全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(100)(ドイツ語)

2021年10月07日 13時30分02秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(100)(ドイツ語)

●ドイツ語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

2025年に大阪万博が開催されるのを機に、ドイツ語を生かして語学ボランティアをしたいと思ったのがそもそものきっかけでした。色々調べていくうちに全国通訳案内士という国家資格があることを知りました。
全国通訳案内士の資格を取って、訪日される外国の方々に日本の良さを伝え、充実した旅のお手伝いをしたいという気持ちが高まり受験を決めました。

②第1次筆記試験

ドイツ語(自己採点:77~82点)

ドイツ語は長年使っていなかったため、ほとんど忘れていましたので、1年程前からB2のレベルからもう一度語学学校の講座でやり直しました。Goethe ZertifikatC1の資格はドイツ在住時に取っていましたが、全国通訳案内士試験では免除対象になっていないので(独検1級のみ免除される)ので、今回1次試験からの受験となりました。

過去問は法学書院の過去問解説も使いましたが、近年の問題は問題文が著作権の理由で省略されていてほとんど役に立ちませんでした。ハローで公開してくださっていた過去問が何よりの頼りで役に立ちました。前述の法学書院の過去問題集の解答と照らし合わせて、問題の傾向をつかみました。

ドイツの新聞の記事をインターネットで読むことを心掛けました(Spiegel Online , Deutsche Welle, Zeit Online など)日本の事象についての対策としてはドイツ語で書かれた日本の記事(Sumikai )を読みました。

また移動中や家事をしながら耳から聴く事を主に、ポッドキャストでドイツ語にいつも触れるようにしました。(Easy German ,SWR, Zeit Online など)

日本的事象英文説明300選を見てドイツ語に自分流にノートに書きました。(これがなかなか難しい作業でまだ途中までしかできていません。ドイツ語でどういうのかわからないところも沢山あるので、ドイツ語で書かれた日本のガイドブックや書籍を購入したりWikipediaで見たりしています。)この作業は2次対策にとても役立つはずですのでこれからも続けていきます。

今年から試験がマークシートになり、書かなくてもよくなったのでこれはチャンス!と思いました。ただマーク式とはいえ、細かいニュアンスやキーワードの単語の意味がわかっていないと自信をもって答えられない問題もありました。いかに普段からドイツ語の長文に慣れていることが大切かよくわかりました。

試験内容は時事に基づいたもの(マイクロツーリズム、日本のグリーン成長戦略、第3のビール など)も多く含まれていました。
90分の時間の中で細かいところまで何度も見直しているうちにあっという間に試験時間が終わりました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

「日本的事象英文説明300選」(本)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(自己採点:82点)
地理の勉強は基礎レベルからの出発でした。マラソンの講座とハローのテキストで全ての都道府県をまず1周し、分からないところはハローの項目別地図帳、都道府県別地図帳に加え 旅地図日本(昭文社)を随時見て、自分のノートを作ってまとめました。マラソンの学習で北海道から沖縄にたどり着くのに約2か月はかかったと思います。マラソンを1周しただけでは到底知識が定着していませんでしたので、空き時間移動時間を使ってマラソンを5周くらい聞きました。電車に乗ったらフラッシュカードを見て学習しました。
学習のアウトプットとして、ハローのマラソンテキストの巻末の予想問題、過去5年間の過去問を3回しました。何回も何回も聞いたり、見たり、繰り返すうちに少しずつ記憶が定着したように思います。
試験はご当地問題がとても多かったです。なかでも名物の問題は多かったです。大問9題のうち、関西圏の問題(大阪、奈良、徳島)が3つも出ていましたので関西人としてはありがたかったです。ただ他府県のご当地の問題となると全く分からないものもありましたが、消去法でなんとか答えを出せるものもあったように思います。
試験を受けてみて感じた事は、机上の学習はもちろんですが、いかに普段から色々とアンテナをはってTVや新聞、人との会話の中での地理知識が大切か、ということです。(ブラタモリなどで観た事や自身が訪ねたことのある場所は記憶に残ります)

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(自己採点:65点)
受験勉強で一番苦労したのが歴史です。ほぼゼロからのスタートでした。マラソンテキストと動画には本当にお世話になりました。過去問も5年分を最低3回はしようと決め知識の定着に努めました。家事中や通勤時電車の中でマラソンを聞いたりフラッシュカードアプリを使いました。疲れた時はTVやNetflixなどで歴史ものの番組を視聴しました。もともと歴史が苦手でしたが勉強を進めるうちに歴史が楽しくなってきました。試験は例年に比べて素直な問題だったのに、答えられなかった問題も多く悔しい思いをしています。1次で歴史を落としてしまったと思うので、来年の免除を目指してこのまま勉強を続けて、歴史検定にもチャレンジしようかと思っています。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(自己採点:36点)
ハローのテキストと観光白書令和2年版、3年版を使いました。観光白書の読み込みを自分なりにしたつもりでしたが、試験内容は本当に細かい内容のところまで出ていましたのでややこしい問題もありました。もし自己採点が間違っていて落としてしまったら、来年はもっと綿密に読み学習すべきだなと思っております。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

<通訳案内の実務>(自己採点:37点)
ハローのテキストと観光庁研修テキストのみで勉強しました。
過去の問題と傾向は変わっていないように思いましたが、宗教上の習慣や食事、用語などはより深く細かい問題になったのではないかと思いました。研修テキストを熟読することが一番大切だなと感じました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
ほぼハローのテキストのみでの受験した。それで大正解だったと思います。家事と育児と仕事でいかに時間をうまく使うかが大きな課題でしたが、空いた時間に耳からの学習ということでマラソンの動画を聞いたことは特に役に立ったと思います。

