進め!Gucchan号!

房総半島をメインフィールドに、マイボートで大物を追いかけています。たまには陸っぱりも。釣りがメインのブログです。

中1日での外房チャレンジは…

2021年02月16日 | NEO390 釣行記

 ←ポチッとお願いします
にほんブログ村

 

2月14日日曜日、

バレンタインデーですが、コロナ禍ではチョコももらえません。

チョコは無くとも海はあるさ(意味不明)ということで、

12日に釣行したばかりですが、中1日で再チャレンジしようと計画しました。

 

ところで初代Gucchan号は4年1ヶ月で118回海に浮かびました。

NEO-Gucchan号は4年7ヶ月になりますが、ようやく118回目の出航です。

天候不良やコロナ自粛の影響で、予想よりも少し時間がかかりましたね。

 

この日は暖かかったです。道中の最低気温は6℃。

 

5:30に現地着。現地の気温は9℃でした。

16℃くらいまで上昇する予報で暖かいのですが、

心配なのは暖かいと吹く南風。

それほど強く吹かないだろうという予報でした。

 

現地には1番乗りでした。

実は前日の土曜日が超穏やかな天気だったために20台以上の車が集まり、

大変な賑わいだったようです。

日曜日は予報がイマイチなのもあって少ないだろうと思ったのですが、

結局この日来たのはぐっちゃん以外には赤いハンマーヘッドのシノさんだけでした。

 

時間とともに明るくなって、海の様子がわかるようになると、

「あれ?以外と波があるな~」

北風の時とは異なり、南風だと岸寄りまで波立ちますから、

出航場所近くの方が浅い分波立ちやすいはず。

沖に行けば穏やかかも、と期待して、一足先に出航しました。

 

「!!」

なんと、港外に出た途端うねりと波がハンパなくて、

10km/hほどの速度でもバンバン飛沫が上がり、全身ずぶ濡れ状態です。

風も体感で5m/s以上は吹いていそう。

もちろん南風です。

うねりを乗り越えバウが下がったところで、

ピッチが狭く高さのある波が襲うので、バウを乗り越えて海水が入ることも。

「これは…、一時退避だな」

数百m程度行ったところで諦めて、出庫場所に戻りました。

 

ボートを降ろそうと準備していたシノさん&お友達に状況を報告。

しばらく様子を見ることに。

かなり話し込んで情報交換をした後に、もう一度出航してみることに。

シノさんも一緒に乗って、様子を伺いに出航しました。

陸上から見た時にはかなり波が納まったかのように見えていましたが、

いざ出航してみるとやはり結構なうねりと波があります。

朝イチほどではありませんが、沖に行くには躊躇する海況です。

この日の狙いは水深200m程度の海域でのヤリイカ。

5海里ほどの距離です。

よほど根性を決めて行かないと、たどり着ける海域ではありません。

どうしようかさんざん悩んだ挙句、8:00過ぎに釣行断念を決めました。

航行距離わずか4km。

これを釣行記とするかは大いに疑問ですが、一応出航したのでカウントします。

 

シノさんはまだボートがトレーラーに乗ったままなので、釣り道具を片付けるだけで帰れます。

ぐっちゃんはボートを揚げなければなりません。

シノさんよりも少し時間がかかります。

 

シノさんが先に帰路につき、

ぐっちゃんも片付けが終わったところで違和感を感じました。

それは…、

何とトレーラーのナンバープレートが無かったんです。

上の写真は自宅で再現したものです。

慌ててスロープを確認したところ、ちょうどトレーラーの入ったあたりに、

波にもまれて水中で舞うナンバープレートを発見。

なんと、

ナンバープレートのボルト部分の周囲がこんな感じでちぎれてしまい、

ナンバープレートが取れてしまったようなんです。

おそらく、今までに何度も波を浴びてもろくなっていたところに、

この日は波が港内まで入り込んできていて、

ナンバープレートに当たるパワーが強かったのだと思われます。

いやー、気付いてよかった!

