ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

備前緋襷ぐい呑

2013-08-21 | Weblog

山下 譲治

昭和22年 東京都下北沢で生れる
昭和42年 カナダに居住しバンクーバーアートスクールにおいて現代美術を学ぶ
       その後陶芸を学ぶため帰国
昭和46年 伊勢崎淳に師事
昭和53年 伊部西大窯跡前に築窯

今日より阪急梅田本店で作陶展が始まっています
緋色は控え目ですが山下さんらしい造形のぐい呑です
(6.3×H5.1)

同じく阪急で岡部嶺男展をやっています
入場無料と言う事で入りました(お金を払ってでも見たかった陶展でしたが・・)
一言で言えば圧巻でした、茶碗と盃の数がこれほど一同に揃うのは無いのでは・・・
欲しい志野の盃が・・・!!欲しい窯変米色瓷の盃が・・・!!
値段も圧巻でした、志野の盃が290数万円、米色瓷の盃が260数万円
良い目の保養になりました・・・それでも赤札があちらこちらに・・・・


ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« ぐい呑 | トップ | 信楽春秋酒呑 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
兎に角上手い (備前焼好き好き人)
2013-08-21 23:43:23
山下さんはそつなく技巧的にも上手い指折りの作家だと思います。

この作品も形のセンスがいいですね。兎に角上手いです。

淳さんも、いい弟子何人も育ててますね。

隠崎さんを工芸会の理事に引き上げたのも淳さんの力でしょうかね。

岡部嶺男…この辺になると値段はあってないようなものですね。ぐいのみ何百万では財産的価値の色合いが強くなりますね。
高額商品はすぐに手放しても百万は下らないでしょうね。

40年ほど前に、陶九郎の正真正銘のなかなかいいお茶碗20万で売ってくれるチャンスあったのに、貯金代わりに買っとけば良かったかなと、思い返しています。

出会い (guinomisuki)
2013-08-22 17:02:52
備前焼好き好き人さま
昔、日本刀の注文を受け付けますと言うのがありまして、その当時どうしようかと悩んだ末にあきらめましたら直ぐに人間国宝になられ、あれよあれよと値段が上がりチョットだけ後悔をしたことがありました・・今回の場合も後になればそう思うのでしょうか・・?
さすがでした。 (備前焼好き好き人)
2013-08-22 23:26:07
今晩は。大々的な規模の岡部嶺男展とあっては、是非とも目にせねばと、一日かけて、梅田阪急百貨店まで頑張って行ってまいりました。

入場料1500円とっても価値ある素晴らしい展覧と思いました。
茶碗好きの私にとって、チラシの2番に載っているタイプの窯変米色ジワン(漢字の変換がでてきませんのでカタカナで)に、大変心惹かれました。
夢にも出てきそうなぐらいです
窯変米色ジ盃も良かったです。
ぐいのみ博士がもし選ばれるとしたら、どれを選ばれるのかな?なんて思いながら、よく観察してきました。

窯変米色ジ盃か?又は青ジ紫紅盃かな? と勝手な想像を…。

値段も値段ですが、立派な展覧会図録もあり、なんせ出どころが間違いないので、あの金額も致し方ないのでしょうね。

逃すと後々まで後悔はするでしょうが、なにせ値段が尋常ではないですからね。これ以上は、それぞれの個人の価値観と思い入れの差、財力、などが関係するのでしょうかね。


期待以上の、なかなかお目にかかれない貴重な展覧会でした。一生の記憶に残ります。

山下さんの個展も見てきました。力作揃いでした。ぐいのみでは、ぐいのみ博士のヒダスキが一番気に入りました。
前文補足です (備前焼好き好き人)
2013-08-23 12:39:41
入場料1500円とっても→入場料1500円とってもいいぐらいの
でございます。実際には入場料無料ですので。

図録が2000円で販売されていましたが、とても立派な価値ある図録と思いました。

展覧会を見た人には、特に値打ちあると思います。

図録86番の灰釉米色ジ瓶などは実際見ると、釉薬の溜まり具合が、光を当てるとピカ一美しかったです。

図録11番の窯変米色ジワンのあの雰囲気には魅了されました。
同色のぐいのみにも魅了されました。

小山富士夫氏に捧げた灰釉昭和銘瓶を目にできたのも興味深かったです。

山下さんの個展では、口が広がった掛け花入の焼けの景色が、とても素晴らしく一番印象に残りました。

窯変茶入れも大変素晴らしい出来と思いました。

陶展 (guinomisuki)
2013-08-23 16:41:18
備前焼好き好き人さま

暑い中お疲れ様でした。楽しんで戴いて幸いです
窯変米色瓷盃も一点のみの青瓷紫紅盃も懐に余裕が有れば欲しかったです~!!で、図録のみで我慢をしました

山下さんは造形が生かせる作品に本領発揮かなと感じました
収集の楽しみ (備前焼好き好き人)
2013-08-23 23:24:28
窯変米色ジ盃に260万投入し、毎日眺め満足感にひたりきるのも収集人生の楽しみ。

その260万円あれば新たな有望作家100人にめぐり会い心通わせ、好きな作品も手にできる。それも収集人生の楽しみ。

前者も後者も捨てがたいですね。

いい展覧会情報教えて下さり、深く感謝です。見逃すところでした。
収集の楽しみ (guinomisuki)
2013-08-24 17:43:31
備前焼好き好き人さま
前者の人間に憧れはしますが、私には無理な気がします
若手作家と触れ合いながらの新しい作品の収集が向いているようです
何時かは岡部嶺男や人間国宝になられる事を夢みながら・・・
最高のコレクター (備前焼好き好き人)
2013-08-24 20:10:58
ぐいのみ博士の収集は、収集のしかた、眼力ともに、最高のコレクターの姿だと、日々敬服いたしております。

まさにコレクターの人間国宝ですよ。

見習いたいと存じます。

面映ゆいです (guinomisuki)
2013-08-24 21:54:42
備前焼好き好き人さま
気ままにのんびりとマイペースでやって行きますので今後ともよろしくご指導下さい

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事