全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

2022年度<日本地理の傾向と対策>資料公開!

2022年04月27日 07時01分50秒 | ●2022年度第1次筆記試験受験対策
2022年度<日本地理の傾向と対策>資料公開!

この度、2022年度第1次筆記試験受験対策<日本地理の傾向と対策>の資料(130ページ)が完成しましたので公開させていただきます。

●2021年度受験対策<日本地理の傾向と対策>資料
http://hello.ac/2022.geo.pdf

追って、この資料の解説の<音声ファイル>を YouTube にアップする予定です。

<日本地理>を受験する方は、事前に資料の予習をしておいていただきたいと存じます。

●本資料につきまして、お気付きの点(漢字の変換ミス、リンク先の間違い、など)、または、ご意見、ご感想などお聞かせいただきたくお願い申し上げます。

・件名:<日本地理の傾向と対策>資料 → info@hello.ac

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日本地理>受験対策無料資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

最終完全合格の<合格体験記>(2018年度、2019年度、2020年度、2021年度)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/178b811fe824c60e51dd5560860f0f76

<マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2


<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年度試験日程
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・官報公示    : 2022年4月下旬(予定)
・施行要領公開  : 2022年5月中旬(予定)
・願書受付    : 2022年6月1日(水)~7月11日(月)(予定)
・筆記試験    : 2022年8月21日(日)(予定)
・筆記試験合格発表: 2022年11月10日(木)(予定)
・口述試験     : 2022年12月11日(日)(予定)
・最終合格発表  : 2023年2月3日(金)(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
合格するもしないも、あなたの決心次第!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分の人生を自力で切り開いていくためには、「決心すること」が大切です。

●試験に合格するもしないも、あなたの決心次第です!(約10分の動画です)(再生回数:10,557回/2022年4月27日)
https://youtu.be/oXF9u2_7tgA

(1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の当日に東京から神戸市東灘区まで行った時の話です)

以上

全国通訳案内士試験 第2次口述試験問題(2013年度~2020年度)

2022年04月25日 13時47分00秒 | ●第2次口述試験の過去問
全国通訳案内士試験 第2次口述試験問題(2013年度~2020年度)

●第2次口述試験問題(2013年度~2020年度)(キレイに印刷できます)

●凡例
①【10:00~11:00】は、出題された時間帯を示します。
②<外国語訳問題><通訳問題>の(和食)などの名称は、便宜的に付けたものです。
③(2020プレゼン)は、2020年度の<プレゼン問題>に出題されたことを示します。
④(2020外国語訳)は、2020年度の<外国語訳問題>に出題されたことを示します。
⑤(「300選」P.16)は、「日本的事象英文説明300選」に掲載されているページを示します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●【10:00~11:00】(その1)
<プレゼン問題>①春一番 ②ワーケーション ③奥の細道

<外国語訳問題>(和食)(2015通訳)(2018外国語訳)(2020外国語訳)
和食は「日本の伝統的な食文化」としてユネスコの無形文化財に登録されています。一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活は、日本人の長寿や肥満防止につながっています。
出典:農林水産省のホームページ
また、観光庁研修テキスト(令和2年5月版)(資料10和食の4つの特徴)(145ページ)は上記を転載したものです。

<条件>
お客さんは、定年退職後の夫婦で、あなたは、この街のガイドを1日頼まれています。お客さんは、このあと10日間ほど国内を旅行する予定です。

<シチュエーション>
始めて来日した定年退職後の外国人観光客の夫婦が、お金を払ってもいいので、日本人の一般的な家庭で食事したいと希望しています。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。

<回答例>
我が家は、外国人留学生のホストファミリーの経験があります。もし、よろしければ、我が家で日本の家庭料理を体験してください。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「急に、一般家庭で家庭料理を食べてもらうこと」は無理であることを前提に、受験者が、いかに臨機応変に「前向きな回答」をすることができるのか、をみている。この場合、「前向きな回答」とは、「お客様に一般家庭で家庭料理を食べてもらうこと」なので、(実際には、ホストファミリーの経験がなくても)「我が家でどうぞ」は、質問の意図を満足させる回答と言えるだろう。

●【10:00~11:00】(その2)
<プレゼン問題>①大政奉還 ②免許返納 ③一汁三菜

<外国語訳問題>(掃除)
日本の小学校では生徒が教室の掃除をしています。これは仏教の教えに関連するとも言われていて、柔道や剣道の練習の前に道場を掃除することにも通じます。協調性や自主性の育成など、教育的観点からも掃除が注目され、海外でも取り入れられています。

<条件>
お客さんは、アメリカの小学校の教師2名で、1週間日本に滞在する予定です。行程は比較的自由です。

<シチュエーション>
お客さんが、小学校の生徒が清掃する様子を見学したいと言っています。通訳案内士として、あなたはどのように対応しますか。

<回答例>
現在、日本では、外部の人が小学校に入るには、セキュリティの観点から、校長、場合により、教育委員会の許可が必要だと思います。なので、急に、生徒が清掃する様子を見学することは、かなり難しいと思いますが、早速、知り合いの小学校の先生に相談してみたいと思います。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「外国人旅行者が、急に、小学校の生徒が清掃する様子を見学すること」はかなり難しいことを前提に、受験者が、いかに臨機応変に「前向きな回答」をすることができるのか、をみている。「セキュリティの観点から、急に小学校に入ることは無理です」と無下に拒否するのではなく、ここは、「知り合いの小学校の先生に相談してみたいと思います」と「前向きな回答」をすればいいだろう。

●【11:00~12:00】(その1)
<プレゼン問題>①手締め ②レジ袋有料化 ③駅伝

<外国語訳問題>(新幹線)(2013プレゼン)(2013通訳)(2014プレゼン)(2020外国語訳)
新幹線は、その速さから「弾丸列車」と呼ばれている日本の超特急列車です。1964年、東京オリンピックのあった年に開業し、現在では、東京から、北は北海道の新函館北斗、南は九州の鹿児島中央まで伸びています。また出発時刻と到着時刻の正確さから、世界から高く評価されています。
※下記は、「日本的事象英文説明300選」の「新幹線」ですが、最初の部分が同じです。

(日本語)
新幹線は、「弾丸列車」の愛称を持つ超特急列車である。開業は東京オリンピックの年である1964年で、現在では、東京から、南の九州と本州北部へ幹線が伸びている。

(英語)
The Shinkansen is the super-express train nicknamed "The Bullet Train." It first began operating in 1964, the year of the Tokyo Olympics, and now has lines extending from Tokyo to the southern island of Kyushu and northern Honshu."

<条件>
親子4人の家族(父、母、子供2人)の個人旅行です。

<シチュエーション>
大阪から姫路、広島へと新幹線で移動するところです。今日の午前中に姫路に行き姫路城を見学する予定でしたが、あいにく、台風の強風の影響で新幹線の大阪~姫路間が運休してしまいました。このままでは、楽しみにしていた姫路城の観光ができませんし、明日は広島へ向かわなくてはなりません。通訳案内士として、あなたはどのように対応しますか。

<回答例>
三つのご提案をします。一つは、高速バスで姫路に向かうことです。二つ目は、費用は少しかかりますが、5人乗りジャンボタクシーで姫路に向かうことです。いずれも、所要時間は約90分です。三つ目は、姫路城の観光はあきらめて、今日は、大阪城を観光して、明日、大阪から直接広島に行くプランです。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、新幹線の運休という非常事態に際し、受験者が、お客さんが納得できる代替案を示すことができるかどうか、をみている。咄嗟のことなので、三つの提案のうち、一つだけあげて、「高速バスで姫路に向かう方法がありますが、いかがでしょうか」だけでも大丈夫だろう。

●【11:00~12:00】(その2)
<プレゼン問題>①サブスクリプション ②鎖国(「300選」P.12)(2014プレゼン)(2020プレゼン) ③お食い初め

<外国語訳問題>(印鑑)
印鑑の歴史は長く、1000年から1200年も前から使われています。印鑑は個人でも会社でも使われて必要不可欠です。今、コロナ禍でテレワークが増え、この印鑑の使用を見直そうという話し合いがあります。長い日本の文化である印鑑をやめようという熱い議論がなされています。

<シチュエーション>
お客さんが、商店街の小さなハンコ屋で印鑑に興味を持ったので自分の名前の印鑑を作ってもらって土産として持ち帰りたいと言っています。あなたは通訳案内士としてどう対応しますか. 

