの力を信じてます。
ココロの核にしみ込んで、カラダの芯が躍動します。

納得させられた映画、、「クソ野郎と美しき世界」

2018-04-19 10:42:24 | 映画



4月6日
二週間限定の上映映画「クソ野郎と美しき世界」が公開された。

当日チケットは取れず、ようやく観れたのは公開11日目の月曜の夜。
平日の最終回なのに、最前列の席しか取れなかった。

映画の前評判は、なんだかパッとしてない感じ。
が、
映画っていうのは、
大きなスクリーンで、自分の目でシカと見届けると前評判と全然違ってた、、
なんてことが多々ある。

この映画は観ていくうちに、コレは映画だけど、、
ドキュメンタリー…と思えた。
稲垣吾郎・香取慎吾・草彅剛の三人のための。

4人の監督によるそれぞれの物語は、
観客に<オープンエンド>の結末をくれた。
観る側の想像力と察知能力に任せたメッセージのよう。

それは
とっても分かりずらい部分と凄く解りやすい部分と織り交ぜて、、ネ
多分、わざと。。。。。


◇トップバッターは園子温監督/稲垣吾郎 分かりずらさのカオス◇


エピソード1「ピアニストを撃つな!」

のっけからシバラクは、ヘンな園子温ワールド。
とにかく一貫して・・・・が続く。
観終わり、ホッとし、エピソード2~3に入ると、
エピソード1の??が、そういうこと!?という確信に変わる。

意味がないようで、煙に巻いた巧妙な揶揄か、、

そんな中で不変の稲垣吾郎。
金太郎飴のように切っても切っても、どこまでも吾郎ちゃんの存在。

コレは
敢えて分かりずらく仕上げてるとしか思えなかった。

観終わった後、なぜかエピソード1のナゾ謎に引きずられた。
まんまと園子温監督の罠にかかった。


◇エピソード2 山内ケンジ監督/香取慎吾◇

「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」は今置かれてる現状を物語っていた。

警察の取調室で
自宅のアトリエで
そして街角で
香取君の表情が演技とはいえ、
SMAP解散の後遺症を抱えているようで、切なかった。

エピソード2は、
尾崎紀世彦「また会う日まで」と歌喰い女子のキーパーソン。
そして布石だらけ。

ここに沢山のメッセージを託し、ファンへ彼らの再生を誓っている。
そう感じたのは私だけではないはずだ。。


◇エピソード3 太田光監督/草彅剛◇

「光へ、航る」

草彅剛という人は、アップに耐えらえる数少ない役者だと知った。

巨大スクリーンいっぱいの草彅剛の表情は、映画を完全に支配していた。

眉に一本の白髪があることまでも、なぜか自然でカッコいい。。

SMAPの中で一番遅咲だった彼が、ダントツの実力を魅せた映画かもしれない。


◇エピソード4 児玉祐一監督/全員◇


「新しい詩(うた)」

元SMAPの三人のデモンストレーションと決意表明。。じゃないかと。


割り切れない気持ちは本人たちだけではなく、
二度と聴けない、、ファンにとって大きな穴に落ちた感じ。

あと一日で公開は終わる。
それもまた寂しいが、また会う日まで愉しみに待って居ようと思えた映画だった。

←ブログランキングに参加してます。応援のポチクリックをしてくれると嬉しいデス(*ノωノ)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« どこまでやるの!?∞のフェフ姉... | トップ | 戦争と平和の三国志。。高野... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (黒蜜きなこ)
2018-04-19 21:51:46
こんばんは!とても興味深く読ませていただきました。そして その洞察力に感動してしまいました。
私は1度だけでは気が済まなくて 最終日の今日も観てしまい なんとも言えない余韻を持って帰って来ました。

エピソード4で弾けるように歌う慎吾にこちらまで幸せになった所で エンディングを観て… エピソード4はパラレルワールドだったのか⁈と妙な気持ちになりました。
ともかく また逢う日まで。。
新しい詩を歌う3人をずっと応援したいなと思いました(^^)
感想を聞かせてくださりありがとうございました☆

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事