全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

FRB地区連銀の総裁2人が辞任表明 金融商品売買で批判

2021年10月02日 16時34分52秒 | ●経済問題
全国通訳案内士試験とは直接関係ありませんが、国際通貨マフィアの一員である米国連銀の二人の総裁が、「利益相反」の株取引で批判され辞任したとの驚きニュースが飛び込んできましたのでご紹介いたします。(植山)

●FRB地区連銀の総裁2人が辞任表明 金融商品売買で批判
米ボストン連邦準備銀行のローゼングレン総裁とダラス連銀のカプラン総裁は27日、任期途中で辞任するとそれぞれ表明した。
米国では12の地区連銀の上位に連邦準備制度理事会(FRB)があり、FRBによる大規模な金融緩和が実施された2020年に、両氏が金融商品を売買していたことが資産公開で明らかになり、批判を浴びていた。  
カプラン氏は20年に、FRBで金融政策を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を持っていた。両氏は20年に不動産投資信託(REIT)や株式を売買しており、それぞれFRBの倫理規定を順守していると釈明し、保有する金融商品を売却すると表明した。
だが、「利益相反」との批判が強まり、FRBのパウエル議長は倫理規定の見直しを指示していた。  
辞任はローゼングレン氏が30日付、カプラン氏が10月8日付。理由についてローゼングレン氏は健康問題を挙げ、カプラン氏は自身の投資問題が「FRBの金融政策の妨げになる懸念がある」と説明した。両連銀とも後任が決定するまで副総裁が暫定総裁を務める。

 
●本記事に関してご感想をお聞かせいただけると嬉しいです。→ info@hello.ac

以上
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(64)(英語)

2021年10月02日 15時16分46秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(64)(英語)

●英語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者、旧生徒)

①受験の動機

会社の仕事では満たされない何かを探し求めていた頃、この資格にたどり着き、一時、阿佐ヶ谷校でお世話になりましたが、当時の自分にはあまりにもハードルが高く、受験は断念。しかし、社会人生活を通じて日本の良さを世界に発信する事の大切さを感じ、昨年より今一度の挑戦を開始。とはいえ、過去問を見るに、とても1回で5科目を合格、というのは今の自分には無理を思い、この試験の免除制度を活用し2年計画を策定。
今年は2年目の受験となります。

②第1次筆記試験

(英語)(免除:昨年合格)

昨年受験し、幸いにも合格できました。短期集中でハローの教本Aを動画共にこなしました。
当時は自宅にプリンターも無く、コンビニ活用にも限度があり、ハローのコピーサービスを活用しましたが、植山先生の素早い対応のおかげで、申し込みの翌日か翌々日に資料が届き、即開始できました。感謝しております。
また、過去問を自己分析し、英語の構文での細かい意味の差異が肝と考え、英文法を基礎からやり直しました。

<第1次筆記試験問題>(記述式ではなく、基本は四択の試験なので、何が問われるのかを確認しました)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<無料動画学習コーナー>(教本Aの動画を活用しています)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

ハローの教材以外では、市販の英文法の本を基本版と大学入試レベルと2冊ほどこなしました。

<日本地理>(自己採点:75点)
昨年は無防備に受験し玉砕。旅行は大好きな自分ですが、考えてみると、高校卒業以来、数十年間に渡り、勉強はおろか、地理への関心も低く、これは厳しいというか、自分には無理かな、と半ば諦めかけました。
今年はハローの<特訓1800題>から始めましたが、あまりにも基本が出来てないと痛感し、気を取り直し、まずは過去問を眺めるところから始め、過去問の出題内容を年度毎にハローの白地図に整理してみました。
すると、なんとなくではありますが、植山先生が傾向と対策で述べられている事が理解できてきました。

次に試験で問われる項目と47都道府県でのマトリクスをPCの表計算ソフトに整理してみました。(^^;;大変)
そして昨年の問題文の中で多用されていた、観光資源という観点で各都道府県ごとに整理し、自前の地図帳を作成。
今回学んだのは、このように手を動かすと、記憶の片隅に作業映像が残り、その残像が試験でも役に立ちました。
しかし、最も効果的だったのは、先生の直前のメッセージ「最後の1分まで!」であり、最後の5分での見直しで、あ!と気がつき、少なくとも2問は救われたと思われます。ありがとうございます。

