ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

伊賀鎬ぐい呑

2012-03-29 | Weblog

新 学

1973 大阪に生まれる
1996 関西大学文学部卒業
1999 父 新歓嗣に師事
2002 穴窯築窯
2008 二基目となる穴窯築窯

三重県伊賀市長田三軒家在住

見る角度で色々な表情を見せてくれます
(7×H6.3)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 碧釉金彩貼花文蓋物 | トップ | 彩磁ぐい呑 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちょむが)
2012-04-03 20:55:33
私も新学さんの同じタイプのぐい呑みを持っていますが、(呑み難さも含めて)岩のようで面白いなと思っています。
Unknown (guinomisuki)
2012-04-03 23:04:21
ちょむが様

さすがに、すでにお持ちでしたか~

使用し易く鑑賞用としても面白い作品がベストですが、私の場合は間違っているかもしれませんが使用感より心に感じたものを優先させていますので、ちょむが様も感じられたと思いますが変わった人だとよく言われます

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事