④第2次試験に向けての<決意表明>
確実に歴史は落としてしまったと思いますので今年の2次はないかもしれませんが、来年の為にもドイツ語の2次対策は進めていこうと思っています。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
初めての受験でしたが、試験場の独特の雰囲気の中落ち着いて受験できたのは、ひとえに植山先生のおかげだと思っています。そして勉強に行きづまった時、支えになったのも、過去に受験された先輩方の体験談や学習方法のハローの記事でした。学習のヒントがそこに宝のようにつまっていて本当に助けられました。
有難うございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(99)(英語)

2021年10月07日 13時17分52秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(99)(英語)

●英語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

仕事の都合上、海外の講師をお呼びすることがあります。
はじめて来日される方もおられますが、複数回来られている方もおられます。
その中で、”どうして日本人は地方によってお箸の持ち方が違うの?””神社に連れて行ったもらったけど、なぜ建物が赤い色なのか?”という事を聞きました。
観光には連れて行ってくれるけど、説明がかなり不十分なようでした。
せっかく来日していただいたのに、彼らの質問に答えられるようになりたいと思いました。

②第1次筆記試験

英語(自己採点:60点?)

ハローの動画学習コーナーと音声学習コーナーを活用させていただきました。
できるだけ毎日”英語診断テスト”をやり、覚えられない単語、間違えてしまう構文をノートに書きだし、覚えられたら消すという事を行いました。
それと同時に関連性のある単語や似たような構文もノートに書きだして勉強しました。
和文英訳と英文和訳には自信があったのですが、それを2つも間違えてしまいました。
特に英文和訳は問われている分だけではなく、その前後も丁寧に読まなくてはいけないと再認識しました。
大問の一つが長文読解なのですが、文章が長く、ここ数年出ていなかった語句整序問題が2問出ていました。
これに焦ってしまい、時間配分が狂ってしまいまいました。
自己採点したところ、番号を間違えてチェックし箇所があったようです。落ち着いていたと思うのですが、かなり焦ってしまったようです。苦手な問題を見つけても焦らないようにすることも大事だと痛感しました。

<無料音声学習コーナー>

<英語力診断テスト>
http://www.hello.ac/guide/clinic/index.php

<ハロー英語道場真剣勝負>
http://www.hello.ac/study/

「日本的事象英文説明300選」(本+CD)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(免除)国内旅行業務取扱管理者資格取得

<日本歴史>(自己採点:67点)

物語としての歴史は好きなのですが、勉強としての歴史は苦手でした。
ハローのマラソンセミナーを聞いて勉強しました。その中で、歴史を勉強としてとらえず、
人間ドラマとしてとらえる事にしました。そうする事で苦手意識がなくなった気がします。
暗記カードアプリはスマホに入れて、空いた時間に見ていました。
問題の内容ですが、写真問題は2問でした。観光に関する歴史の問題というよりは純然たる歴史の問題がほとんどでした。
マラソンセミナー資料と傾向と対策を活用することが大事だと思います。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(自己採点:25点)
観光白書を読み込み、傾向と対策を利用しました。植山先生の数字の覚え方が役に立ちました。
時間のわりに問題数が多いように感じました。悩んでいる時間がないのでケアレスミスもありました。ある程度の速読力が必要なのかと思いました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(一般常識)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

<令和2年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(要旨版>)
http://hello.ac/2020.hakusho.youshi

<通訳案内の実務>(自己採点:40点)
観光庁研修テキストと傾向と対策で勉強しました。
一般常識と同じで時間が短すぎると思いました。問題数は20問なのですが、選択文の文章が長いのが多く、
少し悩んでしまうと時間が足らなくなります。見直す時間はありませんでした。ハローの傾向と対策と観光庁研修テキストが役に立ちました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
勉強の仕方が変わりました。合格のための勉強なのですが、好奇心を刺激してくれる教材だと思います。
来年も1次試験を受けると思いますが、楽しんで勉強することを教えていただいたので来年も頑張れます。

④第2次試験に向けての<決意表明>
少しは自身があったのですが、ケアレスミスをしていたようです。
2次試験に進める自信はありませんが、来年に向けて今日から勉強します。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
無料で貴重な資料ありがとうございます。
傾向と対策はとても使いやすく、直前にとても役に立ちました。1人でまとめるのにはどう考えても不可能な事柄を見やすくまとめていただいて本当に感謝しています。
これからもよろしくお願いいたします。
毎回徹夜で資料を作成なさっておられるとの事、お体には十分お気を付けください。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(98)(ドイツ語)

2021年10月07日 12時55分19秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(98)(ドイツ語)

●ドイツ語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

学生時代に、語学が好きで通訳になりたいとおぼろげながら思うものの語学の試験だけではなく他の学科もあることや新卒で通訳案内士で食べていくのは厳しそう、ガイドが自分のやりたいことなのか?等々で受験せず。
時が経って数年前、縁あってインバウンド関連の仕事に従事。(現在退職)
インバウンドの仕事が楽しかった事、同僚に通訳案内士試験を勧められた事、その同僚にハローの存在を教えられ、専業主婦になり時間の余裕ができたことや「ハローの教材があれば試験を突破できる」と受験に踏み切りました。

②第1次筆記試験

ドイツ語(免除)

<日本地理>(自己採点:93%)

