ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

青白磁面取酒盃

2019-06-06 | Weblog

井倉 幸太郎

1979  剣豪の里、柳生で柳生焼窯元の長男として生まれる
2002  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
     富士原恒宣氏に師事
     陶芸教室「えるで」の講師に就任
2005  柳生で作陶活動開始
2009  柳生にて独立、築窯

現在、柳生焼窯元三代目 井倉敏夫に師事
家業の柳生焼を手伝いつつ独自の青白磁、白磁を制作

6/5~11 阪神美術画廊にて「井倉幸太郎 陶展」開催中です

今回は蛍手にアンシンメトリーの青白磁面取りが加わりました
(6.9×H5.1)
コメント   この記事についてブログを書く
«  | トップ | 黒織部ぐい呑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事