通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

特別セミナー<2019年度全国通訳案内士試験に無料独学合格する方法>(第2部)動画公開!

2019年05月27日 17時11分34秒 | ●セミナー・講演会

特別セミナー<2019年度全国通訳案内士試験に無料独学合格する方法>(第2部)動画公開! 

5月12日に開催しました特別セミナー<2019年度全国通訳案内士試験に無料独学合格する方法>(第2部)の動画を公開させていただきましたので、2019年度(今年)に受験する方は、資料を印刷の上、是非ご覧ください。 

●特別セミナー<2019年度全国通訳案内士試験に無料独学合格する方法>(第2部)動画
  https://youtu.be/VA-TbLhZvGs 

●資料:http://www.hello.ac/2019.5.12.seminar.pdf 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
特別セミナー<2019年度無料独学合格する方法>(第2部の内容) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【1】2019年度全国通訳案内士試験公示(官報) 
https://kanpou.npb.go.jp/20190422/20190422h07493/20190422h074930008f.html 

・上記に関する日本政府観光局(JNTO)の関連サイト 
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/index.html 

・報道発表資料(PressRelease) 
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/20190422.pdf 

【2】2019年度ガイドライン 
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/guideline31.pdf 

【3】2019年度試験日程 

・願書配布・受付:2019年5月13日(月)~6月24日(月) 
・第1次筆記試験:2019年8月18日(日) 
・第1次筆記試験合格発表(予定):2019年11月7日(木) 
・第2次口述試験:2019年12月8日(日) 
・最終合格発表(予定):2020年2月7日(金) 

【4】第1次筆記試験の概要 

(1)試験方法、問題数、配点、合格基準点 

外国語:120分、100点満点、70点(70%)が合格基準点 

日本地理:マークシート方式、40分、40問程度、100点満点、70点(70%)が合格基準点 
内容は、地図や写真を使った問題を中心としたものとする。 

日本歴史:マークシート方式、40分、40問程度、100点満点、70点(70%)が合格基準点 
内容は、地図や写真を使った問題を中心としたものとする。 

一般常識:マークシート方式、20分、20問程度、50点満点、30点(60%)が合格基準点 

通訳案内の実務:マークシート方式、20分、20問程度、50点満点、30点(60%)が合格基準点 

  
(2)外国語筆記試験の試験方法 

・試験は、全国通訳案内士の業務を適切に行うために必要な読解力、日本文化等についての説明力、語彙力等の総合的な外国語の能力を問うものとする。 

・出題は概ね、外国語文の①読解問題2題(配点 25点程度) 、②外国語文和訳問題1題(15点程度) 、③和文外国語訳問題1題(30点程度) 、④外国語による説明(あるテーマ、用語等について外国語で説明する)問題1題(30点程度)を基準とする。 

・言語によっては、完全な多肢選択式(マークシート方式)または、多肢選択式及び記述式の組み合わせによる出題とする。後者の場合、和文外国語訳問題1題、外国語による説明問題1題は記述式により出題するものとする。 

(3)試験実施時間(2018年度の場合) 

外国語: 10:00~12:00(120分) 
通訳案内の実務:13:30~13:50(20分) 
日本地理: 14:20~15:00(40分) 
日本歴史: 15:30~16:10(40分) 
一般常識: 16:40~17:00(20分) 


【5】既出問題の確認 

「敵を知り 己を知れば 百戦殆うからず」は、勝利の鉄則です! 

(1)第1次筆記試験【問題】(外国語・日本地理・日本歴史・一般常識) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
<1998年度~2018年度>の問題を掲載。 

(2)第1次筆記試験【解答】(日本地理・日本歴史・一般常識) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/97689381c7d03679e1d26349dd5d28a0 

<2004年度~2018年度>の解答を掲載。 
(3)第1次英語筆記試験【解答】 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/9a71c5008dafaed9cff97da6b31badb1 

<2015年度~2017年度>の解答を掲載。 

【6】合格体験記 

受験勉強というものは、最初から最後まですべてが順調にいくものとは限りません、むしろ、段階的に、必ず「壁」に突き当たり、階段の踊り場(停滞期)を経験するものです。
そのような時に、最高のアドバイスを与えてくれるものが、「合格体験記」です。 
同じような「壁」に突き当たり、その壁を乗り越えて合格した先輩たちの経験は、空に瞬く「導きの星」のように、あなたに<合格への道>を示してくれることでしょう。 

