通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

<2次セミナー>のDVDセット限定販売のお知らせ

2018年10月20日 08時29分23秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<2次セミナー>のDVDセット限定販売のお知らせ 

10月14日に東京会場にて開催しました2018年度全国通訳案内士試験 第2次口述試験対策<2次セミナー>(3.0)のDVD、資料の限定販売を開始しました!! 

●現在の注文申込み数:78件(残数:22件)(10月20日8時30分現在)

●100組のみの限定販売 
<2次セミナー>(3.0)のDVDセットは、100組のみの限定販売となります。売り切れの場合はご容赦ください。 
ご希望の方は、お早めにお申込みください。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(3.0)参加者のご感想 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●ご感想(その1) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/497cc6a9d7cfde08c4dbaa9d6c101aee 

●ご感想(その2) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/a531273dd78bb9409adcfc5b9687f9b7 

●ご感想(その3) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/cdf1e0058bbc2e07a067f3fc6c5abb3c 

●ご感想(その4) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/532c13cdb09981943b731ed67867f75b 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(3.0)のDVDセット申込み要項 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●商品内容 

10月14日に、東京会場にて開催した2018年度全国通訳案内士試験 第2次口述試験対策<2次セミナー>(3.0)の資料とDVD。 

<動画>(サンプル) 
https://youtu.be/daaLcjbJGpc 

<資料>(サンプル) 
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5 

●商品構成 

<1>資料(紙版:A4版81ページをファイルに綴じたもの)(郵送にて) 

<2>資料(PDF版:ハイパーリンク付き)(メールにて) 

<3>DVD(5枚の内訳は下記の通りです) 

 ・<2次セミナー>①(約49分) 
 ・<2次セミナー>②(約54分) 
 ・<2次セミナー>③(約59分) 
 ・<2次セミナー>④(約51分) 
 ・<2次セミナー>⑤(約45分) 

 ・録画時間の合計:258分=4時間18分 

●費用(その1)(一般の方) 

合計:9,000円(特別キャンペーン価格:8,000円) 

内訳:①資料代(紙版とPDF版:3,000円)②DVD5枚:5,000円 ③送料、手数料:1,000円 

・10月31日までにお振込み完了の方の特別キャンペーン価格 → 8,000円 
・11月1日以降にお振込みの方 → 9,000円 

●費用(その2)(大阪会場、東京会場にて、<2次セミナー>を受講した方) 

合計:4,000円 

①資料代(PDF版):無料 

②DVD5枚:3,000円 

③送料、手数料:1,000円 

●費用(その3)(大阪会場、東京会場にて、<2次セミナー>を受講した方) 

合計:5,000円 

①資料代(PDF版):無料 

②資料代(紙版):1,000円 

③DVD5枚:3,000円 

④送料、手数料:1,000円 

●申込み 
(1)下記の<申込書>をコピペしてメールにてお申込みください。 
(2)必要代金を下記の振込み銀行口座にお振込みください。 

●振込み銀行口座: 
 みずほ銀行 浜田山支店 
 普通口座 1928500 
 名義:植山源一郎(ウエヤマ ゲンイチロウ) 

●商品の発送 
当方にて入金を確認し次第、至急、郵送いたします。 

●商品の数に限りがありますので、ご希望の方は、お早目にお申込みください。売り切れの際は、ご容赦ください。 

●ご感想をお聞かせください。 
DVD(動画)をご覧になったご感想を是非お聞かせください。 
・件名;<2次セミナーDVDの感想>(氏名) 
・宛先:info.hello.ac 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
<申込書> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
<下記をコピペしてお送りください> 

・件名:<2次セミナー>(DVD)(氏名)←必ず、氏名をお書きください。 
・宛先:info@hello.ac 

         記 

●氏名: 
●住所: 
●電話: 
●資料送付先メールアドレス: 
●職業(任意): 
●年齢(任意): 
●費用:ご希望の費用の前の( )に〇をつけてください。 振込予定日も明記してください。 

( )費用(その1)(8,000円)(一般の方)(10月31日までに振込み完了予定の方対象)(10月 日に振り込みます) 

( )費用(その1)(9,000円)(一般の方)(11月1日以降に振込み完了予定の方対象)(11月 日に振り込みます) 

( )費用(その2)(4,000円)(大阪会場、東京会場にて、<2次セミナー>を受講した方)( 月 日に振り込みます) 

( )費用(その3)(5,000円)(大阪会場、東京会場にて、<2次セミナー>を受講した方)( 月 日に振り込みます) 

●ハローへのメッセージ: 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
特定商取引に関する法律に基づく表記  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
名称:ハロー通訳アカデミー 

運営責任者:植山源一郎 

所在地:〒168-0065 東京都杉並区浜田山4-33-3-303 

メールアドレス:moon.hello@gmail.com 

ホームページ: http://www.hello.ac/

注文方法:インターネットの申し込みページより 

支払方法:銀行振り込み 

支払期限:注文から1カ月以内 

返品・交換について:不良品は交換します。 

以上

コメント

通訳ガイドは、食い物にされる派遣会社で働くべきべきではありません!

2018年10月18日 15時42分50秒 | ●私は食い物にされました。

通訳ガイドは、派遣会社で働くべきべきではありません!

派遣会社で働くということは、派遣元と派遣先の二か所からピンハネ(搾取)、食い物にされる最悪の雇用形態ということです。
同等の国家資格である医師、弁護士、公認会計士などで、派遣会社で働く人はいません。
通訳ガイドは、旅行会社(エージェント)と直接雇用の関係で働くようにしましょう。

●通訳案内士団体関連の派遣会社

・NPO法人GICSS研究会関連の株式会社 ランデルズ
 http://www.randells.jp/

・NPO法人日本文化体験交流塾(IJCEE)関連の True Japan Tour 株式会社
 http://www.truejapantours.com/jahome/

●違法性がないか検証したいので、上記二社に限らず、派遣会社との<雇用契約書>、<派遣に関連する書類>をお送りください。(匿名可)

・件名:<派遣会社の雇用契約書など>
・宛先:info@hello.ac

●True Japan Tour 株式会社の「派遣・職業紹介に関する同意書 」について
True Japan Tour 株式会社は、派遣するガイドに対して、下記のような「同意書」を提出をさせていますが、これは、労働法の専門家の弁護士によりますと、違法かつ法律的に全く効力のない文書とのことですので、同社に「同意書」を提出した方は、そのようにご了解ください。
ご質問のある方は、私宛にお気軽にお問い合わせください。

●代表取締役 米原亮三氏の見解
過去2週間に渡り、True Japan Tour 株式会社の代表取締役である米原亮三氏から、本「同意書」を含む True Japan Tour 株式会社のガイドの使用状況について、その見解をお聞きしてきましたが、「同意書」の存在の如何にかかわらず、「去る者は追わず」、即ち、 True Japan Tour 株式会社を辞めたいガイドは、何の拘束をすることもなく、無条件で、即日、自由に辞めてもらって全く問題ないと明言なさっておられました。
また、驚いたことに、ガイドが、True Japan Tour 株式会社から派遣された派遣先と、「同意書」にある3年を待たずして、直接雇用されたとしても、「去る者は追わず」、実際には、特に問題にすることは一切しないとのお話でした。
派遣会社の中には、ガイドが直ぐに辞めることを許さず、何時間にも渡り、つるし上げるところもあるそうですが、米原亮三氏は、辞めたいというガイドをつるし上げるようなことは、これまでもしたことはないし、今後もするつもりは一切ないと仰っておられますので、 True Japan Tour 株式会社を辞めたいときは、いつでも安心して辞めることができます。
それならば、「同意書」そのものを撤廃したらどうですかと申し上げたところ、それでは、収拾がつかなくなる(?)ので、今後も「同意書」は取ると仰るので、私としては、釈然としないものが残っています。
今後、万一、 True Japan Tour 株式会社で働く可能性のある方は、この点について、米原亮三氏ときちんとお話されたらよろしいかと思います。

●「派遣・職業紹介に関する同意書 」(True Japan Tour 株式会社)(←違法かつ法律的に全く効力のない文書です)

年 月 日
True Japan Tour 株式会社
代表取締役 米原亮三 殿

住所:
氏名:(自筆)

派遣・職業紹介に関する同意書

日本文化体験交流塾の会員である私(以下「甲」という)は、このたび True Japan Tour 株式会社(以下「乙」という)から紹介のあった仕事を行うにあたり、斡旋先企業等(以下「丙」という)への派遣・職業紹介について、下記の事項に同意します。

     記

1.斡旋の内容
丙(斡旋先企業等)の名称 業務開始日
年 月 日

2.丙との今後の仕事について
今後、丙から甲にガイド等仕事の依頼があったときは、原則的に乙を通して仕事を行うこととする。
ただし、乙からの派遣・職業紹介に先駆けて丙からの仕事を行ったことがある場合、乙より事前の承諾を得た場合、又は、業務開始日から 3 年を経過した場合は、この限りではない。

3.丙から仕事の依頼が来た場合
甲は、乙からの派遣・職業紹介によって初めて丙からの仕事を行ったにもかかわらず、丙から直接仕事の依頼が来た場合には、乙にその旨を報告する。

以 上

日本文化体験交流塾では、会員の通訳案内士等の就業機会の拡大のため、子会社である True Japan Tour 株式会社の労働者派遣事業資格及び有料職業紹介事業資格に基づき、人材派遣・ガイド紹介を行っております。事業にあたり実施企業等より受領する取扱手数料は、更なる就業機会の拡大に向けた営業・事務費用に充てられます。

