通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

<2次セミナー>(大阪会場)感想(3)17~23

2018年09月18日 17時14分39秒 | ●2018年度<2次セミナー>(大阪会場)感想

<2次セミナー>(大阪会場)感想(3)17~23

●植山先生
あっという間の5時間でした!
植山先生に初めて生でお会いできるだけでも非常に楽しみな講座でしたが、
植山先生は、本当にパワフルで知識豊かな、すごいすごい先生でした。
資料はもう宝物です、その分析や情報の網羅、かなり合格に向けてなにをしたら良いかのビジョンが立ちました。
とにかく先生の流暢なお話、合間合間BGMを流しながらの講座、もう先生のエンターテイメントを(もちろん受かるための秘訣講座です!)
5時間楽しみ、やる気倍増、ストレス発散、もう必ず合格してそのことを先生にご報告できるよう、「負けないで♪」頑張ろうと思います。
東京のこれから受講される方々で初めて先生 の講座を受けられる方々乞うご期待です。
植山先生、時々シャウトされていたので、今日はお疲れになられたかと思います。
そのエネルギーはがっつり受け止めさせて頂きました。
必ず合格できるよう頑張ります!!ありがとうございました!

●植山先生
本日は2次セミナーを受講させていただきありがとうございました。
盛りだくさんの内容でしたが、あっという間の5時間でした。
過去の出題データを分析された予想問題を含む膨大な資料を丁寧に解説していただき、2次試験までの日々を何を優先して受験準備に取り組んでいけばよいのかということについてヒントをたくさんいただけたと思います。
後悔しないようしっかりと準備します。
どうもありがとうございました。

●植山先生、はじめまして。
この度は、<第2次口述試験対策特別セミナー>(大阪会場)を開催してくださりありがとうございました。
都合が合い、やっと初めて受講することができました。期待どおりの内容で嬉しかったです。
資料の質と量の両方がデータに基づいていて、本当にしっかりとしたものだったので、資料を見ながらめくるだけでテンションが上がってしまいました。
また、いくら脱線しても大切なメッセージがかなりのスピードで頭のなかにぐんぐん入ってきた感覚がありました。植山先生の全速力感やワクワク感が会場の皆さんに伝染したのかもしれません。
資料のうち、特に自分に印象を与えてくれた部分は、元気があればなんでもできるというマインドセットができたことです。
まだまだ日々の努力が足りないのですが、植山先生を信じて試験合格を強く思い描いて精進させて頂きます。これからもよろしくお願いします。

●植山先生
山口県から参加し、先ほど、大阪から帰ってきました。
本日は長時間に当たり2次試験合格に向けたノウハウを教えて頂きありがとうございました。
良かった点を以下列挙させて頂きます。

(1)わざわざ植山先生に大阪まで来てもらい、大阪でセミナーを開催して頂いたこと。
(2)開催場所が新大阪駅から近く、地方から出てくる私達にとってはアクセスがよく助かりました。
(3)初めて2次試験を受ける人の立場に立ってポイントを無駄なく適確に教えて頂き、助かりました。テキストも本当によく精査されたテキストだと思いました。
(4)特に答えられなくなった時のケーススタディーも為になりました。

私の故郷は明治維新発祥の地、萩市なのでこれを話題の一つに定め、緊急事態の対応をしようと思いました。
後大変厚かましいお願いになりますが、P9-10の想定される質問で項目毎に更に出題傾向の高い質問3つについて模範解答を教えて頂ければ幸甚です。
今迄英語力の不足で3回1次試験を失敗し、3浪中で今回やっと2次試験までこぎつけたと思っています。
何としてでも合格する決意ですので今後ともよろしくお願いします。

