全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(29)(英語)

2020年11月17日 13時15分47秒 | ●2020年度第1次筆記試験<合格体験記>
2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(29)(英語)

●英語-(メルマガ読者、セミナー参加者、動画利用者、教材利用者)

①受験の動機

学生のころから英語が好きで、大学も英文科に入りましたが、その後就職した会社では英語は使わない業種で、10年ほど英語から離れていました。
第2子の育児休業中、ふと思い立ってオンライン英会話を始めましたが、勉強の目的が見いだせずにいました。
その時にネットサーフィン中この資格の存在を知り、私のセカンドキャリアとして天職に違いないと感じました。
大学時代、10か国以上を旅をして、現地でいろんな人に出会い、とても素晴らしい経験を各国でしました。
「民間の外交官」として、私が恩返しできること、またセカンドキャンドキャリアは好きなことをしたいという考えもあり、何よりずっと英語を勉強してきた目的をやっと見つけられたということで2019年3月から勉強を開始しました。
英語はTOEICで800点取っていましたが、免除の点数に達しておらず、初年度の2019年は全科目を受けました。

②第1次試験対策

<英語>(76点)

初年度は、40点でした。TOEICに慣れていたため、単語や訳の選択問題、並べ替え等不慣れで,過去問を解く中で自分には基礎が足りないと感じました。
私は普段英語を使うことはないので、経験知識ともにレベルが低いにもかかわらず、初年度はほかの科目に時間を取られ、過去問を解くのみで挑み、結果は40点ほどでした。
20年度は、基準点を上回り76点でした。実施したことは以下です。教本に関して、演習問題に取り組みました。ここでは、直近の問題形式とあっていない部分もあったので、単語、文章に慣れることを目的としました。
「日本的事象英文説明300選」について、ここに出てくるものは読めば理解できるレベルまでとし、暗記するまでの時間はありませんでした。
300個の事象がありましたが、日本文化については(日本家屋のつくり、和室、茶室室内、神社、お寺の内部や境内にあるもの、茶道・伝統芸能で使う道具や歌舞伎等の舞台の名前など)、意外に知らないものが多かったので、名前を聞けば理解ができるよういろんな資料を参照しました。
参考にしたのは、「本:イラスト日本まるごと辞典」「ネットで日本の文化に関するページ」です。
単語の穴埋め、ならべ替えは、イディオムや重要構文、文法がポイントとなるので、学生時代のセンター試験参考書を引っ張り出して復習しました(即戦ゼミ3)。
過去問全体に関して、回答がないものや、解説が少なかったので、正直苦労しました。
特に、正しい訳を選択する設問に関して、文章を区切って少しずつ比較しながら消去法で選択肢を絞っていくという手法でコツを掴めました。当日まで全く自信はありませんでしたが、何とか合格点をとれました。
教材は、教本をすべてやりましたが、動画は見る余裕がありませんでした。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8
<無料動画学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<無料音声学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6e31df702f013d8b758d47dcb48ec919
<教本学習コース>【動画】→http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/d19c1040dd2c445f6793c75359611c69
<教本学習コース>【音声ファイル】→http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/db5f01d842bc6fc0a27f926335500449
<英語力診断テスト>→ http://www.hello.ac/guide/clinic/index.php
<ハロー英語道場真剣勝負>→ http://www.hello.ac/study/
「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(73点)
2019年に合格点をとれました。使った教材は、ハローのもののみです。
資料集も買いましたが見る余裕はなく、項目別地図帳にマラソンセミナー等の教材のポイントを書き込み、
マラソンセミナー、直前セミナーの資料に暗記ペンを引き、赤シートで隠してひたすら暗記しました。
2019年度は比較的難易度が低く、幸運と直前セミナー、その他教材で合格点が取れました。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/geo.kaitourei.2004.2019.pdf
<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.geo.pdf
・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/aYAtVJ574p0
・音声ファイル<mp3>版→http://www.hello.ac/2020.geo.onsei.mp3
<マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf
<都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(45点)