<問合せ先>
True Japan Tour 株式会社 代表取締役 米原亮三
TEL:03-3830-0451 FAX:03-3830-0452 e-mail:truejapan@ijcee.com

・原本
 http://hello.ac/douisho.pdf

●上記二社に限らず、派遣会社とトラブルになったことのある方は、その内容(事実関係、経緯)をお知らせください。

・件名:<派遣会社とのトラブル>
・宛先:info@hello.ac

●<派遣110番>

派遣に限らず、通訳ガイドの労働問題に対してお気軽にご相談ください。
・連絡先:<派遣ユニオン>関根秀一郎さん(書記長)
・メールアドレス:sekine@zenkoku-u.jp
・ホームページ:http://www.haken-union.jp/

または

・植山宛にメールをお寄せください。
・件名:<労働問題>(氏名)
・info@hello.ac

●参考資料(1)<下がり続ける派遣労働者の賃金~脱法的に拡大してきた派遣労働>
 http://hello.ac/2017.1.22.pdf

●参考資料(2)<どうなる改悪派遣法案>
 http://hello.ac/2017.1.22.2.pdf

以上

コメント

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その4)

2018年10月18日 07時48分06秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その4)

●2次セミナー>(3.0)のサンプル動画
https://youtu.be/daaLcjbJGpc

●資料(サンプル)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その4)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今日は究極に内容の詰まったセミナー、有難うございました。
自分一人では何から手をつけて良いのか分からなっかた試験対策がくっきりした気がします。
今年から試験が一部変わりますが、今日学んだことを役立てようと思います。
特に聞けて嬉しかったのが、実際の業務中のハプニングの対処の仕方。それから言葉に詰まった時の逃げ切り方。
覚える事が多すぎて無理!と思ってましたが大丈夫、何とかなる、諦めるなと背中を押してもらえたような気がします。
有難うございました。

●滑舌戻られて快調な二次セミナーでございました。
二次試験は二回受けていますが、なぜ早く植山先生を知らなかったのだろうと悔やまれます。
自分のカードを立て板に水式に練習するだけでもかなりの対策。そのための膨大な<切腹資料>をいただきましたので肌身離さずに持ち歩くよう頑張ります。
必勝の覚悟で一次試験に臨みましたが五つのうち一つでも不合格が出た場合は来年度ですが二次試験対策を完成域に持っていける自信を今日のセミナーにてやり方を知った分、二回二次セミナーを受けた甲斐ありです。

●本日は、大変有意義な講義ありがとうございました。
あっ!という間に17時になってしまいました。
心構えから、傾向分析、予想問題までと、試験対策全体を網羅する講義内容、本当に助かります。
今後読み返して、自分で調べて、無駄なく勉強したいと思います。
特に、通訳案内で想定される質問や、トラブル対応、また、答えの分からない時の臨機応変な対処など、しっかりと自分のものにさせていただきます。
いつもながら、ありがたい内容でした。
今後とも、お身 体に気をつけて、「ありえへん情報」の提供、どうぞよろしくお願いいたします。

●本日は誠に素晴らしいセミナーを受けさせて頂きありがとうございます。
何を勉強すべきかに始まり、試験会場にて言葉に詰まった時の対処法まで至れり尽くせりのセミナーでした。
これまで独学で「300選」の次に何を勉強すべきかハッキリしないままやってきましたが、今日で勉強の方向が明確になりました。後は、自分の努力次第と思っております。
大変感謝致しております。

●植山先生、長時間お疲れ様でした。
帰宅して改めて<切腹資料>を拝見して、感心しております。
リングを貼って頂いているので、様々なサイトに飛んで、知識に幅を持たせる事が必要だと感じました。
逐次通訳の練習が全く進んでないので、メモをとる練習から始めたいと思います。
今日は、いつもの楽しい脱線話しが少なかったのは、少し残念でしたが、色々と為になるお話をありがとうございました。
停滞気味の試験勉強でしたが、写真の鹿のお母さんに叱られないように、気を引き締めて、頑張ります。
先生もお身体にお気をつけください。模擬面接がある事を願っております。

●昨日は5時間にわたる素晴らしいセミナーをありがとうございました。
一番前の席で植山先生の溢れるパワーと愛情を感じながらお話を聞き、2次試験受験へのモチベーションが上がりました。
受講者の要望に応じて格段にバージョンアップされた<切腹資料>、傾向と対策に重点をおいた講義の時間配分、全員の必勝合格を目指す先生の並々ならぬ”決心”に本当に感動しました。
”受剣聖”として毎日の勉強は当然のこと、その上で確固たる意志と熱い情熱を持ち、最後の最後まであきらめずに勉強を続ける心の強さが合格には肝要と痛感しました。
カトリックの聖人ドン・ボスコは「予防教育法」を提唱し、愛情・道理・信仰(信念)を持って青少年に接することが大切と説いています。
私たちセミナー受講生はもはや青少年ではありませんが、先生の愛情・道理・信念に基づいた熱血指導に各々が大きな力をいただきました。
今から、合格という目標に向かってひたすら歩んでいきたいと思います。

●本日は熱気溢れるご講義有難うございました。
何回か先生の講義を聴講させて頂きましたが、今回は特に限りのある時間でコンパクトにポイントをついた充実した内容だったと感じております。
40年のキャリアと徹底的な分析によって深い内容と感心しておりますが、外国語訳の定義、「尋問」のくだり、Yahはだめ、想定質問、トラブル対処法等々、想定問題以外の内容が盛りだくさんあり、今までの講義で聞けなかった内容が随所にあり参考になりました。

●本日は、長時間に渡り貴重な講義をありがとうございました。
自分なりのカードを多数用意して、自信を持って本番に臨めるように準備したいと、本日の先生の講義を聞いて改めて思いました。
何度も繰り返されていた明治維新、火山→地震→温泉トライアングル、庭園、枯山水、などなど繰り返し特に練習したいと思いました。
なかなか、勉強がはかどらない通訳問題は、ニュースや過去問を聞いて、英作文力を身につけられるように、日々がんばります。
これからもどうぞよろしくお願いします。

●楽しいセミナーをありがとうございました。
90分x3の講座は集中して受けられるか不安でしたが、全く問題なく、受講後は疲労感どころかとても元気になっていました。
パワーをたくさんいただきました。3.0セミナーがあったこと、更に9/30が延期になり、これは私の為!?追い風!!
当日参加できなくても資料だけでも欲しいな、と軽い気持ちで申し込みましたが資料だけ、はとんでもなく、講義を聴きながら自分はどう準備したらよいのか、非力な部分もなんとかプラスに変えられる可能性があることなども教えていただき明るい未来が開けました。
同席した同志の方とお話しできたことも刺激になりました。
お宝<切腹資料>でがんばります。朗報をお届けしたいです。

試験官の思考回路、心理状態等を元に、相手がどう出てくるか、どういう応対を求めているのかという発想、非常に参考になります。
私自身は来年の受験を目指していますので、1年前の今から準備をするにあたり、何をすればよいのかが明確になりました。
ただ、まずは中国語受験のため、「日本的事象英文説明300選」のような教材をどのように調達できるのか、これから要研究です。
英語受験も検討しますので、その際は、今回の資料はそのまま活用させて頂きます。
今後もお世話になりますが、御指南のほど宜しくお願い致します。

●今回も内容の濃いセミナーをありがとうございました。
一次の自己採点の結果、私は今年は二次に進むことが難しそうですが、来年再チャレンジするにあたり、一年前から心構えや準備ができればと思い、参加させて頂きました。
個人的に印象に残ったのは、スピーチとプレゼンの違いについてです。これは試験対策にはもちろん、現在の自身の仕事においても大変役立つ情報で目からウロコでした。
また「300選」からの出題率の高さを改めて認識し、とても心強く感じました。
私は受験言語が英語ではありませんので、来年に備えてコツコツと訳を進めていきたいと思います。
先生が仰っていた通り、台風で延期になった分、資料が大変濃い内容になっておりました。
この資料を今後1年間のナビとしてがんばります。

新たに追加された資料が、とても具体的で参考になりました!
前回のセミナー時の資料を読んで、あらゆる角度から想定質問が書かれていましたが、どんな答えが有効で、より好まれるのかがよくわからなかったからです。
お客様ファーストで、常に事務所に連絡をして指示を仰ぐことを基本として考えることが大事!と整理出来たのでスッキリしました。
外国人の先生との2次セミナーがあったら(直前対策!?)参加したいです!