<第1次筆記試験問題>(過去問を5年分並べて見てみると、項目別とか地域別とかに傾向を感じます)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>(知識に抜け漏れがないか?確認に使いました)
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳> (追加で、名山100、名瀑100、温泉100、名水100とか整理してみました)
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳> (最近の出題傾向は県別なので、最後はこれで整理するのに活用しました)
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<特訓1800題>を使い倒せ! (まず、自分の実力を知るのに役に立つと思います)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! (映像の記憶は残り、役に立ちます)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

ハローの教材と資料以外では、多くの方が合格体験記で述べられた本を数冊購入して読んでいます。
県別のまとめ本、地図帳+アルファの本、国立公園の本、城の本、日本遺産の本など、通常の書店にあるもの。

<日本歴史>(自己採点:70点)
歴史も高校卒業後、一度も勉強もしておらず、大河ドラマも観ず、歴史に縁もない生活でしたので、昨年の受験時には、お手上げ状態で、どうすればこんな問題に回答できるのであろうか?と悩みました。
まずは免除制度活用で、この試験を夏に受けず、冬の間に終わらせる作戦で、大学共通試験に臨みました。
この時は、高校生用の教科書と、ハローの資料、長岡先生のマラソンセミナーを活用させていただきました。

結果、なんとか及第点を確保でき、喜んだのも束の間。今年の受験概要を見て落胆しましたが、共通試験対策で基礎はできていると信じ、あとはハローの傾向と対策とフラッシュカードを頼りに学習。
歴史も、出題項目毎にPCの表計算ソフトに整理し、最後はこの自作年表をお守りにし、試験会場へ。
ここでも植山先生の最後のメッセージ「最後の1分まで!」で、試験開始直前の時間でたまたま目にした傾向と対策で得た記憶で、2問ほど助けられた様に思われます。ありがとうございます。

<第1次筆記試験問題>(共通試験の歴史とは異なり、地理と関係ある歴史問題だと理解できます)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>(いきなり全部をと思わず、できるところからやるのが良いかと)
http://www.hello.ac/2021.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)(雑談含め、時代の流れを掴むのに役に立ちました)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<Flashcards Deluxe> (電車の中でも使えて便利、降りる駅を忘れずに!)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5453925522e7fc930961b9911dac446a

<日本史の時代区分と各文化の特徴> (試験対策もあるが、ガイドに必要な知識が整理されていると思います)
http://hello.ac/timeline.pdf

ハローの教材と資料以外で版、高校の教科書、図録、大学共通試験対策本を読んでいます。
TV番組も録画してみる様にしていますが、役に立つ番組も多くあります。

<一般常識>(自己採点:60点)
昨年も受験していますが、不合格でした。やはり、業界の当たり前が、日常での経験値と異なるので、合格に向けては、兎に角、旅行業界の常識としての知識を増やすしかないと理解しております。
とは言え、過去問を分析された植山先生作の傾向と対策を見れば、白書を読みこなす事で十分に対処できる、という事が明確に見えている科目なので、安心して白書と傾向と対策に専念しました。

ただし、今年は20分で20問という時間との戦いもあり、即断即決できるまでの正確な知識が求められ、ちょっと時間的に厳しく、見直し時間が不足したせいか、基本的な問題を間違えたような気がして残念です。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>(基本はこの資料に集中しました)
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<令和3年版「観光白書」(完全版)>(こんな情報もあるのか、と理解)
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>(決定版の補足で活用)
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

<令和2年版「観光白書」(完全版)>(こんな情報もあるのか、と理解)
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(要旨版>>(決定版の補足で活用)
http://hello.ac/2020.hakusho.youshi

<通訳案内の実務>(免除:昨年合格)
昨年、ハローの傾向と対策の資料だけを頼りに学習し、合格できたこと、感謝しております。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
まずは、植山先生の日々のサポートに感謝申し上げます。ただでさえ、コロナ禍でいきぐるしい日々であり、この資格試験のハードルの高さに心折れそうな時に、メルマガや資料で植山先生の熱を分けていただくことで、学習を継続し、いつの日か、合格を勝ち取る日が来るのではないかと、思えることができる事がありがたい限りです。
2年掛で取り掛かっておりますが、ハローの教材のおかげで1年間での自身の進化を感じることができます。
試験に際しても、先生の直前メッセージや資料のおかげで、今年も前進できているように思えます。

