通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その2)

2018年10月17日 11時05分00秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その2)

●2次セミナー>(3.0)のサンプル動画
https://youtu.be/daaLcjbJGpc

●資料(サンプル)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月14日開催<2次セミナー>(3.0)のご感想(その2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●昨日、9月に続いて2度目の<2次セミナー>に参加させて頂きましてありがとうございました。
会場に向かう電車の中で先生のブログを拝読して「問題意識を持って参加を・・」というお言葉から自分は初めての受験なので、まず、「試験の内容について出来るだけ具体的に理解すること」、合格するためには「何をどのように準備すればよいかを明確にすること」、この2点を念頭において聴かせて頂こうと思いました。
あっという間の5時間でしたが、試験については受験の際のイメージが描けるようになってきました。
<第1部> 基本情報の【7】【8】【9】はこの道40年の植山先生でなければご指導頂けなかった内容だと思います。 
【7】の『「外国語訳+質疑..」が試験のヤマになる』は肝に銘じます!
学習方法も<出題分析>から繰り返し出されている問題を解説して頂き、何を中心に対策したら良いかがわかってきました。
二度の参加のお陰で一回目より広範囲に重要なポイントを掴むことができたと思います。
それをいかに消化して自分のものにしていくかは自分の努力あるのみです。頑張ります!
先生のセミナーはいつも大変楽しく、また雑談の中にも試験だけでなく、日常にも役に立つような内容が詰まっていていつも充実感を味わいながら家路につきます。
植山先生、今回も貴重なセミナーを開催して頂きまして本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

●日曜の5時間に渡る熱血セミナー有難うございました。
今回のセミナーでは、試験に臨む心構えについて、先ずは胸に刻むことができました。
・「外国語訳+質疑」で評価の80%が決まるとの心構え
・また試験官との応答においては、こちらが主導権を握るくらいの気持ちで臨むべし
答えに窮した時の方策を与えていただいたことで大きな援軍を得た気分です。
・いくつかの自分なりの「十八番バージョン」を用意しておき、セメダイン方式で柔軟にツギハギしながら回答するという技は大いに参考になりました。先生自らの体験談であり(3 years ago I had an opportunity to travel in Europe …)インパクトのあるものでした。
また、この試験においては何事も全ては「外国人観光客の目線」から考えることもあらためて認識しました。
試験対策からは離れますが、今年度から改定された通訳案内士法の裏事情に(大手旅行会社が大量に使ってきた闇ガイド合法化)ついても触れられていましたが大いに納得した次第です。
あと2か月弱の残された時間で何をやればよいか道筋がみえましたのでベストを尽くしたいと思います。

●先生のセミナーに参加し始めて3年目になります(笑)。
同じセミナーなのに、受ける度に内容がどんどん充実し、決して立ち止まらず、現状に満足することなく、常に情報を集め、資料を更新し、充実させる先生の熱意というか執念(!)に、本当に頭が下がる思いです。
今年は初めて駒を進めて2次試験のセミナーを受けることができました。
さすがは植山先生、過去の問題だけでなく、ガイドラインまでもつぶさに分析し、傾向と対策のみならず受験生としての心構えまで示してくださる念の入れよう。
これだけの資料を用意するには膨大な時間と労力が必要だったはずなのに、そんな苦労を感じさせまいと「笑顔の鹿親子」の写真で私の心を和ませる親心まで・・何から何まで痒い所に手が届く完璧なセミナーでした。
イタリア語での受験なので、まずは300選をイタリア語に訳すところからスタートかなと思っています。なかなか時間がかかりそうなので、今日からでも早速とりかかります。2次試験の試験官をしたことがある(かなり昔ですが)、というイタリア人と話をしたところ、やはり2次試験でポイントになるのは「語学力」というよりむしろ「臨機応変さと話を続ける技術」だったと、植山先生とまったく同じことを仰っていてびっくりしました。何から手をつけたらいいか迷っていましたが、先生のセミナーで試験までにやるべきことがわかってきました。がんばります!

●昨日も実りある講義をありがとうございました。
講義の中でわたしにとって大変参考になったのは、つまった時には『セメダイン方式』を使うです。
とにかく自分のカードを用意してどんなテーマを言われてもそのカードへ話を持って行くというのはとても参考になりました。
カードの出し方、切り方、強引でも自分主流で話を持って行く。これを聞けただけでも昨日のセミナーへ参加した甲斐があったと思います。
また写真としては、奈良の鹿と宮島の鹿の表情が印象的でした。動物ながら何か知性を感じさせますね!
最後に、長期的に日本の歴史、世界の歴史を見ての見解、日本は天皇が権威であり西洋はキリスト教が権威であるなど興味深かったです。
西洋の動きが日本に影響を与えるのは当然ですが、その辺のしくみ、からみについてもっと早くから興味を持っていれば自分の人生ももう少し違っていたかな等来し方行く末を思う今日この頃です。
しかし遅まきながらもそんな事を考える事ができてよかったと思います。

