全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(118)(英語)

2021年10月12日 12時06分10秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(118)(英語)

●英語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者

①受験の動機

英語圏に住んで長くなります。今滞在中の国の大学を卒業しそのまま就職をしました。しかし英語ができません。私の日本語も日本に住む方からはみれば少しおかしい日本語を話していると思います。日本人ではありますが 日本の地理、歴史、一般常識の知識は???が多いです。前置きが長くなりましたが これら知識を補うのに通訳案内士試験の勉強はぴったりだと思ったのが動機です。

②第1次筆記試験

英語(自己採点:不合格点)

試験勉強に時間をかけませんでした。この教科は苦手意識があり その上どの様に勉強したら良いのか決められずそれが得点を伸ばすことができなかった要因なのかもしれません。
ハローの教本ですが、動画も最初の方だけ見ましたが文法が多く 普段の生活で文法のことを気にして英語を使って話していませんので 余計に困惑し最後まで動画は見ませんでした。

まず問題1に時間をかけすぎました。今年の場合は質問内容が近年のものとその一つ前の質問の形(1-9, 1-10) のコンビネーションになっていたことが頭から離れず集中できませんでした。
過去問をしていても1-9,1-10のような質問は必ず点数を落としていたので パニクってしまったと思います。
問題2に取り掛かった時はもうすでに試験時間は残りわずかでした。私の場合は過去問を解いていて 問題2、問題3、問題4で点数を稼いでいましたのですが 今回は時間配分に失敗し 取れる点数のところで点数が取れず そこのところが 今回の失敗につながったと思います。
その上自己採点中に 問題2.3.4は各5点だと気が付き 今となっては後の祭りとなりました。来年は 問題1のような質問は最後に回して得点を確実に取れる質問から解いていこうと思います。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<ハロー英語道場真剣勝負>
http://www.hello.ac/study/

「日本的事象英文説明300選」(本+CD)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(自己採点:合格点)
先生の資料、動画、過去問を徹底的にやりました。最初に過去問をやりましたがほとんど知らないことばかりでしたので 地理のマラソンセミナーの動画を一度見ました。
その後合格者のリポートを読んでいた時に”項目別地図帳を徹底的に覚えまくりました”というコメントを見て私も同じように何度も何ども繰りかえし覚え 自分の書き込みも加えて覚えました。
そこて大体のアウトラインを頭に入れ 次に都道府県別地図帳をみて詳細を覚え 最後に<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>で今年の傾向を把握し <日本地理>の傾向と対策<決定版資料>と過去問を最後まで続けました。
私は世界遺産検定の勉強をしたことがあり 日本の世界遺産についてはその時覚えた知識がかなり役に立っていました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<日本歴史>(自己採点:合格点)
先生の資料、動画、過去問を徹底的にやりました。マラソンセミナーの資料を一通り見ましたが 覚えることがあまりにも多すぎて覚え切れず 色々考えているうちに合格体験記の中に ”江戸時代までは文化面中心に、明治以降は歴史の流れと文化面の両方を勉強した” と書いてあったので <日本史の時代区分と各文化の特徴>を覚え大体の歴史と文化についてのアウトラインを頭に入れました。
その間過去問にも挑戦し試験の傾向を分析しました。別の合格体験記に<特訓1800題>が役にたったと書いてあったのでそれも繰り返し繰り返し覚えました。そのおかげでマラソンセミナーの資料は必要なくなりました。
最後の総仕上げに<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>で試験に臨みました。私は世界遺産検定の勉強をしたことがあるのでその知識もこのテストには役に立ったと思います。おかげで当日のテストはスラスラと答えを選べることができました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

<一般常識>(自己採点:多分不合格点)
この科目に関しては過去問をして傾向を分析を最初にしました。
しかしコロナで去年の問題の傾向が変わっていたので 先生の<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>と<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>に頼りました。動画の中で観光白書の重要性とコロナ前とコロナ後の問題傾向の違いを先生が指摘していましたので 先生の言葉を神の宣告とばかり 統計の方はパラパラ見る程度で先生の決定版資料のみで試験に挑みました。
自己採点では微妙な点だったと思います。ここでも世界遺産関係の問題で過去の世界遺産検定の知識が役に立ちました。
<特訓1800題>は私の場合は政治と経済の単語に慣れるために使いました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

<令和2年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(要旨版>)
http://hello.ac/2020.hakusho.youshi

<通訳案内の実務>(自己採点:不合格点)
時間が足りませんでした。
<観光庁研修テキスト>を一通り読んで過去問をして 先生の<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>と<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>を待ちました。
しかしながらこの教科に時間を割かなかったことが合格点に到達できなかった最大の原因だと思います。
それに加え日本語に慣れていない私には答えを読むだけで 時間が取られてしまいました。試験終了ま5分前でも3分の1は残っていたと思います。
結局残り3問は手付かずで終わってしまいました。来年までに日本語の文章に慣れ親しんでおかなければいけないと思った瞬間何度もありました。
問題は年を追うごとに難しくなっている気がします。<観光庁研修テキスト>は文章を目で追うだけでなくきちんと読んで理解することが必要だと実感しました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
合格をする為に必要な知識が詰め込まれた素晴らしい教材だと思います。
地理一つにしても試験の為だけでなく実際の仕事に役立つ資料ばかりです。長年の試験傾向を分析されていることがよく伺えます。
<傾向と対策>シリーズで覚えるべきアウトラインを描くことができ 動画と教材で時間や場所に関係なく一人一人のペースで勉強できることもハローのアドバンテージです。
メルマガで最新の情報を発信していただき 受験生の心理をも気にかけてくださる先生の配慮には頭がさがる思いです。

④第2次試験に向けての<決意表明>
2年かけて合格するつもりで勉強しています。
多分2次試験は奇跡が起こらない限り今年はないと思ってはいますが 来年は絶対に1次試験通過をしたいです。 
2次試験の資料は一次試験にも使えますから 来年の合格のために今年の2次試験の資料に目を通して来年の準備したいと思っています。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
先生にはとても感謝をしております。 
この試験を受けてみようと決めて最初の自分への質問は「どうやって勉強しよう」でした。その折先生のウェブサイトを見つけた時は「これだ!」と思いました。
2年かけての合格を目指してはいますが合格するまでハローのお世話になると思います。

以上





コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2021年度第1次筆記試験<1... | トップ | ガイドマニュアル<富士・箱... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>」カテゴリの最新記事