通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)申込者のご質問(1)

2018年11月06日 20時41分08秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)申込者のご質問(1)

●<2次セミナー>(その2)募集要項
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/eff92051aa54e182876bf13ded03f9b6

●(1)「300選」をすべてフランス語やポルトガル語に訳したかどうか
(2)フランス語、ポルトガル語では「300選」以外にどんなことをしたか
(3)英語・中国語など受験者の多い言語とそうでない言語(イタリア語、フランス語など)で、2次試験の様子がどう違うか。

●(1)外国語訳問題で訳したい内容のうち受験言語でわからない単語があった場合、どのように対応したか。
(例1:干潟(名詞)など日本語の意味はわかるが受験外語でわからない、例2:水分を浸透させる(動詞)など日本語の意味はわかるが受験外語でわからない場合、この場合はこの動詞だけわからずあとは文章を作れる場合) 
(2)外国語訳が不安で不安でしょうがないです。 (プレゼンも不安ですが)どうやって勉強していましたか?
(3)初の二次試験のためとにかく不安です、勇気が出るよう心構えをお願いします!(笑)

●10月14日のセミナー参加でお人柄と実力、業績の信じられないほどの高さを感じており、2次突破の要諦をご教示いただき嬉しく思っております。
ただただ、まず一次試験突破を信じて用意しておるばかりです。よろしくお願いします。

●時間的に残すところ限られていますので、直前に必ず押さえて置いた方が良いこと勉強方法(ヒアリング、スピーキング、暗記等々)ありましたらアドバイス頂ければ幸いです。

●初めて2次試験受験の準備をしています。
それなりに勉強は進めてきましたが、語学は記憶力の減退で大分苦戦しています。合格しても実際に仕事が満足にできるのか疑問があります。
受験時代や実際に実務につかれて見聞きされた高齢者の受験苦労やガイド業務での執務状況の良さそうな点や問題点等、もしご存知なら参考のために何でも聞かせて下さい。

●「300選」や予想問題の暗記方法、項目中の優先順位についてご教示ください。
現在、「その1」で予想問題及び過去に出題されたと指摘された部分をチェックし、そこを優先して見ていくことと、休憩等に全体の音声を聴くことを行っておりますが、試験日までに全部を丸暗記するのは難しそうです。
できる範囲でやる場合、丸暗記は無理でも全部をまんべんなくやるのがいいのか、ある程度項目を絞り、そこはしっかり暗記するようにしたほうがいいでしょうか。
このジャンルが最優先、このジャンルは(ある程度)捨ててもいい、というのもあればお教えください。

●二次試験の会話のスピードはどれくらいが適切か。
慌てると単語、文法の間違いが出るのでできるだけゆっくり話したいが、適切なスピードについてアドバイスいただきたいです。

●通訳案内士の仕事について、体験談を通した魅力や課題についてお聞きしたい。

●残り1カ月間の中で、特に重点的に取り組んだ方が良いだろうことをアドバイス頂けますと幸甚です。

●「300選」以外に、最低限、どのようなことができる必要がありますか。
優先順位の高いものから順に必要なスキル、及び、そのスキルに対応する最適な練習方法をご紹介ください。

●今回新たに追加される「通訳案内の現場」での想定質問と回答について、出来るだけ多くの英文例をご教示いただき、参考にしたい。

●スピーチの組み立て方を教えて欲しいです。よろしくお願いします。

●「300選」の覚え方について(最も効率的な覚え方は何か?)

●通訳問題の勉強法色々試していますが、しっくりいくものが未だありません。色々とご紹介いただければ幸いです。

●臨機応変力についてケーススタディをたくさん紹介して下さい。

●始めの外国語訳のメモの取り方と、訓練方法を教えてください。
また、プレゼンテーションの時間の測り方のコツはありますか。気が焦ると時間の感覚がなくなりそうです。ご助言をお願いいたします。

以上

コメント