全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(33)(英語)

2022年12月04日 23時05分36秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(33)(英語)

●植山先生
本日は、<模擬面接特訓>ということでご指導いただきありがとうございました。
コロナ前に何度か講座に参加させていただき植山先生のお顔は拝み?ましたが、今日は一対一の対面指導ということで緊張していました。
迎賓館におじゃまし、穏やかな笑顔で迎えて頂き、また丁寧に指導してくださりと教育者としても素晴らしい方だと感激しました。
「おんぶに、抱っこに、肩車」と言われるだけあって、「無料で、時間をたっぷりとって、弱点を的確にご指摘・ご指導していただき、最後に復習資料まで頂き」本当に至れり尽くせりでした。

<模擬面接特訓>の感想

まず、2分間のプレゼンからはじまりましたが、なんと30秒しか話すことができず植山先生もびっくりされてました。実はいままで一度も時間を図って練習したことがなく「日本的事象英文説明300選」を覚えてだいたいそのまま繰り返しただけでした。
時計を出していただき、2回練習し、なんとか膨らませましたが、もし植山先生のご指導がなければ本番も30秒程度のプレゼンしかできなかったと思います。深みがでるよう、植山先生が2〜3分の英文例を教えてくださり、なるほどと腑に落ちました。

次に、<外国語訳問題>練習です。日本語を聞き、メモを取りましたが随分緊張しました。通訳は何とか出来ましたが、has の発音、言いにくい発音は、同じ意味の言いやすいものに変える、複数形・単数形、不可算名詞など細かなところを指摘していただき文法など気をつけて簡単な構文で話すよう気をつけなければと反省しました。

最後にロールプレイです。頭ではどういうものかわかっていたのですが、実際にやってみるとロールプレイになっておらず、一方的に話しており、そのため文法ミスも目立ちました。
先生から「コツがあります」ということで、「コーヒーでも飲みながら、海外の友達と話している感じでやりましょう。日本語でやってみましょう」と言われ、日本語でロールプレイして、感覚をつかむことができました。
その後、英語で再現してうまくできた時は、「なるほど、そうゆうことか!」と心の中でつぶやきました。「面接官は秘密警察・相手にしゃべらせるようにしたほうがよい」というアドバイスも非常にためになりました。

2回、練習をさせていただきました。録音をさせて頂いたのですが、1回目と2回目では自分で言うのも何ですが、随分出来が良くなっていました。
まず、プレゼンは1分50秒まで持っていけました。通訳練習も一回目より落ち着いてメモが取れたと思います。
ロールプレイではまだ話し過ぎる傾向はみられましたが、一回目よりはよくなってました。相手に質問させることで、随分と英語をしゃべるのが楽になりました。文法ミスなどがまだまだありましたが、会話にはなっていたような気がします。

(1)今日のご指導から多くのことを学びました。まず、プレゼンに関しては2分間を図って練習する。S+Vの短文を積みかさね、単複数、その他文法ミスを減らす。あせらず、もう少し深みのある英語を話す。

(2)通訳については、数字をきちんととる。「300選」でキーワードは押さえておく(これはプレゼンでも同じ)、減点方式なのでここでも文法ミスに気をつける。

(3)最後のロールプレイに関しては、自分がしゃべりすぎず、相手にしゃべらせる、

(4)試験官に質問をさせる。通訳ガイドとして答える。

今までのYouTubeでの対策講座やらブログでの情報提供、そして無料面接特訓、お土産に復習資料と、時間とエネルギーをわたくしたち受験生のために、ここまでやっていただき感謝の気持ちで一杯です。
一週間後は大阪で本番です。今日面接の疑似体験をさせて頂き、これから一週間何をしなければいけないか指針ができました。
普段英語を話す機会がなく、緊張と不安いっぱいで朝早く名古屋から新幹線に乗って参加しましたが、本当にご指導いただいてよかったと思います。
残り時間は少ないですが、「人事を尽くして天命を待つ!最後の一分一秒まで全力を尽くせ!」この先生のお言葉を胸にあと一週間頑張ります。植山先生、今日はどうもありがとうございました。

以上

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(32)(英語)

2022年12月04日 22時53分20秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(32)(英語)

