ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

南天盃&長盃

2018-07-14 | Weblog

和田 純子

2000 京都 久御山 GLASS STUDIO FLAME 浜地兄弟師事
2003 関西光学研究所(大阪)にて理化学製品制作に携わる
2005 神戸 ランプワークフェスタ出展
2006 愛知県知多市にて制作岐阜 ランプワークフェスタ出展
2007 ベネツィア(イタリア)にてワークショップに参加
2008 同上
2009 石川県に制作の場を移し、現在に至る


7/7~7/22 「ならまちギャラリーたちばな」にて「和田 純子 ガラス展」開催中です

以前に紹介しました盃と長盃ですが我が家の盃達は気が付いたら皆いなくなり(家出?)
で、今回また新たに来ていただきました (^^)v
(5×H6)(6.7×H8.4)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鉄釉織部ぐい呑 | トップ | 白磁酒杯オブジェ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事