進め!Gucchan号!

房総半島をメインフィールドに、マイボートで大物を追いかけています。たまには陸っぱりも。釣りがメインのブログです。

この季節だけの…超絶サバゲー!

2021年02月09日 | NEO390 釣行記

 ←ポチッとお願いします
にほんブログ村

 

この週末は釣りに行かない予定でした。

理由は「強風」です。

7日日曜日の昼は10m/s以上の南風が吹く予報だったんです。

ところが…、

6日の夕方から天気予報が大きく変化し、

夜にはほとんど無風予報に変わったんです。

ぐっちゃんがそれに気づいたのは夜中の1:00。

釣りの準備も全くしていなかったので、

諦めて寝ることにしました。

 

目が覚めたら6:00でした。

外は少しだけ明るくなりかけています。

「今から準備して急いで外房まで行ったら、9:00くらいに着くかなあ」

布団の中で漠然と考えていました。

出した結論は、

「行かなかったら後悔するよね」

この時期で凪なら確実に釣れるであろうターゲットがあることも決行の理由のひとつです。

 

慌てて準備。

出発は7:00。

気温は6℃とかなり高めです。

これも行く気にさせる理由のひとつでした。

この日は16℃くらいまで上がる「暖かい日」の予報だったんです。

 

いつものコンビニ。時間は7:50。

すっかり明るいですね。

 

予定通り9:00に外房到着。

既に多くのボーターが出航した後です。

久しぶりのビル・ジャック号もありました。

挨拶したかったのですが、この時間では遅すぎました。

そしてぐっちゃんが戻った時にはもう帰られた後でした。

残念!

 

急いで準備して9:30頃に出航。

既に気温はかなり上がっていて、防寒着が必要かどうかという感じ。

インナーを減らして防寒着を着て出航したのですが、

暑いくらいでした。

前日夕方までの予報がウソのような穏やかな海。

この日の目的は、この時期だけ激ウマになるトロサバ。

いつもはバーサーなどと馬鹿にしているサバですが、

2月頃の数週間だけ、脂ノリノリの激ウマなトロサバになるんです。

もちろん、サバだけでなく、メタボなブリが釣れたらいうことなし。

今回は浅場は一切無視して、一気に沖に向かいます。

 

水深130mまで来ました。

魚探を見ると、水深40mくらいに何か反応があります。

水温は16℃くらい。

もちろん海面水温であり、深くなるほど温かいはずですよね。

とりあえず、何かいそうなのでジグを落とします。

ラインがどんどん出て行きます。

10m、20m、30m、40m…、ピタッ。

「???」

軽ーく聞きアワセ。

竿先に感じる魚信。

「おりゃーっ」

相手が何者かわかっていても、反射的にアワセを入れてしまう釣人の悲しい性。

130mではなく40mなので比較的簡単に上がります。

想定通りの細かなバイブレーション。

もちろん、

サバです。

サイズも太り方もやや不満ですが、本日の本命。

続いて、

1投1殺。

入れた数だけ釣れてきます。

 

サイズアップを期待して、さらに沖へ移動します。

180mまで来ました。

120~130mあたりに反応があります。

おそらく大量のイワシベイト。

ということは、

120m巻き上げてあがってきたトロサバです。

サイズ、太り方ともまずまずですね。

この魚探反応は、170mの水深なのに、

イワシと思われるベイトが濃すぎて30mほど浅く表示さててしまっている図です。

明らかに海底の部分とベイト部分の切り替わりがはっきりしていたので写してみました。

 

いろいろ水深を変えてなるべく上層にサバがいないポイントを探します。

100m以上の深場でかけると上げてくるのに時間はかかるし重労働なのですが、

サイズが違うんです。

逆に水深3、40mのフォール中にジグが止まるアタリでかかるのは、

どうしてもサイズ、体型とも不十分。

とはいえ、そこそこは太っているんですけどね。

魚探反応が無くてもサバはガンガン釣れてくるので、

トロサバ1に対し、並のサバ3くらいの割合になってしまいます。

とにかくガンガン釣って、サイズの大きい物はサバ折りしてバケツへ。

サイズが小さかったり、胴回りが細いサバはリリース。

 

気が付けば、

地獄絵図です。

ボートのあちこちがサバの血で汚れてしまっていますね。

2時間ほどで50本くらいは上げたでしょうか?

