通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その27)

2019年04月14日 01時26分17秒 | ●2018年度<合格体験記>

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その27) 

●無料独学合格するには、無料独学合格した方の体験記を参考にすることが一番です! 

あなたは、無料独学合格したいですか? 

それとも、無駄に高い授業料を払って予備校に行きますか? 

創立以来、一万人以上の合格者を輩出してきたハロー通訳アカデミーの無料<動画・資料>で、無料独学合格を果たしてください! 

今回は、2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その27)をお送りします。 

●すべての2018年度<合格体験記>は、下記をご覧ください。 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/6a82b85065bd867c005ab7a3e9ff9112 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
本日の格言(北里柴三郎のことば) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
君、人に熱と誠があれば何事でも達成するよ。 

よく世の中が行き詰まったと云う人があるが、是は大いなる誤解である。 

世の中は決して行き詰まらぬ。 

若し行き詰まったものがあるならば、これは熱と誠がないからである。 

●決心する重要性(植山源一郎) 
https://www.youtube.com/watch?v=oXF9u2_7tgA&feature=youtu.be 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(63)(中国語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●中国語(メルマガ読者、無料動画利用者、教材利用者) 

①受験の動機 

中国語検定準1級を合格した後は、通訳案内士を目指そうとなんとなく思っており、2015年に中国語検定準1級を取得できたので、それから中国語通訳案内士の試験勉強を開始しました。3回目の受験でなんとか合格できました。 


②第1次試験対策 

<中国語>(免除、HSK 6級180点以上取得) 

2017年度の筆記試験終了後、合格が厳しいと感じ、翌年の試験科目を減らせるよう上記試験を受験し、免除資格を得ることができました。 


<日本地理>(74点) 

2017年度の唯一の不合格科目でした。昨年同様ハローさんのテキストをひたすら読み勉強しました。昨年しなかった第1次邦文試験対策<特訓1800題>は通勤時に利用できました。前の年にしていれば・・・ 

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <直前対策セミナー>(日本地理資料)→ http://hello.ac/2018.geo.seminar.pdf 
 <日本地理動画>→ https://youtu.be/tPXvP4yETwk 
 <マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667  
 <項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf 
 <都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf 
 <特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2 


<日本歴史>(免除、2017年度合格) 


<一般常識>(33点) 

地理にかなりの時間を割きたかったので、ハローさんのテキストのみの対策でした。後は、ニュースをよく見たり、TVのクイズ番組を見たりしたくらいです。 

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <直前対策セミナー>(一般常識資料) → http://www.hello.ac/gappon.pdf 
 <一般常識動画>(その1) → https://youtu.be/4N_R2l6fOrM 
 <一般常識動画>(その2) → https://youtu.be/8ezEeIrRimQ 
 <マラソンセミナー>(一般常識)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667  
 <特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2 


<通訳案内の実務>(48点) 

新たな試験科目なので、ハローさんのテキストで少し不安だったので、他の本を数日かけて立ち読みしました・・・結果ハローさんのテキストで十分でした。 

 <直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
 <通訳案内の実務動画> → https://youtu.be/O6_IUPFXsIk 


③第2次試験対策 

今回落ちるとまた1年ないので、独学主義の私でしたが、思い切って2次対策の学校に通いました。 


④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと 

受験科目が異なっていたので、外国語以外の科目の無料テキストは本当に役にたちました。これが無料だと考えると本当にありがたいです! 
また第1次邦文試験対策<特訓1800題>も基礎固めに大いに効果がありました。 


⑤今後の抱負 

関西在住なので、関西地方を中心に活躍できるガイドを目指したいです。2月2日(土)の<通訳ガイドが食べていく方法>セミナーを受講させて頂きます。 
また、英語の通訳案内士にもチャレンジしたいです。かなり難しいと思いますが、現在、TOEIC900点突破を目指して目下勉強中です。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(64)(英語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●英語(メルマガ読者、無料動画利用者) 

①受験の動機 

平成31年1月22日に発表された全国通訳案内士試験の合格発表で自分の受験番号を見つけた時、大変嬉しく感じました。 
平成29年7月から平成30年11月まで、余暇の大半を費やして受験勉強をしてきましたが、その努力が報われたと思いました。 

