ガイド日誌 - 北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、北国の生活
私自身の長距離自転車旅
冬は山岳ガイドの現場をお伝えします。

マニアのみなさまへ

2019年09月18日 | バックカントリーとパウダースノー
いつもガイドの山小屋をご利用いただきましてまことにありがとうございます。
さて、年間お客様数の100分の1にも満たないのですが、
ガイドの山小屋にも「マニアのお客様」がいらっしゃいます。

このたびは、そんなマニアの皆さまに、お知らせです。

さて、皆さまそろそろ
「おい、冬はどーすんだよ!冬っ!」と、
ソワソワしていらっしゃる頃ではないでしょうか?

「まさかてめー、また『冬は営業しない』とか言い出すんじゃないだろなバーロバーロ!」
などと心の中では叫びまくっていらっしゃることとお察しいたします。

そこでお知らせです。

ガイドの山小屋オーナーは今年も
ちゃんとニュージーランドに行きます。
2か月で
チャリを2000km、3000km、漕いできます。

ええ、そのとおり。
冬山トレーニングでございます。

今はすっかりユルユルなレンタサイクル屋のおやじ化しております。
しかし!
そろそろ、変身しなければなりません。
お腹のお肉をそぎ落として、腿しっかり鍛えて
鬼ラッセルに備えます。
もちろん、冬山ガイドをするための準備でございます。

皆さまとともに、粉を追い求めたいのであります。

2020シーズン、ツアーあります。  



ただ、遠く離れた故郷でひっそり暮らす老いた両親に、
冬はなるべく寄り添っていきたいという私的な事情もございますので、
冬ツアーは2月、3月が中心となります。
年末年始は営業いたしません。

厳冬の1月が過ぎ、狂ったようなブリザードな日々がいくらか穏やかになり、
雪がキラキラ輝きだす2月

ツアーを始めます。

予定表は10月下旬に発表の予定です。
どうか、しばしお待ちください。

さあ、みなさまこれで少しは落ち着きましたでしょうか?

「わかればいいんだよ、わかれば」と、
皆さま息の乱れも収まってきたことと思います。

皆さまの血圧がこれ以上上昇してはいけませんので、
なるべく早くスケジュールは公表いたしますので
いましばらくお待ちください。

これまで同様の健康で血気盛んな皆さまにお会いできますことを
心から願います。

それでは、マニアのみなさま
冬にお会いしましょう。

ガイドの山小屋
オーナー(通称:しゃちょう)
この記事についてブログを書く
« 「通常営業に戻りました」と... | トップ | ブレーキとお客さん »