今年から試験時間が短くなるということで「ついでに出題傾向までもが変わっていたらどうしよう」と思い、(杞憂に終わりましたが)また地理は合格ラインが一般常識や実務と比べて高いこともあり、重点的にやりこみました。
日本地理を深くやったことが無かったので、マラソンセミナーでまずは基礎となる土台を作りました。
過去問を1998年分からやり、近年五年分は2~3周しました。
出題傾向が昔と違う部分もあるのでこんな昔のはやらなくていいのではないかとも思いましたが一般常識ほど出題傾向が大きく変化していないので、今の傾向にも合致した問題を意識して解きました。
と言いつつも、出題傾向は変わることもあるので、過去のような問題がでてもうろたえないように一応理解はしておきました。
ハローの白地図をノート代わりに、自分が知らなかったことをガンガン書き込みました。
マラソンセミナーや傾向と対策の動画を繰り返し、家事の合間にもヘッドホンで聴きこみました。
市販の「旅に出かけたくなる地図」、郷先生おすすめの「知図帳」、も活用しました。
去年出なかった地域を重点的にやる、というヤマのかけ方だと、ヤマが外れて理解の薄い地域が出た時ののダメージが大きいので「自分がどこの地域が弱いか」白地図ノートを見返したときに沢山書き込みがある地域=自分の弱いところと認識し、総復習はそこを重点的にやりました。
白地図が書き込みだらけになったところを復習を沢山した結果、出題されたのでよかったです。
また、過去問を一番古いものからやっていたせいで最近の出題傾向をギリギリになって把握し、外国の「日本○○ランキング」にひっかけた問題がちょこちょこ出てくるので本番前に焦ってネット検索しました。
何事もそうですが直前でやると焦りにつながるので、やるなら時間に余裕のある時が良いと思います。
今年はミシュランの三ツ星に引っ掛けたのとオリンピックで東京都に引っ掛けたからか?
高尾山が出題されて、よかったです。
今まで「こんなところに外人観光客が行くんですか?」という出題内容が多かったですが、近年は一応、外国人観光客が興味を示しそうなところを少しピックアップしてるんだなと思いました。
余力のある人は目を通した方が良いかと思います。
暇なときはスマホばかりいじっているので<Flashcards Deluxe>は本当に役に立ちました。机に向かう気分ではない時に、スマホに触る際にはなるべくついでにやるようにしました。
愛知のレンガ倉庫?は初耳で奇問でしたが、勘でなんとか解けて助かりました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(免除)

<一般常識>(自己採点:65%)

ハローの傾向と対策動画と資料、観光白書。
地理の郷先生がおすすめされていた知図帳の時事問題解説部分、そして小学生の息子の塾が中学受験向けに配信しているニュース解説動画。
(社会の先生が配信しているので、おまけのコーナーに「ご当地富士」「日本の半島をめぐる」「ふらっと観光名所散歩」などもあり、地理対策にもなっていました。)
一般常識、去年は統計からのオンパレードでしたが、今年はコロナによる混乱が長引き特に外国の統計が少ない、二年以上前の物だったりしたので今年は統計はあまりでないのではないか、統計ばかりやっていると山を外すと思い、少し手を広げました。
SDGsは中学受験だけでなくあちこちで耳にするので、17の内容を覚えていたところ読みが当たりました。ただ、そのせいで観光白書R2年版の読み込みが浅くなっていたことは反省点です。
R3年度版は読み込んだのですが、、、そして、コロナのせいで当面観光業界は日本人観光客頼みになる事から日本人の国内観光に関する統計も労力をかけて覚えていたので、結果外れて時間の無駄でした。
自己採点ではギリギリ受かっていますが、ケアレスミスが無いことを祈るばかりです。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

<通訳案内の実務>(自己採点:65%)
一番楽勝と思っていた学科だったので、なめていたのが結果に出ました。
地理や一般常識は選択肢が単語でポンと書いてあることが多く、知っている事なら瞬殺できましたがこちらは選択肢が長い文章でトリッキーな書き方をしているので、後でテキストを見返してみても答えがまだわからない箇所があるくらいです。5は②なのか④なのか、6は②なのか③なのか、どちらでもよいのか、(過去にはどちらを選んでも正解。という問題もあったような)当落線上にいるので解説とともに誰かに教えていただきたいです、、、
時間の足りなさにうろたえて、読み込めば取れる問題を落としてしまったように思います。
自己採点であぶりだせなかったケアレスミスが出てきたらこの科目は落としそうなので、落ち着かないです、、

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
全て役に立ちました。
一般常識のマラソンセミナーだけは、出題傾向が大きく変わっていることもあり今回深く見ておりませんが、過去問対策だけでは不十分なところを先生の傾向と対策がちょうどよく補完してくださり、またブログに掲載されている先輩方の体験記も、やる気がなくなってきたときに見て非常にモチベーション維持に役立ちました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
特に実務がネックで落としそうなので二次に進めるかわかりませんが、「落ちたと思っていたら実は受かっていたので、二次対策はそこから始めたのでとにかく時間が無かった」という体験談をどこかで聞いたことがあるので、すぐに取り掛かりたいと考えています。
が、ドイツ語は対策教材などもほぼないので、こちらに体験記を寄せてくださっていた方の情報から 日本の観光庁のドイツ語サイトやドイツ語の日本の情報サイトを見て、日本をドイツ語で説明する訓練をしたいと思います。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
先生の長年のノウハウを惜しみなく分け与えていただき、本当に感謝しております。チャレンジしようかなという自分の気持ちに蓋をしたまま生きてきましたが、先生がその蓋を開けてくださったように思います。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(97)(英語)