④第2次試験に向けての<決意表明>
これまでの一次試験の対応で、日本の地理と歴史への関心が高まり、この感覚を失わないように、日常的に地理と歴史の情報収集に努めたいと思います。また、それを英語で言う事も併せて念頭におきたいと思います。
考えてみると、地理と歴史は、この国の発信すべきコンテンツであり、その素晴らしさを再認識しています。
これらを発信する仕事に就くことは、意味深いものであること、改めて感じております。
11月11日まで、無心で待ちます。もしも合格となれば、この機を逃さず、全力で頑張ろうと思います。
2次試験に向けては、引き続きハローの教材を活用させていただきたいと考えております。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
改めて、ハローが提供してくれている教材や学習ノウハウは長年の積み重ねもあり、即効性もあるし、万全な対策だと思います。あとは、自分がどこまで活用できるか、それだけなのだろうと思います。
先生が音声ファイルでも言われてましたが、「これで駄目ならダメなんです」はその通りだと思います。
例年のご支援、そして日々のサポートに、重ね重ね御礼申し上げます。

以上


以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(63)(英語)

2021年10月02日 14時24分02秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(63)(英語)

●英語(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

15年以上趣味で英語の勉強を続けていて以前は仕事に英語を活かせていたのですが、コロナ禍で主婦になって時間ができたため、今まで興味を持ってこなかった地理や歴史、日本文化を勉強してみようと思い受験を決意しました。

②第1次筆記試験

(英語)(免除)

<日本地理>(自己採点:79点)

マラソンセミナー(2回見ました)と傾向と対策で勉強しました。フラッシュカードデラックスを試験2週間前くらいから毎日20分くらいやって、わからなかったところはGoogle Mapで場所をWikiで特徴を調べました。

試験は食べ物の問題がマイナーで難しかったです。消去法と勘で選んだものが外れていたらダメだと思いましたが、帰宅して採点したら大体当たっていたため大丈夫でした。
高尾山のとろろそばは以前高尾登山に行った時、何軒か見かけたことがあるような気がしたので正解を導き出せました。
盛岡のじゃじゃ麺は消去法で選びました。五箇山地域を代表する食品では豆腐と納豆両方ありそうで迷いました。また、半田赤レンガ建物で復刻販売されている飲み物も聞いたことがなかったので赤レンガのイメージからビールを選びました。
大問題1題の中の、小問題4〜5問のうち、曖昧か知らないものが1つか2つある感じでした。

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(自己採点:91点)

マラソンセミナーと漫画日本史で流れを掴み、傾向と対策のリンク先を1.5ヶ月くらいかけて確認し、理解を深めました。
試験は幕末からたくさん出ました!
幕末と明治が元々わかっていなかったのですが、今年は渋沢栄一関連で必ず出るなと思い、傾向と対策の資料&音源と同時進行で下記で理解を深めました。
・幕末関連の本を一冊Audibleで聞く
・漫画日本史(江戸から明治まで)を読む(3回目)
・幕末〜明治関連の重要人物・事件のWikipediaを最初から最後まで読む

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<一般常識>(自己採点:35点)
マラソンセミナーと観光庁テキスト、傾向と対策で勉強しました。
試験は設問の一問一文が長く時間が足りなくなりそうで焦りました。文化観光推進法、お寺の数、空港の出入国を管轄する省、日本版MaaS、世界自然遺産院登録勧告する機関の略称はI have no ideaで当てずっぽうで答えました。

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(一般常識)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<通訳案内の実務>(自己採点:40点)
観光庁テキスト、傾向と対策で勉強しました。
試験は設問の一問一文が長く時間が足りなくなりそうで焦りました。また日本語が難解で、問題を読んでいる途中で混乱しました。

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
日本史と地理、一般常識のマラソンセミナーは基礎固めにお世話になりました!特に地理は2回視聴しました。傾向と対策シリーズはなんといっても一般常識が大変役立ちました。もしこちらがなかったら何を勉強したら良いのかわかりませんでした。また地理と歴史のフラッシュカードデラックスも隙間時間に知識の確認をするのに役立ちました。難しい問題が多いので、あれが完璧にできればどんな難問が来ても大丈夫ではないでしょうか?

