全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

2022年度<模擬面接特訓>受講のご感想

2022年11月28日 22時52分36秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講のご感想

●植山先生(英語、フランス語)
本日は、<模擬面接特訓>の機会を頂き、誠にありがとうございました。
先生のお名前は書籍や動画で伺っておりましたが、このように個人的にご指導いただけたことに感動いたしました。
以下がご指摘いただいた点です:

(1)アイコンタクトがなかったので、試験管の顔を見ながら話すこと。→緊張するとつい下を見てうつむいてしゃべってしまっていることに気付きました。

(2)いつしゃべり終わったか分からないので、答え終わった後は、語尾を下げる、アイコンタクトをして次の質問を待つ姿勢を見せること。→まだしゃべり続けた方がいいのか、切り上げた方がいいのか自信がありませんでしたが、答えは簡潔に短めにとのアドバイスをいただきました。

(3)プレゼン・質疑応答は減点方式なので、しゃべりすぎないように。余計な情報を盛り込んでミスをするより、ゆっくり話し、綺麗に無難にまとめたほうが良い印象を与える。→焦って色々な情報を入れすぎ、早口になって自滅してしまうことに気付きました。

自分一人では中々気が付かない点をご指摘いただき有難かったです。
このような貴重な機会を、しかも無料でいただけたことに感謝しております。
残された時間は限られていますが、本日のアドバイスに従ってしっかりと準備していきたいと思います。どうもありがとうございました。
(2022年11月28日受講者)

●植山先生(英語)
この度は貴重な機会を戴きましてありがとうございます。
いつも動画の音声で拝聴している先生が目の前にいるということで、初めはとても緊張していましたが、<模擬面接特訓>前に通訳案内士の試験の裏話等で和ませていただき、<模擬面接特訓>では入室した時よりもリラックスした状態で取り組めました
<模擬面接特訓>では、準備してきた内容であるにも関わらず、実際に話そうとするとキーワードをど忘れしてしまうことがあり、練習不足を実感しました。
今までは「日本的事象英文説明300選」の1文章をそのまま暗記しようとしておりましたが、先生より「キーワード」を中心にSVの簡単な構文として頭に入れること、という助言をいただきました。
キーワードが出てくるかどうか、で自分自身の安心感につながり、その結果、試験結果をも左右する可能性があると、教えていただきましたので本番までのこの2週間に教えていただいたことを実践したいと思います。
また、発音や文法にも難点があるとご指摘いただきました。
独学では気付きにくい部分かと思いますので、ご指摘いただきありがたかったです。
「ゆっくりと話し、わかりやすく、正しく伝える」ということを意識して練習をしていきます。
また発音に関しては「日本的事象英文説明300選」のリスニングが効果的ということも教えていただきました。
今まではCDを活用していると言いつつ、BGMとして流し聞きをしているだけだったので、発音を意識して改めてリスニングと発音練習もしていきます。
面接で答えた内容については「話過ぎ」という点もご指摘いただいたので、模擬試験では聞かれた以上のことは答えず「簡潔」を意識していきます。
面接後にいただいた「あなたが注意すべき点」というチェック項目は一目で改善点が理解でき、「復習用資料」は<模擬面接特訓>の内容がまとまっており、自分が思い出せなかったキーワードも確認でき、本番までの学習の支えになると思います。
繰り返しになりますが、この度は貴重な機会をいただきましてありがとうございました。
<模擬面接特訓>の内容がとても素晴らしかったのはもちろんですが、無料でこのような機会を作っていただける植山先生の広い心にとても感動しました。
私も植山先生のように、誰かに喜んでもらえるようなことをしていきたいなと自分自身を振り返る機会ともなりました。
この度は誠にありがとうございました。
(2022年11月28日受講者)

●植山先生(英語)
本日は2022年度<模擬面接特訓>の機会を割いて頂きましてほんとうにありがとうございました。ご自宅を開放頂き、多くのご指導を下さり感謝してもしきれないほどです。また、早めの日時設定は残りの2週間ほどを有効活用ができ、とても助かりました。全て<模擬面接特訓>が終えたのちには、口頭プラス書面にて評価を頂きました。
プレゼン内容、コミュニケーション能力、文法・語彙、発音・発声そしてホスピタリティ等々詳細に評価下さり、、、また、私の今後注意すべき点等々までをもご指導頂きとても素晴らしい内容でした。
そのおかげ様にて本日現在の総合判定は、合格と不合格のボーダーライン上に居ることが認識でき、今後僅か残された時間の使い方が見えてきました。
更には復習用資料までをも頂きまして…何から何ま本当に有り難うございました。
そうです…〈2次セミナー、第5講〉もとても素晴らしい資料にて、自分のものにしたいと思います。
本日頂戴致しましたご指摘を無駄にしないように、12月11日の本番に向けて全神経を集中させて突き抜けたいと思います。
それまでメルマガ、YouTube等々を通しどうか引き続きご指導ご鞭撻の程、重ね重ねどうぞ宜しくお願い申し上げます。
本日はありがとうございました。
 (2022年11月28日受講者)