2019年は自己採点で不合格だったので、合格体験記を参考にし、すぐにセンター試験受験を決めました。参考書が充実していて、レベルも一定で対策が断然しやすいのでお勧めです。
センターは70点取れましたので免除獲得できました。
集中してやったのは1か月ほどです。参考書は自分が取り組みやすいものを一つと資料集の最後にある年表を別にコピーをし、時系列でつながるよう頭に叩き込みました。
この出来事人物等は参考書で、順序は資料集でという方法で、学生時代受験科目にもしなかった私ですが、合格点をとれました。
なお、第1次邦文試験対策<特訓1800題>はセンター試験でも役立ちますした。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/his.kaitourei.2004.2019.pdf
<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.his.pdf
・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/RWasJMYeYtc
・音声ファイル<mp3>版→http://www.hello.ac/2020.his.onsei.mp3
<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<Flashcards Deluxe> → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5453925522e7fc930961b9911dac446a
<日本史の時代区分と各文化の特徴> → http://hello.ac/timeline.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(40点)
ハローの資料のみで、2019年に合格しました。直前セミナーの資料を中心に、マークをし、赤シートで暗記する方法が確実です。先生を信じてほかの参考書は一切見ていません。
2019年の集合研修で先生がご自身の観光白書を回してくれて、マークをしている個所を教えてもらえたので、そこを自分の資料にもマークをし、重点的に覚えました。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/gen.kaitourei.2004.2019.pdf
<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.gen.pdf
・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/-doQ-9l6gOI
・音声ファイル<mp3>版→http://www.hello.ac/2020.gen.onsei.mp3
<マラソンセミナー>(一般常識)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105
<令和2年年度観光白書(要旨)→ http://hello.ac/2020.hakusho.gaiyou.pdf

<通訳案内の実務>(43点)
ハローの資料のみで、2019年に合格しました。こちらも先生を信じてほかの参考書は一切見ていません。
これのみ、直前の2週間ほど重点で実施し、合格点をとれました。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2018年・2019年)→http://www.hello.ac/jitumu.kaitourei.2018.2019.pdf
<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.jitumu.pdf
・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/MJxXvuWfsI4
・音声ファイル<mp3>版→http://www.hello.ac/2020.jitumu.onsei.mp3
<観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

④ハローのメルマガ、テキスト、動画、音声ファイル、アプリ、教材などで役に立ったこと
過去と比較し、傾向は違う部分がありますが、基本的なことはどの教科も教本を基本に学びました。
直近の傾向は、直前セミナーの資料(傾向と対策)からつかめたので、本当にハローの資料で十分合格点が取れます。
また、メルマガでもこまめな情報提供があり、またモチベーションアップにもつながり大変お世話になっております。

⑤第2次口述試験への決意表明
2次試験もハローの資料を信じ、これらのみで挑みます。正直不安になることもありますが、今までの1次合格突破を自信・モチベーションしています。
うれしい報告ができるよう頑張ってきます。

以上
コメント

2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(28)(英語)

2020年11月17日 12時40分23秒 | ●2020年度第1次筆記試験<合格体験記>
2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(28)(英語)

●英語(メルマガ読者、セミナー参加者、動画利用者、教材利用者、など)