●植山先生、お世話になっております。
今回のセミナーに参加させていただいた理由として、やはり、法律改正後の2次試験の概要について植山先生のお話を聴いておきたかった、ということがあります。
1次試験では新たな試験科目として「通訳案内の実務」が導入され、2次試験では従来の通訳問題が、「通訳案内の現場で必要となる知識等に関する外国語訳及び全国通訳案内士として求められる対応に関する質疑」というものに変わっています。
この対策について、ヒントとなるようなものが得られれば、という思いで参加しました。
冒頭の心構えについてのお話のあと、早速、植山先生ならではの、政治的な力学にまで分け入った、現行の試験制度に関するお話、大変参考になりました。
ともあれ合格するためには試験を課す側の都合にどこまでも付き合わざるを得ない一受験生としては、この制度がどのようにして動いているのかについて、その片鱗なりといえども説明が与えられることは、精神的な負担を軽減するという意味でも、非常にありがたいことです。
また、今回の資料で最もありがたかったのは、第1部【6】「通訳案内の現場」です。
まだ通訳案内の現場というものを経験したこのない私にとって、現場で起こりうるトラブルや直面するであろう質問を具体的に思い描くことは困難です。
資料のこの部分について自分なりの答えを用意することで、2次試験での質疑応答への対策が立てられるように思います。
この部分だけでなく、植山先生の用意して下さった資料は、これまでの試験データと、それに基づく予想問題、さらには、プレゼンテーション等の回答例としての英文まで、実に参考になるものです。
心構えから、試験で答えに詰まったときの対処法までも網羅した、まことに行き届いた資料であり、あとは、これを生かせるかどうかは、受験生である私にかかっているのだと思います。
充実した資料と植山先生の楽しいお話のおかげで、5時間の長丁場があっという間だったように思います。
最後は慈悲、とか、強引に話題を変える方法についてのお話も、楽しく聴かせていただきながら、最後まであきらめないことが大事なのだということを、確認させていただいた思いです。
本日はありがとうございました。

●植山先生
本日は大阪でもセミナーを開催いただき、有難うございました!
大変エネルギッシュな講義で5時間もあっという間でした!
膨大な過去のデータを分析し、わかりやすく資料にまとめていただき、的をしぼりこんだ効率的な勉強法をご伝授いただき、感謝しています。
先生にいただいた資料とともに無料でご提供いただいている「特訓セミナー」も活用させていただこうと思います。
資料については、通訳案内の現場で求められる臨機応変な対応についても関心があったので、「想定される質問」は大変、参考になりました。
「あなたならどうする?」という問いかけは心につき刺さりました!欲を言えば、ページ8〜9の『想定される質問』にある「交通」と「宿泊」の質問(特に旅程管理・危機管理にかかわる事項)については、現場でやるべきこと&やってはいけないことがあると思うので、1部、模範解答例などを追加いただけるとなお、有難いです。
今後ともよろしくお願いします!また、大阪にいらしてくださいね。

●植山先生
本日の大阪でのセミナーありがとうございました。
私は名古屋から参加させていただきましたが、本当に参加した甲斐がありました。
先生が渾身の力を込められた充実の資料と、先生の時折ユーモアを込められた熱意のこもった講演に感激いたしました。
今回の講演の内容をしっかり心に留めて、残りの勉強を進めたいと思います。
本当にありがとうございました。

●植山先生
二次セミナーに参加し、先生が全身全霊を打ち込んで話してくださることに、ただただ感動しました。
5時間が、あっという間に過ぎました。こんな貴重なチャンスに巡り合えたことに感謝し、通訳案内士になるという覚悟が決まりました!
実際の試験の会場で、ピンチに立たされたとき、あなたならどうする?現場で、トラブルが起きたとき、あなたならどうする?
先生が何度もたたみかけてくださり、真剣に考えることができました。受験に対して、最後まで全力を尽くす気力、柔軟な発想で臨むこと等、他の先生からはとても学ぶことのできない深い深い内容を学ぶことができました。
資料は、今までの傾 向と対策をとことん分析され、限られた時間に優先順位をつけたり、関連を持たせたりしながら学んでいける、宝物のような内容です。
目標がはっきりしない霧の中を歩んでいるような状態から、くっきりはっきりと手順を示してくださり、過去の貴重な問題、予想問題等を、示してくださったおかげで、試験までの時間を有効に活用することができます。
ありがとうございました。先生の、はつらつとした表情、元気いっぱいの声は、大きな勇気と元気を与えてくれました。
今後ともよろしくお願いします。