2021年10月07日 12時38分55秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(97)(英語)

●英語(プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者、旧生徒)

①受験の動機

主人の米国赴任で20年近く生活し、10年前に帰国しました。そろそろ子育ても終わりに差し掛かり、これから自分の為に時間を使おうと思っていたところ、職場の同僚に勧められ受験を決めました。

②第1次筆記試験

<英語>(自己採点:40点)

1問目に時間がかかり焦りました。
問題4は全滅してしまい、英語で一般常識を聞いているので、一般常識もしっかり勉強しなければと思いました。今回は、時間が取れず殆ど英語の準備出来なかったので、来年はTOEICで免除になるようにしたいと思います。

「日本的事象英文説明300選」(本+CD)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(自己採点:60点)
今年こそ地理を合格したいと思い、マラソンセミナーに一番時間をかけたのですが、覚えたつもりが多かったです。フラッシュカードデラックスは、通勤時や隙間時間使え重宝しました。
次回は直前対策と都道府県地図帳をもっと徹底的にやろうと思います。過去数年、文学作品と作家と地名や北海道が出ていましたが今年はありませんでした。沖縄、西表島や小笠原も出るかと思っていましたがヤマが外れました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(免除)

<一般常識>(自己採点:32点)

昨年より数字が少なくなり、傾向が少し変わったと思います。対策は直前にハローの「傾向と対策シリーズ」の資料とYouTubeで勉強し、必ず出てくると思われる統計の数字を覚えました。
資料が要領よくまとめられており、それを覚えればよいので助かりました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<通訳案内の実務>(自己採点:34点)
試験の直前に、ハローの「傾向と対策」の資料とYouTubeで勉強しました。
問題分析で観光庁研修テキストのどのページを参照するかと重要度により、短時間にとても効率よく勉強できました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
勉強時間がなかなか取れず、その中でも家事をしながらや、通勤時間でマラソンセミナーは何回も何回も聞くことができ耳で覚える事ができました。
傾向と対策は、大事なところがきっちり効率的にまとめられており総仕上げができました。
メールを2週間前、少々焦りを、、、前日、当日と、その時々に合わせ精神的にもサポートしていただき、本当に有り難かったです。

④第2次試験に向けての<決意表明>
今年は残念ながら2次試験にはたどり着けませんでしたが、来年の2次試験対策として、少しずつ準備を始めて行きたいと思います。
また、TOEIC、歴史検定、国内旅行業務取扱管理者など受験していきたいと思います。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
ハローの教材、マラソンセミナーで準備し、特に試験前に傾向と対策の資料とYouTubeで焦点を絞って勉強できるのが有り難いです。
徹夜で作成してくださる植山先生のお身体が心配です。感謝しかありません。
教材やYouTubeだけではなく、メールでの精神的なサポートまで、本当に至れり尽くせりで感謝しております。
くれぐれも、ご自愛いただきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(96)(英語)

2021年10月07日 12時28分04秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(96)(英語)

●英語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

20年前にアメリカいた事があります。滞在時、日本の事をあまり伝えれなかった事が常に頭の中にあり、後悔に似た気持ちが、常にあります。この資格試験を通して、日本を再確認し、今後は外国の方に日本の事を上手く伝えていきたいと思っています。

②第1次筆記試験

英語(免除)

<日本地理>(自己採点:74点)

ハローの無料教材をフル活用して、対策しました。
主に都道府県別地図帳に、自分なりに書き加えて、観光地などの場所をイメージして、勉強しました。できるだけ勉強している場所に行きたくなるようにイメージして、勉強しました。ただ、場所などのイメージがまだ曖昧な所が多くて、実際にテストで出題された群馬県の温泉地についての問題は「もっとしっかり覚えておけば良かった。」とテスト中、悔しさが残りました。また、名物料理などはほぼノーマークだったので、自分の知識の中で消去法で解く事になりました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<日本歴史>(自己採点:78点)

一昨年と昨年のテストで落としてしまい、日本歴史が私にとっての鬼門でした。特に、昨年度は前半に忠臣蔵について出題され、普段あまりテレビを観ない私にとっては、難しく、出鼻をくじかれた思いで、焦りが全面に出てしまい、ケアレスミスを連発させてしまいました。その様な反省から大河ドラマになる様な歴史の物語には注意して、対策を取った1年でしたが、今年はその様な問題の出題はありませんでした。
今年の問題は前々回や前回と違い、易しくなっていたと思います。ですので、私にとっては解きやすい問題が多くありました。特に選択肢の中に二つの項目があり、一つだけでも分かれば、もう一つの項目が分からなくても解答できる問題がいくつかありました。
植山先生が(どの講義かは忘れましたが)講義の中で言っておられた、「二次元的ではなく、立体的に歴史を捉える」と言われていた事が印象に残り、人の名前や事象を覚えるだけでなく、その周りにあった事情などに興味を持つ様にして、歴史を自分で楽しめる様に勉強しました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

<一般常識>(自己採点:26点)
一昨年前のテストで、主に過去問と植山先生の教材での対策で大きな苦労なく、合格してしまったので、今回も安易に考え、主に観光白書の要旨版のみの学習で対策しました。しかし、2年前の印象とは違い、問題を何度も読み直したりして、消去法で、じっくり考えないと分からない問題ばかりでした。