●植山先生
本日はお忙しい中、<模擬面接特訓>の機会を頂きまして、本当にありがとうございました。限られた時間の中で、
<出題予想問題><決定版>(厳選125題) のテーマについて自分なりに学習していたつもりでした。
しかし、会場への到着が予定より少し遅れただけで心が乱れてしまい、到着後は平常心に戻ることと若干の知識確認しかできず、頭の中が空に近い状態で入室しました。これまで、多くの試験や仕事で緊張する場面はあったものの、「時間の余裕は心の余裕」ということを再認識した次第です。

私が、迎賓館に
入室した時は、前の方が丁度終わったところで、私の緊張とは対照的に晴れやかな顔だなと感じました。
その後、先生から私のガイド試験の受験経験等を聞かれ、ICレコーダーをセットして、早速特訓をして頂きました。その際私が感じたことと、先生のご指導は次のとおりです。

<私が感じたこと>
(1)知識を詰め込んだつもりでも、緊張下では基本中の基本が案外出てこない。(枯山水のsand represents... が言い出せず、pebblesで代用しました)
(2)簡単な表現でも、口に出して練習していなければスムーズに出てこない。(世界遺産の文化遺産と自然遺産の表現で少し詰まりました)
(3)人の感想を見て分かっているつもりでも、特に質疑応答で話し過ぎてしまう。(必要な回答をした後に、余分な情報まで話してしまいました)

先生のご指導
(1)相手に分かり易い表現を使う(例えば、遊覧船はsightseeing boat)
(2)プレゼンで、もし知っている小ネタがあれば、一言でも添えると場が和む。
(3)話し過ぎないこと。
(4)ガイドマニュアルのトラブル対応だけでも確認すること。(団体対応では、一人のお客様に対応する間、残りのお客様のことも考慮する必要がある)


他にも細部までご指導を頂き一応合格点は頂きましたが、学習の不足を痛感することになりました。

一方で、本番前に<模擬面接特訓>の機会を頂けたことで過剰な力が抜け、残された時間を有効活用する光が見えました。そして何より、植山先生に直接ご指導頂いたことが私の財産となり、受験への活力となりました。

先生、本日は貴重なお時間と資料まで頂き、重ねてお礼申し上げます。良い知らせができるよう、あと1週間も継続して努力したいと思います。師走に入り、日々冷え込んできましたので、どうぞお体ご自愛下さい。
本日はありがとうございました。

以上

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(31)(英語)

2022年12月04日 22時50分34秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(31)(英語)

●植山先生
本日は模擬面接を受講させていただき、本当にありがとうございました。
昨年やっと二次まで辿り着けたというのに、あまり準備ができておらず、
よく知らないトピックを選んでしまって撃沈した経験から、今年は早く準備をしようと思っていたのですが、気づくともう残された時間はわずかとなりました。

そんなところに、先生から模擬面接を受けさせていただく機会を頂戴し、藁にもすがる思いで迎賓館へと参りました。

まず、昨年の反省点をお話しさせていただい際に、あまり知らないことを話そうとすると墓穴を掘る、そのような時は、蜘蛛の糸を辿るように、自分の話せる話に持っていけば良い、とアドバイスをいただき、まさに目から鱗で、とても納得がいき、不安な気持ちが少し楽になりました。

1対1で丁寧に対応してくださり、私は余計なことを話しすぎるので面接官に質問を委ねた方がいいということや、目の前にいる面接官をお客様だと思って話をすることなど、自分では気づかなかったことをご指摘くださり、大変ためになりました。

あと残り1週間ですが、ワールドカップで頑張っているサッカー選手を見習い、最後の最後まで諦めずに全力投球で頑張ろうと思います。

重ねまして、このような機会をくださり、本当にありがとうございました。
結果は、またご報告させていただきます。

以上

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(30)(英語)

2022年12月04日 11時34分56秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(30)(英語)

●植山先生
本日は<模擬面接特訓>の機会をいただきまして、本当にありがとうございました。
メルマガや YOUTUBE 上で、ご指導してくださっている先生より、1人につき1時間という長いお時間を、しかも無料でご指導していただき、貴重な体験をさせていただきました。