以上

コメント

<2次セミナー>(大阪会場)感想(2)10~16

2018年09月18日 08時40分22秒 | ●2018年度<2次セミナー>(大阪会場)感想

<2次セミナー>(大阪会場)感想(2)10~16

●植山先生
昨日は第2次試験対策セミナーをありがとうございました。初めて先生のお姿、肉声に接することができました。と言っても今まで何度も映像でお目にかかっているためか、初対面とは思えないほどでした。講義の始まる前、お一人でホワイトボードやカメラの準備などを黙々となさっているご様子を見て、本当に普段想像している通り、こつこつと楽しんで講義を準備してくださっていたのだ、と思いました。
5時間もの熱の入った講義、本当にお疲れさまでした。すっとお話に引き込まれ、指摘されるポイントにハッとなり、何度も声を出して笑い、あっという間に時間が過ぎてしまいました。5時間でも6時間でも足りないと言われたわけがよくわかりました。もっともっと伺っていたいと思いました。綴じてくださっていた資料も、明確な意図をもって無駄なく編集されているので、先生のご説明を受けて読むと、大事なポイントが目に飛び込んでくるように感じました。「プレゼンテーション」に求められていることを分析して下さり、適格に示してくださったことに感動しました。敵を知る、ということの意味が少し分かったような気がします。
第2次試験を受験できるのは来年ですので、時間がなかったとだけは言わないで済むと思います。先生の熱意をたくさんいただいて、この気持ちを持続させて頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

●植山先生
有難うございました。
あっという間の5時間でした。とても楽しく高知から駆けつけて本当によかったです。
2次試験をどのように準備すれば良いのかさっぱりわからず、大海原で溺れているような気持ちでしたが、先生の作ってくださった資料を見ながらセミナーを受けたら、救命ボートに拾われたような気がしました。
後は自分の力で漕いで陸地まで行きます。
通訳メモの取り方を始め、日英で書かれた予想問題、答えが分からない時、話に詰まってしまった時の対応、プレゼンテーションの例題の回答等は本当に知りたかったものばかりです。痒い所に手が届くといった感じです。
先生の時々入る大きな笑い声や音楽は、ほっこりした気持ちになりました。
先生、マイクはピンマイクをお使いになってはどうですか?先生の動きが制限されないので、ストレスなく声を拾ってくれると思います。

●植山先生
申し訳ありませんが「あっという間」とはとても思えない、盛り沢山のご講義でした。
充実した試験対策はもちろんのこと、植山先生のマル秘話や実体験でのおもしろおかしいエピソードなど、ほんとうに濃い5時間でした。聞いていただけでも頭がパンクしそうな程に疲れましたが、最後までエネルギッシュに話されておられた先生の若さと熱意に、改めて敬服いたしました。
いただいた資料の充実度は言うまでもありませんが、あと12週間でこれをどこまで活用できるのか・・・、早速、帰りの飛行機の中で、資料を仏語に訳すことから始めました。
熱意と動機を改めて与えていただき、本当にありがとうございました。

●植山先生
長時間、本当にお疲れ様でした。
UTubeの画面ではこれまで何度も(一方的に)お会いしてきましたが、実際にお会いしたのは今日が初めてでした。
当初、5時間とは長いセミナーだな~と思っていましたが、あっという間に感じました。(自画自賛?されていましたが、)要点が本当にきれいにまとめられている資料をもとに詳しく説明頂き、これから試験までの日々の勉強の進め方が分かりました。本当に有難うございます。
特に参考になったのは、今年の2次試験の変更点や、採点基準の変更、そして答えの分からない質問や、話に詰まってしまった時の対処法等です。いつものようにユーモアたっぷりに教えて頂きました。
どんな場面になっても「最後の最後まで、決してあきらめるな!」の大きなエールを送って頂いた思いです。
資料に載せてあった予想問題もかなりの量ですが、これから地道に取り組んで、自分のプレゼンに纏めて行こうと思います。
余談ですが、休憩時間に階下の自販機の所でお話させて頂き楽しかったです。
奈良から参加したので、鹿を焦らすと噛まれる時もあるの話に共感しましたが、10月の鹿の角きり行事も面白いので、機会があれば是非ご覧になって下さい。
本日は、本当に有難うございました。最後の最後まであきらめずに準備していこうと思います。

●植山様
今回初めて対面での講義を受けました。
英語は免除で、一次の結果は危ない科目もありますが、結果判明まで2次対策に集中します。
セミナーは第4部の「答えの分からないQに対する対処法」、「話に詰まったときの対処法」が、前からどう対処したらいいか自分でも悩んでたので、すっきりして良かったです。4時間も講義もあっという間に過ぎてためになる話ばかりでした。(動画でも言われていた面白い話と同じ話が出ましたがなぜか新鮮に聞こえてきました)
合否判定が6割から7割になって気にしてたのですが、先生の話を聞いて大した問題でないことも安心しました。
まったく1次も2次も独学ですが、指針、アドバイスのおかげで、不安なしに進めていけることに感謝しています。
また、古い「300選」を試験受けずにずっと持っていたのですが、CDと本を買い直しました、暗記暗唱がやりやすくなり頑張ります。