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi 

<通訳案内の実務>(自己採点:27点)
一昨年にサッと観光庁研修テキストに目を通しただけで、問題無く点数が取れていたので、今年もその調子でしか、対策していませんでした。しかし、以前とは全く違い、なんとなくの理解では解けない問題が多くありました。また、選択肢が単語の選択ではなく、文章になっている物ばかりでしたので、選択問題を解く為に必要な消去法でじっくり解いていると、時間がたりませんでした。時間が半分くらい過ぎてからその事に気づきましたが、気づくのが遅く、焦る事すらできませんでした。。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
おんぶにだっこで、至れり尽くせりのサービスありがとうございます。役に立った事を挙げるときりがありません。無料でいただいた資料は今後も永久保存版で、大切に保管し、試験のためだけで無く、様々な機会に役立てて行きます。ありがとうございました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
不合格なのは明らかですが、来年度の2次試験のためにも、これから年末にかけて、2次対策の学習をしてみようと思います。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
3回目の挑戦で、今回も不合格になってしまいましたので、不合格体験記になってしまいましたが、来年度の合格に向けて、心を新たに、がんばって行きます。植山先生の弛まないご指導が鏡となって、この不屈の挑戦が継続できると思います。失敗にこそ今後の大いなる成功の種が隠されていると信じ、継続して挑戦していきます。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(95)(英語)

2021年10月07日 12時10分25秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(95)(英語)

●英語(プレミアムメルマガ会員、旧生徒)

①受験の動機

昔試験を受けましたが一次試験(当時は英語のみ)で不合格でした。そのまま受験し直すこともなく過ごしていましたが、今回たまたま植山先生のブログを見つけ、一級に合格していたので英語が免除になるなら、と、しかも教材も無料で提供してもらえるなら、と再チャレンジを思い立ちました。
(ドラマ 『ドラゴン桜』を見て、自分もまた何かに夢中になりたい、思いっきり知識を吸収したい、あの頃のように…と、昔ガイド試験を受けた時のことを思い出し、また挑戦することにしました)

②第1次筆記試験

英語(英検一級により免除)

<日本地理>(自己採点:52点)

(勉強方法)
受験を決めたのは7月でした。地理歴史系は知識がなく、全く得意ではなかった(むしろ嫌いでした)ので、2か月ちょっとで合格レベルまで持っていくのは無謀なのはわかっていましたが、できることを一生懸命やって楽しもう、そしてその楽しんでいる姿を小学生と中学生の息子たちに見せようと勉強に取り組みました。参考にならずすみません。

隙間時間や家事の時間にマラソンセミナーの解説をスピーカーで流して聞き、また空いた時間にテキストを読み、ハローの項目別地図帳、都道府県別地図帳を印刷して テキストの内容を書き込んだりしました。国立公園、国定公園等も位置をマークしました。

その次に植山先生の傾向と対策の音声ファイルを聞き、資料に目を通し、よく知らない項目のリンク先にはいちいちとんで説明を読むようにしました。
(反省)マラソンも、そして傾向と対策も、何度も繰り返せば定着して良かったでしょうが、正直自分のレベルでは基礎的な知識がなさ過ぎて手が回りませんでした。
情けないですが、マラソンのテキストの内容を浅く広くざっと頭に入れるのが限界でした。
実際に旅行したことがあったり、親戚や友人が住んでいる等でもないような土地のことはウィキペディアでちらっと読んだくらいでは私のレベルでは頭に残りませんでした!世界遺産は気合いを入れてやったので記憶にも残っています。

植山先生が傾向と対策でおっしゃってたように、今後勉強するときは、観光雑誌などを買ってきて旅行のプランを立てたりしながら深く濃い情報を能動的に取り入れるようにすれば、結果的に短時間のうちに効率よく、得た情報が体と脳に染み込んでいくんじゃないかなあと思いました。また、日頃からいろんな方面にアンテナを張っておくことも当然大事ですよね(地理以外の科目対策にも言える当たり前のことかもしれませんが)。その上で傾向と対策の内容を繰り返して一つの情報をもとにいろいろと波及させて自分のものにしていけば無敵なんじゃないでしょうか。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<日本歴史>(自己採点:68点)
(勉強方法)
マラソンセミナーを2回ほど聞いて、全体像をつかんだあと、傾向と対策の音声を聞き、過去に出た項目などのリンクを一つ一つチェックしました。基本的な歴史知識のレベルが低すぎて、調べることが多くてめげそうになりましたが、そんなときは植山先生の音声を聞いて、資料を眺めて、精神を落ち着かせていました。
ただ、定着させるにはやはり繰り返させないといけませんね。
歴史もやはりあれこれ欲張って焦って手を広げすぎず、マラソンと傾向と対策の内容のみに集中して自分なりに深くほりさげていくだけで、今回の試験なんかは余裕で合格点を叩き出すことができたんだと想像します。こんな点数の私が申し上げるのはなんですが、ほぼ中学までの知識で終わったままぐうたら人生を歩んできた人間が、2か月ちょっとでここまで歴史を理解できて、歴史好きかも、と思うまでに至ったのは ハローの教材と楽しく聞かせていただけた音声、マラソンセミナー動画のおかげです。今回の試験で正解できなかった問題も多いですが、初見の用語はほとんどありませんでした。例年の様に難問奇問珍問オンパレードではなかったからかもしれませんが、ハローの教材だけでバッチリだという意味がよくわかりました。定着さえさせていれば、、、と悔いが残ります。

