ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

稀晶石酒盃

2018-03-19 | Weblog

木ノ戸 久仁子

1976 滋賀県に生まれる
1995 登り窯窯元宗陶苑にて作陶をはじめる 若手オブジェ集団SEEDSに参加
1998 ニュージーランドにて一年間作陶
2001 信楽窯業試験所釉薬科 修了 ニュージーランドにて三ヶ月間作陶
2002 京都にて作陶
2004 滋賀県信楽町に築窯
2011 滋賀県比叡平に築窯

3/19~31 「アートサロン山木」にて「木ノ戸 久仁子」開催中です

石を作りたかったという木ノ戸久仁子さんは種々な釉薬を使い石(鉱物)のような
不思議な作品を制作しています

釉薬を溶かして石のようにして器と合体させ、グラインダーで成形する
現在の作品を作るのに試行錯誤をして17年掛かったそうです

この酒盃の見込みにはヒタヒタになる位に釉薬を入れて焼成した物が釉が縮んで
現在の見込みのスペースになっています 
(7.7-7×H4.6)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 金紺唐草獅子ぐいのみ | トップ | 青瓷金彩盃 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつもありがとうございます! (balsa666)
2018-03-20 16:39:26
またまた、凄く綺麗な写真で驚きです!
ご紹介、ありがとうございます!
こちらこそ (棚)
2018-03-20 19:42:17
balsa666さま

いつも有り難うございますm(_ _)m
Unknown (空豆次郎)
2018-03-21 10:14:14
こんにちは

欲しい物が一杯の個展ですが
今は少し我慢の時期なんで残念(^^;
我慢 (棚)
2018-03-21 15:17:44
空豆次郎さま

しようと思いながらも誘惑に負けてしまう意志の弱い
私です・・・・><
作者に努力賞 (焼き物鑑賞ギャラリーてつ)
2018-03-23 11:44:43
棚さまのブログを見て、アートサロン山木に行ってきました。納得のぐい呑ゲット。凄いなー
ぐい呑ゲット (棚)
2018-03-23 12:18:33
焼き物鑑賞ギャラリーてつさま

どれも目移りする作品ばかりでしたでしょっ?!!
良かったですね ^^

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事