<条件>
お客さんは個人旅行の外国人観光客で、明日のフライトで帰国の予定です。ハンコ屋は小さなお店なので、印鑑の出来上がりまで4~5日かかり、また、海外発送はしていません。

<回答例>
今日、注文した印鑑が出来上がり次第、私が、お客さんの国にお送りいたしますので、送付先住所を教えてください。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「自分の名前の印鑑を作りたい」というお客さんの希望をいかに実現するのか、という受験者のホスピタリティと臨機応変な対応をみている。ハンコ屋に代わって、自分が発送することは容易に気が付かなければいけない。

●【13:00~14:00】(その1)
<プレゼン問題>①小倉百人一首 ②梅雨(「300選」P.8)(2017通訳)(2020プレゼン) ③みんなのトイレ(多目的トイレ)

<外国語訳問題>(キャシュレス)
買い物の支払い方法の世界的な流れは、キャシュレス決済が主流です。日本では現金での支払いが好まれるようですが、訪日外国人の増加とともに、日本でも、クレジットカード、電子マネー、スマートフォンでの決済の普及が求められています。これは、都市部だけでなく地方についても同じです。

<条件>
お客さんは、個人旅行の若い夫婦のカップルで、あなたは、今日一日だけのスポットガイドを依頼されています。

<シチュエーション>
地方を旅行しているお客さんが、ある土産物屋で、クレジットカードで買い物をしようとしましたが、現金しか使えないとのことです。お客さんは、現金を全く持っていないので、買い物ができません。あなたは、通訳案内士としてどのように対応しますか。 

<回答例>
この土産物屋さんの代金は、私が代わりに支払っておきますので、後でホテルに帰ってから精算をお願いします。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「土産物屋で気に入ったものを買いたい」というお客さんの希望をいかに実現するのか、という受験者のホスピタリティと臨機応変な対応をみている。

<注意>
通訳案内士は、やむを得ない場合を除いて、お客さんとの間で、原則的に、お金の貸し借りはしない方がよい。トラブルのもとである。お客さんが、地方で買い物をする可能性があるときは、事前に、日本の通貨(円)を用意するように伝えておくことが重要です。

●【13:00~14:00】(その2)
<プレゼン問題>①一期一会 ②熊野古道 ③ラーメン(2018外国語訳)(2020プレゼン)

<外国語訳問題>(手洗い)
日本では神社にお参りする前に、身を清めるために、手水舎(てみずや)で手を洗います。元々、日本人はきれい好きで、よく手を洗いますが、小学校でも、子供たちに手をこまめに洗うように指導しています。特に今年は、新型コロナウイルスの流行を抑える一つの有効な手段となっていた。

<条件>
お客さんは、10代~50代の15名の団体です。

<シチュエーション>
神社やショッピングモールで手を洗った後、手を乾かすエアータオルやペーパータオルがないので、お客さんが手を乾かすのに困ると言っています。通訳案内士として、あなたはどのように対応しますか。 

<回答例>
日本ではハンカチを持ち歩く人が多いので、ペーパータオルが置いていないところが多くあります。ハンカチは、デパート、コンビニ、スーパーマーケットなどで買うことができます。また、コンビニで持ち運びができるペーパータオルを買うこともできます。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「手を洗ったあと、手を乾かしたい、拭きたい」というお客さんの希望をいかに実現するのか、という受験者の臨機応変な対応をみている。ハンカチ、または、ペーパータオルの購入をすすめることが一番常識的であろう。

●【14:00~15:00】(その1)
<プレゼン問題>①新しい生活様式 ②高野山(2014プレゼン)(2016プレゼン) ③入湯税

<外国語訳問題>(日本酒)
日本酒は、米、麹、水を混ぜ合わせて発酵させ醸造したお酒です。米のワインとも呼ばれます。甘口と辛口があり、熱燗でも、冷でも楽しめます。各地でいろいろな日本酒が作られています。日本酒は、和食を提供するレストランや居酒屋で飲めますが、最近では洋食にも合うと推奨されています。

<条件>
お客さんは、60歳代の外国人旅行のツアー客で、酒蔵でお酒を試飲してから気に入った日本酒を購入しました。

<シチュエーション>
お客さんが、酒蔵で買った日本酒をホテルの部屋で開けてみたら、自分が注文したものとは違う日本酒が入っていた。あなたは、通訳案内士としてどのように対応しますか。 

<回答例>
私が、酒蔵に電話して、お客さんが注文した日本酒をホテルまで送ってもらうように手配させていただきます。酒蔵の間違いですので、新たに費用の発生することはありませんので、ご安心ください。

<質問の意図とその対応法>
【11:00~12:00】(その2)の「印鑑」と類似問題ですが、試験官は、「自分が注文した日本酒を手に入れたい」というお客さんの希望をいかに実現するのか、という受験者のホスピタリティと臨機応変な対応をみている。「新たに費用の発生することはありません」と述べて、お客さんに安心感を持っていただく気配りが自然にできるように普段から「お客さんファースト精神」を鍛えておくこと。

●【14:00~15:00】(その2)
<プレゼン問題>①熊手 ②黒部ダム ③アマビエ

<外国語訳問題>(京都)
京都には、古都京都の文化財として世界遺産に登録されている寺院、神社、城郭が17か所あります。その多くが京都市内に点在し、国宝にも指定されています。それらの建造物や素晴らしい庭園では、日本の伝統美が見られます。他にも、秋の紅葉など京都には見どころが多く、季節に応じた自然美を楽しむことができます。

<条件>
お客さんは、個人旅行の若い夫婦のカップルで、時間、交通機関、予算に制限はなく自由にどこにでも行けます。現在、二日間の京都観光の最中です。

<シチュエーション>
東寺、清水寺を観光して、これから金閣寺に行く予定でしたが、「もう神社、お寺には飽きたので行きたくない」と言い始めました。あなたは、通訳案内士としてどのように対応しますか。 

<回答例>
それでは、剣舞ショーと舞妓ショーをご提案します。剣舞ショーでは、剣舞師範たちによる、本物の剣舞を英語の解説でご覧いただけます。舞妓ショーでは、芸舞妓さんの舞の披露や、舞妓さんの文化や生活についての英語の説明、質疑応答や写真撮影などを楽しんでいただけます。また、京都伝統の懐石料理、おばんざい料理、湯豆腐料理などもおすすめです。

(ご参考)
・サムライ剣舞シアター
・舞子ショー
・忍者体験スポット(全国23カ所)

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「もう神社、お寺には飽きたので行きたくない」というお客さんの気持ちをくんで、若いカップルが喜んでもらえそうな提案ができるのか、という受験者のホスピタリティと臨機応変な対応をみている。「静的な神社、お寺」に飽きたお客さんには「動的な剣舞ショーとか舞妓ショー」を提案したい。

●【15:30~16:30】(その1)
<プレゼン問題>①敷金礼金 ②リモート飲み会 ③刺身のつま

<外国語訳問題>(日本刀)
日本刀は、専門の技術を持った職人によって作られるものであり、有形文化財として登録されることもあります。刀は武士の魂とされ、江戸時代までは武家社会の象徴でした。現在では、芸術品として日本国内だけではなく世界の人からも人気が高いです。

<条件>
お客さんは、お一人の個人旅行客なので、旅程の制限などはありません。

<シチュエーション>
お客さんが、「日本刀を買って国に持ち帰りたい」と言っています。あなたは、通訳案内士としてどのように対応しますか。 

<回答例>
本物の日本刀を海外に持ち出すには、その日本刀が輸出禁止品でないことを証明する「古美術品輸出監査証明証」が必要ですが、発行まで約2週間が必要です。刃をつけてない、観賞用の模造刀(オモチャ)であるという証明書を購入した店からもらえれば持ち帰りは可能ですから、こちらがおすすめです。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「日本刀を買って国に持ち帰りたい」というお客さんの希望をいかに実現するのか、という受験者のホスピタリティと臨機応変な対応をみている。高価で証明書が必要な本物ではなく模造刀をおすすめすることが妥当だろう。

●【15:30~16:30】(その2)
<プレゼン問題>①日本の感染症対策 ②飴細工 ③姫路城

<外国語訳問題>(旅館)(2013プレゼン)(2018外国語訳) (2020外国語訳)
日本の宿泊施設で、和風様式で作られ、主に和風料理を出すものを旅館と呼びます。日本には温泉がたくさんあり、温泉地にある旅館は温泉を売りにしている旅館も多いです。旅館には、仲居という和装の女性がおり、部屋で給仕をしてくれます。旅館の宿泊料金には、通常一泊二食が含まれています。

<条件>
お客さんは、若い男女のカップル。ツアー参加者ですが、時間などの融通はきくとのこと。

<シチュエーション>
お客さんが、「明朝の旅館の朝食時間は8時からだが、多くの観光地を周りたいので朝食開始前に出発したい。朝食時間をもっと早くしてもらいたい」と言っています。あなたは、通訳案内士としてどのように対応しますか。 

<回答例>
私が、旅館に朝食時間を早くすることができないか聞いてみます。もし、それがダメな場合は、近くのファミレス、ファストフード店での食事、または、コンビニでの食べ物と飲み物の購入をおすすめします。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「多くの観光地を周りたいので朝食開始前に出発したい」というお客さんの希望をいかに実現するのか、という受験者のホスピタリティと臨機応変な対応をみている。上記<回答例>あたりが妥当なところだろう。

●【16:30~17:30】(その1)
<プレゼン問題>①風致地区 ②神輿(「300選」P.78) ③除夜の鐘(「300選」P.96)

<外国語訳問題>(皇居外苑)
皇居外苑は、東京の中心に位置し、広大な公園で、国内外を問わず多くの観光客が訪れます。素晴らしい景観と美しい樹木を散策しながら楽しむことができます。天皇家についても知ることができます。

<条件>
お客さんは、7~8人の高齢者の一日バスツアー参加者のグループです。

<シチュエーション>
今日は、7月で天気も良く朝から暑い。皇居外苑散策の予定があるが、高齢の参加者が熱中症にならないか心配です。通訳案内士として、あなたはどのように対応しますか。 

<回答例>
今日は、お天気も良く、外は危険なくらい暑くなることが予想されます。ですので、皆さんは、適宜、水分補給をして、外に出る際には帽子をかぶるとか日傘をするようにしてください。また、途中で気分が悪くなったら、直ぐに私にお知らせください。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「参加者が熱中症になる可能性のある真夏の高齢者の皇居外苑散策」に対して受験者がきちんと危機管理ができるのか、をみている。