(反省)フラッシュカードは、試験直前まで手をつける余裕がありませんでしたが、試験前の1週間は、寝る前に○個、朝起きてすぐ○個と根性で決めて取り組みました。頭のなかでバラバラだった知識が整理されてとても良かったので、最初から無理やりでも少ない数でも定期的にやればよかったと思いました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(自己採点:29点)
(勉強方法)
傾向と対策のリンクをチェックしていました。マラソンセミナーは一巡したのみ。観光白書は通読一回ですが、マーカーで色をつけながら読みました。わからない用語や、出そうだなとにおうテーマはネットで調べましたが、これもまた、2度、3度繰り返して追い込めばよかったなあとおもいました。
ノートにまとめていた数値関係はわりと正解できました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6

<マラソンセミナー>(一般常識)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

<通訳案内の実務>(自己採点:23点)
(勉強方法)
傾向と対策と研修テキストのみ使いました。リンク先をチェックしました。研修テキストはキーワードにマーカーで色をつけながら 一回目を通しました。やはりこちらも、一回では自分には不十分すぎました。試験直前まで見直しましたが、やはり、細かいところで迷ってしまうことが多かったです。何度も読んで頭に入っていさえすれば即答出来たんだと思います。悔いしかありません。
ノートにまとめて自分なりに整理して何度も見直した数値関係の問題は正解できました。
すべてにおいて自分なりにまとめノートなどをつくればよかったですが、時間が足りませんでした。今後もし受験するとしたら、そうします。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
ハローの教材は無敵でした!
あれこれ手を出さず、ひとつの教材を何度も何度も繰り返し、確実に自分のものにする根気と努力が必要だということが受験していやというほどよくわかりました。
そして、それにはハローのありえへん教材以外は必要ないこともよくわかりました。
旧生徒である自分は受ける前からわかってましたが、再認識しました。

又、自分は、過去問を解くのは基本的な知識のレベルが上がってからにしよう、、、と言い訳して後回しにしてしまったのですが、植山先生が傾向と対策の中でおっしゃった通り、まず敵を知ることが全ての始まり!ですので、早い段階でできるだけ多くの過去問チェックに取り組むべきです!問題の傾向をつかむのはもちろん、自分の実力を思い知るという意味でも避けては通れないものだと思いました。

<日本史の時代区分と各文化の特徴>は、とても役に立ちました。広く浅く知識をどんどん詰め込んでいく過程で、時々振り返って頭を整理して全体を俯瞰できたのは有難かったです。ちゃんと暗記できているかを確認するのにも非常に役に立ちました。キーワードが絶妙に、整然と書かれていて、今回の自分の点数はさておき、日本史が理解できて、面白いと思えたのはこのような資料と、それを解説してくださる植山先生や講師の先生のお話しがあったからだと思います。ありがとうございました。

ちなみに、植山先生の語呂合わせは、ストーリーがあっておもしろかったです。自分も、数値や年号に限らず、地理の名称や場所なども何でも語呂合わせを駆使して覚えるコツのようなものを身につけました!楽しかったです!ありごとうございました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
この二ヶ月ちょっとの間、脳をフル回転させて、情けないことに結構苦しかったので、来年もチャレンジするか即答できませんが、受けることになりましたら、今回出来なかったこと、やればよかったとおもったことは早めに取り組みます。そして、またありえへん教材を利用させていただきたく思います。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
最強無敵のセミナー動画と傾向と対策のおかけで、途中逃げ出さず、投げ出さず(笑)に試験日までやり通すことが出来ました。
今後また受験することになりましたら、また植山先生の神教材を使わせていただきたく思います。
ありごとうございました。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(94)(スペイン語)

2021年10月07日 11時57分25秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(94)(スペイン語)

●スペイン語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

本職は日本語教師です。以前スペイン語圏の友人がツアー客を案内して来日したとき、手伝ったことがあり、相手に合わせてガイドする楽しさを知りました。コロナが終わったら、日本に行こうと手ぐすね引いている、オンラインクラスの学習者のおもてなしをしたい、と勉強開始。去年2次で失敗して3年目です。そして4年目突入確定。残念。

②第1次筆記試験

スペイン語(自己採点:?点)

今回、筆記がなくてまず唖然。日本語の字面が大増量。そして選択肢にある紛らわしい日本語の読みこなしに時間がかかりました。それに、語彙の定義の西語訳がWikipedia の和文ベース。それを知らないとスペイン語が分かっても解けない。総じて、ああこれは一般常識の試験で、スペイン語の試験ではない、と思いました。
その割にはDELEくさい、文章挿入問題が出たりして、テストとしての質は劣化。とてもじゃないけど、免除規定のDELEC1には及びません。これで質の担保ができるのだろうかと、いささか不安になりましたが、おかげで、たぶんパスしてると思います。
勉強としては、普段からDELE対策している上に、Amazon audible のIntroducción de la cultura japonesa 聴きまくりです。「日本的事象英文説明300選」のスペイン語訳は「DeepL(何語にでもかなり的確に訳してくれるアプリ)」で去年作っていたので、それを常にオンラインレッスンで、発話するようにしていました。

「日本的事象英文説明300選」(本+CD)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(自己採点:85点)
易化しましたね。普通になりました。
お寺の数が一番多いのが京都じゃなくて、愛知だなんて知りませんでした。受けてよかった、と思えるテストでした。
1ヶ月前くらいからは、ひたすら名称と位置の確認に努めました。それまでは、「旅に出たくなる地図帳」や「ブラタモリ」、京都奈良の寺社仏閣巡りとユルイ対策でした。しかしながら、2年前助けられたブラタモリの徳島に、また助けられるとは!それから「西の京」は実際歩いてあの通りだったので、幸いしました。間違えたのは、苦手な北関東。直前にも見たのに、四万温泉は残りませんでした。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<日本歴史>(免除 昨年合格)

