全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

(5)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【13:00~14:00】<屋形船>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 12時23分13秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(5)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【13:00~14:00】<屋形船>の「通訳問題文」候補

●屋形船
屋形船は、船の上に屋形が乗ったもので、元々、貴族が舟遊びに使っていました。後になって、庶民が水上での飲食を楽しんだり、娯楽や観光に使うようになりました。今では、春には花見、夏には納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。

皆さんからご提供いただいた<屋形船>

●屋形船は昔は貴族の遊びでした。後に庶民も○○や観光に使うようになりました。現在は春は花見、夏は納涼や花火など、多くの人々が屋形船を利用しています。

●屋形船の問題でした。以前は貴族が船遊びとして使っていたが、今では庶民が娯楽や観光に使っている。春には花見、夏には納涼や花火観賞に使われている、というような内容でした。

●屋形船は家の形をした船で、昔は貴族の遊びに使われた。現在は庶民の娯楽に使われる。春は花見に、夏は納涼の花火に使われる。

●屋形船は、屋形を載せた船で川をくだる乗り物で、もともとは貴族の遊びとして行われていました。その後庶民の娯楽としても広まりました?現在でも花火大会や納涼に・・・(すいません、ここまでした憶えていません。)

●屋形船は元々は貴族の遊びであった。今日は一般の人も楽しめる。屋形船は、船に屋根がついたもので、元々貴族が舟遊びに使っていました。後になって庶民が水上での飲食を楽しんだり、娯楽や観光に使うようになりました。春は花見、夏は納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。食事もでき、舟の上から、花見、納涼、花火を見る事が出来る。

●屋形船は、船に屋根がついたもので、元々貴族が舟遊びに使っていました。後になって庶民が水上での飲食を楽しんだり、娯楽や観光に使うようになりました。春は花見、夏は納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。

●「屋形船は、船の上に館があるもので、元は貴族の遊びに使われていましが、後に一般庶民の遊びにも広がりました。今では、春は花見、夏は納涼や花火鑑賞になどに使われ、人々に人気があります」

●屋形船は、舟の上に屋形が乗ったものです。もともとは貴族の娯楽でした。のちに、庶民も屋形船の上で飲食を楽しむようになりました。今では多くの人が、春にはお花見、夏には涼んだり花火を楽しんでいます。

●屋形船は船の上に屋台?が乗ったもので貴族が舟遊びに使っていました。後に庶民たちが飲食しながら娯楽や観光に使うようになりました。現在は、春には花見、夏には納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。
info@hello.ac

以上


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。