①受験の動機

20代の頃、結婚前後に少し通っていた個人の英語塾の先生が、通訳案内士試験にチャレンジしていながら中々受からないと話しているのをお聞きしていました。
英文科を卒業しながらも自分の英語力にはあまり自信がなく、先生が目指している資格って一体!?と自分には近寄れないものと思っていました。
時は過ぎ、下の子が幼稚園に通っていた時、ママ友で帰国子女の方が通訳案内士の資格を持っていると聞き、詳しく聞いてみるとハローの通信教育で学んで受かったと聞き、教材などを見せていただきました。
ハローの教材では、文法や日本事象についての詳細な内容があり、拝見するうちに、日本人として日本の文化や歴史をキチンと学んだ上で、英語で伝えられる通訳案内士の仕事への憧れが一気に増していきました。
それでも、自信があるわけなく、英語力をまずは付けなくてはと英検にチャレンジしましたが、一級は歯が立たず、時間ばかり過ぎていくことにジレンマを感じ、とにかく前に進まなければ始まらないと、2018年に初めて受験しました。
初年はハローの歴史マラソンにハマり、日本史と実務のみ合格。
一般常識の試験が私には難しく感じられたので、同時試験は危険と思い、その年にセンター試験を申し込み、現代社会がギリギリラインの80点を取り、2年目に、一般常識を免除。地理は突破したものの、英語は69点で不合格で涙を飲みました。
3年目は免除が無くなる日本史を同時に受けたくなかったので、センター試験で日本史を受験し75点を取って免除対象資格を得ました。
そして、今年。英語と実務の試験を受験しましたが、試験問題が持ち帰れないし、手応えはあるような無いようなフワフワした状態だったので、とにかく前に進むつもりで試験が終わって直ぐに二次試験に向けて取り組み始めました。
コロナ禍で生活が一変する中、家族のこともケアしながら、モチベーションを保つのがしんどく、10月頃は一番やる気が中途半端になってました。
一次試験合格者の番号欄に自分の番号を見つけた時には腰が抜けそうになり、そして、嬉しさよりも驚きと不安が押し寄せました。
初めて進む二次試験。相変わらず英語力にはまだまだ自信はありませんが、ホスピタリティの心を胸に、出来る限りのことを取り組んで行こうと思います。
ハローに出会えたことで、濃霧がかかっている険しい目標への道に光を当てて頂き、勇気も希望も頂いています。まだまだ道半ばですが、精進いたします。

②第1次試験対策

<英語>(?点)

過去問と、「日本的事象英文説明300選」、市販の問題集を繰り返し取り組みました。

【使用した本など】
全国通訳案内士試験 英語一次、二次直接対策
英語で説明する日本の観光名所100選(語研)
ゼロからスタートEnglish
外国人がいちばん不思議に思う日本のくらし(Jリサーチ出版)
日本文化を英語で紹介する事典 (ナツメ社)

初めて受験した2018年は、長文読解の配点が低く、和文英訳や日本事象が一問5点、6点と高得点で、苦手な和文英訳でかなり点を落とし、残念な結果となりました。
翌年は後半から問題に取り組む作戦で臨んだものの、長文読解の配点が上がり、逆に後半の日本事象や和文英訳の配点が下がり、じっくり和文英訳を確認していたら、時間配分が狂い、長文読解を焦りながら読み進めてしまい、あと一点足らない69点で不合格となりました。
今年は満遍なく準備したつもりですが、自己採点が出来なかったので、結果を待つのみでした。
何点とれたのか分かりませんが、合格出来てホッとしています。もともと英語は好きなものの自信はないので、コツコツ取り組むことで成功に近づけるのだと実感しています。
まだまだですので、努力し続けます。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8
<無料動画学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<無料音声学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6e31df702f013d8b758d47dcb48ec919
<教本学習コース>【動画】→http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/d19c1040dd2c445f6793c75359611c69
<教本学習コース>【音声ファイル】→http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/db5f01d842bc6fc0a27f926335500449
<英語力診断テスト>→ http://www.hello.ac/guide/clinic/index.php
<ハロー英語道場真剣勝負>→ http://www.hello.ac/study/
「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(免除)
昨年合格し免除でした。
自分でガイドブックを作るつもりで、名産品や郷土料理、駅弁、温泉、滝、歴史的名所、観光名所、季節の花を楽しめる場所、クルーズトレイン、祭、世界遺産、有名な公園などなど、地図を見ながら写真などをスクラップしてイメージを膨らませながら覚えました。

【使用した本など】
旅に出たくなる日本地図(帝国書店)
巨大古墳の歩き方(宝島社)
JAPAN 外国人がどっと押し寄せる意外な日本の新名所200の地図帳(宝島社)
毎月送られてくるJAFの機関紙
JALの機関紙AGORA
絵本のようにめくる世界遺産の物語(昭文社)
一生に一度は行きたい京都の寺社100選(宝島社)

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/geo.kaitourei.2004.2019.pdf
<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.geo.pdf
 ・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/aYAtVJ574p0
<マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf
<都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(免除)