<一般常識>(自己採点:32点)

こちらも、より「一般」に近づきましたね。人口動態など、いい設問だと思いました。ということで、本当に世間のニュースに通じてないと解けない問題が半分くらいのイメージです。
観光白書完全版は1週間前ぐらいから、何となくタブレットで眺めていました。分量多すぎて、やる気が出なかったからです。印刷した要旨版の方は、楽しく読めていたのですが。やれば取れるこちらの点は、法令に出てくる用語を確実に覚えてなくて、割と落としました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

<令和2年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(要旨版>)
http://hello.ac/2020.hakusho.youshi

<通訳案内の実務>(自己採点:24点)
涙の24点です。本当に法令、弱いです。そして嫌いだからあまり勉強していませんでした。そこへ、20分で7ページの法令関係の文書読まされるのは、かなり時間的にキツかったです。時間があったら見直せて取れただろう分が3点ありました。それでも足りない部分は、随分前にやった過去問の繰り返しを怠ったせいです。数字忘れていました。順番忘れていました。全部過去問に出てるのに。悔やんでも悔やみきれません。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf

③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
傾向と対策をは羅針盤でした。何度も何度も読み返しました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
来年、歴史と実務必ず取ります。そして去年不安だらけだった2次に、余裕で臨めるよう、スペイン語も続けます。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

資料だけで勉強は完結しません。他の方の情報、先生のフォロー、それらを統合するお力があってこその「あり得へん」サービスだと実感しています。先生、ずっとお元気でいらしてください。私が合格できるまで!

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(93)(イタリア語)

2021年10月07日 04時49分10秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(93)(イタリア語)

●イタリア語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

合格している友人知人から試験について聞き、今までの経験が生かせる職業ではないかと興味を持ちました。

②第1次筆記試験

イタリア語(自己採点:70点台?)

過去問に取り組み、海外の方が興味を持ちそうな日本事情などを自分なりに訳したり、新聞記事も定期的に読みました。
常に触れていることが大切だと実感しました。
筆記がなくなり全て選択肢から選ぶマークシート方式になり、翻訳問題など逆に難しい面もありました。

<日本地理>(自己採点:80点台?)
植山先生の決定版資料や地図と共に「旅に出たくなる日本地図」も活用しました。
<特訓1800題>で間違った問題をチェックし何度もやり直しました。
過去問に取り組みつつ出題予想をして調べたり、行ったことのない場所があまりに多かったのでその都度地図上で確認したことはとても良かったと思います。
河川や温泉については試験前夜に一通り見直しておいて助かりました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<日本歴史>(自己採点:80点台)
植山先生の決定版資料をベースに、高校講座日本史やテレビの歴史番組も利用しました。<特訓1800題>も地理同様に何度もやりました。
過去の出題と比べると今年はある意味歴史の試験らしい内容だったように思います。2つ、もしくは3つ言葉を空欄に入れる問題はどれか一つでも知っていれば正答が分かるものもありました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと

何よりも各教科の決定版資料がすばらしく、勉強しやすいようにまとめてあって本当に助かりました。
これをベースに勉強の範囲を広げていくことができました。
メルマガも配信してくださる度に情報が頂けて刺激になりました。
ありがとうございました。

④第2次試験に向けての<決意表明>

自己採点が合っていればいいのですが…。結果はどうあれ、自分にとっても役立つことなので今のうちから少しずつ準備を始めようと思っています。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

いつも植山先生の熱意には敬服いたします。第2次試験の情報も楽しみにしております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(92)(英語)

2021年10月07日 04時41分52秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(92)(英語)

●英語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

コロナ禍で家で考える事多くなり、この機に英語をもう一度やろうと思いました。そこで行政の国際ボランティア(語学補助)に登録しました。しかしながら 観光案内もコロナ禍でなかったものの語学研修がZoomで行われました。
登録すると同じような志の方々に会えると思ったからです。
仲間は大切であり、情報交換ができたらと思ったからです。
災害時の語学研修の中で ちょっとした雑談で「通訳ガイド士を目指しています」という方に対してどなたかが「私は直近で合格しました」という方が居ました。
「なにかあれば 区の方を通してメアドを教えてもらい、後日情報提供しますよ」というご婦人がいらっしゃいました。
その時はまさか受験することになろうとは思っていなかったのですが、そこがきっかけです。
通訳案内士になるというよりはこの資格を取ることにより日本の事を英語で説明できるようになりたいと思ったからです。

②第1次筆記試験

(英語)免除

<日本地理>(自己採点:55点)

他校に通いました。
後で見直すと良く分からず、ハローの音声とテキストを利用しました。
地理は今年合格したかったですが惨敗。
もう一度丁寧に勉強し来年に臨みます。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(自己採点:73点)
歴史は諦めていていたので最後は勉強しませんでした。
最初はFacebookでの交流会でムンディ先生の日本史を見ました。
黒板の板書のスピードが本番の授業のスピードなのでフルタイムで働いているので速度を上げて聞きました。
Facebookの交流会の方は4回聞いたとおっしゃっていたのですがその方は専業主婦でしたが、もう少し効率よく勉強できないものかと以下を探しました。
ムンディ先生は年代が無く流れを説明してくれますのでいいです。
テキストも売っています。
https://mundisensei.com/lesson-videos-japan/

NHKの高校講座 日本史 (2回)
https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/nihonshi/

HULUの日本歴史漫画 (2回)(電車の中で)