④第2次試験に向けての<決意表明>
1発合格に向け今日から勉強を開始します。
・日本的事象英文説明300選の暗唱
・時間を測ってプレゼンの練習

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
いつもありがとうございます。ハローのメルマガが刺激になってペースを崩さす勉強をし続けることができてます。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(62)(中国語)

2021年10月02日 14時14分58秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(62)(中国語)

●(中国語)(
プレミアムメルマガ会員、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者、)

①受験の動機

他人と差別化できる外国語能力ですが、それを証明できる公的資格が欲しくて受験しました。

②第1次筆記試験

(中国語)免除

<日本地理>(自己採点:67点)

勉強のペースをつかむために一般論を書いた参考書を読みながら、ハローの教材で重要ポイントを確認しました。<特訓1800題>は気分も変わり、ゲーム感覚で使えるので良かったです。今回で2回目の受験でしたが、「仕上げる程度」がまだつかめていなかったようで残念ながら不合格。あと1問が遠かったです。来年再挑戦です。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<日本歴史>(自己採点:80点)
基本的に地理と同じで歴史の勉強のペースをつかむために一般論を書いた参考書を読みながら、ハローの教材で重要ポイントを確認しました。気分転換にゲーム感覚で特訓1800題を活用しました。試験には運不運がつきものですが、今年のテスト内容は私にとって難問ではなく、どうにか合格ラインは確保できました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<一般常識>(自己採点:27点)

地理・歴史と違い何を勉強してよいのかわからなかったので、ハローのアドバイスに従い観光白書を勉強しました。今回で2回目の受験でしたが、地理と同じく「仕上げる程度」がまだつかめていなかったようで、あと一問が遠くて不合格。敗因は私の甘さにつき、アドバイスを忠実に守って完成度を上げていれば合格していたと思います。来年再挑戦です。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2020.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和2年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2020.hakusho.kanzen

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
これだけの内容の情報を無料で提供して頂いて頭が下がる思いです。

④第2次試験に向けての<決意表明>
昨年に引き続き、今年も1次試験で敗退したので2次試験に進めませんが、来年こそは1次試験を突破できるように頑張ります。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
私はハローの恩恵にあずかるだけの存在であり、感謝の気持ちしかありません。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(61)(英語)

2021年10月02日 14時07分37秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(61)(英語)

●植山先生

いつもお世話になっております。
1次レポートをお送りしますのでご査収下さい。
1次試験パスは難しいところかと思うのですが、いずれ口述は受けることになるので、
気持ちを切り替えて2次の勉強に取りかかろうと思います。
よろしくお願いいたします。

●英語(プレミアムメルマガ会員、メルマガ読者、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

病気療養のため休職しているのだが、だいぶ動けるようになってきたので、区切りとして何か本格的に勉強したいと思った。通訳案内士試験は以前から興味があったが、まとまった時間が取れなかったので、この機会に腰を据えて勉強することにした。学習期間は1カ月半ほどで、体調のいい日に限られたが、ハローの教材に出会えたおかげで、効率よく勉強することができた。無料なので怪しむ人もいたようだが、私はハローが阿佐ヶ谷にあった頃から知っていたので、全幅の信頼を寄せて勉強した。
本番では思いがけず、通訳実務で苦戦した。過去問でそこそこ点数を取れていたので、勉強が甘かった。戦略を間違えてしまったように思う。

②第1次筆記試験

(英語)英検1級で免除

<日本地理>(自己採点:70点)