●【16:30~17:30】(その2)
<プレゼン問題>①講談 ②マイナンバーカード ③ゆず湯

<外国語訳問題>(相撲)(2013プレゼン)(2015プレゼン)(2017プレゼン)(2018外国語訳) (2020外国語訳)
相撲は、二人の力士が土俵で闘う競技で、日本の国技です。一方の力士が、相手を土俵から出すか、相手の体の一部を土につけたら勝ちです。最高ランクの力士は横綱で、次のランクは大関と呼ばれます。相撲観戦は非常に人気があり、大相撲は年に6回、ぞれぞれ違った都市で開催されます。

<条件>
お客さんは、退職後の60代の夫婦です。

<シチュエーション>
お客さんが、「チケットを買い相撲観戦を楽しみにしていたが、観戦時間が3時間と聞いて、すべての取り組みを座って観る自信がない」と言っています。通訳案内士として、あなたはどのように対応しますか。

<回答例>
相撲は弱い力士同士の前半と強い力士同士の後半に分かれるので、後半の相撲以降のみ観戦することをおすすめします。後半の直前には、横綱による力強い土俵入りがあり見ごたえがあります。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「観戦時間が3時間と聞いて、すべての取り組みを座って観る自信がない」と言うお客さんに対する、受験者の臨機応変な対応をみている。<回答例>の後半のみの観戦のおすすめは妥当な提案であろう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●【10:00~11:00】(その1)
<プレゼン問題>①万葉集 ②まんじゅう(「300選」P.39) ③ラッシュアワー

<外国語訳問題>(箱根)(P.18)
箱根は東京からのアクセスが良く、国内外からの観光客に大変人気があります。温泉だけではなく、芦ノ湖遊覧、森林浴、ロープウェイといったアクティビティも楽しめます。箱根は富士山の美しい眺望や自然も魅力の1つとなっています。

<シチュエーション>
日帰りで箱根に来ていますが、天気が悪く、ロープウェイも芦ノ湖遊覧も運休です。通訳案内士として、あなたはどのように対応しますか。 

<条件>
お客様は旅行会社を通していない個人客であり、時間的、交通手段に制約はありません。

<回答例>
ロープウェイも芦ノ湖遊覧も運休ですので、私は、噴煙で有名な大涌谷、江戸時代の箱根関所が復元された関所跡、箱根神社の観光をおすすめしたいと思います。お客さんが、美術にご興味があれば、成川美術館、久保田一竹美術館もおすすめです。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「ロープウェイも芦ノ湖遊覧も運休の事態に落胆しているお客さんに、どのような代替案を示すことができるのか」をみている。
ここは、<富士山・箱根ガイドマニュアル>の「トラブル対応」が参考になります。

●交通機関、遊覧船、ロープウェイに関するトラブル時の対応について
(1)悪天候や降雪等により、富士山に登れない、又は、船やロープウェイが運休になった場合富士山に登れない場合、可能な場所まで行き、ゲートが閉まっていることをお客様に見て頂きご納得頂く。スバルラインは時間によって開く場合があるので、先に食事をとって午後に再度挑戦するケースも考慮する。お客様ははるばる遠くからいらして富士山を楽しみにしていらっしゃるのですから、可能性があれば何とかしたいという誠意を見せる事が大切です。船やロープウェイが運休の場合の代替箇所は、
・成川美術館(展示してある絵の説明を予めしておくと喜ばれる。窓からの眺めは大変良い)
・関所跡
・河口湖遊覧船・箱根海賊船(桃源台~箱根町、元箱根)・箱根園水族館(お子様が多い場合喜ばれる)
・箱根ロープウェイ〔桃源台~大涌谷〕〔早雲山~大涌谷〕
・大涌谷・河口湖(カチカチ山)ロープウェイ
・久保田一竹美術館
*代替を行なう場合は「船の代わりに~」「ロープウェイの代わりに~」とひとつひとつお客様に納得していただくよう、説明を行なう。

(2)船やロープウェイが運休になっていなくても霧で見えない場合
・できるだけ前の行程を急いで、時間を作って代替箇所に行く。突然変更になる場合が多々あるので十分注意する。
・お客様の様子を見ながら、運休の場合の代替えは行ってもよいが、必ず全員の了解を得ること。(運休の場合と同様に)

●【10:00~11:00】(その2)
<プレゼン問題>①明治維新(2014プレゼン)(2019プレゼン) ②おでん(「300選」P.30) ③ゴミの分別

<外国語訳問題>(相撲)(P.64)(2013プレゼン)(2015プレゼン)(2017プレゼン)(2018外国語訳)(2020外国語訳)
相撲は、もともと五穀豊穣を神に感謝する神事でした。鎌倉時代に武道になり、江戸時代には娯楽となりました。そして現代では、相撲はプロスポーツとして国際化が進み外国人力士も増えています。

【出典(英語で説明する日本の文化)の日本文】
相撲の歴史は非常に古く、『古事記』(The·Records of Ancient Matters) (712年)や『日本書紀』(The Chronicles of Japan) (720年)に既にその記述がみられるほどである。元々相撲は五穀豊穣を感謝する神事(Shinto ritual in gratitude for agricultural fertiiity)として行われていたが, 鎌倉時代の武家社会(the samurai society)では、武芸(martialal art)として扱われていた。
江戸時代には相撲は芸能(public entertainment) として行われるようになり、その後、職業スポーツ(professional sport)として発展し現在の大相撲(professional sumo)となったのである。

●「英語で説明する日本の文化」予想問題7題

<シチュエーション>
お客様が、楽しみにしていた相撲観戦のチケットをなくしてしまいました。お客様は、何とか相撲を見たいと言っています。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
相撲観戦のチケットはエージェントが手配していました。

<回答例>
原則的に、チケットがないと相撲観戦はできませんが、チケットはエージェントが手配しましたので、エージェントに電話して予約番号などを確認の上、何とか観戦できるように努力したいと思います。万一、相撲観戦できない場合は、隣接の相撲博物館にご案内したいと思います。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「相撲観戦したいお客さんの希望を実現するために、受験者が誠意を持っていかに対応できるのか、万一、観戦できない場合、落胆しているお客さんにどのような代替案を示すことができるのか」をみている。

<試験官からの関連質問>
①チケットをなくしてしまったがどうすればいいですか。
②もし自費になった場合、チケットはいくらですか。
③オススメの席はありますか。
④そこでは、お弁当とかは出されますか。

●【11:00~12:00】(その1)
<プレゼン問題>①桜島 ②桃の節句 ③計画運休

<外国語訳問題>(寿司)(A) (「300選」P.24)
寿司は日本でも海外でも人気のある日本料理です。酢飯を小さく楕円形に握り、その上に魚介類を載せたにぎり寿司、酢飯の中に魚介類や野菜を入れて海苔で巻いた巻き寿司、お椀に酢飯を盛り、その上に魚介類や野菜、錦糸卵などを散らしたちらし寿司など、さまざまな種類があります。

<シチュエーション>
ホテルのレストランで寿司を食べたお客さんが、非常に気に入ったので自分でも寿司を作ってみたいと言っています。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験管を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
このお客さんは個人旅行であり、特に時間的な制限はありません。

<回答例>
お寿司の料理教室があるので、早速、問い合わせてみたいと思います。万一、適当な料理教室が見つからない場合、明日、私の自宅で一緒にお寿司を作ってみましょう。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「自分でも寿司を作ってみたいと言っているお客さんの希望を実現するために、受験者がいかに対応できるのか」をみている。
・ご参考:東京寿司アカデミー公式サイト

●【11:00~12:00】(その2)
<プレゼン問題>①風鈴(「300選」P.103)(2014プレゼン)(2015プレゼン)(2019プレゼン) ②消費税増税 ③道の駅

<外国語訳問題>(日本の祭り)
日本の祭りは、はっきりとした四季のある日本の季節と密接に関係しています。春は田植えが上手く行くように、夏は疫病を追い払い、お盆は先祖の霊をお迎えするため、秋は豊作に感謝を捧げるため、冬は新年を迎えるためなどに祭りがあります。このように日本の祭りは日本人の心の拠り所になっています。

<シチュエーション>
お神輿や盆踊りなどの夏祭りを見た外国人観光客が、自分も神輿担ぎや盆踊りなどに参加したいと言っています。しかし、祭りに参加するためには、事前に予約が必要です。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
このお客さんは自由度の高い個人旅行で、旅行会社から特に条件はなく、滞在中のお相手をする様に言われています。

<回答例>
祭に参加するためには、事前の予約が必要とのことで、御輿担ぎは難しいと思いますが、盆踊りだけならば、頼めば、多分大丈夫だと思います。早速、主催者に聞いてみたいと思います。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「自分も神輿担ぎや盆踊りなどに参加したいと言っているお客さん」に対する、受験者の臨機応変な対応をみている。

<試験官からの関連質問>
①皆が着ている浴衣を買うことができますか。
②その際、クレジットカードが使えますか。

●【13:00~14:00】(その1)
<プレゼン問題>①百舌鳥古市古墳群 ②鯛焼き ③メイドカフェ

<外国語訳問題>(桜前線)
桜前線とは、桜の開花予想日を天気図の前線の移動のように日本地図上に 示したものです。桜の開花は、3月下旬に九州から始まり、次第に日本列島を北上し5月には北海道に達します。桜の花を愛する日本人は、強い関心を持ってこの前線の動きを見て、春のお花見を楽しみにしています。

【出典(英語で紹介する日本事典)の日本文】
桜前線とは、桜の開花予想日を天気図の前線の移動のように日本地図上に 示したものです。桜の季節になると、気象庁の発表などをもとにテレビや新聞では毎日知らせます。一般的に、桜前線は3月の沖縄から始まり、次第に日本列島を北上し5月には北海道に達します。桜前線のニュースは日本人には、 春の便りを実感できる楽しい知らせです。

【出典(英語で紹介する日本事典)の英語訳】
Sakura-zensen is a chart on a map of Japan predicting the date of cherry blossoms blooming just like a weather map showing the movement of frontal systems.
TV and newspapers report it every day based on the announcement of the Meteorological Agency of Japan as the season approaches.
Usually, sakura-zensen starts from Okinawa in March and, gradually going north along the Japanese Archipelago, reaches Hokkaido in May.
Sakura-zensen reports are happy news of spring for Japanese people.