さすがに何度も深場から巻き上げてくると、

いくらサバと言ってもけっこう重いし走りますので、

体力が削られて疲労が溜まってきます。

 

サバはかさばりますし、痛みも早いので、

持ち帰るなら船上で処理をしてしまいます。

頭を落として、ワタを取って捨てます

多くのサバが、15cmほどのイワシを丸呑みしていました。

お腹の中は脂がいっぱいです。

一方、卵はまだ未完熟でしたが、

卵や白子のサイズから見て、トロサバの味が楽しめるのはあと2、3週間でしょうか。

 

ずいぶん間引いたのですが、クーラーはこの状態。

ここでサバゲーは終了。

サバがいなくて、ベイトがいるポイントは無いかウロウロ探します。

 

水深100m前後で良い反応が出ます。

この反応なら、サバの中からブリが引き出せるかも…。

と思ったのですが、かかるのはやっぱりサバばかり。

移動を繰り返しますが、

60m以下の浅いエリアにはベイトすらいないし、

80mを超えるころから反応が出現するのですが、

どのエリアでも釣れるのはサバばかり。

結局100mエリアまで戻って、

奇跡を信じてジギングをしたのですが、

全ての希望はバーサーに阻まれる結果となりました。

 

これも天気予報通りなのですが、徐々に南風が強くなって、

波立つようになりました。

危険を感じるようなレベルではありませんが、

大事を取って13:30にストップフィッシング。

14:00少し前に沖あがり。

実釣時間は3時間半くらいだったでしょうか。

移動は南北だけで、東西は無し。

何度も沖へ行ったり戻ったりしたので距離は出ましたね。

この短時間、ジギングの1本釣りのみで50本以上のサバはなかなか忙しい釣りでした。

この日出航した人はみなサバ地獄に苦しんだようです。

ポイントによって濃淡はありましたが、

一帯がほとんどサバ絨毯になっていたと考えてもいいと思います。

JBB280さん、soraさんとNEO390ユーザー3人組でボートやトレーラー談義に花を咲かせました。

 

燃料消費は10リットル弱でした。

 

帰宅途中で見た美しい夕日。

緊急事態宣言中ですが、車の数はそこそこ多いですね。

 

持ち帰ったサバは次々に3枚におろし、

一夜干しにしました。

こうやって見ると、肉厚っぷりがよくわかります。

 

出来上がった一夜干しを焼いてみると、

脂ノリノリの肉厚塩焼きの完成。

昨年に比べるとサイズも脂もいまいちかと思いましたが、

食べてみたら超絶品でした。

適当にやった一夜干しの塩分濃度や味付け、漬け時間など、

できすぎだったかもしれません。

冷凍してしばらくは食べられますね。

小分けしてこゆきにも試食させましたが、

「激ウマ!」とすごい食い付きでしたよ(笑)

 

今回はサバが本命だったので満足ですが、

これが青物狙いだったら、

恨み節が出そうなくらいのサバの絶対量でした。

これで翌週も同じかというとそうでもなかったりするのが外房の不思議なところですが、

2月のサバは本当に美味しいのでぜひチャレンジしてみてください。

なるべく深いところでかけた方が太っている傾向がありますが、

浅い水深でかかった個体もそこそこ脂乗りはいいですよ。

 

次回はメタボブリを狙いたいなあ。

それではまた おやすみなさい

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 主戦ロッド復活しました! | トップ | サバゲー続編とトラブル&救助 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (JBB280)
2021-02-09 12:19:51
日曜お疲れさまでした。
ワンコも満足そうに寝てますねー。
サバまいうーですが昨日シメサバでやってしまいました。
キリッとお腹がちょ~痛いジャーありませんか!
今日(たった今)偶然の健康診断で胃カメラで取ってもらったら直ぐに元気になりましたよー!(爆)
JBB280さんへ (ぐっちゃん)
2021-02-09 12:49:48
JBB280さん、コメントありがとうございます。
シメサバで腹痛?アニサキスでしょうか?
アニサキスはサバが死ぬと腸管を食い破って身に出てきますから、締めたら時間を置かずにワタを取ってしまうのが予防策ですよね。
後は冷凍か加熱か…。
我が家ではシメサバは人気がない(僕は好きですが)のと作るときにすごく匂うので、全部干してしまいました。
それにしても、タイミングよく健康診断でしたね。まあ、わかっていたから生食できたのかもですけど。
Unknown (sora)
2021-02-09 18:21:57
昨日はお疲れ様です。
あの日は悩みながらの出撃
朝 ぐっちゃんが居なかったので
あれっ 今日はもしかして ん~?
って感じでした。
そらからあの輝く旗を見たとき
頭の中が?????
ヤッパリ凄いアーノルドぐっちゃん
寝ても覚めても fishing
I WILL BE BACK , WITH HIRAMASA
頑張りましょう❗
soraさんへ (ぐっちゃん)
2021-02-09 18:46:30
soraさん、コメントありがとうございます。
完全に週末のボート釣りは無理と決めてかかっていて、実は土曜日の夕方アジングに行こうかとも考えたくらいでした。
想定外の予報の好転に、一旦諦めたものの朝早く目が覚めてしまうという、釣り人あるあるで、これはもう行くしかないと。
年に1回くらいはサバゲ―を堪能するのもいいかなと重役出勤しました。
期待以上のサバの濃さでしたが、半面で他の魚を狙いたくても…、という何とも言えない海でした。
例年なら2月は最も釣行回数が少ないオフシーズンなんですが、この季節でも釣れてしかも旨い魚がいることを経験で知ってしまったという事ですね。
とはいえ、サバとイカでは本来の僕の釣りではありませんので、次回はもう少し青物狙いの時間を増やしますよ。
Unknown (ビル・ジャック)
2021-02-10 00:45:37
お疲れ様でございました。
実に13ヶ月ぶりの外房でした、何時もならとっくに来ているはずのぐっちゃん号が明るくなっても来ないのでちょっと残念な気がしました。
が、しかし、港に戻るとぐっちゃんの車があるではないですか。
久しぶりに話しもしたかったんですが、お昼を過ぎたのでお先に失礼しました。
来週は行けませんが、またお会いしましょう!
Unknown (sora)
2021-02-10 03:54:39
おはようございます‼️
今 出発します。
ん? 予報が~あれ?
てな具合でぐっちゃんとは、真逆 中止です
保冷剤戻したり朝から大変
現場の準備方がヤッパ楽しいですね
ハハハ (≡^∇^≡)
ビル・ジャックさんへ (ぐっちゃん)
2021-02-10 11:41:52
ビル・ジャックさん、コメントありがとうございます。
本当に久しぶりでしたね。お会いできなくて残念ですが、まあ、僕とビル・ジャックさんの関係ですから…(笑)
到着が遅くなった顛末は記事の通りですが、ビル・ジャックさんの車とエンジン付きフロントドーリー(?)を見た時にはなんとなくホッとしましたよ。
バイクも楽しいでしょうが、ボートの世界も引き続き楽しんでください!
soraさんへ (ぐっちゃん)
2021-02-10 11:46:18
soraさん、再コメントありがとうございます。
ありゃ、釣行中止ですか?
今日は朝は風が吹きますが、昼前から凪でしょ。
僕なら間違いなく行くけどな―(笑)
無理していってもサバだけかもしれませんから、天気のいい日を選んで行きましょう。
僕は今のところ金曜日釣行予定です。

コメントを投稿

NEO390 釣行記」カテゴリの最新記事