<模擬面接特訓>はプレゼン→質疑応答、外国語訳→先生による文法上のチェックのご指導 シチュエーション⇒条件設定のもとに、
通訳案内士としての対応という流れを2セット練習させていただきました。

■先生よりご指摘された点
(1)1回目のプレゼンにおいて、時間の意識が欠如していた為、2分20秒もかかってしまいました。
⇒時間管理は重要で、時計をみてでも意識するよう、気をつけるのと同時に、繰り返し同じことを話したりしているのではなく、
簡潔にまとめるとよい。


(2)シチュエーション問題。
2パターン最低の対応になりました。
①パターン 観光にある希望を持たれているのにも関わらず、一方的に提案が先行してしまったこと。
⇒本番の時は、試験官との会話のキャッチボールが必要。まずは、お客様に対して質問をし、実際の希望をよく把握してから、
提案を出してゆくことを忘れないように。

②パターン 
問題発生のケースだが、事態の把握の前に、「解決策」が先行して、一方的な提案をしてしまった。
⇒解決方法の前に、まずはガイドとしてしなくてはいけないことを考える必要がある。お客様あってのガイドなので
一人一人に気を配り、全体をみてゆく冷静さが必要である。

(私)いずれにしても完璧なよい返答をすることに力をいれた為か、肝心のお客様あってのガイドという意識が欠如していた。細部まで心配りをすることと、お客様との密なるコミュニケーションをとることを再認識した。

(3)プレゼンの質疑応答の際に、お客様よりの質問に対して、余分なものまで話してしまったこと。
⇒質問に正確に答えることが重要。 
余計な説明や、聞かれてもないことまで、口にだすのはやめたほうがよい。

■先生よりの貴重なアドバイス
私が日頃疑問に思っていたのが、2分間プレゼンの内容。自身の得意な分野が表れてくれれば、堂々と進められるのだが、苦手な題目が3つとなると、自信がなく、本当に話を続けることに恐怖感さえ、ぬぐえない状態。
「日本的事象英文説明300選」は、非常に簡潔にまとまり、愛用しているが、暗記しても30秒程度に終わる。それから1分30以上の話のつなぎ方の溝を埋める為、できるとことから、自分なりに文章を作成して、蓄積はしてきている。
時間が足りなく、残り8日間でどこまで進めることができるのか不安の旨植山先生に相談しました。

⇒「300選」の中のフレーズをしっかりと覚え、あとの時間は、ご自身の得意な分野に関連付け、30秒からいくらでも膨らますことはできます。例えば、京都・奈良は文化・歴史、食べ物に関しても発祥地であることも多いし、いったん完璧に語れるようにしておくと、役に立ちます。「300選」基本はしっかりと短文でもおさえ、あとは、得意分野を突っ込むことで、自信にもつながります、という貴重なアドバイスをいただきました。
「戦略的効果」高い試験対策だと思われます。

自身の英語力のレベルから、どこまでカバーできるかは、わかりませんが、試験日まで頑張ってみようと思いました。
植山先生、本日は、本当にありがとうございました。
吉報をお伝えできる日がくることを祈っています。

以上

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(29)(英語)

2022年12月04日 10時53分36秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(29)(英語)

●植山先生
本日は、本当に貴重な体験をさせていただき誠にありがとうございました。瞬時に受験生の弱点を見抜き、的確にご指摘、ご指導いただいたこと目の覚める思いです。

日頃の、惜しみなく、痒いところに手の届くご指導に加え、個別に、たっぷりと、しかも、無料でこのような機会を設けてくださったこといくら感謝しても仕切れるものではありません。本日の特訓を踏まえ、やらねばならないことは山積しておりますが、なんとしてでも、本番はクリアーせねばとの思いで帰路につきました。

感想を纏めると多くの方と同じようになってしまうのですが、本日得たところは次の通りです。

1. 試験官へのアイコンタクトに留意すること
他の方の感想に上がっていたのですが、当たり前なことなのになぜ?と思っておりました。これは、日本語で読み上げられた分を書き取り、それを英訳する場合のことです。本日私は、90%は自分が書いた走り書きを見ておりました。