●2018年度合格体験記 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/6a82b85065bd867c005ab7a3e9ff9112 
  

【7】第1次英語筆記試験対策 

(1)教本学習コース(無料動画学習コーナー) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/294759276c43d1f31a7b1a2bc4b19ad0 

<教本Aシリーズ>(32時間)と<教本Bシリーズ>(32時間)の合計64時間の第1次英語筆記試験対策の最も基本となる学習コースです。 
五文型に文法解析することにより、難解な英文でも正しく解釈することができるようになります。この手法は、通訳案内士試験のみならず、英検1級、TOEIC、ビジネス英語の分野でもその威力を発揮しますので、「本物の英語力」をつけたい方は是非学習してください。 

(2)教本学習コース(無料音声学習コーナー) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/db5f01d842bc6fc0a27f926335500449 
教本学習コースの<音声ファイル>版です。 
<音声ファイル>をスマホ、タブレットなどに入れておけば、電車の中、待合せ時間などの細切れ時間にも聴くことができるので、便利です。 

(3)英語力診断テスト 
http://www.hello.ac/guide/clinic/index.php 
ここでは、下記の5つの分野のあなたの英語力を診断いたします。 
(1)語 彙 力(配点:40点) 
(2)英文和訳(配点:20点) 
(3)和文英訳(配点:20点) 
(4)英文読解(配点:10点) 
(5)英 作 文(配点:10点)(満点:100点) 
毎回異なる問題がアットランダムに出題されるように、規定数の10倍の問題(計500問)が用意されています。数回トライすると同じ問題が出題されるようになりますが、これも大いに勉強になりますので何度でもトライしてください。 
解答後、試験結果通知メールが、自動的にご指定のメールアドレスに送信されます。 


(4)ハロー英語道場 
http://www.hello.ac/study/ 
ここは、合格に必要な英語力をクイズ形式で学習していただくコーナーです。 

●第一道場『日本的事象英文説明300選』【初級コース】【上級コース】 

第1次筆記試験、第2次口述試験で問われる日本的事象英文説明を目次の12のジャンルに分けて、学習できるようにアレンジされています。 
<2018年度第1次筆記試験の出題実績> 
・受験外国語(英語):だるま(74ページ) 
・受験外国語(スペイン語):立ち食いそば(40ページ) 
・受験外国語(イタリア語):おみくじ(76ページ)、枯山水(56ページ) 
・受験外国語(ポルトガル語):歌舞伎(44ページ) 
・受験外国語(ロシア語):年功序列(118ページ) 
<2018年度第2次口述試験の出題実績(全受験外国語共通)> 
・鎌倉(20ページ) 
・日光東照宮(18ページ) 
・根回し(118ページ) 
・除夜の鐘(96ページ) 
・盆踊り(90ページ) 
・鳥居(72ページ) 
・花見(86ページ) 
・三が日(正月)(80ページ) 
・賽銭箱(72ページ) 
・彼岸(90ページ) 
「300選」は、口頭でスラスラ出てくるまで、徹底的に丸暗記することが重要です。 
本道場には、キーワード一語を問う「初級コース」と全英文を問う「上級コース」の2コースをご用意いたしておりますので、勉強の進捗状況により使い分けてください。 

●第二道場『でる単その1』 (2,333語) 
第1次筆記試験に出題されたことがあり、絶対に覚えておかなくてはいけない重要英単語を厳選収録しました。 

●第三道場『でる単その2』 (432語) 
第1次筆記試験に出題が予想される通訳ガイド用語を23のジャンルに分けて厳選収録しました。 

●第四道場『基本イディオム』 (225語) 
第1次筆記試験に出題が予想される基本イディオムを厳選収録しました。下線部訳あるいは穴埋め問題などに出題される可能性が高いです。 

●第五道場『時事用語・ガイド用語』 (520語) 
第1次筆記試験に出題が予想される時事用語・通訳ガイド用語を厳選収録しました。 

●第六道場『基本英単語集』 (1,377語) 
第1次筆記試験に出題が予想される基本英単語を難易度別に収録しました。 
収録語数は、レベルⅠ(554語)、レベルⅡ(595語)、レベルⅢ(228語)です。 
レベルⅠ→レベルⅡ→レベルⅢの順番に、段階的に学習してください。 

●第七道場『無敵の英単語』 (826語) 
最近出題された英文、英単語を徹底的に分析して、今後出題が予想される比較的高度な英単語を各方面から厳選収録しました。『千里の道も一歩から』です。根気強く繰り返すことで『無敵の英単語力』を身につけることができます。 

●第八道場『英検1級合格の英単語』(他流試合) (552語) 
英検1級合格に必要な重要英単語を厳選収録しました。通訳案内士試験をめざす《ハロー英語道場》では『他流試合』となりますが、お時間のある時にお楽しみください。 


【8】第1次邦文筆記試験対策(日本地理・日本歴史・一般常識) 

(1)マラソンセミナー(無料動画学習コーナー) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/294759276c43d1f31a7b1a2bc4b19ad0 
マラソンセミナーは、近年の出題傾向に基づき、<日本地理><日本歴史><一般常識>を基礎から体系的に学習することを目的に実施されたセミナーで、その分かりやすいテキストと動画は、受験者の高い評価を得ております。 
<日本地理><日本歴史><一般常識>各24時間、合計72時間分の動画があります。 

(2)マラソンセミナー(無料音声ファイル学習コーナー) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/9393bb54df6b150ae6b6395b77382784 
マラソンセミナーの<音声ファイル>版です。<音声ファイル>をスマホ、タブレットなどに入れておけば、電車の中、待合せ時間などの細切れ時間にも聴くことができるので便利です。 

(3)第1次邦文試験対策<日本地理・日本歴史・一般常識>特訓1800題 
http://www.hello.ac/streaming/clinic/clinic_houbun/index.html 
ここは、皆さんがご自身で<日本地理><日本歴史><一般常識>合格に必要な知識を診断、整理、学習していただくコーナーです。 

●解答後、試験結果をご指定のメールアドレスに送信いたします。 

●本テストの構成は下記のようになっています。 
(1) 日本地理(5点×20題=100点) 
(2) 日本歴史(5点×20題=100点) 
(3) 産業、経済、政治及び文化に関する一般常識(5点×20題=100点) 
(満点:5点×60題=300点) 

●各科目とも約600題(3科目合計 約1800題)の問題が用意されており、毎回異なる問題がアットランダムに出題されます。 

●数回トライすると、一部同じ問題が出題されるようになりますが、これも大いに勉強になりますので何度でもトライしてください。 

●試験結果通知メールには下記内容が記載されています。 
(1)各科目の得点、3科目の合計得点 
(2)各科目の合格判定 
(3)3科目の総合合格判定 
(4)受験した問題文、あなたの解答、正解、正誤判定 

●合格、不合格の判定基準は次の通りです。 
合 格:3科目とも50点以上の場合 
不合格:1科目でも50点未満の場合 


【9】第1次筆記試験対策直前対策セミナー 
これは、2018年度対策のセミナーですが、現時点では、最新の動画、資料ですので、どうぞ、ご利用ください。2019年度対策のセミナーも実施予定です。 

<日本地理> 
<資料>http://hello.ac/2018.geo.seminar.pdf 
<動画>https://youtu.be/tPXvP4yETwk 
<項目別地図帳>http://hello.ac/geography/map.pdf 
<都道府県別地図帳>http://hello.ac/map.prefectures.pdf 

<日本歴史> 
<資料>http://www.hello.ac/2018.his.seminar.pdf 
<動画>https://youtu.be/Y2YSS7LDJUo   
<日本史の時代区分と各文化の特徴>http://hello.ac/timeline.pdf 

<一般常識> 
<資料>http://www.hello.ac/gappon.pdf 
<動画>(その1)https://youtu.be/4N_R2l6fOrM 
<動画>(その2)https://youtu.be/8ezEeIrRimQ 
<平成30年度観光白書(要旨)http://hello.ac/hakusho30.youshi.pdf 

<通訳案内の実務> 
<資料>http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
<動画>https://youtu.be/O6_IUPFXsIk 
<観光庁研修テキスト>http://hello.ac/jitumu.122.pdf 


【10】第2次英語口述試験対策 
<特訓セミナー>【動画】【音声ファイル】 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/20d3293874c2107664d6a9ed22eae8f2 
第2次口述試験は、<通訳問題>と<プレゼンテーション問題>により実施されますが、いずれにしても、日本的事象(日本に関することがら)について外国語で話す(説明する)能力が問われる試験です。 
個々の日本的事象の簡単な説明については、「日本的事象英文説明300選」でカバーできるとしても、実践的な表現能力が求められる試験の場では、「300選」をベースにした<臨機応変な説明方法>が求められます。 
本<特訓セミナー>は、そのような<臨機応変な説明方法>を学ぶためのセミナーです。
本セミナーを何回も繰り返し視聴することにより、合格できるリスニング力と表現力を習得してください。 