●熱のこもった講義を有難うございました。
9月24日の講義も受講させて頂きましたが、先生の<切腹資料>での講義も是非受けてみようと思い今回も受講させていただきました。
2回目でしたが会場に入るや前回以上に皆さんの熱気を感じました。さあやるぞーと気合いが入った次第です。
先生の喉の調子も良く最後まで楽しく、ポイントも分かりやすく、やることがより明確に意識できるようになりました。
あとは自分で工程表含め練直しをして頑張ろうと思います。
あっという間の5時間で充実した時間でした。有難うございました。

●本日は長時間の講義をありがとうございます。
これからの一か月半の時間を、本当に英語の訳文に時間をかけたいと思いなおした次第です。
自分の英文法の作成にあまり自信はありませんが、「300選」をもとに自分の英語で説明ができるようにそして、答えられないときには、自分の原体験をもとに説明ができるようにこれからの日々を一日一日大切に過ごしていきたいと思います。
本日の講義は本当に実になりました。ありがとうございました。

●まだ一次すら受けていない、「来年の受験生」の立場で初参加いたしました。
行ってよかった!身が引き締まりました!年代も性別も様々な受講生が、先生の一言一言に反応し、資料に自分の言葉でどんどん書き込んでいく姿。
植山先生の熱意にがっぷり四つに組んでいく先輩の皆さんの姿を見られて、私はいいスタートを切れました。
今日はあの空間に英語だけでなくいろいろな言語を勉強している方たちが集まっていたわけです。
そして、試験当日は「銀河系の大きな心で」助け合う… 植山先生の元に集まった者たちが熱意を持って同じ目標に向かう…。ぞくぞくします。
また、試験官をこちらのフィールドに引き込む「自分だけのカード」を用意すること、とのありがたいテクニックをお聞きしたので、早速帰りの三田線の中で自分の得意分野に誘導できそうな、「次にこう質問(尋問w)してくれたらラッキー」な言葉を問題の余白に書き加えてみました。楽しい作業でした。
このあと二次試験に臨まれる今年の先輩の皆さま(特に、お隣の席でハローのHPの活用法をご親切に教えて下さった女性)が必ずや成功なさいますよう。
そして来年はそのお仲間に加われるよう、まずは一次試験の勉強からですが、精進します。
あっという間の5時間、ありがとうございました。

●今日は先生からガツンと気合いを入れて頂きたく参加しました。
膨大な試験範囲を前にやる気が萎えそうになったり、途方にくれそうになったりしましたが、本日のセミナーでの重要事項をおさらいし、難しい表現は自分の言葉を使いながら搬出問題、予想問題を書きあげ記憶して行きたいと思います。
また、 何でも自信を持って元気よく大きな声で明るくガイドの立場から、と言う対策事項はとても為になりました。
それに頭が真っ白になった時の引き出しの準備。上がり症の自分には必須です。
他にも色々スパイスが散りばめられていた本日のセミナーでした。頑張ります!
ありがとうございました。

●本日は長時間にわたりお世話になりありがとうございました。
予想問題もかなり具体的に提示いただき取り組むべき課題が整理できた気がします。
今回のセミナーを有効活用するのも自分次第と感じており、2次試験日まで課題に取り組みたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

以上

コメント

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その3)

2018年10月17日 21時22分04秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その3)

●2次セミナー>(3.0)のサンプル動画
https://youtu.be/daaLcjbJGpc

●資料(サンプル)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その3)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2次セミナー(3.0)ご講義ありがとうございました。
5時間お疲れさまでした。とは言いながら、なるほど、私にとってはまったくもってあっという間の5時間でした。
資料の完成度がとんでもなく進みました。ありがたい限りです。リンク増も含めまして。
例示を随分と増やしていただきました。ありがとうございました。更には自分で補充しませんといけませんですね、おっしゃる通り。
時間配分にご配慮いただきましたので、駆け足になりがちな第4部に時間をかけて解説いただけましたこと、ありがたく期待通りとなりました。
本番試験日までは若干とは言いながらまだ時間がございます。
いただきましたアドバイスを最大限に生かして、最短距離で悔いの残らない準備を進めて行けそうです。
ところで、私にとりましては、外国語訳の日本文を的確に把握することは長文化傾向もあって、結構容易ではありません。
それも含めて課題克服にトレーニングを積みたいと思います。
ありがとうございました。

●本日、東京会場で受講させていただき本当にありがとうございました。
ちょうど連休が取れた時に今回のセミナーの開催のお知らせをいただいて、これは参加するしかないと思い、広島から参加させていただきました。
二次試験に進めるかどうか微妙なところで、モチベーションが下がりかけていたのですが、どうしても案内士になりたいので、思い切って参加しましたが、先生の素晴らしい資料と講義を拝聴して、心から参加して良かったと思っています。
二次に向けてのポイントが先生の講義のおかげで整理できてきた気がしています!
先生のユーモアのあるお話も大好きです。

●『あっという間の5時間でした。』
初めての受講でした。本当にありがとうございました。
とても有意義な講義、時間、空間でした。私は、何回も1次に落ち、やっと昨年2次に進めました。しかし、落ち、今年の2次は、2回目の受験になります。
昨年は本当に自信がなく、全くの後ろ向きで試験を受けてしまいました。
昨年の敗因は、自信のなさと、知識のあやふやさでした。でも、今年は何が何でも、自分の覚えた英文を自信を持って発表し、笑顔と楽しい会話のような雰囲気を作りたいです。
今日の先生の講義によって、今年は自信を持って試験に臨みます。勇気、元気、やる気を頂きました。
先生の40年の汗と涙の切腹資料を有効に使わせて頂いて、自分流のカードをたくさん持ち、立て板に水で話せるように朝に晩にリピートしたいと思います。
先生の英検1次対策、大いに参考に致します。
これからの試験までの時間を無駄のないように頑張ります。今年こそ笑顔で発表を迎えられるようにします!
ありがとうございました。

●本日も長時間にわたっての熱のこもった講義ありがとうございました。
今回は更にテンポと時間配分にご留意され、今晩の巨人の菅野投手みたいな見事な試合運び(ノーヒットノーラン)で感嘆いたしました。
資料も数段進化しており、更に示唆に富み要点を突いた仕上がりになっていました。
試験までの大変重要な指針として活用したいと思います。
とはいってもやることが多く、前途は多難ですが(1次も確実に通っている保証もなく)何とかモチベーション下げずに頑張ろうと思います。
引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

●本日は長時間に渡り又々、熱意と情熱に溢れる講義、大変ありがとうございました。
台風は多大な災禍を与えましたが今回のセミナーが本日に延期されお陰様?で参加でき感謝しております。
延期された間に資料を更に掘り下げ完成度を高められた事が資料を見ながら講義を聞き、強く感じられました。
特に出題分析及び対策・予想問題の所は本当に役立つ資料となるものと確信しております。試験までの間、朝に夕べに肌身離さず目を通して行こうと考えており二次試験突破の大切な御守りになりそうです。
明治維新と坂本龍馬の項でグラバーのお話も伺いましたがグラバー邸に行った際に龍馬部屋?なのか、龍馬とグラバーが部屋の隅で密談している2人の等身大の人形が有りました。
倒幕に使った一万丁のミニエー銃の密輸謀議だったのかもしれません? また、グラバーの銃の輸入に際して南北戦争のお話の中でゲティスバーグ現地訪問の件を伺いましたが、私も約20年前に現地を訪れ広い戦域をガイドを雇って自分の車で回りました。
歴史、地理などの知識を踏まえての二次試験、先生の欧州旅行の体験をベースとした緊急避難会話法はユーモアを含みつて熱意を感じさせ使わせて頂きたく思います。
パンクチュアルな時間管理、精密な講義に深甚の敬意を表します。

●本日の講義もやはりあっという間の5時間でした。
更に更に充実した資料を授けて頂きまして大変有難うございました。
本日認識を新たにした箇所は、59頁から60頁にかけての緊急避難対応、すなわち、答えのわからない質問への対処、話に詰まってしまったときの対処についてでした。
ここの記述については「自分は所詮、こういうことは出来そうもない」と、前回9月24日のセミナーでは何となく話半分に聞いていた感がありましたが、植山先生の講義が真に迫っていたことと、前回の東京セミナーから3週間が過ぎているという時間的な要因もあって、「こういう対応もありかもしれない」と真実味が湧いてきました。
それにしても、質問と違う内容の事柄を、あたかも質問に関連があるような言い回しで、堂々と大声で話すことなどできるものなのか?これはそれこそ、試験場で実体験してみなければわかりません。
多分、自分の場合、真っ赤な顔にならずにやりおおせることではないなと観念しております。しかし、試験は精々年に一度キリのトライですから、「当たって砕けろ!」トライする値打ちはあるなと思いました。
テキストを参考に、幾つかのタマを準備していきたいと思います。

●本日は口述試験対策特別セミナーの開催大変有難うございました。
長時間に渡る講義、お疲れ様でございました。
いつもの事ながら聴く気を起こさせる魅力的な話術、メリハリのある発声、ここははずせないと思わず身をのり出させる説得力に圧倒され5時間がアット間に時間が過ぎました。
又、なんと時間厳守だったことでしょう、ただ欲を言わせていただくならもう少し現体制への皮肉ジョークが聞きたかった。
嬉しかったのは現役ガイドの方々のトラブル対応法を取りまとめて頂いた事です。本当に有難いです。
外国語訳、プレゼンテーションのまとめ方についても自分の体験、観点を述べながら結論はより多くの外国人の招聘に持っていくようにするなどなるほどと納得いたしました。
それと、やはり「300選」を丁寧に丁寧に学習する事と痛感致しました。
少しでも多く自分のカードを増やせるようにこれから残りの期間真摯に勉強いたします。
重ねて有意義な時間を過ごせました事感謝いたします。有難うございました。

