GSゲルマニウム原人の退屈な日々

見わたせば、気になることばかりなり・・

ブルースセッションでもどう?

考え方を変えたよ

2017年12月24日 00時59分55秒 | 徒然なるままに
過去何度も書いたけど「自転車にも免許制を」派だったけれどね、まぁよく考えたら幼児から超高齢者まですでに自転車に乗りまくっているわけですよ。

そりゃぁいまさら「免許とれ!」って無理な話…とは言え!

相変わらずの無法ぶりはいっこうに改善されない!道交法も改定されたけれど「案の定」何一つ変わっちゃいいない…まぁいくらか雨の日に傘ささないでカッパ使用者が増えたくらい?

だからね

国の予算のことも考えて一番安価に出来る方法♪

もちろん今まで言ってきたとおり補助標識の「自転車を除く」は絶対に廃止!まずそこからスタート。

自転車も本来の軽車両として道交法は守ってってもらう、一方通行もなにもかも基本的に自動車やバイクと同じで進行方向も同じで左端走行、そして歩道の通行禁止。

自動車だって逆走してくる自転車には恐怖を感じるけれど同じ方向に走行して左端を通ってくれるなら追い抜くときやそれ以外でも無茶なことはしない。阿呆なことする煽り野郎は自転車だろうがバイクだろうが車だろうがやるんだからそんなやつは異常者!

今だって自転車専用車線が無くても左端をちゃんと走っている自転車をそうはじゃましたりはしていない。

ただし、子供を乗せているお母さんの自転車の場合(4歳未満15キロ以下の幼児)と自走している10歳未満の児童、75歳以上の高齢者に限っては歩道の通行を許可する…もちろん何らかの許可証目印はつけてもらわないとね(ヘルメットに工夫するとか)

一方通行に関しては不便と思うだろうけれど「降りて押して歩けば」普通の歩行者です!問題ありません

そしてこれは絶対条件だけれど「右側バックミラー」と「ナンバー登録」「強制保険加入」「ヘルメット着用」「自転車税」は最低限してもらわないと困ります

自転車税と保険は無駄な放置自転車対策にも成ると思うし

ね!ずいぶん譲歩したでしょ(^_^)

あとは「一方通行逆走」しているような無法者が居たら一般歩行者からでも注意できるようにしなくちゃね!従わなければナンバー通報も有りという感じで

こんなもんで…いいかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 三鷹でツーマン | トップ | 2017年平成29年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然なるままに」カテゴリの最新記事