通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)参加者のご感想(その2)

2018年11月14日 11時01分54秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)参加者のご感想(その2)

11月11日に開催しました<2次セミナー>(その2)参加者のご感想(その2)をご紹介します。

●植山源一郎先生
昨日は第2次口述試験対策<特別セミナー>(その2)に参加させて頂きましてありがとうございました。
第1部の植山先生の「口述試験の予定内容」についての解説は自分の不安を軽くしてくれました。
一次試験通過のお知らせと共に封筒に入っていたこの文書は試験を初めて受ける者にとっては文字通りの意味しかわからず不安の種の一つでした。
やはり「客観的な事実を知る」ということは大切なことなのだと実感しました。
また<厳選70題>は私のようなスロースターターの受験生にとってどれだけありがたかったかわかりません。
第2部では嘉悦先生がどのレベルまでの説明が必要か、何処にフォーカスして質問に答えるのか、そして外国語訳のコツなどを丁寧に説明して下さり、試験のより具体的なイメージを掴むことができました。
外国語訳のパートでなるべく多くの日本語を訳そうとして時間がかかってしまっていた自分にとっては大変ありがたい情報でした。
植山先生の長年のご指導のご経験からの視点と嘉悦先生の元受験生としてまた現役ガイドとしての視点からの鋭い分析は非常に説得力があり、この貴重な講義を受けただけでアドバンテージを得たと確信しています。
内容の濃いセミナーに参加できて綿あめをたくさん頂いて帰ってきました。
最後に、前回ご一緒した受講生の方と学習法などの話を通して盛り上がり、励ましの言葉をたくさん頂きました。
同じ目標に向かっている方から励ましは大きなエネルギーになりました。本当にありがとうございました。
そしてこのような温かな交流の機会をいただけましたこと、植山先生に深く感謝申し上げます。

●植山先生ならびに嘉悦講師様
日曜の2次セミナーでの貴重な講演有難うございました。
植山先生の第1部では、あらためて2次口述試験にたいする心構え、勘どころ、留意点等につき再整理したうえでご教示いただきました。
今回は1次試験通過の結果を受けて臨んだセミナーでしたので、ひとつ1つのアドバイスに重みを感じました。
先ずは「厳選70題」をどこからでも説明できるように、また、あと1か月しか、ではなく1か月もあるとの気持ちで集中して取り組みたいと思います。
嘉悦講師の第2部では、昨年まで連続で試験を受け続けたという、まさに現役ならでは臨場感の溢れる講義は大いに刺激となりました。
特に次のような言葉が心に残りました:
①通訳文では、日本語の細かいニュアンスはそれ程気にしなくてよい。
②文法よりも内容を伝えることが大事である。
③開き直って、正確さにこだわらず、とっとと口に出すこと。
試験までほぼ1か月という絶妙なタイミングでのセミナー開催に心より感謝申し上げます。
あとは、やるしかないの心境です。

●植山先生
昨日はお世話になり有難うございました。
思いがけない1次の合格と2次まで残り1ヶ月という短さに呆然とし、何をしたら良いのかわからない状態でした。
しかしセミナーに参加させて頂き、おかげさまで落ち着きを取り戻しました。
まずはご提示下さいました<厳選70題>の準備に取り組みます。「これ以外が出たらどうしようと考えるのは無意味」と教えていただいたので、余計なことを考えずに進めようと思います。
あと心に残りましたのは、プレゼンテーションと外国語訳の対策を分ける必要がなく、プレゼンの準備をすることがそのまま外国語訳の対策になるというこ とです。
「日本的事象英文説明300選」も少しづつやっていこうと思います。
いつも力を与えてくださり感謝いたしております。

●植山様、嘉悦様
昨日はご多忙のところ、我々受験生のために貴重な時間を割いて頂き、誠に有難うございました。
本年度60歳にして初めての通訳案内士試験への挑戦でありますが、仕事の合間を縫ってハロー様のWEB教材で学習したかいがあり、なんとか一次試験に合格致しました。改めて御礼申し上げます。
(ユーチューブ及び、歴史、地理、一般常識の第1次邦文試験対策<特訓1800題>を3回やり込みました)
但し、英会話力が当方の大きな課題であり、二次試験は相当不安があります。なかなか勉強のコツがつかめない中、二次セミナーのDVD/資料を購入させて頂き、それをバイブルとして、「日本的事象英文説明300選」中心にこれからエンジンをかけていこうと思っております。
昨日のセミナーでは大変元気と勇気をいただきました。植山先生のいつもながらのエネルギッシュな講義に加え、嘉悦様の講義が非常にわかりやすく、感動致しました。「天才」嘉悦様のようにはいかないと思いますが、当方も熱意は他の受験生の方々に劣ることはないと信じておりますので、あとは、教えて頂いたように、的を絞っていかに効率的に勉強していくかですね。
今度は合格の報告ができるよう頑張ります。有難うございました。