2. 話過ぎない。必要最低限の回答に止めること
覚えた分量では足らないのではないかとの恐怖心が潜在的にありました。いらない前置き、繰り返しは不可です。

3.「日本的事象英文説明300選」のキーワードだけでも覚えること
現時点では、
<出題予想問題><決定版>(厳選125題) でしょうが、うろ覚えで、詰まる所が多々ありました。整理されていない不正確な発表は、マイナス点が付くだけではないか。

4. 文法の間違いがある。
話し出すと、どのような文脈でスタートしたのか、忘れてしまい、文にならない場合もあったように思います。単純にSVO、SVCから考えるように。

5. 時間の感覚を身につける。
発表時間はかろうじて範囲内に収まった。しかし、冗長は不可。引き締まった中身で。

6. 臨機応変の対応問題
2問出していただいた。1問は、何べんもそれであなたはどうするのと繰り返された。最後までできなかった。要は、20人の団体なのに、1人を案内をしているような対応では不可ということ。

6.(復習用の)貴重な資料をいただきました。
本日の特訓でのトピックスを含む想定問題(模範)解答をいただきました。残り6日間、時間との勝負、無駄のない準備ができる点本当にありがたく思います。

以上の他に、何が出ても、ここに結び付けるというような工夫も必要とのお話もいただきました。最後に、繰り返しになりますが、本日は懇切丁寧なご指導誠にありがとうございました。

以上

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(28)(英語)

2022年12月04日 10時49分15秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(28)(英語)

●植山先生
植山先生、本日は<模擬面接特訓>の機会をいただきましてありがとうございました。

・きっともっと合格の可能性があり、きちんと喋れる人、受験準備をする時間がある人が特訓を受けるべきだと暗澹たる思いで向かいました。特訓前のご挨拶の際に、そのマイナスオーラを払拭させるお言葉をいただき、気持ちを切り替えて面接に臨みました。

・前もって、<模擬面接特訓>ご感想を拝見していました。注意点をノートに書いて備えました。

・よく聞こえる声、わかりやすくゆっくり、アイコンタクト、いつも私が生徒に一番大切な評価項目として伝えていることです。

・ガイドとして:相手の意向に臨機応変に対応しました。(お客様、生徒対応と同じです。)

・必要最低限の回答:あらゆる教材の全てのネタを言いたくなるので取捨選択する練習が必須です。次項目と関連しています。

・時間の感覚:継続して練習するのみ。メモでプランする時が決め手です。

・不安なこと:直近の1ヶ月、言葉が以前以上に出てこなくなりました。アウトプット練習不足。時間がほしい。

・やりやすいテーマを出題してくださったにも関わらず、優先順位の高いポイントを入れ損いました。メモにも書き、頭に浮かびながらも、タイミングを逃して含められず悔しい思いをしました。(〇〇国立公園、国宝、年代、所在地)

・インペリアルHのエントランスで300選に立ち返りました。
アドバイスをいただきました。

<出題予想問題><決定版>(厳選125題) がまだ仕上がっていない:に集中する、他項目から得意トピックへの繋げ方を決めておく。

・Speaking of ~(世界遺産、寺神社城、明治維新、仏教神道、富士山、和食、日本文化へ、), から、京都、奈良へ

・発想の転換:すき焼き→豆腐→南禅寺 明治維新も→京都大政奉還 龍安寺銀閣寺→枯山水 金閣寺→回遊式庭園など

今週末も在宅で働き、平日は6時出勤9時帰宅、オンライン英会話直前に寝落ちして遅刻するほど限界です。絶望的状況と苛立ちを先生は静かに聞いてくださり、「そんなに悪い環境ではない」と違う見方で諭してくださいました。今日はとても良い経験をさせていただきました。残りはシュミレーション、つながり、取捨選択、声、速さ、視線に注意する。最後の一分一秒まで改善あるのみです。

以上

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(27)(英語)

2022年12月04日 10時45分49秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(27)(英語)

●植山先生
本日はお忙しい中、模擬面接指導誠にありがとうございました。
マンツーマンでの面接練習(それも無償で!!!)心より感謝いたします。
先生のサイン入りの素敵なお土産まで頂き感激です。

全体を通して、長年培われた指導技術に導かれ、とても内容の濃い大変有意義な45分の模擬面接でした。
合格するために自身に求められているものを導き出す「考え方」や、面接官に下駄を預けることで面接がスムーズに流れることをしっかり学ばせて頂きました。