ハローの教材にたどり着く前に、ネット上の合格体験談で評価が高かった市販の教材を勉強した。確かにこれも良かったのだが、これ1冊では足りなかった。
ハローのことを知ってからは、ハローに絞って勉強した。
<傾向と対策>の資料と音声ファイルで勉強し、地名が出てきたら都度、「旅に出たくなる地図(日本)」(帝国書院)で確認した。記憶に残すため、同地図には蛍光ペンで色をつけたり、どういう場所なのか説明を書き込んだりした。成層火山などの地形についてはマラソンセミナーテキストで確認し、また高校生向けのYouTubeも見て理解を深めた。フラッシュカードもダウンロードしたのだが、時間がなくてできなかった。
今年、植山先生が重視していた、「神宿る」宗像・沖ノ島と関連遺産群と「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」については、<傾向と対策>で勉強し、それぞれの地元が作成したYouTubeの番組も見た。宗像の方は、日本語字幕付きの英語版もあった。英語だけだと頭に残りにくいが、日本語字幕付きであれば英語の方が集中して見るためおすすめだ。
特産品やご当地キャラなど、観光に関係ありそうなものは、普段から興味をもって見ておくことが必要だと思った。また大きな川はどこからどこまで流れているか確認するようにアドバイスがあったのに、全部を見きれないまま本番を迎えてしまったことは後悔している。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<日本歴史>(自己採点:78点)
自分にとって一番の難関が日本歴史だった。大学受験では世界史選択だったため、高校の授業でもあまり理解しないままやり過ごしてしまった。ハローの<傾向と対策>をやってみたが、基礎力がなさ過ぎて今ひとつピンとこなかった。
そのため急がば回れで、全体の流れをつかむ勉強に一旦切り替えた。マラソンセミナーをプリントアウトして、倍速で聞いて勉強した。またより流れを重視したテキストとして、「超速!日本史の流れ」「超速!日本文化史の流れ」(ブックマン社)を合わせて読んだ。残念ながらこの2冊の著者は若くして亡くなられ改訂されることはない。ただ通訳案内士試験で、今と昔で大きく学説が異なるような内容は出ないと思い、わかりやすさを重視してこれらテキストも使った。
これら正統派の勉強の他に、るるぶやまっぷるも活用した。まっぷるの方が歴史などの説明が充実していると感じたが、手に入るものならどちらでもいいと思う。たくさんの写真付きの観光案内で楽しく覚えられた。通訳案内士になったら、自分もこういうことを説明するんだとワクワクしながら読み進め、記憶にも残った。
またどうしても勉強をする気になれないときは、「詳説日本史図録」(山川出版社)やハローのフラッシュカードをパラパラと見ていた。どんなに疲れていても、スマホはダラダラと眺めているものだ。その時間を、少しでも勉強に充てようと考えた。

通訳案内士試験の歴史の範囲は、基本的に高校レベルの日本史だ。マラソンセミナーの出典にも山川の日本史が入っている。そういう意味では、範囲は膨大だ。ただ試験で問われるのは、このうちの本当に重要で基礎的な部分ばかりなので、何が出るか検討もつかないという科目でもない。また高校生向けに大量に参考書や問題集が出ているので、時間さえ確保できれば勉強はしやすい。やり始めれば面白い科目でもあるので、他の受験科目との兼ね合いで、歴史の勉強にはまりすぎないようにした方が良いと思った。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(自己採点:28点)
この科目は本当に何からやっていいのか分からず、途方に暮れていた。ハローの<傾向と対策>以外には何も手をだしていない。観光白書も<傾向と対策>に掲載されているところ以外は読んでいない。
観光白書くらいは全ページ目を通しておいた方がいいのだろうかとか、現代用語の基礎知識の学習版や新聞ダイジェストあたりは読むべきかと悩んだ。ただこれらをやり始めると膨大な時間がかかってどつぼにはまりそうだったので、手を出さなかった。
合格できるかぎりぎりの点数だが、ここまでこれたのはハローのテキストと、新聞を毎日読んで、うろ覚えでも頭に残っているものがあったおかげだと思う。正式名称や管轄官庁を意識して調べる癖をつけておけば、余裕を持って合格点を超えられたはずと思っている。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<通訳案内の実務>(自己採点:21点)
通訳案内の実務は一番やってしまった科目だ。過去問をやった限りでは、常識から見ておかしい、明らかに正解はこれしかないという選択肢が多く、高得点も取れていたため、なめてしまっていた。あとから見れば、今年の問題も今まで出た分野から大きく離れてはいない。ただ今までよりも正解っぽい選択肢が増えて、常識でわかるという問題ではなくなったように思う。過去問で出た箇所はこれでもかというくらい読んで、まとめて、空で唱えられるくらい勉強しないと正解にたどり着けないと思った。
勉強は<傾向と対策>しかやっていない。過去問で出た部分は観光庁研修テキストも読んで確認してはいたものの、丸暗記するくらいまでマスターしなければならないと思った。問題が難化して、細かいところまできちんと暗記しておく必要があると思った。
 