センター試験を2019年1月に受験し、75点取れました。本試験より素直な問題が多いので、やり易かったです。
試験対策には、赤本と解説本で勉強しましたが、毎日暇さえあればマラソンセミナーを聞いて、歴史の流れをストーリーを聞くように楽しみながら学ばせて頂きました。
文化が中々頭に入らなかったのですが、山川出版の資料集で写真を見ながらイメージで頭に入れていきました。
<Flashcards Deluxe>も、電車移動中などに活用させて頂き、見ながら覚えられました。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/his.kaitourei.2004.2019.pdf
<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.his.pdf
 ・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/RWasJMYeYtc
 ・音声ファイル<mp3>版→http://www.hello.ac/2020.his.onsei.mp3
<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<Flashcards Deluxe> → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5453925522e7fc930961b9911dac446a
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(免除)
2018年受験で、難しさを感じ、センター試験で現代社会を受験することにし、取り組みました。
免除点が80点なので、簡単には取れませんが、なんとかギリギリ80点を取ることが出来ました。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/gen.kaitourei.2004.2019.pdf
<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.gen.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<令和2年年度観光白書(要旨)→ http://hello.ac/2020.hakusho.gaiyou.pdf

<通訳案内の実務>(?点)
2018年に、植山先生のセミナーに参加させて頂き、その資料と観光庁研修テキストを一通り見ることで難なく合格しました。
2年目は免除でしたが、今年は再度受験。去年の問題を見ると、2018年よりかなり難しくなり、とにかく先生の資料を読み、再度観光庁研修テキストを読み、臨みました。
曖昧な記憶から迷う選択肢もあり、どの程度取れたか分かりません。合格していたことで、ホッとするばかりです。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2018年・2019年)→http://www.hello.ac/jitumu.kaitourei.2018.2019.pdf
<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.jitumu.pdf
<観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

④ハローのメルマガ、テキスト、動画、音声ファイル、アプリ、教材などで役に立ったこと
ハローのメルマガは、メルアドの関係か、時々受信できていないこともあるので、バックナンバーをチェックしています。
どの資料もリンクが張り巡らされて、あらゆる関連した内容を辿りながら勉強出来、感心しながら充実した学びをいただけました。
音声ファイル、動画は、家事をしながら聞いていました。2次に向けても音声ファイルを聞いたり、みなさんのレポートを拝見しながらイメージを膨らませています。

参考にしたURL
神社本庁→https://www.jinjahoncho.or.jp/en/index.html
JINTOの日本紹介英語サイト→https://www.japan.travel/en/in/

⑤第2次口述試験への決意表明
初めて2次に進めます。不安は尽きませんが、やっとここまで来たという気持ちです。月並ですが、一日一日を大切にして、ベストを尽くせるように努めます。

以上
コメント

2020年度第1次筆記試験<合格体験記><敗軍の将、兵を語る>の書き方

2020年11月17日 12時39分49秒 | ●2020年度第1次筆記試験<合格体験記>
2020年度第1次筆記試験<合格体験記><敗軍の将、兵を語る>の書き方

ハローの無料情報提供が、少しでも役に立ったとお思いの方は、①第1次筆記試験<合格体験記>、②<敗軍の将、兵を語る>を是非お寄せいただきたくお願い申し上げます。

匿名でハローの公式ブログに公開させていただきますので、「第1次筆記試験合格記念」にもなります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1次筆記試験<合格体験記><敗軍の将、兵を語る>作成、提出方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●必ず、メールの本文として、下記の件名、宛先にてご提出ください。

・件名:第1次筆記試験<合格体験記>(受験外国語)(氏名)、または、<敗軍の将、兵を語る>(受験外国語)(氏名)

・宛先:info@hello.ac

・①第1次筆記試験<合格体験記>は、下記の第1次筆記試験<合格体験記>の書き方を参考にしてお書きください。

・②<敗軍の将、兵を語る>は、ご自由にお書きください。

●下記を参考に、なるべく、編集が必要ない形式、文体にてお願いします。(私が一人で編集しますので。。。)