実は、勉強不足の現状で模擬面接に臨んでも、失望感、気持ちだけ惨めになるだけではと思い始め、本日の模擬面接を取り消そうかとも思いました。しかし、一方で、せっかくいただいたとても貴重な機会と自分に言い聞かせ勇気を振り絞って先生のご自宅に向かいました。

途中言葉につまり、考え込む状態で、インプットしたはずのものが口からさっと出てこない!!!
やっぱり練習不足を痛感しました。2回目の2分間スピーチの際にも考え込んでしまい、結局答えられませんでした。その際、テーマは、漠然としたつかみどころのないものであっても過去にインプットしたものに関連して引き付けるようにするとよい旨のアドヴァイスを頂き、真っ白になった頭に道しるべが出来たようでした。

外国語訳の質疑応答では面接官に自身で質問をしながら彼、彼女に誘導してもらう流れになった方がスムーズに流れることも実感しました。

さらに、ある市内指定の一般的な観光案内依頼である場合は有名所一ヶ所的に絞って説明を開始する方が進めやすいというアドヴァイスも大変参考になりました。

<模擬面接特訓>中は準備不足、その結果、あまりの出来なさに自分自身に失望、ショック状態(涙、、、涙)になりましたが、昨日の森元ジャパン同様、最後まであきらめない気持ちで最後の一週間集中したいと思います。模擬面接の様子をもう一度振り返り、先生の一言一言を噛み締めながら復習します。
本日は誠にありがとうございました。

以上

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(26)(英語)

2022年12月04日 10時42分22秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(26)(英語)

●植山先生
本日、<模擬面接特訓>を受けさせていただきました。
単身赴任中のため、休暇を取って九州から参加させていただきましたが、想定通りの準備不足(勉強不足)で、恥ずかしいと思いながらも、
何もせずに悩むよりも、恥をかき、今後の勉強の参考&励みになればと思い、勇気を振り絞って参加させていただきました。
また、正直なところ、他の方が書かれた<模擬面接特訓>の感想を読んで、植山先生ファンの私としては、「迎賓館」を一度この目で見てみたいという気持ちもありました。

勉強不足(実力不足)の感が否めない私に対しても、植山先生は優しくかつ丁寧に接してくださり、「まだ9日間もありますから」と励ましていただき、
まだまだあきらめないで最後の最後まで頑張ろうという気にさせられました。

2分間のスピーチは途中で話すことがなくなり、本当にシドロモドロでしたが、まず最初の名前・生年月日、住所についても聞かれた順番に答えること、
話すときは「複数形か単数かに気を付けること」など、基本的なことからアドバイスをいただきました。本番では慌てずに落ち着いて答えようと思います。

話をうまく膨らませるためにも、「日本的事象英文説明300選」のトピックそれぞれのキーワード(キーセンテンス)がすんなりとでてくるよう、「音読」を行うことや、京都や奈良の寺・神社について話せるようになれば、世界遺産、お茶、庭、さまざまな話題に広げていけること、本番までのあいだに、スピーチの「締め」とできるような定型パターンを作り、繰り返し練習してはどうかなど、残された時間で、私のレベルでも対応できそうな的確なアドバイスをいただきました。

少なくとも、ただ何もせずに本番試験を迎えるよりも、今後の勉強のやり方の指針ともなるようなポイントをいくつも教わることができました。
いただいた「復習用資料」も含めて、ギリギリまで頑張りたいと思います。
植山先生、本日は貴重な時間を割いて親切にご指導いただき、誠にありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。

以上

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(25)(英語)

2022年12月04日 10時38分51秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(25)(英語)

●植山先生
本日は<模擬面接特訓>の機会をいただきありがとうございました。
無料でこのような機会を提供いただける銀河系のような広い心を体感することができました。
あと9日間ありますので、なんとか合格レベルまで自分自身を引き上げたいと思います。

課題①
そもそも本番面接の進め方がきちんと理解できていなかった。
進め方、メモの取り方などアドバイスをいただきました。
プレゼン構成を考える上でメモを利用することも有効かと思いました。