トライ予備校
https://www.try-it.jp/chapters-12394/lessons-12395/

(こちらもムンディ先生同様文化史と分かれていていいです。)
いかにも今どきの予備校の先生で大手予備校が編集しているのでコンパクトにOHPと板書を上手に使って無駄なく編集されています。
褒めて育てるトライ式。漢字の書き間違いなど筆記試験に対応できるように 大きく書いてくれたり覚えるコツを声に出して繰り返してくれたり、事象を高校向けに例えてくれたり とても分かりやすいです。
こちらも速度を上げて見ました。

お金を掛けない、という方もいますが、私はどうしても字面では理解できないので図録も買いました。
https://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E5%B7%9D-%E8%A9%B3%E8%AA%AC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E5%9B%B3%E9%8C%B2-%E7%AC%AC8%E7%89%88-%E6%97%A5B309%E6%BA%96%E6%8B%A0-%E8%A9%B3%E8%AA%AC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E5%9B%B3%E9%8C%B2%E7%B7%A8%E9%9B%86%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A/dp/4634025280

高校時代は世界史選択だったので本当に苦手で、もちろんハローも聞きました。傾向と対策で年代を表にしたものはわかりやすかったです。
歴史は2級を受けようかと思っていましたがまさかの自己採点クリア。
逆に地理が全く歯が立たず、1科目目、もっともっと勉強しなさい、という事ですよね。
例年珍問も多かった歴史がよりシンプルに外国人に対して知っていれば最低限の問題になったのは喜ばしいですね。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(自己採点:29点)
1点届かず、残念。
他校の講座を受けていました。勿論ハローもです。
今年はかなり毛色が変わりました。
ハローのごろ合わせなどルーズリーフ1枚に前日に書いて直前まで見ました。
MICEの問題はよく読んでおらず、焦る自分の性格を直さなければと思いました。本当に反省です。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

<通訳案内の実務>(自己採点:30点)
転記が間違っていなければギリギリです。
さあ、天は味方するでしょうか。こればかりは書類を受け取らなくてはわかりません。
先生が相場は相場に聞け、でしたか過去問をよく見るようにおっしゃっていたのと今年は試験持ち帰りですから白黒はっきりしている問題しか出ないという事でパラパラ見ました。
すると前半は読む問題が多いですが後半はベジタリアンや宗教の事などぱっと読んでぱっと答えるものが多いので後半から始めようと決めていました。
丁度中学受験の国語の問題は最後が漢字だったり四字熟語、ことわざだったりでこのパーツから始めるのがふさわしかったりするからです。
これもエッセンスをルーズリーフ1枚に書いて直前まで見ました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
傾向と対策は素晴らしかったです。
動画も一通り見ました。
傾向と対策は2021年版はでるのかなー。でも間に合わないな、と2020年版を買った直後に2021年版がでたので続けて買ったりもしました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
来年に向けてでありますがハローで2次対策のZoomレッスンを計画していると聞いていますので参加したいと思います。
また「日本的事象英文説明300選」はテキストCDも素晴らしいので電車の中で聞いています。暗唱できるまで頑張ります。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
お1人でやられているバイタリティーに敬意を表します。
昔から新聞に小さく広告が出ていたハローとこんな形で出会えるとは思っていませんでした。
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
こちらも少しバージョンアップが出来ればと思います。

メルマガも文字の下にリンクを付けるのではなく、先生がテキストになさっているように文字自体にリンクを貼るようにしていたけるとありがたいです。
正直メルマガも短い時代になっています。
Facebookを充実させて 見に行きたい人がそこに見に行く形にしてもどうかと思いました。
ラインなんかもいいですよね。
https://www.linebiz.com/jp/

無料で説明にも来てくれるようですよ。
時代に合ったTune upに微力ながらお手伝いできればと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(91)(英語)

2021年10月07日 04時29分11秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(91)(英語)

●英語(メルマガ読者、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者

①受験の動機

通訳ガイドという職業に興味をもって資格を取りたかったので。

②第1次筆記試験

<英語>(免除)昨年合格
<日本地理>(免除)

<日本歴史>(自己採点:75点)

かなり前には、合格したものの、ここ数年あと少しのところで合格点に届かず。もともと歴史には興味があり、得意科目であったので自信はあったが、過去の試験が地理的な知識も必要とされ、太刀打ちができなかった。
今回は比較的問題がスタンダードであり、よい問題がだされた気がする。
日本歴史の傾向と対策を徹底的に勉強したおかげで、自身の弱点なども良くわかり、しっかりとカバーができた。
また、地理と連動させて、必ず、地図もチェックしていった。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

<一般常識>(自己採点:5~6割)
残念な結果でしたが、観光白書を読んだにも関わらず完璧に読みこなせなかったこと。自分の得意分野に関しては知識を備えていたものの、こちらの一般常識に関しては、完全に裏を突かれてしまったようだ。少ない問題の中で、もっと冷静になりポイントをおさえた勉強が必要であった。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

<令和2年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(要旨版>)
http://hello.ac/2020.hakusho.youshi

<通訳案内の実務>(免除)昨年合格

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
植山先生、先生の音声ファイルはいつも楽しく聞かせていただき大変役立ちました。教材も適格な所を押さえていただき、無駄はありませんし、歴史、一般常識ともに再勉強をさせていただきありがとうございました。残念ながら一般常識試験はおそらく不合格になると思いますが、今年の反省を来年に活かして再挑戦しますね。ありがとうございました。

④ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
試験会場や昼食をとった場所で、ハローの資料をもった方が真剣に勉強されていたのを見ました。
ハローのファンは本当に多いですね。今後ともよろしくお願いします。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする