ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

シロトクロ茶杯

2021-09-05 | Weblog

重松 康夫

1973  京都生まれ。京都府立陶工高等技術専門校
     京都市立工業試験場修了後宮下善爾氏に師事
1994  独立
     京都東山区にて作陶

9/3~15 京都陶磁器会館にて「泉涌寺陶磁器青年会展」開催中です

シロトクロシリーズは茶器として他の作品と分けているそうですがぐい吞としても
使えるとして頂きました
(6.2×H5.5)
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 紛青瓷ぐい吞 | トップ | 玄燿天目盃 玄武 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事