40歳代の半ば頃、通訳ガイド試験という資格試験があり、社会科科目と英語は自分の得意分野であったことから、関心を持ちましたが、当時は本来業務が多忙で、日頃一杯一杯の生活をしていたため、余暇時間を勉強に費やすことはできませんでした。 
平成29年の6月頃、平成32年に東京オリンピックパラリンピックが開催されることや、平成31年3月末限りで現役を引退する予定であったことから、現役引退後をどう生きるか考えていました。 

そのような時、通訳ガイド試験のことを調べてみました。近年は英語の一次試験もマークシート方式になっているのを知ったことが大きな動機になりました。 
長く英語を書いていないため、スペルの細かい正確な筆記に自信が無いためです。今から始めれば平成31年3月の退職時、もしくは平成32年7月の東京オリンピックパラリンピックに間に合うかもしれない、よし、やってみようと決心しまし 


②第1次試験対策 

私の場合は、順番が通常と違いますので、変更させていただきます。一次試験が英語、日本史、地理、一般常識の4科目(その後改定され、通訳業務知識が加わり受験時は5科目)、二次試験が英語の最終的に6科目を合格する必要があります。 
日本史と一般常識は平成30年1月のセンター試験で代替でき、日本史60点、現代社会80点を取ればクリアできるので、まず、30年1月までこの2科目に絞って勉強を始めることにしました。 
30年1月センター試験終了後、30年8月までは英語と地理、(その後通訳業務知識が追加)の勉強をすることにしました。 

(1)日本史(平成29年7月~平成30年1月) 

山川の高校教科書を使用し、センター試験60点を目指しました。過去問10年分にも取り組みましたが、センター試験の問題はとてもノーマルで、年ごとに難しすぎたり、奇をてらった問題がなく、通訳案内士試験よりもこの代替試験の方が実力が出やすいと感じています。お勧めです。センター試験69点でクリアしました。 


(2)一般常識(平成29年7月~平成30年1月) 

山川の高校教科書、旺文社の「現代社会集中講義」などを使用し、センター試験80点を目指しました。日本史と同じ理由でこちらの代替試験経由の方が取り組みやすく、問題による変動は小さいと思います。ほとんど旺文社の「現代社会集中講義」一本で繰り返し繰り返し学習しました。センター試験91点でクリアしました。 

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 

(3)日本地理(平成30年1月~8月)94点 雲場池と柿田川を間違えました。 

ハロー通訳アカデミーの動画、テキストをしっかり使わせていただきました。講師の熱い思いが伝わる動画で感動しながら2回やりました。帝国書院「旅に出たくなる地図」は時間があるときに見ていました。      

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <マラソンセミナー>(日本地理)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667  
 <項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf 
 <都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf   

平行して、国内旅行業務取扱管理者試験も受験することとし、こちらの勉強も平成30年5月から8月まで行いました。 
試験は9月第一週で全国通訳案内士試験の直後になりますが、お勧めだと思います。旅行業法、旅行業約款、国内旅行実務とも高得点で合格しました。 
使用したテキストはナツメ社「国内旅行業務取扱管理者試験テキスト&問題集」およびTAC出版「国内旅行業務取扱監視者過去問題集」です。 
2018年は業法の改正がありましたので、2018年版が出版されるゴールデンウイーク明けまで待たされましたが、今年は改定もないので、2019年版を待つことなく、2018年版で行けると思います。 


(4)英語(平成30年1月~平成30年8月)83点 

ハロー通訳アカデミーの動画、テキストをしっかり使わせていただきました。2名の講師の先生の講義は素晴らしく、当時のハロー通訳アカデミーは素晴らしい学校だったのだなあと思いました。自分も若い時このような先生に英語の授業を受けたかったとの気持ちを強く思いました。 
はるか昔の学生時代は義務的な授業で、感動する機会も少なかったと思いますが、年が行ってからの自主的な授業であれば、感動することも多いし、本人の熱心さも違うなと思いました。 
本当にありがとうハロー通訳アカデミーという感謝の気持ちで一杯です。 