●昨日のセミナーは本当にお疲れ様でした。
今年は1次試験に手ごたえがあったので、早く2次試験の用意をしなければと思いつつ、なかなか取り掛かれず、「300選」をイタリア語にダラダラと訳し始めたところ、こんなペースでは全然間に合わないことに気が付き、焦り始めていました。
やることはわかっているのに量が多くてつい逃避してしまう・・そんなところに先生のセミナー、これはまた喝!を入れていただかなければと迷わず参加。
先生の素晴らしい分析と嘉悦さんの具体的な勉強方法を伺って、やるしかない!と改めてあと1か月間に合っても間に合わなくてもベストを尽くそうと気合を入れなおしました。
やることはたくさんありますが、とにかくひとつでも多くの項目について準備したいと思います。
初期の頃から先生のセミナーを受けていますが、情報収集と分析を怠らず毎回レベルアップしていくセミナーには頭が下がるばかりです。
先生から有料化についての説明がありましたが、これだけの資料を労せずして手に入れるのですから当然です。
ただその分、先生のダジャレや暴走、脱線が少なくなっていく気がします・・。
いつも鹿の笑顔の写真を思い出しホッと暖かい気持ちになりますし、ダジャレや写真にも先生の愛情を感じている私としては、ダジャレが散りばめられた植山先生ワールドを継続して頂きたい・・

●植山先生、嘉悦先生、昨日はどうもありがとうございました。
お二人のお蔭で 結果がどうであれ、これから全力で頑張ろうと決心しました。
すきま時間を見つけては、「日本的事象英文説明300選」をシャドーイングしながら家事をしています。
植山先生のいつも通りのユーモアあふれる講義、不安を吹き飛ばしてくれました。
試験を宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘例えてのお話には笑わされて、試験に挑む態度について考えさせられました。
嘉悦先生の流暢に出てくる英語、ポルトガル語には感服しました。
どのお話も素晴らしかったですが、プレゼンの 具体的な展開方法はとても参考になりました。
いつも短くなりがちで 悩んでおりましたが、これで解決できそうです。
メールので質問にも、(前日に出したにもかかわらず)、お答えいただき ありがとうございました。
昨日の講義の最後に植山先生がおっしゃていた、模擬面接が実施されることを期待しております。

●本日は濃密な二次対策のセミナーに参加出来て本当に良かったです。
実は1次試験不合格と思っており、2次は諦めていたのですが、予想外の合格であわてて前日に申込させていただきました。
嘉悦さんのお話も大変すばらしく、現場で学ばれたガイディングの経験、知識までご紹介いただき受験に向けてモチベーションがUpしました。
まさにおんぶにだっこに肩車に、そして綿菓子までいただきました!
「寿司桶にしゃもじ」のように文字ではなくイメージ絵を描く事は実際の試験で覚えきれずメモを取れないときなどに大変有効と思います。
「日本的事象英文説明300選」も昨日購入しましたし、「英語で日本紹介ハンドブック」も以前たまたま購入していたのでこれを中心に残り1か月を頑張りたいと思います。
重ねて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

●昨日は長時間の講義をありがとうございました。大変参考になりました。
実は私、一次試験に不合格でした。合格していた科目は一般常識・ガイドの実務のみでした。
言い訳するようですが、試験前に熱中症に2回もなりまして、その上腰痛もひどくて全く勉強出来なかったです。
でも、今は先生のおっしゃる意味がよく分かります。
「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」
過去問題を勉強してないのに、自信過剰でした。今年の失敗を糧に、来年こそは合格出来るように頑張ります。
私は現在、某美術館のアテンダントをやってます。ガイド試験に合格したら日本史・日本美術・文学・病気のケアに詳しいガイドを目指します。