●植山先生
本日は大阪会場でのセミナーに参加させていただくことができて、本当に良かったです。
5時間という時間が「あっという間!!!!」に過ぎて行きました。
流石普段から鍛えられていらっしゃるだけあって、最初から最後までエネルギー全開で
特に最後の1時間のボルテージの上がり方がとても70代とは思えませんでした。素晴らしかったです。
いただいた資料も完璧で、知らない話題をふられた時の対処法など、なるほど!と思うことばかりでした。
2次試験は来年になると思いますが、通訳メモの取り方や、自分なりのネタ作りなど、今から始めていきたいと思います。
普段は東京でのセミナー開催がメインになるとは思いますが、今回のように大阪での開催が増えるとありがたいです。
沢山声を出されて喉が腫れてしまっては大変ですから、のど飴などを舐めて、養生されてくださいね。
本日は本当にありがとうございました。頑張ります!!!

●植山先生、お世話になっております。
二次試験に向けて、何をどのように勉強すればいいのか路頭に迷い、全く何も手付かずでした。
しかし、今日の授業を受けて、二次試験に向けて勉強すべきポイント、心構えなどご指導いただき、合格への道筋が見えました!
準備して頂いた資料も、簡潔に重要ポイントがまとめられており、過去の出題実績も記してくれているので優先順位をつけて勉強できる作りになっており感動しました。
5時間という長丁場でしたが、その時間の長さを感じさせないユーモア溢れるセミナーで、あっという間に終わってしまいました!本日はありがとうございました。

以上

コメント

<2次セミナー>(大阪会場)感想(1)1~9

2018年09月18日 08時37分54秒 | ●2018年度<2次セミナー>(大阪会場)感想

<2次セミナー>(大阪会場)感想(1)1~9

●植山先生
初めての先生の講座に参加させていただき、改めて新幹線の中で「来てよかった!」(名古屋からの参戦です!)と思うと同時にうだうだと悩む時間があったら「何事もすぐ決心をしてすぐ実行だ!」を肝に銘じこれからの人生進んでいこうと決心したしました!
裏話から、本題まで人を引きつけエネルギッシュな講義であっと言うまの5時間でした。先生が長年かけて収集分析された貴重な資料は、ガイド試験に必須で手に入れられたのは本当にラッキーです!口述試験も闇雲に手を出すのではなく、先生が分析された出やすい順から取り組み徹底していきます。
私は今年の5月から勉強を始め、今年は受験していませんが、英語は合格内に入ってきましたので来年の受験を目指していますが、あえてTOEIC・英検に頼らず英語も本試験で受験しようと思ったのはハローのおかげです。
このように、きめ細かい資料・先生の深い分析に触れ、自分の勉強計画(作戦)が立てられるようになりました!植山先生は、私にとっては船の船長、正しい方向に迷うことなく導いてくれる人だと実感しました。 
色々な幅広い知識・体験からの植山先生の講義は、先生の人間としての器の大きさも伴い何か自分も心の変化があった気がします。
さあ今から、「お・も・て・な・し」のスピーチを見てスピーチの勉強をします。「決心したらすぐやる」です!
講座に参加したおかげで、新たに師と仰げる人が自分にできたことに幸せを感じております。植山先生ありがとうございました。

●植山先生
昨日はパワフルな講義を有難うございました。
所々の脱線話も楽しく また貴重なオフレコのお話も伺えて、あっという間の5時間でした。
ここまで完璧に分析された資料を提供して頂いたのだから「火山ー地震ー温泉」のように、関連づけられるテーマごとにグループ分けをしていろいろな方向から結び付けられるように 組み立てていきたいと思います。
前回の二次試験では 極度の緊張から翌日筋肉痛になるという有り様でしたが今度はもっとずうずうしく 楽しんで来れるように、あと約2か月半頑張ります。
模擬面接特訓を大阪でも考えて頂けると嬉しいです。

●植山先生
おはようございます。
昨日のセミナーお疲れ様です。
先生に直接お目にかかるのは今回が初めてです。新しい方とお会いできるのは本当に楽しみですが、今回はいままでにないインパクトがありました。
当日は午前中に入っていた仕事を終えての参加となりました。
移動中もこの日の資料に目を通しておりました。
そして、帰宅途中ももう一度読み返しました。
いやー。密度が高いというよりも濃すぎます。
その中でも「現場」情報の濃さに驚きました。

