通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2016年度第1次試験の<受験の感想>(邦文3科目)(108)

2016年08月31日 15時06分40秒 | ●2016年度<第1次筆記試験>受験の感想

2016年度第1次試験の<受験の感想>(邦文3科目)(108)

【日本地理】77点(自己採点)
【日本歴史】86点(自己採点)
【一般常識】70点(自己採点)

●目標は、3科目共に80点としていましたので、日本地理は想定通り。日本歴史は、予想より簡単だった。一般常識は、絶望的。というのが、試験直後の印象でした。

5月頃になって初めて「通訳案内士」の試験を受けてみようと思いたったのですが、6月に転勤となり、しばらく落ち着いて勉強する時間を確保出来ずにおりました。

いろいろと関連サイトをチェックしていた所、ハローの存在を知りました。また無料で過去問や資料を入手出来、セミナーまで閲覧する事が出来る事を知り、当初は少々戸惑いもありましたが、藁にもすがる思いで、実質正味2カ月間でしたが、ハローのみを頼りに、①過去問(2013~2015年)、②マラソンセミナーだけ勉強をしました。

初めて過去問を解いた結果は、3科目共60~70%程度で、日本に関する知識が乏しい事を、改めて痛感させられました。その後、「旅に出たくなる地図帳」と「山川日本史」だけを手元に置き、基本的には「マラソンセミナー」の内容の復習と暗記に努めました。また電車の中では、小さな地図帳を取り出し、都道府県別にチェックした地名、山・川・湖等々を暗記するよう努めました。

ところが寺社等の観光スポットや、仏像、絵画等々、実際に見たことも無い所、物を覚えるのを苦痛に感じ始め、家内を誘って東京国立博物館に足を運び、実際に仏像の種類や、絵画の歴史等々を肌で感じ取るようにしました。
本当は、京都や奈良にも実際に足を運びたかったのですが、これは叶わず、代わりに観光ガイドをチェックしました。また子供の持っていた山川
の日本史の副読本(「。。。図録」)もテキストに加えましたが、結果的には自信を持って試験に臨むレベルからは、ほど遠いレベルでの受験となりました。実は日本歴史に、一番不安を持って試験を受けた次第です。
 
一般常識の勉強は、一番厄介でしたが、直前になって植山先生のセミナー動画を閲覧し、アドバイス通り「観光白書」の勉強に加え、ここ1~2年の時事ニュース(世界遺産登録、北海道新幹線、選挙、サミット、EU、オリンピック、マイナンバー、山の日等々)について、少々時間をかけて勉強をしました。実際には、一般常識のみならず、日本地理や日本歴史にも関係する内容も多く、試験の直前はあまり区別せず、勉強するよう心掛けました。
 
今回初めての受験でしたが、結果的には直前の対策が一番、点数に繋がったような気がします。噂通り、奇問・珍問もあったような気がします。イスラム教に関わる問題も2つありましたが、実際イスラム圏で仕事をした経験のある私でも、一問が落としてしまいました。今年の場合は、やはり選挙や、北海道新幹線、世界遺産(明治の産業)に関わる問題を、取りこぼさない点がポイントだったように思います。
確かに明治の産業に関わる遺産について勉強をしていた時、何でこんなに多くの県に広がっているのだろうか?と多少違和感を感じながら勉強していたところ、ずばり所在県の数が問題になっていました。恐らく問題作成者も、私と同じことを考えていたのか、と分かり試験中にもかかわらず、何故か親近感を覚えてしまいました。

●ハロー等勉強に役立った事:
100%ハローにお世話になりました。30数年前の共通一次試験(センター試験)では、「世界史」と「地理B」を選択していましたが、日本に関して本当に知らない事が多いと痛感させられました。大河ドラマや古代史は好きで本もつまみ読みをしていましたが、今回改めて「ゼロ」からの気持ちで、ハローの「マラソンセミナー」を頼りに勉強をしましたが、結果的にはこれが良かったと思います。植山先生もおっしゃっていますが、地理・歴史・一般常識と言っても、結局雑学の集合みたいなものなので、「四天王寺⇒聖徳太子」等と連想出来る程度の勉強をすれば良かったのだ、と今にして分かりました。

【二次試験に向けての決意】
昨日になってようやく二次試験を受けられると確信し、早速電車の中では「日本的事象英文説明300選」の勉強。自宅では「対策セミナー」「特訓セミナー」で勉強を開始しています。
また試験内容からすると、英語力以上に、日本に関する知識を問われる事を再認識しましたので、「300選」の暗記に加え、自分なりに外国人観光客が興味を持つ事象について、自分の言葉(日本語⇒英語)でまとめておこうと考えています。やはり自分の言葉でないと、頭にインプットすることも難しく、またアウトプットも難しいと考えるからです。

植山先生、本当に全面的にお世話になっております。何とか二次試験もクリア出来るよう頑張ります。また来年は中国語でも受験したいと考えております。引き続き宜しくお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2016年度<第1次筆記試験問... | トップ | <いくつかの大切なお知らせ> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●2016年度<第1次筆記試験>受験の感想」カテゴリの最新記事