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
傾向と対策、動画含めて、ハローの教材は、通訳案内士試験に的を絞っていて、大変効率的に勉強できた。地理や歴史は高校で習っているが、通訳案内士試験で聞かれることは学生時代の勉強とは違うため、遠回りをせずにすんだ。歴史のマラソンセミナーの動画で、先生が「これとこれとこれを結びつけて覚えられるといいですね」とたびたび言われていて、4択方式の勉強方法が分かった気がする。

④第2次試験に向けての<決意表明>
まだ1次がダメだったと決まったわけではないので、気持ちを切り替えて精一杯頑張ります。ハローのテキストに賭けて合格します。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
いつもお世話になっています。数日前、前日とメッセージまで送って下さり、学生時代の学習塾に通っているようで励みになりました。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(60)(英語)

2021年10月02日 13時59分56秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(60)(英語)

●(英語)(プレミアムメルマガ会員)

①受験の動機

英語の通訳〔マンション管理説明や賃貸物件紹介等〕をしたことがあるものの、とくに英語関連の専門性もなく、英語の資格などもなかったので、きちんと人に「通訳です」と名乗りたくなったため。
また、日本の良いところを、多くの人に伝えることができれば、残りの人生が良く送れるのではないかと考えたため。

②第1次筆記試験

(英語)(免除)

<日本地理>(自己採点:70点)

方向音痴で地理問題がめっぽう苦手で、地図の読み方は滅茶苦茶な私でしたが、1月からハローの教材を読み進めて、試験の日まで来ました。
試験問題を見たときは、写真問題もなく、訪日外国人が興味のあるテーマでもなく、東京都内や大阪市内、京都など、本当に人気のある場所についての問題でもなかったので、頭が真っ白になりました。試験を作った人は、ガイドラインを読んでいないと怒りさえおぼえましたが、自己採点をしてみると、ぎりぎりの70点。
一応、合格点は取れたものとして、2次試験の勉強を始めます。
こんな無茶な問題でも、70点を取れたのは、ひとえにハローアカデミーの教材のおかげだと思います。
ハローの教材は、王道の内容で、実際の試験問題の変なものとは違うという心配があったのですが、きちんと王道の勉強をすると、勘も働くのだと、つくづく実感しました。
PDF教材を読んで終わりにせず、リンクしてあるものは、すべてクリックして、読み倒しました。
覚えにくいものはノートに書き留めたりしました。
ほかに、旅行代理店の観光パンフレットをもらってきて、それを読んだりもしましたが、基本、ハローの教材が中心でした。ほんとうに70点で合格してるといいなと祈っております。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(自己採点:81点)
歴史は知っている、得意と自負していたのですが、ハローのマラソンセミナーを受けると知らないことだらけと気づかされました。穴を埋めるべく、youtubeで話題のヒストリアムンディ先生の日本史も受講し、ノートを作成しました。
他に、TV番組で日本史っぽいテーマのバラエティや対談、ドキュメンタリー、はたまた、ねこねこ日本史などの子供向きのものまで、かなりの数を視聴しました。
8月からは、ハローの傾向と対策を隅々まで読み、リンクしてある箇所もすべてクリックして、読み倒しました。
実際の試験は、例年どおり、通訳の試験として必要なのか疑問なものだらけでしたが、これも地理の学習の時のように、勘が働いたためか、81点を取ることができました。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.his.pdf

<日本歴史>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<一般常識>(免除)
<通訳案内の実務>(免除)


③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
すべて役立ちました。役に立たないものを探すのを難しいくらいです。
昨年は、英語の勉強は、

<ハロー英語道場真剣勝負>
http://www.hello.ac/study/

「日本的事象英文説明300選」(本+CD)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

を覚えるくらい真剣に学習して合格したので、もし英語で悩んでいる方がいれば、この二つを強く勧めます。

④第2次試験に向けての<決意表明>
おそらく、日本地理と日本歴史は合格し、2次にすすめるものとして、
今日から2次に向けて、学習します。
昨年、「日本的事象英文説明300選」を覚えるくらい音読したのですが、
またこの本を音読したいと思います。
家族も応援してくれています。内心は音読の声がうるさいと思っているのでしょうが、気にせず、合格に向けて、がんばりたいと思います。
プレミアム会員なので、その情報も楽しみにしています。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
植山先生、このような素晴らしい情報と教材を、ほんとうにありがとうございます。
先生の情熱と慈悲は、まるで日本の歴史に時々出てくる謎の賢人(困った村人をすごい知識で助けてくれる人)のようです。
その好意に甘えるだけではなく、合格して、先生の期待に答えたいと願っています。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(59)(英語)

