ガイド日誌 - 北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、北国の生活
私自身の長距離自転車旅
冬は山岳ガイドの現場をお伝えします。

台風なので休業→天気回復→マジか---!!!!!!!!

2019年08月17日 | サイクリング
本日、8月17日(土曜日)は台風が通過することになっていたので、
何日か前から告知をして、
早々に臨時休業を決めていたのである。

ずっと休みがなかったので、
臨時休業はちょっぴり嬉しかったりしたのであるが。

いつもより夜更かしして、たっぷり寝坊するつもりだったけど、
朝、めざめたら

マジかー!
雨、降ってないし、
空は明るいし。

tenki.jpの天気予報など、
このとおり。

太陽のマークが
さんさんと輝いているではないか。

ちょ?台風じゃ?

「わー!」

休んでる場合じゃないだろ。

ということで急遽、店を開けることにしたら、
開店時間前から店の前で待っているシンガポール人の女の子たちがいるし、
そのあとも続々と、
台湾、韓国、タイ、マレーシア、それから日本人も。
いろんな国から

お客さん来る来る。

なんでもJR美瑛のレンタサイクル何店舗かは土曜日にもかかわらずシャッターが固く閉ざされていて、
あぶれた人なんかもどんどんJR美馬牛へ、ガイドの山小屋へと流れて来たらしい。

きてくれてありがとう。
じゃあ店を開けなきゃ。

ちなみに、
ガイドの山小屋もきょうの予約は全てキャンセルになっており、
予約はゼロだった。

なのに、蓋を開けてみたら、
結構忙しい土曜日なのだ。

もとより休むつもりだったので、
正直に言うと、ちょっと損をしたような気分だけど。

あまりイケイケな気分ではないので、大売り出しののぼり旗を無数にはためかせて大音量で軍艦マーチを流したりせずに、
消極的にひっそり、
照明も最小限に、
こっそり店を開けているにもかかわらず、
JR美馬牛を降り立ったお客さんたちがどんどん、ガイドの山小屋に向かってまっすぐ歩いてくる。

お客さん来る来る。

どうやらのぼり旗も軍艦マーチも、集客には関係ないらしい。

心の準備ができていなかったので、
もう汗だく。参った参った。

しかし、だな。
思わぬ天気回復で、せっかく美瑛に来たお客さんに、ちゃんとサイクリングをしてもらえて良かった。

昼すぎに霧雨が降ったけど、すぐにあがった。
台風クローサは温帯低気圧になり、北海道から遠く離れつつあるという。

たぶん来週には
北海道に最初の秋の気配が訪れるだろうと思った。


この記事についてブログを書く
« 犯罪行为 | トップ | かんのファーム »