課題②
現在/過去、単数/複数、発音、単位など基本的な事項の間違いがあった。
細かなところまで注意いただきました。
癖になっている a や the を文中に入れること、単数/複数などを意識して話せるように注意します。

課題③
プレゼンの内容がきちんと構成できない。1.5分話せるように内容を盛り込むこと。内容は自分の得意な分野に展開することで話すことができる。 ボキャブラリーの補強に関しては再度「日本的事象英文説明300選」などを読みなおし、記憶します。
自分が話せるだろうと思っている内容でも実際にプレゼンしてみるとうまく話せないことがあるので、実際に声に出して練習することが大切。

本日は改めて自分のレベルの低さを痛感しました。午後は放心状態でした。
明日から引き締めて、いただいた復習用資料も活用させていただき、準備をしていきたいと思います。
引き続きご指導よろしくお願いします。
本日は繰り返しになりますが、ありがとうございました。

以上

2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(24)(ロシア語)

2022年12月04日 10時32分46秒 | ●2022年度<模擬面接特訓>
2022年度<模擬面接特訓>受講の感想(24)(ロシア語)

●植山先生
本日は、<模擬面接特訓>の機会をいただきありがとうございました。
お昼過ぎ2時から1時間みっちりご指導いただきました。
本番の面接モードを2回分、それも全く無料でご提供いただくというのは本当にあり得ないことで、感謝の気持ちでいっぱいです。
以下、今日学んだことを箇条書きにしてみます。

外国人試験官と笑顔で対峙したいと申し上げたところ、とにかく本番までいつも笑顔を心がける、あと9日間は笑顔で過ごすと決めてくださいというアドバイスをいただきました。
これから、試験日が近づくにつれて笑顔が消えていくのではないかと思っていましたが、逆にとにかく笑顔、作り笑顔でもいいから笑顔で過ごそうと思い直すことが出来ました。

プレゼンのテーマの扱い方について〜
具体的な観光地や料理以外の、比較的抽象的な大きなテーマを選んだ場合は、テーマをブレイクダウンしていくことが大切。
話の相手は日本のことを何も知らない外国人、その方とカフェでコーヒーでも飲みながら、日本のことを教えてあげるというスタンスで→抽象的なテーマを具体的な観光地等まで落とし込む→それについて話すという流れです。
つまり、抽象的なテーマの時は、川下から日本のことを説明してあげるという姿勢が大切ということでした。
確かに、
〈出題予想問題〉(厳選125題)のテーマを見ると、観光ガイド的に比較的説明しやすいテーマがある一方で、ん?と詰まってしまうテーマもあり、どう対処すればいいのかよくわからなかったのですが、とにかく観光というテーマに落とし込めばいいのかーと納得できました。
抽象的なテーマにぶつかると、つい難しい話をしがちなのですが、通訳案内士は学会で発表するのではなく、あくまでも日本のことをご存知ない外国の方を相手にしているのだということを忘れないようにということでした。
場所は試験場だが、カフェで話でもしているようなつもりでやってみて下さいとアドバイスをいただきましたので、どんなテーマも楽しい話、興味深い話に持っていこうと思います。

プレゼンや質疑応答にはちょっとした小ネタを入れると印象に残りやすいということなので、トリビアを発掘する余裕はあまりありませんが、興味のあるテーマについては少し検索してみます。その方が勉強も楽しくなるように思いました。

シチュエーションの問題については、過去問を今一度見直し、自分がそのシチュエーションに置かれているとはっきりと想定して問題に当たってみるようにとのことでした。
私は、このシチュエーションコーナーですぐに困ってしまう傾向があるので、丁寧に見直してみます。

<模擬面接特訓>終了後、私が受けた面接とは別のバリエーションの問題も掲載されている「復習用資料」をいただきましたので、抜けていた箇所をチェックし、他のプレゼン方法についても学び直したいと思います。
また、終了後に「評価表」をいただいた際には、気になっていたスピードについてもちょうど良い、もっと遅くても大丈夫とおっしゃっていただいたので、この点は少し自信を持つことが出来ました。

貴重なお時間を割いて下さっている植山先生には感謝しかありません。嬉しい報告が出来ますように本番まで着実に丁寧に積み重ねていきたいと思います。

以上