しかし、これだけでは自分はだめです。自分は基本的にドメスティックな仕事を長年に渡ってしてきた人間で、英語力の衰えは著しく、いかに短期間に衰えを回復させるかが課題の人間だからです。 
読解力、文法力、作文力の基礎力を回復する必要があると感じ、大学受験参考書数研出版「チャート式新英文解釈」を仕上げました。過去問も10年分程度行いました。 

過去問でもハロー通訳アカデミーのお世話になりました。得意な問題と不得意な問題が見えてきました。 
不得意な問題は最近出なくなっていることは良い傾向で、その継続を祈りました。また、4番、5番の問題は1問当たりの配点が高く、満点を取ることが合格のカギだと思います。

日本地理の力をいかにして上げるかが、英語の高得点につながるシステムになっていると思います。また、インターネットからThe Guardian を読み始めましたが、ちょっと敷居が高く効率が悪いと判断し、読売新聞が提供しているThe Japan News の旅行、地域、食べ物などの話題をタブレットで読み、単語はノートするようにしていました。 

この二つの英字新聞は、新聞の格という点からすると特上と並という差があると思いますが、全国通訳案内士試験受験の効率という点からは正反対だと思います。The Japan Newsがお勧めです。 

英語の口と耳も錆びついていると思い、英会話学校に通学し、NHKラジオ英会話を毎日聞き、通勤時間は1日2回のNHK国際ニュースをインターネットからダウンロードし録音したものを聞いていました。感じたのは、今は大変恵まれた時代であり、求めれば、本当に自分に合った、色々な便利ツールが主としてインターネットを通じて、入手できる時代だということです。本当に現代は素晴らしい時代です。 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <無料動画学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667 


(5)通訳実務(30年6月~8月)48点 

観光庁テキストを3回読みました。 
この試験は落とすための試験ではなく、知っておいて欲しい知識を試す試験だと思いますので、3回程度読んで、常識を身に着けられればクリアできる試験です。 
今後もさほど難しくはならないだろうと思います。 

 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 


③第2次試験対策 

 以下のテキストを使わせていただきました。 

 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 
 第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> → http://www.hello.ac/teppan70.pdf 
 <プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答予想問題60題 → http://www.hello.ac/yosou60dai.pdf 
  

④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと 

メルマガ、動画、教材を感謝の気持ちと、講義内容に感動して使わせていただきました。いつも、素晴らしい講師に会ってみたいと思っていました。 


⑤今後の抱負 

この3月末でリタイアし、フリーになります。ボランティアガイドでいいからせっかく得た知識と資格で社会貢献ができたら良いと思っています。 
植山先生、旧ハロー通訳アカデミーの先生方、ありがとうございました。一発合格を目指している方の参考になればと思い、一次試験対策を中心に記載しました。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
重要なお知らせ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●2018年度合格者が利用した無料<動画・資料>のまとめ 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/a658d6e4800b71c61a41ee477c2982e2 

●全国通訳案内士試験(業界)の闇(ヤミ)(まとめ) 
 https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/9e1799923f6ff327997db9ec98148d36 

・闇(その1)<第2次口述試験の合格率80%指示事件>の真相と深層! 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/f263db067120db161ac076c9505a057b 

・闇(その2)「越後屋、おぬしもワルよのぉ~」国交省も負けてはいない! 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/315df89e6a665e68df3d2e23439a69e6 

・闇(その3)「日本的事象英文説明300選」パクリ事件の全貌 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/d9c3925f26080a978665f071ac33df21 

・闇(その4)「ニセ通訳案内士団体」の驚きの実態 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/ffa162d2fa08214cbf61d347b1549c76 

●2019年度全国通訳案内士試験のガイドラインが発表されました。 
 https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/3760753379d119075f58ae8e152749ee 

●ハロー通訳アカデミーのホームページ(全面更新しました!) 
 http://www.hello.ac/ 

●公式ブログ(ほぼ毎日更新) 
 https://blog.goo.ne.jp/gu6970 

●メルマガ(ほぼ毎日配信)(下記はバックナンバー) 
 http://e9.wingmailer.com/wingmailer/backnumber.cgi?id=E741 

・2018年の発行数:455通(一日当たり、約1.25通) 
・2017年の発行数:377通(一日当たり、約1.03通) 

以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年度無料独学合格に役立... | トップ | 2019年度無料独学合格に役立... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●2018年度<合格体験記>」カテゴリの最新記事