Salsa する?

Salsaの力を信じてます。
ココロの核にしみ込んで、カラダの芯が躍動します。

「ボクたちは みんな大人になれなかった」爪痕に戸惑う、愛しのバレンタイン

2020-09-26 11:40:12 | 


◇ 燃え殻 小説『ボクたちは みんな大人になれなかった 』◇

燃え殻さんの物語りは、孤高・・・な読後感で占められた。
二十代の瑞々しい恋というのとは遠く、恋人だった人のモノスゴイ熱量の爪痕を、
今もただただ慈しいと感じ続けている。

彼の社会生活は、暖簾に腕押し的な透明人間なのに、、
この恋物語りだけは、
手垢のついていない聖域だと。。独白しているように感じた。

誰に?
恋人だった人に・・・

未だに、燃え殻さんの柔らかい部分で、
生きてくエネルギーとなり発酵し続ける恋人の爪痕。。

彼女の言葉や振る舞いが、クッキリとした爪痕になり、
彼の一部となって<燃え殻さん>を、今も圧倒している。。

実年齢が40代半ばでも、青年のままの部分を抱えながら、
とっくに終わっている恋に、、想いを断ち切れない心を反芻している。
そこには、
20代の時と同じ想いか、それ以上強い想いが、そこかしこに居座っていた。

ワタシは、何とも表現できないため息を深く吐いた。
こんなに強い爪痕を残せる初恋に・・・
だって、
初恋は、決してハッピーエンドではないからさ。
そして
自分の初恋らしきものが、痛すぎた・・・ことを改めて想ったのも確かだった。

◇ チェット・ベイカー「愛しのバレンタイン」 ◇

「ボクたちは みんな大人になれなかった」中で、
燃え殻さんが彼女の事を夢中で話していると、
周りの人には
『よっぽど美人だったんだろうねぇ』と訊かれると、
彼女のことを
間違いなくブスだった。
彼女の良さを分かるのは自分だけだとも思っていた、と書かれていた。。

まるで、
チェット・ベイカー「愛しのバレンタイン」の歌そのものだった。
(曲がリンクしてあるよ🎵ドキドキする曲ですから~)

聞き手のクソツマラナイ言葉の『よっぽど美人だったんだろうねぇ』は、
夢中で話しをしていた時間が、不毛な時間だった、、と、
なぜか、、読み手のワタシが不貞腐れた。

想い続ける心の深さを
顔の美醜や造形をモノサシにする幼稚な言葉は、うんざりだった。

愛おしいと思う根っこには、

 良い匂いの言葉や

 虚を突かれる行動力

 ドキッとする視点

 自分が相手に突き動かされた瞬間の横顔だったりするからだ。

一生残る爪痕とは、ちいさな感動が塊になって、心を締め付けるのだと思う。

おのれの初恋の惨敗は、
自分の美醜への思い込みや、相手に好かれたい一心の自分無くしだった。
相手にヒドイ!!と思ったあの時、
「君なんか、痔になればイイのに!!!」くらい切り返せたら、
どんなに後味が良かったのだろう。。と。

だから
この本は、色んな人の想いを掘り起こした一冊だと思う。

💛帯表紙 韓国ドラマ「私のIDはカンナム美人」💛

何度も何度も観返すしてるドキドキなドラマ。
これも
「愛しのバレンタイン」そのもののデス。

ダンス・バレエランキング←ブログランキングに参加してます。貴方の応援クリックが励みになってます!ありがとうございます!(^^)!

コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 透明人間その① 長生きは最大... | トップ | 中島たい子「漢方小説」と蟷... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
恋愛.....。 (kiyasume)
2020-10-06 23:54:10
イイですねぇ・・・・。
恋愛か、、

私も随分と若い頃に付き合って
居た彼女が居たけど・・・・。

それ以来、と言うかその子が日本から居なくなって、
それから付き合った子は居ませんでしたね。

今はすっかりジジイになって仕舞って・・・・。
女性を顔やらスタイルでどうのこうの言う輩は、
私も嫌いです。女性は心ですよ。

どんなに美人でも自分の事を鼻にかけて居たり、
自分の美しさに酔って居る様な女性には魅力を
感じません・・・・・。

背が小さいとか、顔とか美しく無いだとか、、
本当の男はそんな所は見ませんよ。
私は女性らしい、気の配り方が出来たり、
気持ちが素直で心が優しい人に惹かれます。

それに私は障害を持って居るから、、
女の子とは最初の障害を持つ前の子以外は、
付き合わない様にして来ました。

私は女性には皆んな幸せになって欲しいと、、
キザな様ですが本気で思って居ます。

此間の女優さん見たいに旦那さんと仲が良くて赤ちゃんも居たのに死んでしまうなんて・・・・。
悲しいですよね......。

私のblogで度々取り上げてますが、、
今の風潮。女性を性の対象にしか見て居ない、
世の中が私は嫌いです。

男は女性を本気で守らないといけない時代だと
思いますよ。特に最近は・・・・・。

すみません。何か語って仕舞いました。

ああ、所で森田童子と言うシンガーソング・
ライターご存知ですよね。TVドラマの「高校教師」
で彼女の曲が流れてましたよね。

その中で流れて居た曲を上げて行きますね。
映像付きです。良かったら聴いて見て下さいね。

https://www.youtube.com/watch?v=MkILcD5K6Lg

また来ますね。。。
人を好きになること (gumrie)
2020-10-07 14:26:57
正面から恋愛をした人は、シアワセだと思います。

お互いの関係は、
フィフティフィフティなのに、
どこかで引け目を感じると、上手くいかない、、

今だから言える事なんですけどね。。

森田童子
懐かしいですね~~

私にとって
夕暮れのような切ない気持ちになります。



コメントを投稿

」カテゴリの最新記事