●植山先生
本日は<模擬面接特訓>を実施いただき、ありがとうございました。
小生は、昨年度、全国通訳案内士試験をフランス語で受験し、1次試験にはなんとか合格したものの、2次試験であっさり敗退しました。今年はぜひ必勝を期したく、この面接に申し込みました。
 昨年度は、自信がないのに、さしたる準備もせずに、2次試験当日を迎えてしまいました。
当日のプレゼン問題のお題はいずれも準備したことのないテーマであり、消去法でなんとかなりそうなテーマを選んだのですが、我ながら内容のないスピーチで撃沈しました。また、与えられた外国語訳問題も難しかったです。
今年は昨年の反省にたって、早めに準備を始めたつもりだったのですが、気付いてみたら、本番まであと1か月!このままでは、ずるずると試験日を迎えてしまいそうです。
そこで、先生に喝!を入れていただきたく、迎賓館の門を叩きました。
面接の予習課題は、当初の440題全部から<出題予想問題>(厳選125題)に減らしていただきましたが、それでも全項目を予習する時間的余裕がなく、不安いっぱいのまま、特訓を受けました。
試験官は植山先生と現役通訳案内士の方(英語、フランス語の有資格者)のお二人でした。そして、<模擬面接特訓>はすべてフランス語で行われました。
幸い、プレゼンテーマには事前準備した項目が出たので、途中、グタグタになりましたが、なんとかこなせました。
また、外国語訳問題、シチュエーション問題は、本番よりは易しめの内容でしたので、自信をもって回答することができました。
それでも本番さながらの緊張感があり、このタイミングで受講する機会を与えていただき、よかったです。
植山先生からは、次のようなコメントをいただきました。

全体に早口すぎる。早口になるとどうしても文法や構文の間違いが増えるので、ゆっくり落ち着いて話すように。
<出題予想問題>(厳選125題)は、基礎の基礎であるので、これをしっかりマスターできれば、他のテーマへの応用力が増す。

また、お土産として「復習用資料」まで頂戴したので、しっかり勉強します。
今回、<出題予想問題>(厳選125題)を短期間で仕上げたことで(まだ4分の1ほどが手付かずですが)、「やればできる」という気になれたこと、また、基本事項をきちんと押さえる必要性を再認識できたことは今日の収穫です。
この学びを糧に、残り30日を走り切り、先生に良いご報告ができますよう、がんばります。
本日は誠にありがとうございました。
(第1次筆記試験免除者)

●植山先生、フランス語試験官の先生
本日は大変充実した<模擬面接特訓>を受講させていただきまして、また、懇切丁寧なご指導を頂きまして、ありがとうございました。
本日の<模擬面接特訓>は、全てフランス語で実施され、約20分のセッションを二回、合計40分、その後、約15分間、懇切丁寧な評価、ご指導を受けました。本試験では、自己紹介(30秒)、プレゼン(準備30秒、プレゼン2分、合計2分30秒)、通訳問題(日本語での問題読上げ30秒、通訳1分30秒、合計2分)、シチュエーションに係る質疑応答(5-6分)、合計10~11分となりますので、約倍の時間を使い、沢山の質問をいただくことができました。
以下、この感想文をお読みいただける本年度以降の全国通訳案内士試験を受験される仲間の皆様に、私が学ばせていただいたポイントを述べさせていただきます。
先ず、何よりも、今回の<模擬面接特訓>の申込みをされていない受験生の皆様は、申込みを直ぐに行ってください。全国通訳案内士試験対策でNo.1の植山先生のご指導を受けることで、本試験までの約1ヵ月間を、今までの何倍も効率的な準備期間をすることができます。
プレゼンは、簡潔に、必要最低限にて話すことが肝要です。
内容はともあれ、ホスピタリティは、意識すれば、誰でも高評価を得ることは、可能です。試験官(ゲスト)の顔をみて、笑顔で対応しましょう。
シチュエーションに係る質疑応答では、条件とシチュエーションが与えられますが、ゲストの希望や意見を伺ってあげると、ゲストの満足度が高まります。
私の場合は、どちらかというと、英語の発音に慣れているため、フランス語の発音が英語風になりやすいので注意が必要でした。
以上、共に、本試験合格に向けて頑張りましょう!
(第1次筆記試験免除者)