●本日は、5時間に及ぶ講義をいただきありがとうございました。
初めて参加させていただきましたが、充実した内容と、長丁場を感じさせない先生の話術にすっかり魅了されてしまいました。
先日、台風でセミナーが流れた時は、非常にがっかりしましたが、本日グレイドアップした講義をお聞きすることができ、たいへんラッキーだったことを喜んでいます。
沈黙はアウト!「元気に」「大きな声で」「熱意を込めて」言うとのアドバイスは非常に実践的で、私も気持ちで負けないことを心がけたいと思います。
セメダイン作戦も自分のものにすべく、引き出しを用意しなくては…。
受験生が求められている3か条もとても腑に落ちるものでした。
戦わずして勝つとの助言も、目から鱗でしたが、まずは語り続ける練習を積みたいと思います。
後2ヵ月、先生がエネルギーを注ぎ込んで作成して下さった<切腹資料>をとことん活用させていただき、効率良く準備を進めていく所存です。
ありがとうございました。

●本日は長時間のご講座、まことにありがとうございました。
綿密に積み上げられた傾向分析はもちろんですが、今日先生から二次試験に立ち向かうための心のありようについて学んだ気がします。
英語でnative試験官の前で生スピーチだなんて、恐ろしすぎて、面接当日のことを思うと 不謹慎ですがアウシュビッツに連行させるユダヤ人ぐらいの悲壮なイメージが拭いきれないでいました。
今日の講座で、答えられないとき、言葉に詰まった時の、たくましくてしなやかな対応術の数々と心得を授けていただき一気に心が軽くなりました。
大きなテーマである「案内士として外国人旅行者に楽しんでいただくための案内」なんだという背景をしっかり踏まえて、できるだけのことをして、もしつまづいたら切り札で乗り越えれば良いんだ!
英検にたった一つのスピーチで立ち向かったお話や、運転免許試験の時のお話など、眼に浮かぶような武勇伝を、チャーミングなお声と笑顔で聞かせていただいたおかげで、元気が出ました。
ホスピタリティとか、誠意とか、熱意とか今まで言葉だけで消化しきれずにいたことがストンと腑に落ちた気持ちです。
英語の実力を磨くことも大事ですが、こういう心得こそ試験には必要なんだなぁと思います。
12月には、まずは笑顔で楽しく、もしつまづいたら、むしろ試験官を笑顔で振り回すくらいの柔軟性とたくましさで乗り切れたらなぁと思います。
今日は本当にありがとうございました。

●本日もありがとうございました。
家で勉強してると 覚えることが多すぎて、気持ちが焦るばかりです。
そういう意味でも先生のセミナーは気持ちをほぐしていただけるのみならず、勉強の方向付けができとても意味があります。
「300選」の本と今日の<切腹資料>を中心に勉強していきます。
先生の資料は本当に素晴らしいです。ここまでまとまった教材は他にないと思います。
12月まで出来る限りの時間を作り頑張っていきます!
坂本龍馬の話も興味深く聞かせていただきました。
ありがとうございました。

以上

コメント

悪質な予備校に騙されるな!

2018年10月17日 20時21分36秒 | ●<予備校110番>

悪質な予備校(CEL)に騙されるな!

2018年1月4日に、「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」が施行され、無資格ガイド(ヤミガイド)が合法化されることになりました。

無資格通訳ガイド(ヤミガイド)が合法的に仕事ができることになり、有資格ガイドとヤミガイドが、限られた仕事を求めて、食うか食われるかのダンピング合戦が繰り広げられ、通訳ガイドは、現在よりもさらに悲惨な日雇い労務者になり下がることが大いに懸念されています。

悪質な予備校(CEL)は、このことを知りながら、それを言うと、入学者が少なくなる(いなくなる)ので、「2020年東京オリンピック開催が決定されたことで、通訳案内士(ガイド)はその重要度と注目度が急上昇中です。通訳ガイドの活躍の場は、今後2020年にむけてますます広がっていきます」(CELのホームページ)などとウソを言って、何も知らない受験者を食い物にしようとしています。
受験者は、このような悪質な予備校(CEL)の食い物にされないようにくれぐれもご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
約6割(57.5%)の通訳案内士の年収は200万円以下です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
観光庁が2014年12月に公開した「通訳案内士の就業実態等について」によると、通訳案内士の年収は、200万円以下が約6割(57.5%)を占め、 多くの通訳案内士が経済的に恵まれていない現状が明らかになりました。これが現実です!

●通訳案内士の年収
約6割(57.5%)の通訳案内士の年収は200万円以下です。

・0万円:2.9%
・1~9万円:13.2%
・10~99万円:30.1%
・100~299万円:11.3%
・200~299万円:7.2%
・300~399万円:4.7%
・400万円以上:4.0%)

●資格取得者の活用状況
通訳案内士の資格取得者の4分の3がその資格を活かしていない、活かすことができない現実があり、活用している人も、その多くが他の仕事との兼業であり、専業は6.2%のみである。

・専業者:6.2%
・兼業者:18.1%
・未就業者:75.7%)

●未就業の理由
・一定の収入が見込めないため:45.9%
・現在の仕事を辞めるつもりがない:36.8%
・家庭の事情や個人的な事情で就業できない:22.3%
・自営業として独立する見込みがたたないため:22.1%
・その他:21.4%)

●通訳案内士の年間実務従事頻度
通訳案内士の業務に従事している者の就業回数は、年間10回以下が4割を占めている。

・0回:2%
・1回:6%
・2~3回:10%
・4~5回:8%
・6~10回:14%
・11~100回:28%
・101回以上:11%)

━━━━━━━━
<予備校110番>
━━━━━━━━
予備校の中には、悪質なところもあり、「〇〇予備校に行って、ひどい目にあった。食い物にされた。」という報告を時々いただきます。
しかしながら、多くの方は、泣き寝入りしておられるのが実情だと思います。
そこで、予備校を利用してひどい目にあったことのある皆さんにお願いなのですが、率直なご意見、ご感想を是非お聞かせください。
お寄せいただいたご意見は、匿名にて公開して、業界の健全化に寄与したいと思います。

●内容
(1)利用した予備校名:
(2)どのようなひどい目にあいましたか(具体的にお書きください):

件名:<予備校110番>
宛先:info@hello.ac

●予備校は、法律改正のことを教えてくれません。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/957ac0feaa4e15c8fc9ae7b513000636

●悪質な予備校に騙されるな!
http://blog.goo.ne.jp/GU6970/e/f6489178a820ce033a0ee177237b6ef1

●予備校の解答を信じてはいけません!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/addfa897bbeddb064d0abc352def47d5

●予備校で働いているのですが、受講生がかなり減ってきました。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/8b973a3cc7ac86c3caa101c791b334a5

●高い授業料を払って予備校に行く必要は一切ありません!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/56f8c16c12e097c1116b80ce9e39164a

以上

コメント

ニセ「通訳案内士団体」の驚きの実態

2018年10月17日 20時21分21秒 | ●<派遣会社110番>

ニセ「通訳案内士団体」の驚きの実態

「日本医師会」といえば、医師のみにより構成される団体であり、「弁護士会」といえば、弁護士のみにより構成される団体です。

なので、皆さんは、「通訳案内士団体」と聞けば、それは、通訳案内士のみにより構成される団体と思ってしまうかもしれませんが、日本の「通訳案内士業界」では、通訳案内士の団体ではない「ニセ通訳案内士団体」があるので注意が必要です。

ここでは、「ニセ通訳案内士団体」の驚きの実態についてご紹介いたします。

食い物にされないように、くれぐれもご注意ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●まずは、「通訳案内士の歴史」をご覧ください。

初代ドイツ帝国宰相オットー・フィン・ビスマルクの有名な言葉に「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉があります。
これから、通訳案内士になろうと思っておられる方は、日本の「通訳案内士の歴史」について、ある程度知っておく必要があると思います。
下記にて、「日本の通訳ガイド」研究の先駆者である有泉晶子さんの論文の中の「通訳ガイドの歴史」に関する部分と私が監修している「通訳案内士の歴史」をご紹介させていただきます。

●「通訳案内業」(著者:有泉晶子)
http://hello.ac/guidehistory2.pdf

●「通訳ガイド」に関する研究(著者:有泉晶子)
http://hello.ac/guidehistory1.pdf

●「通訳案内士の歴史」(著者:瀬口寿一郎 監修:植山源一郎 )
http://hello.ac//historyofguide5.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人 日本文化体験交流塾(IJCEE)通訳案内士団体ではない)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2008年設立。

●ホームページ
http://www.ijcee.com/index.html

●定款
http://hello.ac/teikan.pdf

●通訳案内士団体ではない
本団体は、「NPO日本文化体験交流塾は、会員数が1,700名を超える日本最大の通訳案内士団体です。」などと宣伝していますが、これは真っ赤なウソで、定款には、「通訳案内士」という言葉は一切なく、誰でも入会できる団体あって、通訳案内士団体」とは冗談でも言えない「ニセ通訳案内士団体」です。

「日本最大の通訳案内士団体である」という宣伝にだまされて、IJCEEに間違って入会してしまった会員に対して、IJCEEは、真摯に謝罪し受領した入会金、年会費はすべて返還すべきです。そうでなければ、「羊頭狗肉」の詐欺商法の誹りを免れることはできないでしょう。IJCEEは、直ちに詐欺商法をやめるべきです。

●定款の(入会)についての条項(第7条)
(1)会員の入会について、特に条件は定めない。(誰でも入会できる団体です)
(2)会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとする。
(3)理事長は、前項の申し込みがあったとき、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。
(4)理事長は、第2項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

