ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

織部ぐい呑

2013-08-31 | Weblog

曽根 芳之

1951  土岐市に生まれる
1970  岐阜県立多治見工業高等学校窯業科卒業
1971  松山祐利氏 酒井甲夫氏に師事
1972  岐阜県多治見陶磁器試験所に学ぶ
1973  築窯
土岐市土岐津町在住

側面は鼠志野で見込が織部で一個で二度楽しめます
織部と志野の融合を考えたらこうなったそうです
現在 大阪高島屋で作陶展が開かれています
(6.9×H5.1)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ぐい呑 | トップ | 深川高麗酒呑 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
珍しい (備前焼好き好き人)
2013-08-31 23:18:48
これは珍しいですね。両方のよいところがうまくでていますね。

さらに、外側は、鼠志野と赤織部の合体なんてのができたら、益々仰天です。

合体 (guinomisuki)
2013-09-01 08:36:34
備前焼好き好き人さま

そんな作品が出来たら即戴きます^^

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事