・2020年度<第1次筆記試験>合格体験記
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/8253cae43495bc25883da2e3e3ac95b5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1次筆記試験<合格体験記>の書き方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記全体をコピペしてお書きください。

     記

<基本情報>
●氏名:
●住所:
●電話番号:
●職業(任意):
●年齢(任意):
●受験番号:
●第1次筆記試験受験会場:

━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1次筆記試験<合格体験記>(本文)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●英語(メルマガ読者、セミナー参加者、動画利用者、教材利用者、など)

①受験の動機


 (ご自分の受験の動機をお書きください)

②第1次試験対策

<英語>(  点) → 免除の方は、免除とご記入ください。

 (ご自分の勉強法→合格体験をお書きください)

 (下記で利用したものを残してください)
 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8
 <無料動画学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
 <無料音声学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6e31df702f013d8b758d47dcb48ec919
 <教本学習コース>【動画】→http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/d19c1040dd2c445f6793c75359611c69
 <教本学習コース>【音声ファイル】→http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/db5f01d842bc6fc0a27f926335500449
 <英語力診断テスト>→ http://www.hello.ac/guide/clinic/index.php
 <ハロー英語道場真剣勝負>→ http://www.hello.ac/study/
 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(  点) → 免除の方は、免除とご記入ください。

 (ご自分の勉強法→合格体験をお書きください)

 (下記で利用したものを残してください)
 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
 <第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/geo.kaitourei.2004.2019.pdf
 <日本地理>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.geo.pdf
  ・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/aYAtVJ574p0
  ・音声ファイル<mp3>版→http://www.hello.ac/2020.geo.onsei.mp3
 <マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667 
 <項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf
 <都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
 <Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<日本歴史>(  点) → 免除の方は、免除とご記入ください。

 (ご自分の勉強法→合格体験をお書きください)

 (下記で利用したものを残してください)
 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/his.kaitourei.2004.2019.pdf
 <日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.his.pdf
  ・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/RWasJMYeYtc
  ・音声ファイル<mp3>版→http://www.hello.ac/2020.his.onsei.mp3
 <マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667 
<Flashcards Deluxe> → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5453925522e7fc930961b9911dac446a
 <日本史の時代区分と各文化の特徴> → http://hello.ac/timeline.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
 <Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(  点) → 免除の方は、免除とご記入ください。

 (ご自分の勉強法→合格体験をお書きください)

 (下記で利用したものを残してください)
<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/gen.kaitourei.2004.2019.pdf
 <一般常識>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.gen.pdf
  ・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/-doQ-9l6gOI
  ・音声ファイル<mp3>版→http://www.hello.ac/2020.gen.onsei.mp3
 <マラソンセミナー>(一般常識)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667 
 <特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
 <Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105
 <令和2年年度観光白書(要旨)→ http://hello.ac/2020.hakusho.gaiyou.pdf

<通訳案内の実務>(  点) → 免除の方は、免除とご記入ください。

 (ご自分の勉強法→合格体験をお書きください)

 (下記で利用したものを残してください)
<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2018年・2019年)→http://www.hello.ac/jitumu.kaitourei.2018.2019.pdf
<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.jitumu.pdf
  ・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/MJxXvuWfsI4
  ・音声ファイル<mp3>版→http://www.hello.ac/2020.jitumu.onsei.mp3
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

④ハローのメルマガ、テキスト、動画、音声ファイル、アプリ、教材などで役に立ったこと(必要に応じて、サイトのURLもご記入ください)

⑤第2次口述試験への決意表明

以上
コメント

2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(27)(英語)

2020年11月17日 07時12分46秒 | ●2020年度第1次筆記試験<合格体験記>
2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(27)(英語)

●英語(メルマガ読者、教材利用者)

①受験の動機

もともと旅行が好きでこの世界に関心はあったものの、自分の語学力では無理だと思っていたのですが、会社の仕事で英語を使わねばならなくなりやまれず猛勉強をしたところ、そこそこのレベルになったことと、昨今のインバウンドの波におされてチャレンジすることにしました。
まさかのコロナ禍で今後の見通しはつかないものの、人々の旅行への関心は不滅だと信じて、思い切って受験しました。