●関連会社にも問題がある。

IJCEEグループは、関連する人材派遣会社(True Japan Tour 株式会社)、予備校(True Japan School 株式会社) とともに、利益を追求する営利団体ですが、関連会社にも大きな問題があります。

●True Japan School 株式会社(予備校)
https://www.truejapanschool.jp/

●True Japan Tour 株式会社(人材派遣会社)
https://truejapantours.com/jahome/

●True Japan Tour 株式会社の 憲法違反・法律違反の派遣・職業紹介に関する同意書(=奴隷契約)
http://hello.ac/douisho.pdf

上記同意書には、「丙(旅行会社)から甲(ガイド)にガイド等仕事の依頼があったときは、原則的に乙(True Japan Tour 株式会社)を通して仕事を行うこととする。ただし、乙からの派遣・職業紹介に先駆けて丙からの仕事を行ったことがある場合、乙より事前の承諾を得た場合、又は、業務開始日から3年を経過した場合は、この限りではない。甲は、乙からの派遣・職業紹介によって初めて丙からの仕事を行ったにもかかわらず、丙から直接仕事の依頼が来た場合には、乙にその旨を報告する。」との規定があるが、これは、憲法22条の職業選択の自由を侵害しているので、この同意書は、法的に明らかに無効なものです。

なので、万一、本同意書(=憲法違反・法律違反の奴隷契約)を出したとしても、甲(ガイド)は、全く自由に、他の旅行会社などの仕事を受けることができるので、心配することは何もありません。職業選択の自由は、憲法が保証していることなので、会社側のいかなる詭弁(きべん)も意味をなしません。

もし、本同意書に関連して、会社(True Japan Tour 株式会社)と紛争が起きた場合は、至急、<派遣ユニオン>の関根秀一郎書記長にご相談ください。憲法違反・法律違反の奴隷契約ですから、会社側が必ず100%負けることになります。
・メールアドレス:sekine@zenkoku-u.jp
・ホームページ:http://www.haken-union.jp/

・同意書が掲載されているサイト
https://www.ijcee.jp/true-japan/document/assign/

・True Japan Tour 株式会社は、憲法違反法律違反の同意書(=奴隷契約)を直ちに廃止すべきです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人 通訳ガイド&コミュニケーション・スキル研究会(GICSS)通訳案内士団体ではない)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2005年設立。

●ホームページ
http://www.gicss.org/

通訳案内士団体ではない
<会員登録のご案内>には、「通訳案内士」という言葉は一切なく、下記の条件を満たせば、誰でも入会できる団体であり、通訳案内士団体」とは冗談でも言えない「ニセ通訳案内士団体」です。

・正 会 員:この法人の目的に賛同して入会される個人(誰でも入会できる団体です)
・賛助会員:この法人の目的に賛同し、財政的に活動を支援する個人または団体
・名誉会員:通訳ガイド、異文化交流に学識、見識が高いと理事会が認める個人または団体

●<会員登録のご案内>
http://www.gicss.org/application/

●関連する人材派遣会社(株式会社ランデルズ)とともに、利益を追求する利団体です。
人材派遣会社(株式会社ランデルズ)は、ピンハネ率が非常に高いことが業界では有名です。

●株式会社ランデルズ(人材派遣会社)
http://www.randells.jp/

●GICSSの退会に関する規約

下記の退会規約により、8月31日までに事務局に連絡し、「退会届」を提出しないと、次期の年会費(15,000円)を請求されるので、注意が必要である。このことで、毎年、GICSS退会したい会員との間でトラブルが生じています。

【退会規約】 
退会時期は、毎年基本的に期末の10月31日です。
次期会員資格を更新せずに退会を希望される場合は、2ヶ月前の8月31日までに事務局に連絡し、「退会届」をご提出ください。
※8月末日までに提出がない場合は更新とみなされ、次期の年会費(15,000円)をお支払いいただくことになりますのでご注意下さい。https://ws.formzu.net/fgen/S58843723/ ←(わざと?)ゴミのような小さな読みにくい文字で書かれていますが、これでは、トラブルが起こるのは当たり前です。

GICSSは、受験者を食い物にする予備校として有名なCEL英語ソリューションズと癒着し、CELの卒業生を人材派遣会社に取り込んでいます。<受験者を食い物にするCEL>とは非常に相性が良いようです。

●受験者を食い物にする悪質な予備校(CEL)の実態
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/f6489178a820ce033a0ee177237b6ef1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人 日本観光通訳協会(JGA)(純粋な通訳案内士団体ではない)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1940年設立。

●ホームページ
http://www.jga21c.or.jp/

●定款
http://www.jga21c.or.jp/data/data_160929_3.pdf

●JGAのブラックな歴史
JGAは、元々、大手旅行会社であるJTB」が通訳案内士を管理、統制、支配するために設立した団体で、通訳案内士が独自に「通訳案内士団体」を設立すること、通訳案内士が地位向上の運動をすることなどを未然に防ぐことを第一の目的としていました。

JTB」は、通訳案内士法(旧通訳案内業法)施行(1949年)以来、約70年間にわたり、多数の安いヤミガイド(無資格ガイド)を不法に使ってきたので、業界では、「ヤミの御三家」と呼ばれている<不法ブラック企業>ですが、ヤミガイドを使い続けるために、正規の通訳案内士を管理、統制、支配する必要がありました。

はっきり言えば、JGAは、JTB」のカネ儲けのために運輸省(現国交省)と連携して、通訳案内士の経済的、社会的地位を下げることに大いに貢献してきたとんでもない<ブラック団体>だということです!

JTB」が、組織の活動のすべてを監視、統制するために、設立時より、JTB」の元社員が事務局長を務めてきましたが、歴代の事務局長は、全国の正会員(=通訳案内士)から報告されるヤミガイドに関する情報を、何と、すべて握りつぶしてきました。
JTB」の元社員である事務局長が、「ヤミの御三家」であるJTB」ヤミガイドの実態を握りつぶすことは、当然であり、事務局長の重要な責務でもあったからです。

●理事会
以前は、理事会の理事の半数以上が、正会員(=通訳案内士)ではなく、JTB」の京都支店長、大阪支店長をはじめとする非通訳案内士の理事たちであって、彼らが、大多数の正会員(=通訳案内士)を支配していました。

一般社団法人に移行後の現行の定款では、正会員外から選任される理事の数は、理事総数の3分の1以下と規定されていますが、通訳案内士以外の組織、団体が、依然として、理事会の3分の1を独占しているということは、JTB」がJGAを支配していた時代のなごりと言うことができます。

●役員名簿(2018年3月10日現在) 
http://www.jga21c.or.jp/data/data_170518_1.pdf 

●通訳案内士制度が崩壊してきたことを期に、JTB」は、この団体の存在意味を失い、この団体から手を引きました。
JTB」のヤミガイドを保護し、通訳案内士の地位を下げることしかしてこなかったJGAは、通訳案内士の経済的、社会的地位向上のためにも、一日も早く解散されることが強く望まれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人材派遣会社の食い物にされないようにご注意ください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人材派遣会社で働くということは、派遣元である派遣会社と派遣先の旅行会社から二重に搾取される「間接雇用形態」であり、ガイドにとっては最悪な雇用形態です。
労働者派遣法にはマージン率に上限がありませんので、通訳ガイドの派遣会社には、仕事が欲しいガイドの弱みに付け込んで(好きを搾取して)、5割以上もピンハネをする悪質な派遣会社もあります。
また、派遣会社によっては、ガイドが自由に旅行会社と直接に雇用関係を結ぶことを禁止するような違法な規定(=奴隷契約)を設けている事例もあるので注意が必要です。
ガイドは、医師、弁護士、公認会計士と同等の国家試験の資格ですから、旅行会社と直接雇用を結び中間搾取のない仕事をするようにしてください!

●通訳ガイドを食い物にする派遣会社に注意!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/5d17a4d53c43fcd55a60d509f24fad4b

●通訳ガイド<派遣110番>(お気軽にご相談ください!)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/72ad22a0df1f5fe89ef7b818f37aea06

●派遣に限らず、通訳ガイドの労働問題に対してお気軽にご相談ください。
・連絡先:<派遣ユニオン>関根秀一郎さん(書記長)
・メールアドレス:sekine@zenkoku-u.jp
・ホームページ:http://www.haken-union.jp/

●参考資料(1)<下がり続ける派遣労働者の賃金~脱法的に拡大してきた派遣労働>
http://hello.ac/2017.1.22.pdf

●参考資料(2)<どうなる改悪派遣法案>
http://hello.ac/2017.1.22.2.pdf

以上

コメント

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その2)

2018年10月17日 11時05分00秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その2)

●2次セミナー>(3.0)のサンプル動画
https://youtu.be/daaLcjbJGpc

●資料(サンプル)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●昨日、9月に続いて2度目の<2次セミナー>に参加させて頂きましてありがとうございました。
会場に向かう電車の中で先生のブログを拝読して「問題意識を持って参加を・・」というお言葉から自分は初めての受験なので、まず、「試験の内容について出来るだけ具体的に理解すること」、合格するためには「何をどのように準備すればよいかを明確にすること」、この2点を念頭において聴かせて頂こうと思いました。
あっという間の5時間でしたが、試験については受験の際のイメージが描けるようになってきました。
<第1部> 基本情報の【7】【8】【9】はこの道40年の植山先生でなければご指導頂けなかった内容だと思います。 
【7】の『「外国語訳+質疑..」が試験のヤマになる』は肝に銘じます!
学習方法も<出題分析>から繰り返し出されている問題を解説して頂き、何を中心に対策したら良いかがわかってきました。
二度の参加のお陰で一回目より広範囲に重要なポイントを掴むことができたと思います。
それをいかに消化して自分のものにしていくかは自分の努力あるのみです。頑張ります!
先生のセミナーはいつも大変楽しく、また雑談の中にも試験だけでなく、日常にも役に立つような内容が詰まっていていつも充実感を味わいながら家路につきます。
植山先生、今回も貴重なセミナーを開催して頂きまして本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

