趣味の音楽とブログ

日々の日記とギター・マンドリンに関する情報

鏡開き(1)

2018年02月05日 08時47分48秒 | 日記

節分を過ぎて鏡開きでもないが
年神様に供える鏡餅、 霊験あらたかと思われる四角い飾り箱に、 丸
い餅が二段に重なって入っていて、上にはミカンなどを乗せて祀る。
鏡餅は一定期間を過ぎると、割ったり切ったりして食う習わしがある。
ただ、割ったり切ったりでは神様に失礼なので、鏡開きと呼んでいる。
鏡開きの日にちは、 地域によって違うらしいが、 この辺では1月15日
あたりが多い。
ところが物持ちが良い我が家では、 時期が来ても鏡開きをせずに、取
っておいて来年また飾る。
これを繰り返して四半世紀、つまり25年ほどが過ぎた
正月3が日を過ぎてスーパーへ行ったら、 捨て値で大きい鏡餅が売っ
ていた。
あまりにも安いので一個だけ衝動買い。
真空パックなので長持ちするが、さすがに25年も経つと少々色が変わ
ってくる。
我が家は正月飾り用に3個あるが、一番古い鏡餅を新旧交代させるこ
とにした。
これが年代物の鏡餅



古い餅は石ころのように硬くなっているだろうと思ったが、どうせ捨てる
ならと試しに外装フィルムを剥がして割ってみる事にした。
網に入れハンマーでかち割ることに



しかし、意外や意外
ちっとも割れない
大きいハンマーに取り換えて殴っても反応なし。
それほど硬くなっていなかったのだ

それならと、切ってみた



かなりはいるが、何とか切れる。
正月の記事にしては縁起の悪い言葉遣いですが、まず、頭の部分を切
り落とし、あとは適当な大きさに切り分けて、試しに食ってみることに・・・

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 銀行のサービス品 | トップ | 鏡開き(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事