応急処置してナンバーをつけて帰路へ。

自宅に戻った後、ホームセンターで同サイズのネジと大きめのワッシャーを購入しました。

ネジはまだ使えたのですが、ステンレスに換えたかったので…。

 

めでたく完全?復活です。

 

釣りもできず、トラブルを体験するために行ったようなものです。

でも、シノさんから貴重な情報もいただきましたし、

「行かずに後悔するより、行って航海する」

この信念で行動する限り、こんな日もありますね。

次回はちゃんとした釣行記にしたいものです。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« サバゲー続編とトラブル&救助 | トップ | かなり荒れそうですね »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日曜日お疲れ様でした! (しの)
2021-02-16 20:00:42
ほんと予想より荒天になってましたね。
外房では初荒天だったので、貴重な経験ができて実は嬉しかったです。
漁師さんやぐっちゃんさんともあんなにゆっくり話せる時間がとれたのも荒天のおかげだと思っております。
釣り道具の相談も親身に乗っていただけてとっても嬉しかったです。
アドバイスが響き6000番のリール買っちゃいました。
別れた後はコスタさんへ訪問してヒラマサ情報をたくさん仕入れちゃいました。

今週日曜日は初めて子供たちと一緒に行く予定です。
またよろしくお願いいたします。
しのさんへ (ぐっちゃん)
2021-02-16 20:25:17
しのさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ貴重な情報交換ありがとうございました。
やはりボートオーナー同士、話題が付きませんね。
6000番リール、早速買うなんてどんどん外房にはまっていますね!どんどんデカマサ釣っちゃってください。
お子さんと一緒にボートはいいですね。
僕は一度娘と息子を乗せて外房で出航したことがありますが、アジ場に着くまでに2人とも船酔いという超残念な結果でした。アジサビキで魚釣りの楽しさを教えて引き込もうと思ったのですが…。
外房の波やうねりは慣れない人にはけっこうヘビーですよね。今回のような海況でも出せるかどうか悩むあたり、僕もしのさんも根っからの海の漢ですね。
Unknown (CB小僧)
2021-02-16 22:07:58
こんばんはー
昔NEO390乗ってたんですが自分もナンバープレートが同じようにサビでちぎれて何処かに落ちて見つからなくて再発行した思い出があります・・・。

ナンバープレートが外れるのは予想外だし、ナンバープレートカバーは今は違反で付けれないし、対策しようがないですね
CB小僧さんへ (ぐっちゃん)
2021-02-17 00:26:45
CB小僧さん、コメントありがとうございます。
同じ経験をされたのですね。僕はすぐに気が付いてプレートも見つかったので不幸中の幸いでした。
前のトレーラーは3年以上使いましたが、ナンバープレートは外れたことがありませんでした。
今回はわずか1年3ヶ月でこの外れ方はちょっと困ったちゃんですね。別にぶつけたりしたわけでもないし。
ワッシャを大きくしたので、力がかかる場所が広くなってトラブルは起こりにくくなるとは思うのですが…。
それにしても、いろいろ経験させてくれますよ(笑)
Unknown (sora)
2021-02-18 00:40:40
いつもながらお疲れ様です。
ヤッパリ外房は強者ぞろいです。
二人で再確認するあたりなど
感服しました。

ナンバープレート良く気がつきましたね。
自分だったらそのまま帰って逮捕されてますよ
貴重な経験談ありがとうございます。
早速自分も対策を検討してみたいと思います。

でも先ずはぐっちゃんみたいにワッシャーを
カマスしかないのかなぁ~
良い案がありましたら今度聞かせてください。
soraさんへ (ぐっちゃん)
2021-02-18 00:41:58
soraさん、コメントありがとうございます。
 
せっかく来たのに諦めがきかず、諦めるために2人で出航してみただけですよ。
現地まで行ったけど釣りができなかったことはこれが初めてではないので、納得していますけど。
 
ナンバープレート、小さなワッシャーはついていましたが、その周りが破壊・切断されて外れた感じです。つまり、穴はワッシャーより大きいわけで、その穴を覆えるだけの大きさのワッシャーでないと固定できないので、サイズアップしただけです。力のかかり方が変わるので多少は長持ちするかもですが。
実は運よくサビサビの大きなワッシャーが現地に落ちていて、それで応急処置できたのでナンバー付けて帰れたんですけどね。
まあ、ナンバープレートがないことに気づいたのと、スロープの海中で見つけることができたのはラッキーでした。
 
調べてみると、ナンバープレートを固定するステイに縦の補強をかます部品を提供しているメーカーがありますね。タイトジャパンだったか、ソレックスだったか、それ以外だったか忘れてしまいましたが。とはいえ、そんなものを使おうなんて普通は考えませんよね。

コメントを投稿

NEO390 釣行記」カテゴリの最新記事