②第1次試験対策
点数についてはいずれも自己採点しておりません。地理が難しすぎて結果を諦めてしまい、まさかの合格で驚いております。

<英語>
地理の勉強を最優先にしたく時間がない中だったので、「日本的事象英文説明300選」をひたすら繰り返し読みました。
試験に出るものが多く、受験しながら喜んでいました。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8
「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>
業務の忙しい時期に重なったのであれこれ手を広げず決定版資料中心に読み込みました。
また自分で白地図をプリントしたものに、キーワードを書き込みしょっちゅう見直しました。
イメージを湧かせるために「旅に出たくなる地図帳」も都度見てどんなところかの画像をセットにしたのが効果的だったと思います。
ただ、受験後は間違えたところばかりが目につき、後付けでの感想です。

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.geo.pdf 
<項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf
<都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<日本歴史>免除

<一般常識>免除

最後のセンター試験で合格しました。高校生たちに交じって受験するのは恥ずかしかったですが、コロナ前に思い切って受験してよかったです。

<通訳案内の実務>
植山先生に<決定版資料>のプリントをお願いして、マーカーをひいてひたすら読み込みました。語呂合わせのおかげで各種数値は今でも頭に残っています!

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.jitumu.pdf
<観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

③ハローのメルマガ、テキスト、動画、音声ファイル、アプリ、教材などで役に立ったこと
<合格体験記>と過去問のとりまとめが参考になりました。<合格体験記>からは勉強法もさることながら、受験当日の雰囲気も垣間見れたのが良かったです。あとは、会場周辺の勧誘に気を付けるべしという注意書きも、事前に知っていてよかったです。おかげで当日心みだされずに済みました。

2019年度<合格体験記> 

⑤第2次口述試験への決意表明
まさかの一次合格で、諦めずに勉強しておけばと猛省中です。
短い期間ですが、できるだけのことはして当日は悔いのないようチャレンジしたいとおもいます。
今後一次にチャレンジする人には、自己採点はさておき、すぐ二次対策をするよう強くお勧めします。

以上
コメント

2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(26)(英語)

2020年11月17日 06時57分45秒 | ●2020年度第1次筆記試験<合格体験記>
2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(26)(英語)

●英語(メルマガ読者)

①受験の動機

2018年末から結婚に伴い、仕事を辞め関東から地方に移り住んだが、希望する職がある土地ではなく、自分はこの土地で何ができるだろうと考えるようになった。
そうした中で、観光資源が近隣にあることから観光に関わりたいと思うようになった。
また、それ以前から一人で海外へバックパック旅行をしたり、英語圏への短期語学留学を経験したりと英語の習得にも興味があったため、それらを組み合わせた資格として、通訳案内士の資格取得を目指すことにした。
また、インターネットで情報を探す中でハロー通訳アカデミーの各種情報を通じてインターネット経由でなら地方暮らしの自分でも合格を目指せるのではないかと思い、受験を決意した。

②第1次試験対策

<英語>(不明) →合格

最初に<英語力診断テスト>を受け、自分の実力がまだまだであることを確かめた。
そして<第1次筆記試験【問題】>を5年分解き、自分の弱点を検証した。
<無料音声学習コーナー>を利用しながら、文法の基礎から確認していき、「日本的事象英文説明300選」(本+CD)を時々読んだり聞いたりしながら、知識を頭に入れていった。
特にネックに思っていた、問題4,5については知識だけでなく、文法や言葉のニュアンスの違いを見分けることも不可欠だと考えていたため、市販の単語帳や文法書も常に学習するようにしていた。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8
<無料音声学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6e31df702f013d8b758d47dcb48ec919
<英語力診断テスト>→ http://www.hello.ac/guide/clinic/index.php
「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(免除)昨年合格

<日本地理>(免除)

