経営戦略コンサルの洞窟

殆ど自分のために書いておりますが、お役に立てれば

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トップイシューまでに持ち上げる

2010-03-29 12:35:34 | Weblog
コスト削減のプロジェクトで、コストを下げればいいのか?

一義的には良いのだけれど、それで終わらせないのがトップマネージメントに対して提案する戦略のコンサルの仕事だ。

調達でも、入札などをするば簡単にコストは下がる。が、それだけならトップマネージメントは結果だけ聞けばよく、エクセルシート一枚で十分だ。

それも当然するのだが、あえてなぜコストが歴史的に高くなってきたのか、その背景を深く掘って会社の文化・思想の問題点を伝える、またはサプライヤー業界の構造や長期的な見方を示すことによる自社の経営へのヒントを提供する、などが考えられる。

スコープ的には全く不要だが、あえてそれに挑むことに寄って、コスト削減がトップイシューとなり得るのである。



最強のコスト削減―いかなる経営環境でも利益を創出する経営体質への変革
栗谷 仁,A.T.カーニー
東洋経済新報社

このアイテムの詳細を見る



強い調達
アクセンチュア調達戦略グループ
東洋経済新報社

このアイテムの詳細を見る
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 忙しいのは経験を積ませるため | トップ | 上から下 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事