ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

灰赫陶ぐい呑

2013-08-11 | Weblog

加古 勝己

1965  京都市に生まれる
1986  嵯峨美術短期大学陶芸科卒業
1991  兵庫県西脇市にて作陶をはじめる
2001  倒炎式単窯築窯、薪窯にて焼成をはじめる
2005  篠山市上筱見にて作陶活動を開始する

8月7日~18日の京都伏見の酒の器Toyodaの「真夏の冷酒杯 2013」
に出品中です
久し振りの紹介ですが赤系単色から緑と紫が加わりカラフルになっていますが
古代の雰囲気はそのまま 
(6.4×H4)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 彩色灰釉ぐい呑 | トップ | 盃 犀の図 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (酒の器Toyoda)
2013-08-15 14:11:35
酷暑の中おいで頂き、ありがとうございました。
お目にかなう盃がありました事も嬉しく存じます。
ゆっくりお休み取れない事と思いますが、どうぞご自愛なさって下さいませ。
こちらこそ (guinomisuki)
2013-08-15 17:20:15
Toyodaさま
こちらこそ有難うございました
夏風邪など引かれませぬようにご自愛ください

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事