●目的 
第2次口述試験(英語)に出題される日本的事象(日本に関することがら)について、<臨機応変な説明方法>を学ぶこと。 

●内容 
外国人講師と生徒の質疑応答を通して、外国人講師が、的確な英語で表現できるコツを教えます。 

●構成 
<特訓セミナー>は、(その1)(その2)(その3)があり、(その1)(その2)は各11講座(2時間×11=22時間)、(その3)は9講座(2時間×9=18時間)の全31講座、62時間の構成となっています。 

●動画と音声ファイル 
(その1)は動画と音声ファイルを、(その2)(その3)は音声ファイルのみを、下記により視聴することができます。 

●受講方法 
必ず、テキストを印刷して学習してください。 

●効果的な学習法 
本セミナーを何回も繰り返し、繰り返し視聴することにより、リスニング力と表現力を習得することができます。インプットされてないものは、決して、アウトプットされません。まずは、徹底的にインプット(聴きこみ)してください。 


【11】第2次英語口述試験対策直前対策セミナー 

<2次セミナー>(その1)の資料 
http://www.hello.ac/2018.10.14.2nd.seminar.koukai.pdf 

<動画>https://youtu.be/LircL1N9sDc 

<2次セミナー>(その3)の資料 
http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf 

<動画>https://youtu.be/9zaW5t6cdNE 
第2次口述試験対策(英語)<特訓セミナー> 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/20d3293874c2107664d6a9ed22eae8f2 

「日本的事象英文説明300選」(本+CD) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 

「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> 
http://www.hello.ac/teppan128.pdf 

第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> 
http://www.hello.ac/teppan70.pdf 

<プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答予想問題60題 
http://www.hello.ac/yosou60dai.pdf 

「通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応方法」 
http://hello.ac/troubleshooting.pdf 


【12】第1次筆記試験・第2次口述試験対策 

Flashcards Deluxe(暗記カードアプリ) 
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105 
<Flashcards Deluxe>は、いわゆる単語帳などの電子版である暗記カード(フラッシュカード)アプリなのですが、もともとは、作者である米国人 Ernest Thomason氏が、自分で中国語を独習するために作成したものです。 
他の多くの暗記カードアプリとの違いは、タップ・スワイプを駆使した自然な操作で、扱えるカード枚数(デッキごとに5000枚超!)、画像、音声のカードへの組み込み、豊富な学習モード、詳細な設定項目、等々にあります。 
<Flashcards Deluxe>は、スマホがあれば、すき間時間を利用して、いつでも、どこでもゲーム感覚で学習できる<ありえへんアプリ>で、これほど便利なツールはありません! 
現在、第1次筆記試験、第2次口述試験対策として、下記の25個のデッキを利用することが可能です。<Flashcards Deluxe>を使い倒して、合格を手にしてください。 

●<第1次英語筆記試験>対策 
「日本的事象英文説明300選」(300) 
「既出英単語」(241) 
「でる単その1」(2382) 
「でる単その2」(429) 
「通訳ガイド用語のまとめ」(308) 
「基本イディオム」(225) 
「基本英単語集」(1377) 
「時事用語、通訳ガイド用語」(395) 
「単語英訳問題」(300) 
「単語英訳問題・英単語」(315) 
「単語英訳問題・厳選英単語」(435) 
「無敵の英単語」(826) 
「英検1級合格の英単語」(546) 

●<日本地理>対策 
「特訓1800題(日本地理)」(572) 
「日本地理(重要事項のまとめ)」(389) 
「日本地理(総まとめ)」(431) 

●<日本歴史>対策 
「特訓1800題(日本歴史)」(527) 
「日本歴史(重要事項のまとめ)」(125) 
「日本歴史(総まとめ)」(431) 
「日本歴史にでる写真」(157) 
「日本歴史(文化史)」(349) 

●<一般常識>対策 
「特訓1800題(一般常識)」(346) 
「一般常識(重要事項のまとめ)」(148) 
「一般常識(総まとめ)」(446) 

●<第2次口述試験>対策 
「日本的事象英文説明300選」(300) 
「第2次口述試験対策演習」(26) 

以上

コメント   この記事についてブログを書く
« <直前対策セミナー>開催の... | トップ | 「ホルモン漬けアメリカ産牛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●セミナー・講演会」カテゴリの最新記事