●昨日はまたまた超充実した5時間セミナーを実施していただき誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
私は一次試験の自己採点で日本歴史が1点合格基準点を下回っているので、2次試験対策の勉強は今一つ本気になれず、「300選」の丸暗記はとても無理だろうなあ、Q&Aも事前に題目・内容を予想できないので、準備しても意味ないから出たとこ勝負か、と思っていましたが、昨日の超充実したレクチャをうかがって、ハラが座り、方針が定まりました。
この改訂版資料に全面的に依存して、重要度が高い部分を徹底的に勉強して天命を待ちます。
「日本的事象英文説明300選」の丸暗記は、13~17年の出題と先生の出題予想に絞って行い、知らない出題に備えては急に説明文の構造をいくつか記憶することにします。食べ物題については、○○ consists of ……や ○○ is seafood that are (レシピ説明)……や、○○ is a dish of ……cooked in a pan……などです。
尋問対策は、この資料にある和英が揃った例文を徹底的に練習して、見知らぬ題にぶち当たっても応用できるレベルにしておきます。
こう書いているうちに、全力で学習すれば何とか行けるような気がしてきました。来年2月に「先生、ありがとうございました。お陰様で合格いたしました」とご報告することを目標に全力で頑張ります。

●あっという間の5時間の講義、ありがとうございました。
正直、最近モチベーションが少し下がっていましたが、セミナーに参加し、みなさまの熱気に触れ、私も頑張らないと…反省しました。
口述試験の変更、合格基準点の変更など不安な点はありますが、「気にするな」という先生のお言葉に勇気づけられました。
中身の詰まった膨大な資料を前にして戸惑うこともありますが、まずは赤線をいれた箇所を中心に毎日コツコツと取り組みます。
また、「外国人の訪日旅行」に結びつける自分なりの締めの言葉を毎日繰り返し練習します。
By the way 山梨出身ですので、ご当地問題期待しています!

●きのうはお世話になりました。
午後の短い間に、濃密な時間を過ごせました。
特に、第4部がきのうのセミナーのキモでした。
3部までは、資料を読めばわかるようにも思いましたが、4部は先生の経験が大いに語られ、とても含蓄のある、示唆に富む内容で、とても考えさせられました。
受験テクニックだけでなく、新たな価値観や人生観を教わったような気がします。一次通過の問題はありますが、やらなければいけないことが鮮明になりました。
やること、準備しなくてはいけないことがとても多いなと実感(痛感!)しました。
通訳案内士を目指して頑張っている人と同じ場所で、同じ時間を共有できたことで、またやる気が湧いて来ました。
ありがとうございました。

●昨日はお世話になりました。私にとって有意義な時間でした。
私は昨年運よく英語の一次試験に合格することができましたが、しかし二次試験の「三鷹の森ジブリ美術館」の通訳問題でメモを半分ぐらいしか取れず、少ししか訳せませんでした。
※資料のP46、P47にメモの詳しい取り方についての解説があり、ラジオのニュースを聞いてメモ の練習をしていきたいと思います。
プレゼンテーション(スピーチ)の問題では「絵馬」を選び、途中で話す事がなくなり時間が余り黙ってしまい、気まずい雰囲気になりました。
※P60に話に詰まった時の緊急対処法4ステップ(By the way,)があり、私のとってはとても知りたい情報であり、実践していきたいと思います。先生が英検1級受験時の実体験も参考になります。
資料がすごく丁寧に作っており、青、赤、黄の色付け、改行、黒の太文字、アンダーライン、ハイパーリンク、写真、そして「日本的事象英文説明300選」との対応ページ、本当に素晴らしい資料だと思います。活用していきます。
資料プラス面白く有意義な講義5500円は、とても安いと思います。もっと取ってもいいとおもいました。
文章を書くのが苦手なところがありますので、これで感想とします。ありがとうございました!

●昨日は、2次対策セミナー、ありがとうございました。あっという間の5時間でした。
特に、膨大な過去問の整理、分析、今回の予想問題についてのデータ分析は圧巻であり、ハローの植山先生ならではの宝物だと感嘆しました。
今後は試験までこの資料に基づいてしっかり準備するようにします。

●私は9月24日のセミナーにも参加していますが、その際に、「プレゼンテーション対策」のセッションで、「外国人観光客の訪日旅行をテーマとして」話すことが求められているというのが、どういうことなのか、どのようにしてそれを表現して話すべきなのか今一つ分かりませんでした。
今日改めて先生の説明を聞き資料を読み直したところ、二段構成のまとめの時にテーマを表現するということではないかという自分なりの結論に行き着くことができました。
このように、先生のセミナーは、だた受け身で聞くだけで終わってしまうセミナーではなく、いつもセミナー参加者に疑問を投げかけたり、勉強方法の振り返りをさせるきっかけを与えたりする仕組みになっているように感じます。質疑応答の解答が英語で先生から与えられるのも受験生には魅力ではあるのは間違いありませんが、全国通訳案内士に本当になりたいのであれば自分で英作文をする手間と時間と意気込みぐらいは持たなければいけないと自分を𠮟咤激励した次第です。9月24日に話してくださった資料表紙に猿の写真を載せた先生のお気持ちについて、本日コメントが聞けなかったのが残念です。
全体として、本日のセミナーは、前回と比較すると非常によく考えられた時間配分と講義内容と厳選されたユーモアで構成された100点満点のセミナーだったと思います。

以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月14日開催<2次セミナー... | トップ | 10月14日開催<2次セミナー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 」カテゴリの最新記事