●植山先生、喜悦様、濃いセミナーをありがとうございました。
今回も楽しくてあっという間の3時間でした。
おかげさまで決意を新たに、あと4週間、切腹資料と「日本的事象英文説明300選」のみに集中してがんばります!
それから、昨日の話でなんとなく明治神宮が個人的に気になったのですが、まだ東京ビギナーで行ったことがないので、ちょっと来週末に行っておこうと思います(何かの予感?)。
今後ともよろしくお願いいたします。

●植山先生
3時間のセミナー、いつものように感激しながら聞かせていただきました。
今回のセミナーで2次試験の対処方法がより明確になり疑問点は大いに解消しました。
「日本的事象英文説明300選」に一層集中し厳選70題を徹底暗記します。
嘉悦先生の講義は明快で二次面接試験の対応方法が全て述べられており光明が見えました。
実は去年の通訳問題に当たってみて、分かりづらさと長文化にウンザリしていました。
また「通訳案内の現場」の対処方法はセミナーに十分にありましたが、具体的にどのようなのか不安でした。
プリゼンの勉強をすれば組み合わせて外国語訳対策へと十分につながること、「通訳案内の現場」試験での具体的な進行状況とHospitalityをいかに示すか、等具体的な事例に基づき説明されよく理解できました。
あと28日あまりこのセミナーの内容に沿って勉強します。

●植山先生
お世話になっております。昨日はありがとうございました。
残念ながら、2018年の1次試験は不合格となり、もうこれで終わりにしようかと思っておりました。
しかしながら、昨日受講し、植山先生、 嘉悦先生の講義、また受講されていた1次試験を合格された方々のやる気に満ちた姿をみて、こちらも「来年こそは!」という気持ちになりました。
ありがとうございました。また来年もお世話になるかとい思います。よろしくお願いいたします。

●二次セミナー(その2)、ありがとうございました。
とても実践的で参考になる内容でした。
「日本的事象英文説明300選」の重要性を改めて認識しました。
キーワードや汎用性のある表現を中心に、毎日聴いて、声を出しながら、できる限り覚えようと思います。
そして試験当日は、何があっても、それをチャンスと捉え、笑顔とおもてなしの気持ちを忘れず、拙い英会話能力を、言い換えや機転でカバーし、なんとか合格ラインに持って行けるよう、最後まで粘ります。

●植山先生
本日は誠にありがとうございました。
植山先生には、昨年までとの違いをふまえた口述試験への具体的な対策を詳細にお話しいただきました。
また、熱意と笑顔で談笑し、通訳案内士を演じ切るという本番への大切な心構えも教えていただきました。
三冠王の嘉悦先生には、実際に三回受験されて合格に至った勉強のノウハウ、残された時間での勉強の優先順位等をお話しいただき、また、外国語訳の実践練習もしてくださいました。
さらに、受講者からの質問に時間の許す限り丁寧にお答えいただきました。大学のレポート提出の忙しい中、短時間であのように貴重な資料を作成してくださるとは、まさに通訳案内における“藤井聡太”ですね。
お二人の渾身の資料を肌身離さず、最後の最後まであきらめずに頑張ります。

●昨日のセミナーの感想をお送りします。
当日申込みで参加させていただきました。合否のポイントが何なのかを、マンツーマンの如く教えていただきました。
一連の対策セミナー資料DVDと合格に必要な鎧兜甲冑と金の草鞋も履かせていただいた心持ちです。落ち着いて学習します。
有難うございました。

●植山先生、嘉悦先生
大変充実したセミナー、試験へのモチベーションを上げていただきありがとうございます。
正直一次が終わってから、家族の世話や職場の新しいプロジェクトに忙殺されたりしたこともあり、最早何をどう勉強したらいいのか分からなくていました。
今年は諦めようかという気持ちに流されそうになったり、迷いつつ英会話に手を出して見たり、日本に関する本をチラ見していましたが、改めて自分の甘さ、努力不足と戦略不足に気づかされました。
心が折れていた「日本的事象英文説明300選」マスターが大前提、プラスアルファの通訳案内士としての機転(を英語で言えること)が必要だと理解し、あと1ヶ月、現役は最後まで伸びる、の気持ちを忘れずに、諦めずにスキマ時間を活用して頑張ります。
嘉悦先生の戦略と植山先生の気合、素敵なコンビですね。お二人のセミナーに、またいつか参加したいです。
改めまして、ありがとうございました。

以上

コメント