●日曜の5時間に渡る熱血セミナー有難うございました。
今回のセミナーでは、試験に臨む心構えについて、先ずは胸に刻むことができました。
・「外国語訳+質疑」で評価の80%が決まるとの心構え
・また試験官との応答においては、こちらが主導権を握るくらいの気持ちで臨むべし
答えに窮した時の方策を与えていただいたことで大きな援軍を得た気分です。
・いくつかの自分なりの「十八番バージョン」を用意しておき、セメダイン方式で柔軟にツギハギしながら回答するという技は大いに参考になりました。先生自らの体験談であり(3 years ago I had an opportunity to travel in Europe …)インパクトのあるものでした。
また、この試験においては何事も全ては「外国人観光客の目線」から考えることもあらためて認識しました。
試験対策からは離れますが、今年度から改定された通訳案内士法の裏事情に(大手旅行会社が大量に使ってきた闇ガイド合法化)ついても触れられていましたが大いに納得した次第です。
あと2か月弱の残された時間で何をやればよいか道筋がみえましたのでベストを尽くしたいと思います。

●先生のセミナーに参加し始めて3年目になります(笑)。
同じセミナーなのに、受ける度に内容がどんどん充実し、決して立ち止まらず、現状に満足することなく、常に情報を集め、資料を更新し、充実させる先生の熱意というか執念(!)に、本当に頭が下がる思いです。
今年は初めて駒を進めて2次試験のセミナーを受けることができました。
さすがは植山先生、過去の問題だけでなく、ガイドラインまでもつぶさに分析し、傾向と対策のみならず受験生としての心構えまで示してくださる念の入れよう。
これだけの資料を用意するには膨大な時間と労力が必要だったはずなのに、そんな苦労を感じさせまいと「笑顔の鹿親子」の写真で私の心を和ませる親心まで・・何から何まで痒い所に手が届く完璧なセミナーでした。
イタリア語での受験なので、まずは300選をイタリア語に訳すところからスタートかなと思っています。なかなか時間がかかりそうなので、今日からでも早速とりかかります。2次試験の試験官をしたことがある(かなり昔ですが)、というイタリア人と話をしたところ、やはり2次試験でポイントになるのは「語学力」というよりむしろ「臨機応変さと話を続ける技術」だったと、植山先生とまったく同じことを仰っていてびっくりしました。何から手をつけたらいいか迷っていましたが、先生のセミナーで試験までにやるべきことがわかってきました。がんばります!

●昨日も実りある講義をありがとうございました。
講義の中でわたしにとって大変参考になったのは、つまった時には『セメダイン方式』を使うです。
とにかく自分のカードを用意してどんなテーマを言われてもそのカードへ話を持って行くというのはとても参考になりました。
カードの出し方、切り方、強引でも自分主流で話を持って行く。これを聞けただけでも昨日のセミナーへ参加した甲斐があったと思います。
また写真としては、奈良の鹿と宮島の鹿の表情が印象的でした。動物ながら何か知性を感じさせますね!
最後に、長期的に日本の歴史、世界の歴史を見ての見解、日本は天皇が権威であり西洋はキリスト教が権威であるなど興味深かったです。
西洋の動きが日本に影響を与えるのは当然ですが、その辺のしくみ、からみについてもっと早くから興味を持っていれば自分の人生ももう少し違っていたかな等来し方行く末を思う今日この頃です。
しかし遅まきながらもそんな事を考える事ができてよかったと思います。

●昨日はまたまた超充実した5時間セミナーを実施していただき誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
私は一次試験の自己採点で日本歴史が1点合格基準点を下回っているので、2次試験対策の勉強は今一つ本気になれず、「300選」の丸暗記はとても無理だろうなあ、Q&Aも事前に題目・内容を予想できないので、準備しても意味ないから出たとこ勝負か、と思っていましたが、昨日の超充実したレクチャをうかがって、ハラが座り、方針が定まりました。
この改訂版資料に全面的に依存して、重要度が高い部分を徹底的に勉強して天命を待ちます。
「日本的事象英文説明300選」の丸暗記は、13~17年の出題と先生の出題予想に絞って行い、知らない出題に備えては急に説明文の構造をいくつか記憶することにします。食べ物題については、○○ consists of ……や ○○ is seafood that are (レシピ説明)……や、○○ is a dish of ……cooked in a pan……などです。
尋問対策は、この資料にある和英が揃った例文を徹底的に練習して、見知らぬ題にぶち当たっても応用できるレベルにしておきます。
こう書いているうちに、全力で学習すれば何とか行けるような気がしてきました。来年2月に「先生、ありがとうございました。お陰様で合格いたしました」とご報告することを目標に全力で頑張ります。

●あっという間の5時間の講義、ありがとうございました。
正直、最近モチベーションが少し下がっていましたが、セミナーに参加し、みなさまの熱気に触れ、私も頑張らないと…反省しました。
口述試験の変更、合格基準点の変更など不安な点はありますが、「気にするな」という先生のお言葉に勇気づけられました。
中身の詰まった膨大な資料を前にして戸惑うこともありますが、まずは赤線をいれた箇所を中心に毎日コツコツと取り組みます。
また、「外国人の訪日旅行」に結びつける自分なりの締めの言葉を毎日繰り返し練習します。
By the way 山梨出身ですので、ご当地問題期待しています!

●きのうはお世話になりました。
午後の短い間に、濃密な時間を過ごせました。
特に、第4部がきのうのセミナーのキモでした。
3部までは、資料を読めばわかるようにも思いましたが、4部は先生の経験が大いに語られ、とても含蓄のある、示唆に富む内容で、とても考えさせられました。
受験テクニックだけでなく、新たな価値観や人生観を教わったような気がします。一次通過の問題はありますが、やらなければいけないことが鮮明になりました。
やること、準備しなくてはいけないことがとても多いなと実感(痛感!)しました。
通訳案内士を目指して頑張っている人と同じ場所で、同じ時間を共有できたことで、またやる気が湧いて来ました。
ありがとうございました。

●昨日はお世話になりました。私にとって有意義な時間でした。
私は昨年運よく英語の一次試験に合格することができましたが、しかし二次試験の「三鷹の森ジブリ美術館」の通訳問題でメモを半分ぐらいしか取れず、少ししか訳せませんでした。
※資料のP46、P47にメモの詳しい取り方についての解説があり、ラジオのニュースを聞いてメモ の練習をしていきたいと思います。
プレゼンテーション(スピーチ)の問題では「絵馬」を選び、途中で話す事がなくなり時間が余り黙ってしまい、気まずい雰囲気になりました。
※P60に話に詰まった時の緊急対処法4ステップ(By the way,)があり、私のとってはとても知りたい情報であり、実践していきたいと思います。先生が英検1級受験時の実体験も参考になります。
資料がすごく丁寧に作っており、青、赤、黄の色付け、改行、黒の太文字、アンダーライン、ハイパーリンク、写真、そして「日本的事象英文説明300選」との対応ページ、本当に素晴らしい資料だと思います。活用していきます。
資料プラス面白く有意義な講義5500円は、とても安いと思います。もっと取ってもいいとおもいました。
文章を書くのが苦手なところがありますので、これで感想とします。ありがとうございました!

●昨日は、2次対策セミナー、ありがとうございました。あっという間の5時間でした。
特に、膨大な過去問の整理、分析、今回の予想問題についてのデータ分析は圧巻であり、ハローの植山先生ならではの宝物だと感嘆しました。
今後は試験までこの資料に基づいてしっかり準備するようにします。

●私は9月24日のセミナーにも参加していますが、その際に、「プレゼンテーション対策」のセッションで、「外国人観光客の訪日旅行をテーマとして」話すことが求められているというのが、どういうことなのか、どのようにしてそれを表現して話すべきなのか今一つ分かりませんでした。
今日改めて先生の説明を聞き資料を読み直したところ、二段構成のまとめの時にテーマを表現するということではないかという自分なりの結論に行き着くことができました。
このように、先生のセミナーは、だた受け身で聞くだけで終わってしまうセミナーではなく、いつもセミナー参加者に疑問を投げかけたり、勉強方法の振り返りをさせるきっかけを与えたりする仕組みになっているように感じます。質疑応答の解答が英語で先生から与えられるのも受験生には魅力ではあるのは間違いありませんが、全国通訳案内士に本当になりたいのであれば自分で英作文をする手間と時間と意気込みぐらいは持たなければいけないと自分を𠮟咤激励した次第です。9月24日に話してくださった資料表紙に猿の写真を載せた先生のお気持ちについて、本日コメントが聞けなかったのが残念です。
全体として、本日のセミナーは、前回と比較すると非常によく考えられた時間配分と講義内容と厳選されたユーモアで構成された100点満点のセミナーだったと思います。