●植山先生、フランス語のガイド様
本日は、<模擬面接特訓>のために、時間を作って下さって、ありがとうございました。
私は、フランス語受験者ですが、今回の<模擬面接特訓>は全てフランス語で実施され、本番さながらの特訓を受けることがてきて、とても良かったです。
自分の足らない所を指摘して下さり、口述試験の最大の山場となるホスピタリティが、自分には不足してることが、身を持って体験できました。
試験を受けてる時は緊張しますが、お客さんの気持ちになって、優しく話してあげることが必要だと分かりました。
<プレゼン>は余り話さず、試験官の質問に答える。自分のメモを見るのではなく、試験官の方を見て話をする。
外国語訳は、そんなに難しくなく、何とかできました。
但し、外国語訳に関連した質問への対応は、努力を要するようです。フランス語のつなぎの言葉を知って、会話をする。
私には、こちらの努力が必要と思いまして、自分を知ることができたのは、とても貴重な体験でした。
特訓の後は、色々と助言をいただけて助かりました。
勉強法が、全く分かってなかったので、本当に助かりました。
試験まで、およそ1ヶ月ですが、残り時間は、本日の助言に従って、頑張りたいと思います。
植山先生とフランス語のガイドさん、心より感謝致しております。
(第1次筆記試験免除者)

●植山先生
昨日は<模擬面接特訓>の機会をいただきましてありがとうございました。
セミナーやメルマガで多くの生徒を指導されている先生が、一生徒に対しても、丁寧に接してくださり大変感激いたしました。
無料でこのような機会を提供してくださる先生の『銀河系のような広い心』を体感し、このお礼は合格でこたえるほかないと思いながら帰宅いたしました。
<模擬面接特訓>では、部屋に入場するところから、名前などを言って、プレゼン、質疑応答、外国語訳、質疑応答という流れを2回繰り返して頂きました。
先生に最後の総括の部分で、(説明しようとする姿勢はいいが)長い、と言われました。必要最低限に回答し面接官に質問させる形にしたほうがいい。面接官は秘密警察だと思い、初めからたくさん言おうとしない、と先生らしいユーモアを織り交ぜながらアドバイス頂きました。
私の一番の課題だと認識しました。簡潔にリズムよくまとめ、面接官とのコミュニケーションにつなげられるように準備したいと思います。ついつい質問の正解やベストな提案をしなければと思うと色々考えてしまい返答までに時間がかかってしまいますが、先生がおっしゃる通りテストは10分ですし、ガイドの現場でもたいてい時間はないでしょう。緊急性がある場合もあります。
その他、いざ面接となるといつも言える数字が飛んでしまったり、文法や単語が曖昧だったり、問題が露呈されました。対処法もアドバイス頂きました。プレゼンの時にはうまくメモ用紙を活用したり曖昧なことは口にしないようにしたいと思います。私の場合は、重要基本フレーズを文法(特に主語)を含めきっちり暗記、音読したいと思います。重要及び各トピックでも関連で出てきそうな大トピックについては、日本語でも知識や情報収集を少しでも増やせれば、質問などに対応しやすいと思いました。
<模擬面接特訓>は、そのために必死で勉強できたこともありがたかったです。<出題予想問題>(厳選125題)の予習課題も、上位から始め最後の項目まで準備することはできませんでしたが、それでも時間がない中で何をやるべきが考え、せめて勉強したことは点数になるようにと集中することができました。またその勉強や準備の方向性が合っているのかどうかも昨日確認できたように思います。
とは言っても、十分準備ができていない失望感とその中模擬試験に向かわなければならない緊張感は、12月の二次試験前日の自分を疑似体験した思いでした。少しでも本番前日を自信をもって迎えれれるように、ここから約一ヶ月間勉強していきたいと思います。
最後に、厳しいことも含めたくさんのアドバイスをいただきました。大変励まされました。ご指導どうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
(第1次筆記試験免除者)

●植山先生
本日はお忙しいところ<模擬面接特訓>を開催いただき、誠にありがとうございました。
ご縁により、この感想をお読みくださった方にお伝えしたい事は、もしこれから受験される方で模擬面接特訓に参加のチャンスがある方は、すぐに申し込みをさせていただくべきであるということです。
私は、昨年はまだ準備ができていないからとか一言も先生の前で話せなかったらどうしようなどとつまらない事を考えて申し込みをさせていただかなかったのですが、それは今回参加させていただいて大きな間違いであった事を痛感しました。時間的には40分くらいでしたが数十時間の勉強時間に匹敵する稀有の機会でした。
私は、今回参加させていただいたおかげで、何故昨年自分が不合格だったのかが良く理解でき、これから受験までに何をすれば良いかが明確になりました。
また面接官との質疑の注意点や回答のコツなど実戦に出る為のアドバイスもたくさんいただき、本当に有意義な特訓でした。
このような素晴らしい機会を無料で与えていただきました植山先生に心からお礼申し上げます。ありがとうございました。
(第1次筆記試験免除者)