・<2次セミナー>の<抜粋版>資料
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5

多少は予想していた部分もありますが、それをはるかに超える情報量です。
「若い兵隊さん」(修学旅行の高校生)はまったく予想していませんでした。

あと、トラブルが発生したら基本は、
・旅行会社に連絡する
・交通機関や宿泊施設と交渉する
 トラブル発生時の対処の原則が書かれている運輸、宿泊約款も読んでおく必要があると感じました。
・緊急を要する場合は、警察、救急の手配。
なのかなぁと感じました。

この点は自分でうまくアレンジする必要がありそうです。
あ途中で、資料とセミナーの内容がかぶってきてしまいましたが、この資料は量もすごいですが、自分の感性にあっていると感じました。
ものすごく読みやすいです。

そして、セミナーの感想です。
セミナーが始まって、先生のパワーの凄さに圧倒されました。
ポイントを押さえた説明と脱線?のメリハリの凄さ、ぐいぐいと引き込まれました。
時には脱線の激しさに先生の血圧を心配したほどです。
ですので、セミナーとかでよく経験する眠気はまったく感じることなく、気がついたら終了予定時刻になっていました。
本当に、あっという間に終わってしまった感じです。
セミナーを通じて印象に残ったことは、

・私も相手をよく深く知ること、行間で言わんとしていることを察知することの重要性。→いままでからも、重要な要素だと感じておりましたが、まだまだ浅いと思いました。

・何をすればよいのかの方向性をつかむこと。先生からも冒頭にありました。→今後学習を進めてゆく上で、重点化ができたように思います。時間が足りないのが現実なので、すこしでも無駄がなくせそうです。

最後に握手をさせていただきました。
先生のエネルギーを少し分けていただいたように感じました。
鉄は熱いうちに打てではありませんが、セミナーでの興奮状態をこのまま学習につなげてゆきたいです。
参加できてよかったとの思いで一杯です。
ただただ感謝です。
本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

●植山先生
昨日、初めて植山先生のセミナーを拝聴させていただきました。
映像では、拝見しておりましたが、ライブでのセミナーは本当に素晴らしかったです。
本当にありがとうございました。
セミナーを受講するまでは、二次試験の何とも言えないプレッシャーがありましたが、通訳案内士の試験制度の本質や試験会場での心構え、長年の蓄積により作成されている資料をわかりやすくメリハリをつけてご説明いただいたおかげで、試験に対する不必要なプレッシャーから解放された気がしました。 
また、通訳士として本来あるべき姿もご教示いただき大変参考になりました。
今後とも、鍛錬を続けますので引き続きご指導下さい。

●植山先生
長時間にわたる熱烈指導、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
本日の講義に伺い、二次試験に向け、自分に欠けていることを認識することができ、とても有意義でした。
英語での二次試験に漠然とした不安を感じて受講致しましたが、今日の受講で、根本的に大切なことは何か、気づくことができました。私の場合、そもそも英語が問題というより前に、日本人としての基礎知識が、圧倒的に足りていないということを自覚致しました。
クイズ番組などを見ている際は、私は結構正答率が高く、自分は雑学はかなり得意だと思っていました。が、今日の資料にあった想定問題を拝見していて、それが単なる勘違いであることに気づきました。
知識の蓄積が無ければ、たとえ使う言葉が日本語であったにしても、質問に対する答えは頭の中に無く、何も言うことができないのです。
チコちゃん(NHK)に、「ボーッと生きてんじゃねえよーと叱られそうです…
この点、植山先生の資料は、外国人目線での日本への疑問を広くいろいろと取り上げてくださっており、私はそれらに答えることがなかなかできず、自分の浅学ぶりを知ることができ、大変参考になりました。また、この資料で、いろいろな数字のエビデンスを、自分で時間をかけて調べることなく手に入れられたことは、大きなアドバンテージだと思います。
(できれば、「想定される質問」の解答集、さらにできればそれが英文解答集だったりしましたら、小躍りします…
「自分でやりなさいー!」という植山先生の咆哮が聞こえます…)
歴史が基準点に少し足らないので、一次合格は危ういのですが、本日、植山先生からいただいた元気とやる気に背中を押されているうちに、楽しく勉強を進めてまいりたいと思います。
ありがとうございました。
まずは、御礼まで。