以上

コメント

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その1)

2018年10月16日 12時26分04秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その1)

●2次セミナー>(3.0)のサンプル動画
https://youtu.be/daaLcjbJGpc

●資料(サンプル)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●昨日は長時間の講義をありがとうございました。
あっと言う間の5時間でした。まだまだ先生の講義を受けていたかったので、無情にも17時となり、心を残しながら帰途につきました。
今回、私はDVDの発売まで待てず、福岡から伺いました。
植山先生に直接お目にかかることができ、パワーも一緒に伝授して頂いたように感じています。ありがとうございました。
特に心に残った言葉は「ガイドが黙っては仕事にならない」=「臨機応変、会話継続」です。
昨年、二次面接を経験しました。とにかく沈黙しないように、何か話さなくてはと思いましたが、思い浮かぶエピソードもそれを表現する単語もあまりにも貧弱で、中身のない返答になってしまいました。
試験まで残された時間の中では出来ることは限られますが、植山先生からご指導頂いたように、とにかく、手持ちのカードを出来る限り多く用意して、どんな質問にも慌てず切り返せるように努力したいと思います。
それから、昨年なかった[8][9]についてもっと学びたいと思っています。

●昨日はご多忙の折、セミナーを開催頂き、大変有難うございました。
1回目の大阪会場、2回目の東京会場とも3連休中の開催で、他の予定と重なり参加できず、悔しい思いをしていましたが、今回3回目を開催して頂き、救われました。
正直な所、出来るだけ早く拝聴したかった中、前回台風で延期となり、ちょっと残念な気分もあったのですが、その分、中身が格段にレベルアップされたとのこと、感謝しています。
さて、セミナーの方ですが、まず、あっという間の5時間でした。 そして、資料の中身、ボリューム、時間配分とも、多からず/少なからず、まさに絶妙だったと思います。
そして、今回特に目を引いた所は、7項、8項、9項の『外国語訳+質疑』が試験のヤマになる、及び、それらの質問と対応法です。 
二次試験で今回改正された所がまさにポイントとなると思っていましたが、これで確信致しました。  
さらに、通訳案内の現場で想定される質問は概ね予想できた中、この回答/対応法は正直定かでない所が多々ありました。 
今回、実際の通訳案内士の方々からのコメントをご紹介頂いたことで、これを活用し、万全な形で準備を進めることが出来るようになりました。
貴重な情報、大変有難うございました。昨日の一番の収穫です。
勿論、それ以外のパートも大変素晴らしい内容でした。 問題はこの内容をきちんと習得し、今後立て板に水の如く話せるようになるか?、だと考えています。
本日の資料を柱に、これから二カ月弱勉強に励み、二次試験の合格を勝ち取ります。

●昨日は本当にありがとうございました。
本当にあっという間の5時間でした。席は狭く、トイレも混みあってしまいお世辞にも良い環境ではなかったのですが、それを遥かにはるかに超える中身のある内容でした。
特に法律改正に伴う試験内容の変更については、予想される質問も含めこの試験を目指す人なら必ず植山先生の講義を聞いておくべきと思いました。
また資料・授業内容共に要点を押さえて時系列にまとまっているので、今回残念ながら受講できなかった方も何とか視聴してもらいたいと思います(もし今回のセミナーのDVDがあるなら)。
まだまだ時間があるので、昨日の先生の講義資料をもとに勉強していきます。本当に昨日はありがとうございました。

●昨日は大変充実したエネルギッシュな講座をありがとうございました!
長時間の講義にもかかわらず、開始時間より前から!先生は壇上でにこやかにスタンバイってくださり、おかげで不安でいっぱいだった二次試験も、このセミナーをきけばきっと大丈夫だ!と安心できました。
その期待通り、講義内容は先生がまとめてくださった膨大なデータを基にした貴重な資料の解説から、笑いあり、歌までありと、とっても充実した5時間でした。
資料のポイントにはすべてハイパーリンクがはられており、いちいち検索しなくても、すぐに内容がわかるという親切さ!!!
困った時の対策まで丁寧にまとめられて、とても助かります!!
まさに、おんぶにだっこに肩車に綿菓子です。気が付けば5時間はあっという間でした。
たったお一人での長丁場に加え、充実の資料作成、素晴らしいセミナーを本当にありがとうございました。
二次試験は自信がなかったのですが、先生のおかげで頑張る気力がモリモリわいてきました。本当にありがとうございました。

●昨日は情熱溢れるご講義ありがとうございました。
先ず、最初にエピソードを一つ。昨日のセミナー開始の前、会場となったビルの従業員の方と話していたのですが、「先生が建物に来られるときは「お世話になります」と丁寧に挨拶される、受講生と思しき人の中には無言・無表情の人もいるので余計に目立つ」と絶賛していました。「さりげない態度から図らずも人間性が垣間見える」とも。この話を聞いて先生の日頃のホスピタリティの素晴らしいさを改めて理解できたと思います。人に暴言を吐くような人間は当然ですが、ちょっとした気配りすら出来ない人間にはガイド業は無理だなと言われているようで心に残りました。
昨日の講義の中で先生も今回の2次試験よりこの「ホスピタリティ」が重要視されると説明されていました。ガイド業も典型的なサービス業ですが、人には丁寧が対応する、更に挨拶ぐらいはきちっと出来る人間を目指せと改めて言われている気がしました。バランスの取れた人間になれ、「単なる語学屋にはなるな」とも理解出来ます。
昨日の講義では語学もさることならが、試験もガイドの仕事も最後は人間力の勝負であることを教えて頂いたことが最大の収穫であったと思っています。
試験では大きな流れの中で最大のホスピタリティを発揮出来るように頑張る所存ですので今後とも宜しくお願い致します。
ただ、昨日のセミナーもそうでしたが若い人の姿が殆どない、つまり若い人にとってガイド業は魅力がないと映っているのかも知れません。
外語大の学生にも聞いて見ましたが試験の存在すら知らない学生もいました。ガイド業界の今後が心配されます。

●昨日のセミナー本当にお疲れ様でした。
植山先生の講義は動画では何回か見ていましたが、直接受講するのは今回が初めてでした。
当日申し込んでいた資料を見て、まずはその内容のすばらしさに圧倒されました。
特にハイパーリンクをつけていただいたのでワンクリックですぐに内容を調べられること、また過去の膨大なデータを非常に分かり易くまとめられたこと等、これをお1人でされたことにただただ敬服するばかりです。
講義では、特に気になっていた合格点が7割になったことはあまり気にしないこと、外国語訳は完璧なものを求められていないこと、沈黙はさけること、外国語+質疑が試験のヤマになること等、先生の約40年にわたる経験からくる解釈を聞くことができ本当に役に立ちました。
普段より少なめと言われたジョークもあり、5時間の講義もあっという間に終わった感じでした。
今後はこの資料を徹底的に読みこなし、もし2次試験にいくことができたら是非合格したいと思っています。
先生の熱意のある講義本当に楽しかったです。本当にありがとうございました。

●本日は5時間にわたる熱血講義ありがとうございました。
激励とユーモアを交えながらの緩急あるお話で、長丁場と感じず拝聴することができました。
第1次筆記試験対策のセミナーに続き、手にした先生の40年の蓄積と最新の情報を網羅したこの膨大な資料、受講生ファーストの、まさしく銀河系の大きな心をもっておしげもなく開示してくださる資料に頭が下がります。
ご自身がおっしゃる粘着質的性格の受益者です。何度か同じワードが出てくるのにリンクしていないなどと何で文句がいえましょう。どうか謝らないでください。
本来自分でやるべきことをやっていただいているのですから。それと資料に挿入されている写真にも癒されました。鹿の親子らしき~いいですね。
今回のセミナーでは受験の心構えが特に参考になりました。2次試験の概要がほとんど不案内でしたので、外国語訳は逐次通訳の技能を求められるわけではないこと、プレゼンテーションとはいえ相手の行動を促す本来の意味ではなく、そのテーマは通訳案内士の立場であくまで外国人観光客の訪日旅行に関するスピーチのトピックであること、スピーチの最後はそこに収れんさせて締めくくることが得策など、とても勉強になりました。
むずかしいと思ったのはトラブルの対処法ともろもろの数字の把握です。あとのおびただしい日本の事象は「300選」を中心に懸命に血肉にするしかないです。
1次試験も自信がない状況ですが、今回のセミナーに参加させていただきとてもよかったです。自分のボランティア活動にも大いに役立ちます。今は2次試験に向けて鋭意頑張ります。
先生、どうぞおからだに気をつけて、これからもよろしくご指導ください。
メール、動画、資料、セミナーを駆使しての情報提供に再度お礼申し上げます。

●長時間に渡るご講義ありがとうございました。
今回は親子で参加させていただきました。
今年の一次試験は、自己流で勉強を進めて試験に挑みましたが、内情に精通している方や合格者の方から情報をもらうことの大切さを痛感しています。
自分がどのような通訳ガイドを目指したいのかについて改めて考える機会にもなりました。
講義中、通訳の現場での実際のエピソードを聞きながら、将来こんな風になりたいと未来を思い描くとモチベーションが上がりました。
質問内容に答えられない場合の対応の仕方やメモの取り方、話の組み立てとまとめ方についてのお話は非常に勉強になりました。
また、日々の準備や鍛練を礎に、想定外の出来事に対する心構えを持つことは、プロとしてどんな仕事をするにしても大切だと感じました。
先生が膨大な時間と労力を使って作成して下さった貴重な資料を十分に活用できるように今日から試験に向けてがんばります。

