ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

備前ちょい呑

2012-03-13 | Weblog

山下 譲治


昭和22年 東京都下北沢で生れる
昭和42年 カナダに居住しバンクーバーアートスクールにおいて
      現代美術を学ぶ  その後陶芸を学ぶため帰国
昭和46年 伊勢崎淳に師事する
昭和53年 伊部西大窯跡前に築窯する

山下さんにはちょっと珍しい? ぐい呑ではなくて、ちょい呑・・・

土を単味で手捻りにて成形しているそうで、自然練り込みのように見えます
(5.5×H4.4)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 織部盃 | トップ | 絵唐津ぐい呑 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (白虎)
2012-03-14 16:29:36
いつも拝見させていただいてます。

一昨日自分も山下さんの窯まで見てきました。
今はちょうど窯詰めで忙しいのに案内してもらいました。

ちょい呑みも本当に小さかったです。
ちょい呑 (guinomisuki)
2012-03-14 21:24:25
白虎さま

いつも訪問有難うございます
ブックマークも付けていただいて有難うございます

山下さんの窯まで行かれたのですね・・・
なかなか窯まで行けなくて羨ましいです


Unknown (白虎)
2012-03-14 21:59:49
すごいいい人でしたよ。

窯変のはやっぱり高くて迷ったりしてたけど、息子さんの作品でいいのがあったから。買いました。

人間性が作品に出るから陶芸は無くならないと思いました。
Unknown (guinomisuki)
2012-03-15 21:54:37
白虎さま

息子さんの作品はどんなんでしょう、気になります
Unknown (白虎)
2012-03-21 23:42:54
写真とる前に、プレゼントであげてしまいました。。。

一言で言うと、かわいかったです。
Unknown (guinomisuki)
2012-03-22 21:58:08
白虎さま

有仁さんかな? 残念~!

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事