昨年は過去問を5年分解き、第1次邦文試験対策<特訓1800題>も利用した。
特に山や川や池、地形や温泉地の名称などの知識が圧倒時に不足していることが判明したため<項目別地図帳>を利用し、単語帳感覚で記憶した。
また、間違えるたびに『旅に出たくなる日本地図』を見直し、周辺の名産や観光地の確認を行うようにした。
最後は植山先生が試験直前に出された予測資料に助けられた。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/geo.kaitourei.2004.2019.pdf
<項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf
<都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<日本歴史>(免除)昨年合格
昨年は過去問を5年分解き、<特訓1800題>も利用した。
小学館の歴史漫画を読みなおし、その後高校で使用されている日本史の教科書と資料集を読んで総ざらいを行った。
最後は植山先生が試験直前に出された予測資料でブラッシュアップを行った。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/his.kaitourei.2004.2019.pdf
<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.his.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<一般常識>(免除)昨年合格
昨年は過去問を5年分解き、<特訓1800題>もやってみたら、その年ごとにどういうものが出るのか検討もつかなかったため、<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>を熟読した。
また、メールマガジンで観光白書も重要なキーになると分かっていたため観光白書を熟読し、キーワードをメモするようにした。
また、ネットやテレビ、新聞の記事は注意深く読むようにした。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/gen.kaitourei.2004.2019.pdf
<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.gen.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<令和2年年度観光白書(要旨)→ http://hello.ac/2020.hakusho.gaiyou.pdf

<通訳案内の実務>(免除)昨年合格
昨年は、あるだけの過去問を解いた。
また<観光庁研修テキスト>の内容を頭に入れておけば大きく外れることはないだろうと踏み、メモを取りながらじっくり精読した。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2018年・2019年)→http://www.hello.ac/jitumu.kaitourei.2018.2019.pdf
<観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

④ハローのメルマガ、テキスト、動画、音声ファイル、アプリ、教材などで役に立ったこと
メールマガジンに掲載された、体験談や植山先生の資料はもちろんのこと今年はコロナという不測の事態の元で、私のようなどこの学校にも属していない人間にとっては試験の開催の有無も含めて最新情報を逐一アナウンスして下さったことがありがたかった。
完全な一人ぼっちじゃない、ということが安心感につながっていた。

⑤第2次口述試験への決意表明
正直、私の実力で二次試験を突破できるか分かりません。
ただ、この二次試験を全力で受験することが、結果はどうであれ次につながる突破口になると考えています。
なので、最善を尽くして最後まで全力できることをやろうと思います。

以上
コメント

2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(25)(英語)

2020年11月17日 06時44分08秒 | ●2020年度第1次筆記試験<合格体験記>
2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(25)(英語)

●英語(メルマガ読者、セミナー参加者、動画利用者、教材利用者、など)

①受験の動機

・通訳案内士として外国の方の旅行の際にお役にに立ちたい
・定年退職後の現在の仕事で英語を使う機会が再開した為
・日本の地理、歴史等再度勉強したい

②第1次試験対策

<英語>(80点弱?)

・第1次筆記試験の過去問を複数回行った。その中での不明点、単語、熟語の習得
・下記のハロー資料を利用させて頂いた
・文法・語法が忘れており、弱い為高校時代の参考書を再度復習<「一億人の英文法」東進ブックス他>
・日本事象・観光地等当該試験に関わる英文をネットにて検索
・過去問を複数回解いた事は効いたと思う

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8
<無料音声学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6e31df702f013d8b758d47dcb48ec919
「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(70点弱か)
・第1次筆記試験の過去問を複数回行った。
(不明箇所の徹底復習)
・「旅地図」旺文社をリビングに置いてくつろいでいる時間帯にエリア別に読み込んだ
・東京・浜松町の都道府県のアンテナショップにて当該の旅行資料、旅行会社にてパンフをもらい覚えた
・ハロー教材の都道府県地図帳の白地図に上記の箇所をプロットして、すきま時間に復習した。

基本的には過去問ではある程度勉強した後では全て70点以上~95点であったので、合格に自信があったが、本年度は出題傾向が変更されて、結果としては70点以下だったと思う。
難易度が上がった為、調整が入ったと思われ、幸運にもパスできた。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2004年~2019年)→http://www.hello.ac/geo.kaitourei.2004.2019.pdf
<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.geo.pdf
・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/aYAtVJ574p0
<マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<日本歴史>免除
<一般常識>免除

<通訳案内の実務>(40点位か?)

・第1次筆記試験の過去問を複数回行った。
(不明箇所の徹底復習)
・ハローの決定版資料の徹底暗記

基本的には出題範囲が他の教科と異なり決まっているので、受験対策は2020年問題は難化したが、ハローさんのおかげで問題はなかった。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<第1次筆記試験【解答例】>(2018年・2019年)→http://www.hello.ac/jitumu.kaitourei.2018.2019.pdf
<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>→http://www.hello.ac/2020.jitumu.pdf
・音声ファイルの<YouTube>版→https://youtu.be/MJxXvuWfsI4
<観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

④ハローのメルマガ、テキスト、動画、音声ファイル、アプリ、教材などで役に立ったこと
ハローさんのおかげで、特に通訳案内の実務については出題傾向が事前にわかり、受験対策を立てやすかった。
とりわけ<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>は、他の英語、地理に受験対策に時間がかかるので、それほど時間をかけずに勉強できたので有効であった。
一方、地理、英語についても基本を固めるのに有効と思う。
本当に有難うございました。

⑤第2次口述試験への決意表明

2回目の挑戦でした。
「日本的事象英文説明300選」の徹底音読、リスニング に加えて、ネット(DMM英会話)にてアウトプットに努めて合格を獲得したいと考えております。
引き続き宜しくお願い致します。

以上

コメント

2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(24)(英語)

2020年11月17日 06時31分51秒 | ●2020年度第1次筆記試験<合格体験記>
2020年度第1次筆記試験<合格体験記>(24)(英語)

●受験外国語;英語(メルマガ読者、セミナー参加者、動画利用者、教材利用者)

①受験の動機

前職で海外のお客さんを工場見学などに引率した経験があり、タフだけど充実した仕事だったので興味を持ちました。次男の就職と早期退職制度が重なったのを機にチャレンジする決心をしました。

②第1次試験対策

<英語>今年合格

教本A・Bの両先生の動画授業を昨年に続き活用させて頂きました。
素晴らしい内容です! 今後も定期的に活用させて頂きたいと思ってます。
お陰様で自己採点では8割以上は取れた手応えです。  

<第1次筆記試験【問題】>→https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8
<無料動画学習コーナー>→https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<無料音声学習コーナー>→https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6e31df702f013d8b758d47dcb48ec919
<教本学習コース>【動画】→http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/d19c1040dd2c445f6793c75359611c69
<教本学習コース>【音声ファイル】→http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/db5f01d842bc6fc0a27f926335500449
「日本的事象英文説明300選」(+CD)→https://www.amazon.co.jp/dp/4938174340/

<日本地理>免除(昨年合格)

<日本歴史>免除(昨年末に歴史能力検定日本史2級に合格)

昨年の一次試験後の自己採点で打ち拉がれていた時に、歴史能力検定やセンター試験(当時)の受験をメルマガで提案して頂き、慌てて両方の試験を申込みました。ありがとうございました!
印象としては、歴史能力試験は記述式は5問ある上に難易度高めでしたが、何とかギリギリ合格。
センター試験は安価で優秀な対策本が容易に入手出来るので、合格の対策が立てやすいかと思います。
私は「伊藤賀一」先生にすがり、スタディサプリとオタク向け?の表紙の「丸ごと年代暗記」を購入。
赤本と代々木ゼミの模擬試験本をやりこなして80点以上をクリア。

<一般常識>免除(昨年合格)

<通訳案内の実務>免除(昨年合格)

④ハローのメルマガ、テキスト、動画、音声ファイル、アプリ、教材などで役に立ったこと

今年は英語受験だけだったので、英語の教本A・Bには大変お世話になり、感謝し切れません!
この内容を無料で学ばせて頂きありがとうございました。

⑤第2次口述試験への決意表明
現在、仕事が忙しくなり、二次対策が出来ておらず大変不安ですが、時間を作っては勉強を重ね、出来る限り今年合格を果たしたいと思ってます!
引き続きどうぞよろしくお願い致します。 

以上

コメント