●植山さま
昨日は、大阪でのセミナー、おつかれさまでした。
今までいくつもセミナーの動画は拝見しておりましたが、やはりライブで参加するというのは、別次元の、とてもエキサイティングな体験でした。
植山さまの熱い波動がストレートにつたわり、5時間など、居眠りする隙もなく、あっという間に過ぎてしまいました。
2次試験の対策など、内容があまりにも膨大で何から手をつければよいやら、途方にくれておりましたところ、非常によく練られ、植山さまでなければ手に入らないソースからのデータに基づいた資料をご解説いただき、間違いなく合格への最短距離を走れることを確信しました。
今回はオフレコ情報もいただけて、ますますこの試験を立体的に捉えることができたと思います。これから迷いなく、試験準備を行い、合格を手に入れたいと思います。
これからもメルマガの楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

●植山先生
この度はセミナーを開催して頂きまして、ありがとうございました。
5時間という長丁場で、私の集中力が持つのかと少しばかり危惧しておりましたが、
先生のメリハリの利いたお話で、本当にあっという間の5時間でした。このセミナーが終わってしまうのが惜しいような、そのような気持ちが致しました。
先生のお話の内容は濃く、本番までの手持ち時間の少ない私達受験者にとって確かな、そして力強い灯火となりました。時間は刻々と過ぎ去っていくのに、対策をいったいどうしたら良いのか途方に暮れておりましたが、今回のセミナーでその道筋をお示し頂いた事で、勉強の方向性がはっきりと見えて来ました。先生のお蔭で、何を知らないかがハッキリと見え、この事は大変心強く、また励みにもなります。
長年にわたって通訳案内士試験を研究しておられる先生のお話はとても説得力があり、この貴重な資料をこのように早く手にすることが出来た幸運を無駄にしないようにしっかり学習して、合格を果たしたいと思います。
植山先生、本当にありがとうございました。先生の温かいお人柄に触れられたのも、貴重な経験でした。

●植山先生
先日は第2次口述試験特別セミナーを大阪で開催いただき、ありがとうございました。
笑いっぱなしの5時間、本当にあっという間でした。
知りたい情報を全てお話しいただけました。
自分で情報収集していたら、どれだけの時間がかかったことか…。
さらに、スッキリ資料としてまとめていただき、頭の中を整理することができました。
あとは、自分の強い意志だけだと感じています。
実は2日前に転倒し、身体中を捻挫しての参加でした笑
行きだけでも荷物を軽くしようと、急遽資料印刷サービスに申し込みさせていただきました。資料はきれいにファイリングされていて、申し込んで良かったと思います。
ボロボロになるまで活用させていただきます。(荷物を減らしすぎて、なんと筆記用具を忘れてしまいました。ペンを貸して下さったスタッフの方、ありがとうございました)
自分の体調のこともあり、正直5時間は厳しいと思っていましたが、適切に休憩時間を設定していただいたので助かりました。30分休憩では参加者同士の会話も弾み、会場は和やかな雰囲気でした。
先生のパワフルな講義はもちろん、資料から当日の時間配分までパーフェクトではありませんか!やっぱり、植山先生ってすごいなと、素直に感心しながら帰りの電車に揺られました。
奇しくも、当日は安室ちゃん引退の日。
私も貴重なライブに参加したような気分です。お蔭でケガの治りも早まりそうです。(そして私は、先生が「安室奈美恵さん、お疲れさまでした」と呟かれたのを、聞き逃しませんでしたよ。(笑)
また大阪でセミナーを開催されることを期待しております!
そして、参加できるだけの実力を身につけるよう頑張ります!
ありがとうございました。

●植山先生
昨日の大阪でのセミナーお疲れさまでした。ハローセミナーに初めて出席致しましたが期待していた通り、いやそれ以上に充実した内容でありました。12時に始り、5時までがあっという間にって経ってしまい、空腹を全く忘れているぐらいでした。
2次口述試験については、どのような計画をすれば効率的に学習をすすめられるかすこし途方に暮れておりましたが、先生の力作である74ページに渡る資料<第2次口述試験対策特別セミナー資料>と、講義において説明されたポイントにより、今は、私のモヤモヤした気持ちに対し端的な答えを頂いた気持です。何をどのように取り組むべきか今はクリアーになっており、早速学習計画を立てました。
<第2次口述試験対策特別セミナー資料>は、受験者にとって合格へ導いてくれる「海図」であると思っています。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の「彼」のことが全て網羅され、口述試験の過去と未来が凝縮されて詰まっています。これを基に「己」を知ることで、どのような学習をすればよいかが自ずと分かるはずです。
8月の筆記試験の自己採点の結果、基準点に満たないものが一科目あり、口述試験は来年になってしまう可能性が高いですが、今年受験するつもりで「海図」をもとに学習に取り組みます。
植山先生、今後ともよろしくお願いします。

以上

コメント