●英語で紹介する日本事典<出題予想>38選
<シチュエーション>
外国人旅行者が桜の花を見ることを楽しみに日本を訪れましたが、東京の桜はすべて散ってしまった後でした。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
旅行会社からは個人旅行として依頼されており、旅程は変更可能です。また、交通機関、時間などに制約はありません。

<回答例>
私は箱根への一泊旅行をご提案します。東京からは約90分の距離です。箱根は、標高が高いので、芦ノ湖の桜は、4月下旬まで見ることができます。お天気が良ければ富士山を見ることもできます。宿泊は旅館にして、日本料理と温泉を楽しんでいただきたいと思います。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「桜を見たいと言っているお客さん」に対する、受験者の臨機応変な対応をみている。旅程は変更可能であり、また、交通機関、時間などに制約がないので、箱根への一泊旅行を提案して、加えて、富士山、旅館、日本料理、温泉の魅力を訴求することができれば理想的である。

●【13:00~14:00】(その2)
<プレゼン問題>①軽井沢 ②千羽鶴 (「300選」P.58)③テレワーク

<外国語訳問題>(紅葉)
四季のはっきりとしている日本では、紅葉は秋の日本観光の魅力の一つです。紅葉の色は、夜は寒く、日中は暖かい気温の寒暖差があるほど、また、太陽の日差しが強いほど鮮やかになります。紅葉の名所としては、奥入瀬、日光、箱根、京都などがあります。紅葉シーズンには、これらの場所には、国内外からの多くの観光客が訪れにぎわいます。

<シチュエーション>
日光の紅葉を見るために、東京から日帰りツアーで来ましたが、紅葉のピークはすでに終わっていました。お客さんが、何とか別の場所で鮮やかな紅葉を見たい、と言っています。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
個人旅行のため、旅行会社の許可を得る必要はなく、行き先、交通手段にも制限はありません。但し、本日中には東京に帰らなければいけません。

<回答例>
東京近辺の紅葉の名所に行くことをご提案します。江戸時代を代表する大名庭園の一つで、国の特別名勝に指定されている「六義園」はいかがでしたでしょうか。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「紅葉を見たいと言っているお客さん」に対する、受験者の臨機応変な対応をみている。日光の紅葉のピークはすでに終わっているので、お客さんが滞在していると思われる東京の名所をご紹介すればよいだろう。

●【14:00~15:00】(その1)
<プレゼン問題>①竿燈まつり ②タピオカドリンク ③気象警報

<外国語訳問題>寿司(B)(P.24)
寿司の起源は、意外にも東南アジアとの説があります。平安時代に日本に伝わったとされ、当初は、魚の保存法としての意味合いが強かったようです。江戸時代には、屋台が提供するファストフードでした。新鮮な魚介類、海苔、油揚げなどの具材が使われ、地方ごとに特色があります。

【出典(英語で紹介する日本事典)の日本文】
寿司の起源は、意外にも東南アジアとの説があります。平安時代に日本に 伝わったとされ、当初は、魚の保存法としての意味合いが強かったようです。今日、海外でも人気の「スシ」は、「にぎり」もしくは「江戸前寿司」と呼ばれるものです。江戸時代に、今より大きめににぎった寿司飯(酢をまぶした ご飯)に、「江戸城の前の海=江戸前」でとれた魚介類をのせたのが始まり で、江戸の屋台が提供するファストフードでした。にぎり以外にも、寿司の 種類はたくさんあります。具と寿司飯を海苔で巻いた海苔巻き、寿司飯を油揚げで包む稲荷寿司、いろいろな具を丼に盛り付けるちらし寿司、保存食と しての熟れ寿司など、地方ごとに特色があります。

【出典(英語で紹介する日本事典)の英語訳】
As hard as it is to believe, there is a theory that sushi originated in Southeast Asia.
It is said that sushi was introduced into Japan during the Heian Period (794~1185) and was originally made mainly to preserve fish.
Today sushi, mainly nigirizushi (literally, hand-formed sushi) or Edomae-zushi (Edo-style hand-rolled sushi), is also a very popular dish outside of Japan.
The origin of nigirizushi or Edomae-zushi is traced back to the Edo Period (1603~1867) when it was made with freshly caught fish or other seafood from Edo-mae (Edo Bay or Tokyo Bay) over a bigger (than today's size) ball of vinegared rice and was served in yatai (street stalls) as an early form of fast food.
In addition to nigirizushi, there are other kinds of sushi—norimaki (literally, rolled sushi wrapped in nori), a cylindrical piece of sushi with various ingredients rolled inside the rice and then wrapped in nori (dried seaweed); inarizushi (literally, stuffed sushi), a pouch of fried tofu filled with vinegared rice; chirashizushi (literally, scattered sushi), a bowl of vinegared rice mixed with other ingredients; and narezushi (literally, matured sushi) as a preserved food. Each of these kinds of sushi represents the unique characteristics of the region where it originated.
There are unique sushi-related terms: shari for vinegared rice, gari for pickled ginger, murasaki for soy sauce, and agari for hot green tea.

●英語で紹介する日本事典<出題予想>38選

<シチュエーション>
家族旅行のお客様で、寿司を食べに行く予定でしたたが、家族の中で生魚が食べられない人がいます。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
子供連れの家族旅行。個人旅行なので多少の変更は可能です。生魚が食べられないのは小さな子供です。

<回答例>
ほとんどの寿司屋では、生魚以外に、魚の煮物や天ぷら、また、子供が喜びそうな美味しい卵焼きやデザートを食べることができます。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「お寿司様を食べたいが、生魚が食べられない子供がいる状況」に対する、受験者の臨機応変な対応をみている。

●【14:00~15:00】(その2)
<プレゼン問題>①金沢 ②ご当地(B級)グルメ ③里山

<外国語訳問題>(おせち料理)(P.28)
おせち料理は、正月に食べる日本の伝統的な料理で漆塗りの重箱に詰められます。それぞれの食材には意味があり、黒豆は健康、昆布巻きは幸福、えびは長寿をします。かつては、おせち料理は大晦日から家庭で作られましたが、今ではデパートや通信販売で買う人が多いです。

<シチュエーション>
夏に来日した外国人観光客がおせち料理を食べたいと言っています。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
お客様は個人旅行なので、内容は自由に決めることができます。しかし、この季節におせち料理を提供している日本料理店はありません。

<回答例>
おせち料理は、お正月に食べる料理なので、夏の今は食べることができません。なので、同じ伝統的な日本料理である懐石料理をご提案します。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「夏におせち料理を食べたいと言っているお客さんに対する、受験者の臨機応変な対応をみている。

●【15:30~16:30】(その1)
<プレゼン問題>①隠れキリシタン ②卵かけご飯 ③宅配ボックス

<外国語訳問題>(着物)(「300選」P.100)
着物は結婚式、成人式などのおめでたい時や葬式などで着る礼服です。未婚女性の着物は振袖、既婚女性のは留袖といいます。社交の場で着るものもあります。浴衣は綿でできた着物で、浴衣は帯の結び方も簡単です。

<シチュエーション>
お客様の母娘が、着物を着て日本庭園で記念撮影をしたいと言っています。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
団体流行だが、自由時間はあります。

<回答例>
着物レンタル店に行き、着物一式を借りて、ご希望の日本庭園に行き、写真を撮りましょう。自分の髪で日本髪を結うことは、時間も費用もかかるので、日本髪かつらレンタルの利用をご提案します。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「着物を着て日本庭園で記念撮影をしたいと言っているお客さん」に対する、受験者の臨機応変な対応をみている。「着物レンタル店」と「日本髪かつらレンタル」が提案できたら理想的である。

●【15:30~16:30】(その2)
<プレゼン問題>①天橋立(「300選」P.22) ②味噌田楽 ③カプセルホテル

<外国語訳問題>(花火)
花火は日本の夏の風物詩の代表格です。7月と8月に集中して日本各地で花火大会が催され、多くの人々が詰め掛けます。夜空に美しい大輪の花が咲き誇り、一瞬で散っていくさまは、桜などと同様に、日本独特の価値観である潔さやはかなさを象徴するものです。大阪の天神祭では、たくさんの花火が天満宮に奉納され、多くの舟の大行列とともに有名です。

【出典(英語で紹介する日本事典)の日本文】
花火は日本の夏の風物詩の代表格です。7月と8月に集中して日本各地で花 火大会が催され、多くの人々が詰め掛けます。夜空に美しい大輪の花が咲き 誇り、一瞬で散っていくさまは、桜などと同様に、日本独特の価値観である 潔さやはかなさを象徴するものです。花火が日本に伝来したのは鉄砲と同時 期の16世紀。以後、改良や開発を繰り返して現在に至り、世界に誇る伝統芸 能として毎年の夏を華やかに彩ります。

【出典(英語で紹介する日本事典)の英語訳】
Hanabi (fireworks) are the most important part of Japanese summers.Many people flock to the fireworks festivals that take place all over Japan in the months of July and August.Similar to cherry blossom viewing in the spring, the way a beautiful and large flower blooms in the night sky only to scatter in a moment is symbolic of the grace and transience which so many Japanese people value.Fireworks were introduced to Japan around the same time as guns - ; the 16th century.With repeated improvements and developments since then, fireworks, as they sparkle in the summer sky, are a traditional entertainment of Japan that can proudly be presented to the world.

●英語で紹介する日本事典<出題予想>38選

<シチュエーション>
ある花火大会にガイドとして案内しているのですが、混雑のため予定した時間にお勧めの観覧スポットに到着することが難しい状況です。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
団体ツアーの自由時間におけるガイドなので、特に制約はありません。

<回答例>
混雑のため予定した時間にお勧めの観覧スポットに到着することが難しい状況ですが、花火はかなり遠くからも見ることができますので、このまま観覧スポットまで歩いて行きましょう。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「お勧めの観覧スポットで花火を見たいお客さん」に対する、受験者の臨機応変な対応をみている。物理的に、花火開始時間までに観覧スポットに着けなければ、気休めではあるが、<回答例>のように応えるしかない。

●【16:30~17:30】(その1)
<プレゼン問題>①阿蘇 ②お好み焼き(「300選」P.38) ③アニメやコミックの聖地巡礼

<外国語訳問題>(車椅子)
日本を訪れる外人観光客は年々増加していますが、その国籍、年齢なども多様化してきています。中には車椅子を使用したりする身体の不自由な人も増えているので、ガイドには、そのようなお客に対応するためのスキルが求められています。

<シチュエーション>
ロンドンから来たお客様の車椅子が壊れてしまい修理が必要になったが、本人は外出を希望しています。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
車椅子は英国製で本体の不具合なので日本国内では修理ができません。本人は、車椅子なしでは動くことができません。個人旅行なのでスケジュールには比較的余裕があり、柔軟に変更可能です。

<回答例>
ホテルで代わりの車椅子を借りて、外出することにしましょう。出来れば、車椅子で乗ることが出来るハイヤーを利用することをご提案します。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「自分の車椅子が使えないお客さん」に対する、受験者の臨機応変な対応をみている。車椅子で公共交通機関(電車など)を使うことも可能ですが、駅の階段などで、駅員さんの補助が必要になったりしますので、経済的に条件が許せば、ハイヤーを提案することは妥当だろう。

●【16:30~17:30】(その2)
<プレゼン問題>①ビアガーデン(「300選」P.112) ②分煙 ③国定公園

<外国語訳問題>(自然災害)
日本では、案内が日本語だけのところが多いので、外国人旅行者が困ります。特に、地震や台風などの自然災害が発生した場合は、外国人旅行者は、どうしていいか分かりません。電車などの交通機関も、いつ動くのかも分かりません。したがって、通訳ガイドは正確な情報を伝える必要が高まっています。

<シチュエーション>
新幹線で移動中、地震が発生して新幹線が止まってしまいました。アナウンスは日本語だけでお客様は意味が分かりません。そして、とても怖がっています。通訳案内士としてあなたはどのように対応しますか。外国人試験官を観光客だと思って話をしてください。

<条件>
あなたは個人のお客様をご案内中で、特にその後の予定に制限はありません。 

<回答例>
日本の新幹線はとても安全です。新幹線が無事に停車したことに、まずは安心してください。日本語の車内放送の内容は、すべて私がお伝えしますので、今は、次の車内放送を待つことにしましょう。

<質問の意図とその対応法>
試験官は、「地震で止まった新幹線の中で怖がっているお客さん」に対する、受験者の臨機応変な対応をみている。一番大切なことは、お客さんの不安感を払しょくすることなので、冷静に、①日本の新幹線は安全であること、②日本語の車内放送の内容をすべて伝えること、が重要である。

以上

2022年度全国通訳案内士試験施行要領

2022年04月14日 02時26分45秒 | ●2022年度第2次口述試験対策
2022年度全国通訳案内士試験施行要領

●2022年度全国通訳案内士試験施行要領(JNTOのホームページ)
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/copy_of_index.html

●2022年度全国通訳案内士試験筆記試験のガイドライン(2021年度(令和3年6月10日改正)から変更はありません)
https://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/content/001408467.pdf

●試験日程
◇官報公示    : 2022年4月下旬(予定)
◇施行要領公開  : 2022年5月中旬(予定)
◇願書受付    : 2022年6月1日(水)~7月11日(月)(予定)
◇筆記試験    : 2022年8月21日(日)(予定)
◇筆記試験合格発表: 2022年11月10日(木)(予定)
◇口述試験       : 2022年12月11日(日)(予定)
◇最終合格発表  : 2023年2月3日(金)(予定)

●出願方法
施行要領は電子媒体のみとし、出願方法も電子申請のみとなります。
郵送での施行要領配付および出願受付は行いませんので、5月中旬に公開予定の
施行要領をご確認の上、願書受付期間内にお申し込みください。
※郵送での出願、施行要領等の請求に関しては返送手続きをさせていただきますので、予めご了承ください。
電子申請システム( https://shiken.jnto.go.jp/ )よりお申し込みください。
※出願受付開始前は、電子申請システムのトップページしかご覧いただけません。

●免除申請について
筆記試験の英語、日本歴史、一般常識、通訳案内の実務の免除を申請される方は、以下の注意事項をご確認ください。以下の記載内容以外の申請条件については、2021年度から変更ありません。

(注1)
英語の免除対象となるTOEICの得点については、当該得点を取得した年度およびその翌年度に実施される全国通訳案内士試験において、出願時に公式認定書(コピー可)を提示できるものが対象となります。(2022年度試験の場合:2021.4.1以降に取得された得点)

(注2)
日本歴史および一般常識の免除対象となる大学入試センター試験の得点については、当該得点を取得した年度およびそこから五年以内に実施される全国通訳案内士試験において対象となります。(2022年度試験の場合:2017.4.1以降に取得された得点)※令和3年度より実施の大学入学共通テストは対象とはなりません。

(注3)
ガイドライン7ページの「通訳案内の実務筆記試験について」に記載されている「観光庁研修のテキスト」については、以下のリンクを参照ください。
www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/tsuyaku.html

●詳しくは、下記をご覧ください。
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/copy_of_index.html

以上

2021年度 <合格体験記><敗軍の将、兵を語る>総まとめ

2022年04月10日 02時24分44秒 | ●2021年度<最終合格体験記>
全国通訳案内士試験 2021年度 <合格体験記><敗軍の将、兵を語る>総まとめ



<合格体験記>


ハローの無料動画、資料で独学合格しました!












































<敗軍の将、兵を語る>























重要資料






以上

2021年度<合格体験記>(42)【15:45~16:45】(年越しそば)(英語)

2022年04月10日 01時55分49秒 | ●2021年度<最終合格体験記>
2021年度<合格体験記>(42)【15:45~16:45】(年越しそば)(英語)

●植山先生
過去の試験問題も、合格体験記も、特訓セミナーも、
「日本的事象英文説明300選」も、すべて利用しました。合格できたのは、ハローのお陰です。
試験が近くなってくると、とてもプレゼンなんてできない!という絶望的な気持ちになりましたが、その時に届く、先生からのメルマガや音声メッセージに、何度励まされたことかわかりません。
植山先生には、感謝してもしきれません。ありがとうございました。

●英語(メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者)

①受験の動機

定年退職後の人生の過ごし方を考えている時、友人がこの資格を取ったと聞いたので、一次試験の過去問を見て、チャレンジしてみようと決意しました。
その後、改めて自分とガイドの関わりを考えてみると、広島で中学生だった半世紀前、平和公園でその日の宿が無く、困っていたアメリカの学生さんを、友人のご両親が経営している旅館に案内したことを思い出しました。
どうしてそう言うことになったのか、宿が無くて困っているということが、英語を習い始めた中学生にどうして分かったのか、全く覚えていないのですが、これが自分の初めてのガイディング体験と思い当たりました。
コロナ前は、広島に時々帰省していましたが、外国人観光客が増えていることを実感していました。
三つ子の魂百まで。中学生の時は、何一つ説明できなかったと思いますが、今度は日本のことを説明しながら、故郷広島を案内したいという気持ちが湧き出て、2年間、通訳案内士の試験にチャレンジしました。

②第1次試験対策
<英語>(英検1級で免除)

<日本地理>(昨年合格で免除)
(昨年は、下記のハローの教材に大変お世話になりました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

2020年度<最終合格体験記>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/0a108b1e135f3a7db3d0e1a3dc0fb533

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(昨年合格で免除)
(昨年は、下記のハローの教材に大変お世話になりました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

2020年度<最終合格体験記>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/0a108b1e135f3a7db3d0e1a3dc0fb533

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(38点)
今年の一次試験は、去年不合格だった「一般常識」一科目でした。
去年は、ハローのマラソンセミナーも全て聞いて勉強しましたが、「一般常識」は、ガイドラインで示される範囲があまりにも広いです。観光白書が基本だとは思いながらも、過去問の傾向もどこかとらえどころがなく、とはいえ、日本歴史、地理に比べると、あまり時間をかけることもできず、結局最後まで勉強の対象を捉えることはできませんでした。

今年再受験ということになり、改めて調べてみました。その結果、法律が改正されて、2018年度から通訳案内士制度が新制度になって以降、つまり現在の「一般常識」は、観光政策に関する一般常識を問う科目と、明確になっているものと思いました。
2018年度から、それまでの「一般常識」は、新しい「一般常識」と「通訳案内の実務」に二分されました。

2018年度の「一般常識」の問題は、それまでの、ややとらえどころのない問題を含んでいましたが、新制度発足後に作成された(と思われる)2019年度の問題からは、かなり吹っ切れたような気がしました。
つまり、観光政策に関する一般常識を問う、それ以外には手を広げない、という一線を引いたような気がします。(あくまで私の感想です。)

通訳案内士制度の改正の趣旨は、少なくとも建前としては、政府の観光政策の中に通訳案内士をしっかりと位置づける、という点にあると思いますが、それに対応して、試験の内容も、観光業界の一員として受け入れる資格があるかを見る、という観点が強まったのかな、という気がしました。

もっとも、我々にとって重要なのは、では、観光政策に関する一般常識とは何か?です。

毎年度の観光政策のまとめが「観光白書」ですから、「一般常識」の対策は、観光白書を読むことが基本になります。
そこで、観光白書を読んでみると、毎年毎年、思いつきのように単発の仕事をしているのではなく、何らかの中期計画があり、その計画に基づいて、毎年度の施策を順次実施していることに気づきます。

ということは、観光政策に携わる人は、その計画に書いてあることを一生懸命考えているはずで、その意味では、関係者の当然の常識になっているということです。

ですので、観光白書だけでなく、一歩手を伸ばして、ベースになっている計画にも目を通すと、理解が深まると思いました。その計画は、本来は何年かごとに作成される「観光立国推進基本計画」ですが、今は、コロナの前に大幅に目標を前倒しした2016年作成の「明日の日本を支える観光ビジョン」がいいと思います

観光庁のHP
https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics01_000205.html

概要版や施策集は、写真入りのカラー版パワーポイントで、キーワードが満載です。目指すべき将来像として、外国の事例なども紹介されていて、試験に唐突に出てくるような外国事例も、こういうところにベースがあるような気がします。

また、現状ではコロナ対策も出題が予想されますが、時間があれば、2020年「感染拡大防止と観光需要回復のための施策プラン」にも目を通せるといいと思います。

これもキーワード、事例が満載です。国家試験ですから、政府の施策を批判するような内容の問題は出るはずがなく、出るとしたらコロナ禍でなんとか頑張っているという取り組みであるはずですので。

今回、一般常識と口述試験対策を勉強してみて、2003年の、いわゆる小泉観光立国宣言から始まる「新しいインバウンドの時代」の観光政策の流れを把握することは、一般常識だけでなく、口述試験の設問や答え方を考える際にも非常に参考になると思いました。しかし、受験生にとって、一般常識にそんなに時間を割くことはできません。
ハローに、2003年からの観光政策の流れを俯瞰できるような短い講座があれば、と思う次第です。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

2020年度<最終合格体験記>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/0a108b1e135f3a7db3d0e1a3dc0fb533

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(一般常識)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

<令和2年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(要旨版>)
http://hello.ac/2020.hakusho.youshi

<通訳案内の実務>(昨年合格で免除)
(昨年は、下記のハローの教材に大変お世話になりました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

2020年度<最終合格体験記>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/0a108b1e135f3a7db3d0e1a3dc0fb533

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<観光庁研修テキスト>
http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

③第2次試験対策
去年の試験は一般常識で不合格になり、しばらく何もやる気がでませんでしたが、年が明けて気を取り直し、1月から英語の勉強を再開し、8月の夏休みから、口述試験の対策に本格的に取り組みました。

8月には、まず2018、2019、2020の三年分の合格体験記、敗軍の将兵を語る、を全部読み込みました。読みでがありましたが、それはまさに汲めども尽きぬ宝の山、非常に有益な知見、アドバイス、体験が山盛りです。

受け取り方は各人それぞれと思いますが、自分は、読みながら、これは!と思うことはノートに取り活用しました。自分は口述対策を中心にメモをとりましたが、プレゼンの量、組み立て方、プレゼンと事後質疑はロールプレイングなんだ、別に自分の本当のことを言う必要はないんだ、勉強の仕方、おすすめの参考書、当日の服装、試験中の振る舞いに注意などなど、実にあらゆることが網羅されています。「北川式パターン対処法」に出会ったのもこのなかです。

「北川式パターン対処法」
・資料
http://hello.ac/2016.11.20.pdf

・動画
https://youtu.be/5eXka3HOPlI

その上で、8月から12月までの大まかな計画を作りました。合格体験記のアドバイスに従って、inputとoutput のバランスを考えました。仕事との両立ということもあり、その通りにはできませんでしたが、ザックリとした見通しがあった方がいいと思いました。

また、ハローの口述試験テキストの過去問を使い、自分なりに試験問題の分析をしてみました。
分析すると、プレゼン問題と外国語通訳は、テーマのピックアップの仕方に違いがあると思いました。
2018以降の外国語通訳問題は、オーソドックスなテーマが多いという印象です。相撲や京都とか、繰り返し出るテーマもあります。通訳ガイドに必要な基本語彙と文法力を問うのかなと思いました。シチュエーションでは、いわゆるユニバーサルサービス対応も多いので、車椅子とか、単語も要チェックです。
一方、プレゼン問題は、最近のトピック的な問題が多いと思いました。ただ、単なる最近の話題ということではなく、ガイドをしていると出会う事柄、説明することが必要になる事柄がメインだと思います。ということは、ガイドの立場からプレゼンの構成を考えたらいいのではないかとも思いました。

プレゼンは最初から最後まで悩みました。
とにかく最初から口頭でプレゼンするのは無理なので、まず英作文に取り組みました。
何度か読んだ後、自分が知っている単語や使える文法により、リライトする作業をしました。リライトしようとすると、その事象について、実は自分は何も知らない、ということに気付きます。そこで、寄り道になりますが、ネットや参考書を使って、調べてみることになります。自分の場合は、興味のあった陶磁器とか日本酒から始めましたが、調べはじめると、これが結構面白く、どんどん横道に入って時間を忘れそうになるので、どこかで我に返ることが必要でした。
参考書は、合格体験記のアドバイスを参考に何冊か買いましたが、以下が一番参考になりました。
・植田一三・上田敏子「英語で説明する日本の文化」(語研)

過去問のプレゼン問題や外国語通訳問題も自分なりに英作文してみました。すると、先ほど分析したように、プレゼン問題は最近のトピックス、通訳問題はオーソドックスが多いという傾向があるので、「日本的事象英文説明300選」は、通訳問題には比較的色々と使える材料になると感じました。

自分で英作文を書いてみると、これで文法的に合っているんだろうか?ということがとても心配になります。ネット時代で便利になったな、と痛感したのはこの時です。「Grammarly」という文法をチェックしてくれるサイトがあり、無料で使えます。書いた英作文は、それで文法をチェックしてもらいます。すると、色々指摘をしてくれるので、修正します。修正後の英文は、「Deep L」という自動翻訳のサイトで翻訳し(これも無料です)、自分の言いたい内容になっているかどうかを確認しました。最初はとりとめのない英文だったものが、段々と、英文らしくまた内容も固まってくるのは、楽しみでした。

Grammarlyに英文をかけると、初歩的なところでは、主語と動詞の対応関係、前置詞の選択、自動詞か他動詞かなど、どうやってチェックしてるのかわかりませんが、なるほど、という指摘をしてくれます。使っていると、一週間ごとに文法の正確さなどを他の利用者と比較したような分析レポートメールが届きますが、段々向上していったので、励みになりました。最後の一月は有料のプレミアム会員になりました。プレミアム会員では、より適切な表現などチェックポイントが増えますが、無料の通常会員で十分と思います。Deep L は非常に優秀な翻訳ソフトで、多少文法が間違っていても、自然な日本語に上手に翻訳してくれます。ただそれは勉強で使う場合はちょっと困りものですが。

文法は、inputの段階では、ある程度勉強しました。
自分の学生時代とはひと味も二味も違う文法の本が出ており、何度も読み返して、大変参考になり、理解が進みました。
・時吉秀弥「英文法の鬼 100則」(アスカ、2019)
・今井むつみ「英語独習法」(岩波新書、2020)

今井さんの本で知りましたが、今は辞書もネットで使えるんですね。
いくつもありますが、自分は、Cambridge Dictionaryが、一番使いやすかったです。
https://dictionary.cambridge.org

単語の意味だけで無く、文法の説明をしてくれるパートもあり、学生時代に習った英文法とは、これまたひと味も二味も違う内容で、
目から鱗、ということが何度もありました。
この関係で、以下の本に出会い、購入して勉強しました。英語独習者には非常に有益な本だと思いましたが、時間との関係で半分くらいしかできませんでした。
・Raymond Murphy "English Grammar in Use fifth edition" (Cambridge University Press, 2019)

ただ、outputの段階の英作文では、上級の文法や難しい構文はなるべく使わないで、自分で制御できる構文でつなぐよう心がけました。
最後までよくわからなかったのが、冠詞です。そこで、合格体験記でおすすめだった以下の本を買って読みました。
・正保富三「改訂版 英語の冠詞がわかる本」(研究社、2016)

プレゼンは、英作文ではそれなりにできるようになったものの、実際に口頭でやろうとすると、なかなか上手くできなくて、非常に悩みました。11月中頃からは、outputとして、オンライン英会話のレッスンを受けました。合格体験記でいくつか挙げられていますが、その中の「バリューイングリッシュ」に通訳案内士コースがあるので、これを受けてみました。講師はフィリピン人ですが、自分に合う先生が見つかったので、12月には毎日レッスンを入れました。しかし、やってみると、取り止めのないプレゼンしかできず、その結果、試験会場で、しどろもどろになり破綻する自分が浮かび、嫌になって、もう試験に行くのを止めようか、とまで思いました。

ただ、その経験の中から、プレゼンというからには、単なる説明、知識の羅列ということではなく、観光に携わる人を選ぶ試験なんだから、試験官をお客さんと思い、自分がガイドになったつもりで、ロールプレイングをし、最後は観光へ誘う、そういうツーリズムの立場に立った構成を考えるといいのではないかと思いました。また、プレゼン問題では、最近のトピックが出ることが多いですが、話すことがなくなるとついつい自分の好き嫌いを説明しがちです。しかし、やはりそうではなく、観光にどう役立てられるのかとか、観光業に携わる人間としての観点から話を展開、フィニッシュするように努めるようにしました。

プレゼンは、植山先生の予想問題も参考に、自分で予想問題をいくつか作って、英作文してみました。自分の試験では、その一つ、「渋沢栄一」がでたので、一も二もなく、これを選びました。
渋沢を描いたNHK大河ドラマ「青天を突け」が面白く一年欠かさず見ていたので、渋沢役の吉沢亮さんを思い浮かべながら、何か親戚のおじさんについて話すようにプレゼンできたと思います。これはラッキーでした。プレゼンの最後には、設立した会社がまだたくさん残っていること、都内に記念スポットもあるのでご案内できること、一万円札の顔になる人、と、観光につながることも説明できました。
今年の大河ドラマは北条義時を描く「鎌倉殿の13人」です。こちらも試験に出ても不思議でないテーマです。試験対策としておすすめですが、ドラマ自体も面白いと思います。

試験官ですが、日本人の試験官は女性で大学の先生のようなイメージでした。外国人の試験官は、男性の米人で、こちらも大学の先生のようなイメージで、優しい感じの人でした。

<2次試験受験の感想>
外国語通訳問題は、大晦日の年越しそばで、シチュエーションは、そばアレルギーでした。
特選手打ちそばの店を予約したが、仲間の一人がそばアレルギーと分かったが、あなたは、通訳案内士としてどのように対応しますか。

うどんを提案しましたが、米人試験官は、特選手打ちそばの店なので、そういうお店にうどんはあるのかな?、という顔をされました。やり取りの中で時間が来て終わりましたが、後で(試験直後です)考えると、そういう蕎麦屋には大体美味しい日本酒が置いてあり、ちょっとした美味しいおつまみの料理があるのが普通なので、そのことを提案すればよかったな、と悔やまれてなりませんでした。あの試験官の表情は、助け舟だったような気がします。

通訳問題をどう訳したかはよく覚えていませんが、シチュエーションの対応がイマイチだったので、70%の合格ラインに届くのは難しいかなと感じ、合格発表も見る気になれず、結局、合格証書が郵送で届いて初めて合格したとわかるような始末でした。

(下記を利用しました)
第2次口述試験問題(2013年度~2020年度)
http://www.hello.ac/2ji.mondai.2013.2020.pdf

第2次口述試験の<2次レポート>(2018年度、2019年度、2020年度)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/c1f772a4a9ffe986ba7e5d4c8e20a79a

最終完全合格の<合格体験記>(2018年度、2019年度、2020年度)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/178b811fe824c60e51dd5560860f0f76

2021年度第2次口述試験対策<2次セミナー>のまとめ
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/46898225bead14834cda78e89d656e10

<プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答予想問題60題
http://www.hello.ac/yosou60dai.pdf

第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題>
http://www.hello.ac/teppan70.pdf

「通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応方法」
http://hello.ac/troubleshooting.pdf

ハッピー・ガイド・ナビ(Happy Guide Navi)(第2次口述試験攻略法)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/f8580b22708c49b4a70d8d20ac3b72aa

第2次口述試験対策<特訓セミナー>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/710c0877139032bf502e97f1fdeb3b4b

「日本的事象英文説明300選」
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題>
http://www.hello.ac/teppan128.pdf

<2次セミナー>の資料と動画(2018年度受験用)
<2次セミナー>(その1)の資料
http://www.hello.ac/2018.10.14.2nd.seminar.koukai.pdf

<動画> 
https://youtu.be/LircL1N9sDc
<2次セミナー>(その3)の資料
http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf

<動画> 

④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
過去の試験問題も、合格体験記も、特訓セミナーも、
「日本的事象英文説明300選」も、すべて利用しました。合格できたのは、ハローのお陰です。
試験が近くなってくると、とてもプレゼンなんてできない!という絶望的な気持ちになりましたが、その時に届く、先生からのメルマガや音声メッセージに、何度励まされたことかわかりません。植山先生には、感謝してもしきれません。ありがとうございました。

⑤今後の抱負
「士」業は、資格をとってからから、仕事のスタートだということを痛感しています。
正直なところ、今の自分では、とてもガイドの仕事ができるような気がしませんが、いつか、故郷広島でガイドができるよう、一歩一歩前に進むことを新しい目標にして、取り組んでいきたいと思います。



●ご参考(第2次口述試験のタネ本!)

「英語で紹介する日本事典」(ナツメ社)からの出題実績
http://www.hello.ac/nihonjiten.pd

「英語で紹介する日本事典」(ナツメ社)からの出題予想
http://www.hello.ac/nihonjiten.seppuku.pdf

「英語で説明する日本の文化」(語研)からの出題実績
http://www.hello.ac/nihonjiten.pdf

「英語で説明する日本の文化」(語研)からの出題予想
http://www.hello.ac/nihonnobunka.seppuku.pdf

「英語で説明する観光名所100選」(語研)からの出題実績
http://www.hello.ac/meisho.100sen.pdf

「英語で説明する観光名所100選」(語研)からの出題予想

以上


借金1220兆円の日本がギリシャと違って財政破綻しない理由

2022年04月05日 12時39分19秒 | ●経済問題
借金1220兆円の日本がギリシャと違って財政破綻しない理由

新型コロナ不況への対応で、国の財政赤字が巨額に膨らんでいます。アルゼンチンやギリシャは財政破綻しました。日本の借金は過去最大の1220兆円に上ります。なぜ日本は財政破綻しないのでしょうか。元内閣官房参与の藤井聡氏が著書『なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか』(ポプラ新書)で解説します。

日本の借金は過去最大の1220兆円に上る
■国民は財務省のつくり話にだまされている


――藤井先生、岸田総理は真っ先に数十兆円規模の経済対策を実施するとおっしゃっていましたが、大丈夫ですか? 日本はバブル崩壊後から、ずーっとひどい財政赤字なんですよね。政府も政治家も経済学者もマスコミも、「日本には大量の借金があって、このままなら破産する!」といい続けています。

さらに、新型コロナウイルス対策で赤字が膨らんで、2021年6月末時点では、「国の借金は過去最大の1220兆円、国民一人当たり992万円になる」と報道していました。だから政府は大金を出したくても出せないんじゃないですか?

藤井 いいえ、出す気になりさえすれば、出せます。彼らのいってることは、真っ赤なウソなんですよ。

――えっ、どこがウソなんですか?

藤井 全部。1から10まで。何もかも。どれだけ、この一連のウソにだまされている人が多いか。それがコロナ対策にも、大きな弊害をもたらしています。たとえば給付金にしても、政府が出そうと思えばまだまだ出せるんですよ。でも、文句が噴出しないのは、ほとんどの国民がこのウソにだまされているからです。

――10万円給付が決まったとき、私も友人たちも日本は財政難なのに構わないの? と心配したくらいでした。それでも私はしっかり給付金をいただきましたけど、友人のなかには遠慮して給付金の申請をしなかった人もいました。

藤井 すっかりだまされていますね。まず、「国の借金」という表現からして間違いで、正しくは「政府の負債」です。「国の借金」っていうと、私たち国民も借りているような錯覚に陥りますが、完全な間違い。そもそも「国」のなかにはいろんな人、主体がいます。私たち国民もいれば、いろんな会社もあります。

そして、それらとは全然別の存在として「日本政府」というものもあるわけです。マスコミなんかでいわれている「国の借金」とは、国でも国民でもなく、「日本政府の借金」のことなんですよ。日本銀行の資金循環統計でも、「政府の負債」と書かれています。「政府」が借りているのが「政府の負債」であって、「国の借金」でも「日本の借金」でも、ましてや「国民の借金」でもありません。

――それならなぜ、「国の借金1220兆円」とか「国民一人当たり992万円」などと喧伝するのですか? 

藤井 詳しいことはおいおい説明していきますが、財務省は小泉純一郎政権のころから、何よりも「政府の負債」を減らすことに血道を上げているんですよ。なんといっても財務省は、政府という一つの組織の金庫番だからです。いわば彼らは、政府という法人の経理部さんなんです。日本国家「全体」のことを考えているのではなくて、単に自分が働く「政府」という組織の財布のことだけを考えている人たちなのです。  

要するに、彼らは自分の組織のことだけを考えて、国民や国全体のことなんてな~んにも考えず、新聞社や通信社、テレビ局の記者たちが常駐する財務省内の記者クラブ「財政研究会」を通じて、記者に資料を配り、政府の負債を「国の借金」と呼ばせて、国民感情をあおる。これが、財務省のプロパガンダ、つまり政治的な意図を持つ「宣伝」です。

記者は疑うどころか、新聞によっては政府の負債をわざわざ日本の人口で割って、「国の借金1220兆円、国民一人当たり992万円!」と見出しをつけたり、「日本は借金まみれで財政破綻する」などと、まことしやかに書き立てたりする。大半の政治家や経済学者も、口をそろえて「このまま借金が膨らむと日本は破綻する」と主張してきた。「嘘」とは「真実でないこと」という広辞苑の定義に従うなら、彼らはみんな、ウソつきなんですよ。

――そんな! いったい、どうしてそんなデタラメがまかり通っているのですか?

藤井 一言でいえば、財務省が天下を取っているからです。国会が持っているはずの予算決定権を実際は財務省が握っている。大雑把にいえば、「財政=政治」って側面がありますから、財政を抑えられると、政治家はやりたいことが何もできなくなるんです。

しかも、財務官僚は自分たちの主張を国会議員に繰り返し「ご説明」に上がります。国会議員の先生たちはたいてい財務省のいいなりです。さらに、財務省は自分たちに都合のいいことを唱える経済学者を集めています。つまり彼らは財務省のお先棒をかつぐ「御用学者」なんですよ。

そういう政治家や学者や記者たちの報道が世の中にあふれると、人のいい国民は、「どうにかして借金を減らさないと、日本はめちゃくちゃになる。将来世代にツケを回してはいけない。消費増税も仕方がないか」と思い込んでしまう。その結果、財務省の「増税路線」に抵抗することができなくなってしまうんですね。そうして、意図的につくり上げられた「財政破綻論」に、多くの国民がまんまとだまされてしまうわけです。

「円建て」国債の日本が財政破綻しない理由
■日本政府が財政破綻することはあり得ない


藤井 ご存知のように、日本の政府は「国債」を発行して、資金を調達しています。国債には「返済期限」が決められていて、政府はその期限が来たら利子をつけて、国債と引き換えにおカネを返済します。こう聞くと、まさに「借金」なのだから、その返済のときに政府の手元にそれだけのおカネがなかったら、「破綻」しちゃうじゃないか!? とみなさんは普通に考えるのだと思います。

しかし、政府が借りているのがドルやユーロではなくて「円」である限り、そんなことは絶対に起こらないのです。なぜなら政府はいつでも、どんなときでも、「円」であるならば、どれだけでも用立てることができるからです!

――えっ、どうしてそんな離れわざができるのですか?

藤井 理由を一言でいうなら、そもそも「円」を発行しているのは、他の誰でもない「政府」だからです。だから必要なときに、いくらでも「自分」で円を発行して、円を用立てることができる。

もうちょっと厳密にいうと、政府には「通貨発行権」があります。その権限を行使すれば、いくらでもおカネをつくり出すことができるのです、円である限りにおいて。


もっと具体的にいうなら、次のようになります。

まず、10円玉や500円玉などの硬貨は、文字通り政府が実際につくり出しています。だから、借金返済のときに500円玉を大量につくって返してしまうということも可能です。また、やろうと思えば、100万円玉、1000万円玉なんて硬貨を、政府が政府の権限を使ってつくり出し発行して返してしまう、ということもできるわけです。

一方、1000円札や5000円札、1万円札などのいわゆる「お札」は、正式には「日本銀行券」と呼ばれるのですが、その名が示しているように、「日本銀行」という日本の中央銀行がつくり出したものです。

この「日本銀行」というのは、普通の銀行と全然違って、「銀行の銀行」ともいわれるように銀行それ自体におカネを貸し付けるというスゴい権限を持っています。何よりスゴいのは、彼らが「おカネを自分で何もないところからつくり出して、そのつくり出したおカネを貸し出す」という行為です。わかりやすくいえば、「お札を刷って貸し出す」ということ。そもそも、そういうことができる仕組みになっているわけです。

で、お札をどれだけでも好きなだけつくり出せる日本銀行という存在は、実は、政府の「子会社」なんです。日本銀行は株式を東京証券取引所に上場しているのですが、株式の55%を保有しているのが日本政府です。しかも日本銀行法という法律の第四条には、政府から完全に独立した振る舞いをしちゃだめだ、ということも明記されています。

つまり、政府は子会社の日本銀行を使って貨幣をつくり出すことができる。これをしっかり、覚えておいてください。簡単にいえば、要するに「政府は、おカネをつくり出すことができる」ということなんです。

――へえ~、初めて聞きました。

藤井 「財政破綻論」を信じ込んでいる人のほとんどは、この事実に気づいていません。だいたい「政府の借金」と「家庭の借金」を同じように考えてしまうことが間違いのもと。政府の財政は、家計とは全く違うのです。

当然ですが、私たち個人や民間の会社はおカネをつくることができませんよね。もし私たちが借金をしていたら、一生懸命におカネを稼ぐか、誰か別の人に頭を下げておカネを貸してもらうかして、返済しなくてはならない。しかし、政府にはその必要はありません。なぜなら、さっきからいってるように自分で貨幣を発行することができるからです。したがって、政府が借金で破綻することなど、あり得ないのです。

ちなみに、「日銀と政府は別の存在じゃないか、日銀は独立してるだろ!」という人もいますが、仮にそう考えるにしても、政府は子会社の日銀からいくらでもおカネを借りることができるので、破綻することなんてあり得ない。というわけで、結論は何ら変わりません。この点は、あとでもう少しお話ししますね。

ギリシャの政府の負債は「ユーロ建て」だった
■アルゼンチンやギリシャが破綻した理由


――でも、アルゼンチンやギリシャは財政破綻したじゃありませんか。だから日本も危ない、と思っている人は大勢いますよ。

藤井 全くの思い違いです。日本の国債は、自国通貨の「円」建てです。外国もごくわずか日本の国債を持っていますが、それも含めて円建てですから、政府の借金は「100%日本円建て」。

しかしアルゼンチンは、自国通貨ではない「アメリカ・ドル建て」国債を売って、外国から借りていたおカネを返済できなくなったために財政破綻に追い込まれたんです。その3年前、1998年にロシアも財政破綻していますが、同じく「アメリカ・ドル建て」の負債でした。アルゼンチン・ペソ建てでも、ロシア・ルーブル建てでもなかったのです。

2015年にギリシャの財政が破綻したのは、政府の負債がEUの共通通貨「ユーロ建て」だったからです。ユーロを発行できるのは、欧州中央銀行だけ。自国通貨発行権を持ち、「100%日本円建て」国債を発行している日本のように、政府がおカネをつくって借金を返すなどということはどうあがいてもできなかったわけです。

何度でもいいますが、政府が自国通貨建ての国債で破綻することは、事実上、あり得ません。歴史上、自国通貨建ての借金を返済できなくなった国は存在しません。

アメリカがドルで借金しても、中国が元で借金しても、日本が円で借金しても、返すときに政府の力でおカネを調達することができる。どんな国でも、政府が自分の国の通貨で借金している限り、政府はいともたやすくおカネを調達して返済することができるのです。

繰り返しますが、なんといっても中央政府は、その国の通貨を発行する権限、つまり通貨発行権を持っているのですから。自分で簡単におカネをつくり出して借金を返すことができるのに、借金で破産するなんてバカはいないでしょう。だから自国通貨建ての借金で破綻してしまったなどというマヌケな政府なぞ、存在するわけがないのです! 

財政破綻論をつくり出した当の財務省ですら、ホームページにはっきりと、「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない」と書いています。この「デフォルト」というのは債務不履行を意味する言葉です。「国債の債務不履行は考えられない」ということは、要するに「日本政府が国債を発行してつくった借金を返せなくなって破綻することはあり得ない」ということなんですよ。

――えーっ、信じられない。きっと、デフォルトなんて書いても、国民は見ないだろうし、見たって意味がわからないだろうと高をくくってるんでしょうね。腹立つ~。

藤井 財務省もそのように明確に公言しているのですから、自国通貨建ての国債を発行している日本政府が国債を発行してつくった借金を返せなくなって、ロシアやアルゼンチン、ギリシャのように財政破綻することは絶対にありません。

藤井 聡
京都大学大学院工学研究科教授 元内閣官房参与

●ソース

最終完全合格の<合格体験記>(2018年度~2021年度)

2022年04月05日 12時38分40秒 | ●2022年度第2次口述試験対策
最終完全合格の<合格体験記>(2018年度~2021年度)

最終完全合格の<合格体験記>にも、第2次口述試験合格のヒントが満載です!

2021年度<合格体験記>

以上