●植山先生
本日は、<模擬面接特訓>のご指導をいただきまして誠に有難うございました。
<模擬面接特訓>にご招待いただいてからこの日を迎えるまで時間は十分あったにも関わらず、対策の準備があまり進んでおらず、また直前にいただいた2次口述試験の
<出題予想問題>(厳選125題)の予習課題だけは何とか抑えようとテーマ毎に話すべき内容をまとめていたのですが、あれもこれも覚えなければ。。と気持ちが焦るばかりで、頭の中がまとまるどころか崩壊した状態で会場のハロー迎賓館に少し早めに到着しました。
1階のローで管理人の方にお呼びいただくまでの待機時間も復習をしており、不安を抱えた状態で<模擬面接特訓>のお部屋に通していただきました。
面接会場は YouTube で事前に拝見しておりましたが、広々とした素敵な空間でした。植山先生の方からまずは、ハローとの関係、メルマガの利用状況、学習経歴等についてのご質問とお話しをしていただいたお陰で少し緊張がほぐれました。
その後、本番さながらでドアに入る場面を設定した ”Please come in.” から行っていただき、これもウェブ面接では体験できないリアルな練習をさせていただけたと思います。
特訓では、模擬面接(プレゼン、外国語訳、問題解決策)を数回させていただき、以下の通りダメ出しと厳しい評価に加えてアドバイスをいただきましたが、このタイミングで受けさせていただけて本当に良かったと思います。
本試験まであと37日程ありますので、私のように思うように準備が進んでおらず不安を抱えた方の参考になれば幸いです。

・話せば話す程危険。余計なことを言い過ぎて墓穴を掘って自滅するタイプ。話す程文法のミスも気になる。

・メモを見ながら答えていたので、主役である外国人観光客(試験官)の目をきちんと見て話す。

・2分も話す必要はない。午後になると試験官も疲れて来るので、できる限りコンパクトにまとめる。

・思い付きで話さない。多少の思い付きがあったとしても極力少なめに答えて、試験官に質疑応答の主導権を渡す。あくまで主役は外国人観光客に見立てた試験官であるので、自分が話の主導権を握るのではなく、会話のキャッチボールになるよう話を持っていく。・たとえ途中フラフラした回答になったとしても締めの言葉は、”Why don’t you ??のようなフレーズを使ってフィニッシュは体操選手のごとくピシッと決める。

<出題予想問題>(厳選125題)分さえ用意しておけば、横も見えてくる。

また、
「日本的事象英文説明300選」についてもキーワードだけは言えるように冒頭の文章を自分の声で録音して家事等しながら聞くのが良いとのアドバイスもいただき、本当に目から鱗でしたので早速実践してみます。
今回ご指摘頂いた全ての内容を踏まえて修正し、本試験では試験官に会話のキャッチボールを楽しんでいただけるよう、平日はフルで仕事をしておりますが、日々2次対策最優先で全力で取り組んで参りたいと決意を新たにしております。
植山先生の密度の濃い、ありへんサービスと熱い<模擬面接特訓>(無料!)のご指導に心より感謝申し上げます。本試験に向けて頑張ります!
(第1次筆記試験免除者)

●植山先生
本日は<模擬面接特訓>をしていただき有難うございました。
これまではずっと一人で練習してきましたが、初めて対人で面接をしたということもありとても緊張しました。
プレゼンテーションでは、テーマとは直接関係のないことを時間を埋めるために話したことについてご指摘がありました。
全てのテーマで更に詳しい説明をしたり体験談を交えるのは難しいですが、ある程度共通で使えるようなエピソードなどの準備が必要であると認識しました。
自分が確信を持っていることを話すようにとのご助言もいただきました。
質問に対し、自分が知らないことを想像していい加減な内容で話してしまったこともあり、話せば話すほど危険だということを再認識させられました。
また基本的なことですが、大きな声で話すことと笑顔で話すことができていなかったので、緊張状態の中でもできるように意識的に練習を重ねて本番に臨みたいと思います。
残りの約35日は通訳ガイドになったつもりで過ごし、本番で自然に態度に現れるようにしたいです。
反省ばかりの内容ですが、試験本番を前に失敗したことを前向きにとらえて最後の最後まで努力を続けて臨みたいと思います。
このような機会を無料でいただいたことを本当に感謝しています。
(第1次筆記試験免除者)

以上



●本年度(2022年度)<模擬面接特訓>(無料)受講ご希望の方は、下記よりお申込みください。

以上
.





最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。