●昨日は中身の濃いセミナーをありがとうございました。
今回は時間配分がぴったりで、脱線・冗談が少なかったのが個人的には少し残念でもありました。(笑)
一次試験を終えて若干気が緩んでおり、二次試験にむけてなかなか気持ちのスイッチが入らずどこから始めていいのやら悩んでいました。お尻を叩いていただき、本当に助かります。
特に、資料が貴重すぎて穴があくほどに何度も見返す予定です。
外国語訳の実際の文章がたくさん記載されているのが植山先生だからこそできる、貴重な資料です。
今年は絶対に受かるよう、悔いのないように勉強します。
ありがとうございました。

●昨日初めてセミナーを受講いたしました。
まさに「あっという間の5時間」でした。ありがとうございました。
想像以上の内容の濃さ、深さ・幅広さ、貴重すぎる情報、裏話、先生のネットワークならではの様々な現場からの声、そして何より先生のお人柄滲み出る講義スタイルに、ただただ感銘いたしました。
もっと早くこのセミナーの存在を知りたかったです。ちなみに後半の歴史のお話は正直もっと脱線いただきたかったです。まずは資料を徹底的におさらいし、そして「300選」まる暗記の覚悟で挑んでいく所存です。
どこかで先生がおっしゃった、面接官に「この人にガイドしてもらいたい」と思ってもらえるか、が頭に残っております。
多岐に渡る豊富な知識、言語能力、体力、対応力、忍耐力、情報収集能力、好奇心・・世間の一般認識をはるかに超えてとてつもなく広範囲に渡ってハイレベルな要素が求められる職業ですが、基本は人間性でしょうか。
アルゼンチンから来日されていた旅行者のお話を聞きながらそんなことも思いました。
覚悟して挑んでまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

以上

コメント

2018年10月14日に開催した<2次セミナー>(3.0)のサンプル動画を公開

2018年10月15日 23時26分23秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

2018年10月14日に開催した<2次セミナー>(3.0)のサンプル動画を公開します。

資料を印刷して動画をご覧ください。

●2次セミナー>(3.0)のサンプル動画
https://youtu.be/daaLcjbJGpc

・資料(サンプル)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5

━━━━━━━━━━━━━━━━━
「決心すれば、必ず実現できる」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験に合格したい方は、「決心すれば、必ず実現できる」(動画)をご覧になり、決心の大切さをよく理解してください!

●「決心すれば、必ず実現できる」動画
https://youtu.be/oXF9u2_7tgA

以上

コメント

<2次セミナー>(3.0)参加予定者各位

2018年10月14日 09時02分19秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<2次セミナー>(3.0)参加予定者各位 

お早うございます。 

ハロー通訳アカデミーの植山です。 

いよいよ、本日、<2次セミナー>(3.0)の開催日となりました。 

本日のセミナーの受講にあたって、いくつかの留意点を申し上げます。 

赤いボールペンをご用意ください。 

講義中に、私は、大事な部分を示して「ここを、クルッとマル」とか「重要!と書いてください」などと申しますので、その際、資料に赤い赤いボールペンで是非記入してください。
復習する時のポイントになります。 

●本日のセミナーのキモ 

資料の28の章は、すべて重要な内容ですが、特に、下記の19章は本日の講義のキモとなる部分ですから、会場までの電車の中で目を通しておいてください。 

<第1部>基本情報 
【1】合格必勝の心構え 
【7】「外国語訳+質疑」が試験のヤマになる 
【8】「通訳案内の現場」で想定される質問と回答 
【9】通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応法 

<第2部>試験方法合否判定 
【12】採点及び合否判定 
【13】第2次口述試験会場 
【14】2017年度第2次口述試験の実際

<第3部>出題分析 
【15】2013年度~2017年度の問題の種類と数
【16】2013年度~2017年度の時間帯別問題 
【17】2013年度~2017年度の出題分析
【18】分野別出題項目

<第4部>対策予想問題 
【21】通訳メモの取り方
【22】<外国語訳><プレゼンテーション>予想問題 
【23】<プレゼンテーション>対策
【24】答の分からない質問に対する対処法
【25】話に詰まってしまった時の4段階対処法
【26】<プレゼンテーション>例題の回答のまとめ方
【27】<プレゼンテーション>予想問題の回答のまとめ方
【28】<質疑><質疑応答>予想問題 

●読んで分かる箇所は、重要部分のみ指摘、説明します。 

資料は、表紙、目次を除いて全79ページです。 
本日の講義時間は、90分×3=270分ですから、1ページあたり、270÷79=3分42秒 しかありません。 
全てのページを詳しく解説する時間はありませんので、読んで分かる部分は、重要部分のみ指摘、説明するに留まりますが、ご理解ください。 

●問題意識を持って受講してください。 

本日のセミナーの目的は、第2次口述試験までに、「具体的に、何をどのように勉強したらよいのか」を知ることです。 
これは、これまでの勉強の進度により各自異なりますので、それぞれ、ご自分の「具体的に、何をどのように勉強したらよいのか」をつかむ明確な意識で受講していただくことが極めて大切です。 
5時間の講義も終わってみれば、「あっと言う間」だと思います。 
本日のセミナーを活かすも殺すも、貴方の問題意識次第です! 

●ご感想をお聞かせください。 

お約束通り、セミナーのご感想を明日の24時までにお送りください。 
次回のセミナーの参考にさせていただきますので、「内容のあるご感想」を期待しております。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<切腹資料>の目次 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<第1部>基本情報 
【1】合格必勝の心構え 
【2】改正通訳案内士法と第2次口述試験 
【3】改正通訳案内士法の概要 
【4】JTBグループが、試験事業から撤退 
【5】日本出版販売株式会社 
【6】2018年度第2次口述試験ガイドライン(2.0) 
【7】「外国語訳+質疑」が試験のヤマになる 
【8】「通訳案内の現場」で想定される質問と回答 
【9】通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応法 
【10】「ガイドライン」は絶対か 

<第2部>試験方法合否判定 
【11】第2次口述試験の試験方法 
【12】採点及び合否判定 
【13】第2次口述試験会場 
【14】2017年度第2次口述試験の実際

<第3部>出題分析 
【15】2013年度~2017年度の問題の種類と数
【16】2013年度~2017年度の時間帯別問題
【17】2013年度~2017年度の出題分析
【18】分野別出題項目
【19】「日本的事象英文説明300選」からの出題(その1) 
【20】「日本的事象英文説明300選」からの出題(その2)

<第4部>対策予想問題 
【21】通訳メモの取り方
【22】<外国語訳><プレゼンテーション>予想問題 
【23】<プレゼンテーション>対策
【24】答の分からない質問に対する対処法
【25】話に詰まってしまった時の4段階対処法
【26】<プレゼンテーション>例題の回答のまとめ方
【27】<プレゼンテーション>予想問題の回答のまとめ方
【28】<質疑><質疑応答>予想問題68 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(3.0)要領 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
それでは、下記をご確認の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。 

●開催日時:10月14日(日)12:00~17:00(開場、受付開始:11:30) 

●当日の講義の予定時間 

 12:00~13:30 第1講(90分) 

 13:30~13:45 休憩(15分) 

 13:45~15:15 第2講(90分) 

 15:15~15:30 休憩(15分) 

 15:30~17:00 第3講(90分) 

食事をする場合は、休憩時間に、ご自分の席で、軽食(サンドイッチ、おにぎりなど)をお召上がりください。 

●会場:TKP田町カンファレンスセンター(カンファレンスルームB1:A) 
住所:東京都港区芝5-29-14田町日工ビル2F 
<アクセス> 
JR山手線田町駅三田口(西口)徒歩5分 
JR京浜東北線田町駅三田口(西口)徒歩5分 
都営三田線三田駅A3出口徒歩5分 
都営浅草線三田駅A3出口徒歩5分 
<地図> 
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tamachi/access/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
9月24日の<2次セミナー>(1.0)のご感想 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●<ご感想>(その1) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5c49a86426ffcf5499187c5818dd7355 

●<ご感想>(その2) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/b600b7b14f4c860816d35082be5e9ce7 

●<ご感想>(その3) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/8ebe6aef5c8b97460f0741151307d0bc 

●<ご感想>(その4) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6a82e6f047dea19d62777aee1d1e213e 

●<ご感想>(その5) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/0db586994fb00a3714392d9c4354daa3 

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
「日本的事象英文説明300選」特別販売 
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
当日は、「300選」を消費税、手数料割引の特別価格にて販売いたします。 
ご希望の方は、事前に予約をお願いします。→info@hello.ac 

「300選」書籍:1,600円 
「300選」CD:3,000円 
「300選」書籍+CD=4,600円 

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
「決心すれば、必ず実現できる」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
試験に合格したい方は、「決心すれば、必ず実現できる」(動画)をご覧になり、決心の大切さをよく理解してください! 

●「決心すれば、必ず実現できる」動画 
https://youtu.be/oXF9u2_7tgA 

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
何か、ご不明の点があれば。。。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
何か、ご不明の点があれば下記にてお問合せください。 

●メール 
件名:<質問>(氏名)←必ず、氏名をご記入ください。 
宛先:info@hello.ac 

以上

コメント