2021年10月02日 13時50分24秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(59)(英語)

●植山先生

地理と実務を受けましたが、基本的な問題と難問が入り混じっていた様に感じました。特に実務の問題文字数が多く、慌てないようにと思いましたが焦ってしまい、結構誤答してしまいました。

●英語(プレミアムメルマガ会員、メルマガ読者、動画利用者、教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機

英語を勉強して行く中で、何か関連する資格を取得してみたいと思い、免除目当てでセンター試験の日本史・現代社会の受験から始めてTOEICへ、今年度初めて通訳案内士試験の受験を申込ました。

②第1次筆記試験

(英語)免除

<日本地理>(自己採点:80点)

特産品の問題は全て難しかったです。
堀辰雄の著作からの問題も難しく、阿蘇熊本の問題も簡単ではなかったと思います。親戚の住む岩手、地元の群馬、勤務先の東京の設問が出てラッキーでした。

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<日本歴史>免除
<一般常識>免除

<通訳案内の実務>(自己採点:38点)

問題文の文字数が多く、じっくりと読んで解いて行ったら解答は終えられたが、見返しの時間が3分位しか取れませんでした。
基本的な知識に加えて、国語力も必要とされる問題だったと感じました。
ヒンドゥー教のNGの鰹節の一語に気付かず、誤答。
クーポンの減員処理の問題は選択肢が6つ有る事もあり、迷って誤答。
IIT、CIQと細かい知識も問われたように感じました。

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.jitumu.pdf
<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f
<観光庁研修テキスト>
http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
傾向と対策は大変役立たせて頂きました。
地図も活用させて頂けば、四万温泉と草津温泉の場所を間違えずに済んだと反省しています。

④第2次試験に向けての<決意表明>
2次試験対策は後回しにしてしまっていたので、これからの短い期間で「日本的事象英文説明300選」を中心に取り組みたいと思います。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

沢山の試験対策、資料等を無料でご提供して頂き、感謝しています。
前日のメールと音声を思い出して、当日会場で落ち着いて受験する事が出来ました。ありがとうございます。また宜しくお願い致します。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(58)(英語)

2021年10月02日 13時43分14秒 | ●2021年度第1次筆記試験<1次レポート>
2021年度第1次筆記試験<1次レポート>(58)(英語)

●英語(
プレミアムメルマガ会員、教材利用者)

①受験の動機

数年前から観光ボランティアをしています。
自分が日本のことをろくに説明できないことがわかり、勉強して外国人旅行者に日本の理解を深めてもらいたいと思いました。

②第1次筆記試験

英語(免除)
<日本地理>(免除)
<日本歴史>(免除)

<一般常識>(自己採点:27点)

今回の試験は観光に特化してあったと思います。
自分が不確かにしか覚えていなかたことや、細かい部分が出て、虚を突かれた感じで、たくさんまちがいがありました。
自分の勉強は、一般常識といわれる、文化、社会事象、政治、経済など日頃から新聞、ネットで調べてノートにまとめたりしていましたが、ほとんど出題されていませんでした。
観光白書は、要旨版だけにしたので、オリジナル版を読むべきだったと思いました。
合格点に届かず、残念です。

<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2021.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7feb2fa08f40d78cc1f200f23260cd6f

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

<令和2年版「観光白書」(要旨版>
http://hello.ac/2020.hakusho.youshi

<通訳案内の実務>(免除)

③ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと

植山先生の内容の詰まったすばらしい教材を、無料で公開してくださっているので、これまでも、とても助けられてきました。
講演会は、現場ならではの臨場感があり、やる気や活力をいただきました。
そして、メルマガにはいつも励まされてきました。
また、勉強するうちに日本がとても好きになりました。
本当にありがとうございました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
今回は残念ながら、一般常識で合格点に届かず一次敗退です。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
ハローのメルマガを通して、志を同じにする方々と交流できる場があり
ガイド試験が身近に感じられました。また、再起したいと思います。

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする