通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2018年度通訳案内士試験の試験日程が発表されました!

2018年05月01日 13時48分16秒 | ●2018年度受験予定の皆さんへ

2018年度通訳案内士試験の試験日程が発表されました! 

2018年度通訳案内士試験の試験日程が発表されましたので、その詳細をお知らせします。 

●第1次筆記試験と合格発表の日程は、予想通り! 
第1次筆記試験(8月19日)と第1次筆記試験合格発表(11月8日)の日程は、昨日、本ブログにて予想した通りでしたが、第2次口述試験の日程(12月9日)は、1週間ズレていました。(汗;) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度通訳案内士試験の試験日程 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●願書配布・受付:平成30年 5月25日(金)~6月25日(月) 

※電子申請受付期間:5月25日(金)10:00 ~ 6月25日(月)18:00(日本時間) 

・5月25日(金)10:00より、下記ページから申請画面に入れるようになります。 
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/index.html 

●第1次筆記試験:平成30年8月19日(日) 

●第1次筆記試験合格発表(予定):平成30年11月8日(木) 

●第2次口述試験:平成30年12月9日(日) 

●最終合格発表(予定):平成31年2月8日(金)  

●詳しくは、官報公示をご覧ください。 
http://kanpou.npb.go.jp/20180427/20180427h07253/20180427h072530009f.html 

●通訳案内の実務(筆記試験)の免除について 
平成29年度以前に通訳案内士試験に合格した方が、筆記試験科目「通訳案内の実務」の免除を受けるには、観光庁研修の修了を要件としております。 
今年度試験において免除を希望する方は、以下ホームページより研修を受講し、「観光庁研修修了証明書」の写しを期限までに全国通訳案内士試験事務局にご提出ください。 
https://www.japanese-guideinterpreter.jp/home/観光庁研修-1/ 
  
※観光庁研修は、平成29年度以前に通訳案内士試験に合格された方のうち、全国通訳案内士として登録されている方を対象としています。研修を受講される場合は、全国通訳案内士登録証(通訳案内業免許証、通訳案内士登録証)をご用意下さい。  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
全国通訳案内士試験ガイドライン 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
平成30年3月30日付で、全国通訳案内士試験ガイドラインが改定されました。(下記ご参照) 

●試験科目の追加(通訳案内の実務)、筆記試験の免除(TOEICの基準の引き上げ、イタリア語およびスペイン語の追加、有効期限の設定)等をよく読んでご準備ください。 

●全国通訳案内士試験の受験に当たって、筆記試験の一部免除を申請される方は、以下の注意事項をご確認下さい。 

(注1)英語の免除対象となるTOEICの得点については、当該得点を取得した年度及びその翌年度に実施される全国通訳案内士試験において、出願時に公式認定書(コピー可)を提示できるものが対象となります。(平成30年度試験の場合:H29.4.1以降に取得された得点) 

(注2)日本歴史および一般常識の免除対象となる大学入試センター試験の得点については、当該得点を取得した年度及びそこから五年以内に実施される全国通訳案内士試験において対象となります。(平成30年度試験の場合:H25.4.1以降に取得された得点) 

(注3)上記注1、注2の免除については、過去に免除申請をしている場合でも、次に出願する試験年度において対象期間を超過している場合は免除対象にはなりません。この場合、再度、免除対象期間内の資格をご提示いただくか、当該科目を受験いただくことになります。(平成30年度試験の場合:[TOEIC]のH29.3.31以前に取得された得点、[センター試験]のH25.3.31以前に取得された得点は免除対象になりません。) 

(注4)ガイドライン8ページの「通訳案内の実務筆記試験について」に記載されている「観光庁研修のテキスト」については、以下のリンクを参照ください。 
※観光庁研修テキストの内容について、平成30年4月18日に一部訂正、最新情報への更新がありました。平成30年4月17日以前にダウンロードしたテキストをご使用の方は「観光庁研修テキスト (第1版) 正誤表」もあわせてご参照ください。 
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/tsuyaku.html 

●全国通訳案内士試験ガイドライン 
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/guideline30.pdf 

●「通訳案内士試験ガイドライン新旧対照表」 
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=1 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2018年度受験予定の皆さんへ> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
本年度受験予定の方は、必ず下記を確認しておいてください! 

●2018年度受験予定の皆さんへ(その1) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/eca436d8d6ae13bf3c0001266dfb088e 

●2018年度受験予定の皆さんへ(その2) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/713299bf2a01f0f1a1eec7eb37af7ab6 

●2018年度受験予定の皆さんへ(その3) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/126efb62e2dcce495d57627f3d40c02d 

●2018年度受験予定の皆さんへ(その4) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7166fd4e2216a6f5952242f33c494c95 

●2018年度受験予定の皆さんへ(その5) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/67c3bf560e065dab96e072c3df0c5c08 

●2018年度受験予定の皆さんへ(その6) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/088851a11ffc208d002c748be89b5cd7 

●2018年度受験予定の皆さんへ(その7) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/f5fe2955c461ce7b32f61aa9ca5410a4 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度受験者必見資料(その1) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
「通訳案内士試験ガイドライン新旧対照表」 
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=1 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度受験者必見資料(その2) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
平成30年度第1次筆記試験の『通訳案内の実務』に出題される<研修テキスト>です! 

●観光庁<研修テキスト>(全体) 
https://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=2 

●表紙・目次、章、資料の各部分 

表紙・目次 
http://www.mlit.go.jp/common/001228605.pdf 

第1章 通訳案内士法・旅行業法等に関する知識 
http://www.mlit.go.jp/common/001228606.pdf 

第2章 旅程管理の実務 
http://www.mlit.go.jp/common/001228607.pdf 

第3章 危機管理と事前調査 
http://www.mlit.go.jp/common/001228608.pdf 

第4章 災害発生時等における適切な対応 
http://www.mlit.go.jp/common/001228622.pdf 

第5章 コンプライアンス 
http://www.mlit.go.jp/common/001228623.pdf 

第6章 宗教上の注意点・食事制限の知識 
http://www.mlit.go.jp/common/001228611.pdf 

第7章 文化別・国別の特徴 
http://www.mlit.go.jp/common/001228612.pdf 

資料編 
http://www.mlit.go.jp/common/001228625.pdf 

●詳しくは、下記をご覧ください。 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/f1db429597d62132eff1d2ebe678ce50 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度受験者必見資料(その3) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
平成30年度一般常識筆記試験は、平成29年版『観光白書』から出題されます! 

●平成29年版『観光白書』概要 
http://www.mlit.go.jp/common/001187257.pdf 

●平成29年版『観光白書』目次 
http://www.mlit.go.jp/common/001211872.pdf 

●平成29年版『観光白書』本文(第 I 部 観光の動向) 
http://www.mlit.go.jp/common/001211873.pdf 

●平成29年版『観光白書』本文(第 II 部 持続可能な賑わいを有する観光地づくりに向けて) 
http://www.mlit.go.jp/common/001211874.pdf 

●平成29年版『観光白書』本文(第 III 部 平成28年度に講じた施策) 
http://www.mlit.go.jp/common/001211875.pdf 

●平成29年版『観光白書』本文(第 IV 部 平成29年度に講じようとする施策) 
http://www.mlit.go.jp/common/001211876.pdf 

●平成29年版『観光白書』資料編 
http://www.mlit.go.jp/common/001211877.pdf3 

●詳しくは、下記をご覧ください。 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/37df48e184dc0d6345f8c41ff7390673 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2017年度<合格体験記>(1)~(120) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<合格体験記>は、受験者に最高の指針を与えてくれます! 

●通訳案内士試験 2017年度<合格体験記>(1)~(30) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/9ffe0fbe137a1c8fb9d805d8f5462e76 

●通訳案内士試験 2017年度<合格体験記>(31)~(50) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/b969c33d6fec4a779fc50c297fc4fd6b 

●通訳案内士試験 2017年度<合格体験記>(51)~(70) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/33cbc7e08f8213b3271e5f4d1e975c20 

●通訳案内士試験 2017年度<合格体験記>(71)~(80) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/43d1c84d542b271f7a4cb547dff91424 

●通訳案内士試験 2017年度<合格体験記>(81)~(90) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/086b0098f51d42dab5358368fd7a96fa 

●通訳案内士試験 2017年度<合格体験記>(91)~(100) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/e2fae43a4a77aed40600e10ec9776c98 

●通訳案内士試験 2017年度<合格体験記>(101)~(110) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/4e86d8e946431dce18f47c26f56d52a7 

●通訳案内士試験 2017年度<合格体験記>(111)~(120) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/19184a0d5bd06f8bf94752ec1a1f1573 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
食い物にされないようにくれぐれもご注意ください! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<予備校110番> 
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/e576eb3f32e964badd912f2ff87f35bd 

<派遣会社110番> 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/ffa162d2fa08214cbf61d347b1549c76 

●派遣会社と紛争になったら、<派遣ユニオン>の関根秀一郎書記長にご相談ください。
・メールアドレス:sekine@zenkoku-u.jp 
・ホームページ:http://www.haken-union.jp/ 

以上

コメント

観光庁が、観光庁<研修テキスト>を公開しました!

2018年05月01日 13時47分52秒 | ●2018年度受験予定の皆さんへ

観光庁が、観光庁<研修テキスト>を公開しました!

この度、観光庁は、下記内容の観光庁<研修テキスト>を公開しましたのでご紹介いたします。
これは、本年から新たに実施される第1次筆記試験の<通訳案内の実務>科目の必須学習内容でもあるので、受験者は、本<研修テキスト>を印刷の上、よく勉強する必要があります。

●観光庁<研修テキスト>(全体)
https://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=2

●「通訳案内士試験ガイドライン新旧対照表」も必ずご参照ください。
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
観光庁<研修テキスト>の内容(本書目次より抜粋)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●第 1 編 旅程の管理に関する基礎的な項目・関係法令に関する基本的な知識

・第 1 章 通訳案内士法・旅行業法等に関する知識

第 1 通訳案内士制度について
1 通訳案内士法の改正
2 全国通訳案内士と地域通訳案内士について
3 憧れの職業となるよう位置づける
4 全国通訳案内士試験の見直し
5 通訳案内士法の一部改正に伴う経過措置の研修(観光庁研修)
6 登録研修機関が行う通訳案内研修の受講義務
7 登録研修機関

第 2 旅行業法
1 旅行業法とは
2 旅行の種類
3 登録制度と旅行業者の業務範囲
4 旅行サービス手配業
5 旅行業者等の書面交付義務
6 禁止行為

第 3 旅行業法に基づく旅程管理
1 旅程管理業務とは
2 旅程管理主任者とは
3 旅程管理主任者資格の取得方法
4 旅程管理主任者の法定業務
5 通訳案内業務と添乗員業務の兼務

・第 2 章 旅程管理の実務

第 1 旅程管理の必要性
1 旅程管理に関する多様な実務
2 二つの旅程管理について
3 広義の旅程管理について
4 お客様の把握・理解

第 2 訪日外国人旅行者に対する特別な配慮
1 日本の生活様式やルールの説明
2 集合時間/場所の周知
3 食事の際の配慮
4 日本旅館での配慮
5 多様な質問に対する準備と心構え

第 3 添乗の準備
1 書類等の受け取りと確認

第4 添乗
1 貸切バスでの添乗
2 列車での添乗
3 航空機での添乗
4 船舶での添乗
5 クルーズ船乗船の場合
6 立ち寄り先観光
7 食事について
8 宿泊施設について
9 自由行動等について
10 最終日/帰着・解散

第 5 報告・精算
1 報告
2 報告についての注意点
3 報告書とともに提出するもの
4 精算書
5 精算書とともに提出するもの

●第 2 編 危機管理・災害発生時等における適切な対応

・第 3 章 危機管理と事前調査

第 1 全国通訳案内士にとっての危機管理の基本的考え方
1 「第 2 章 旅程管理の実務」との関係
2 なぜ、全国通訳案内士が危機管理の対応に努めなければならないか
3 全国通訳案内士にとっての危機管理

第 2 事前調査
1 依頼者からの情報の収集・整理
2 事前調査のポイント
3 下見による調査

第 3 危機の事前防止及びトラブルの最小化
1 広義の意味での危機としてのトラブルを防止する方法
2 トラブル事前防止の方法
3 迷子を出さないための工夫
4 万が一、迷子が出てしまった場合の対応方法

第 4 危機発生後の適切な対応
1 危機における基本姿勢
2 クレームへの適切な対処
3 危機対応の事例

・第 4 章 災害発生時等における適切な対応

第 1 災害発生時等の対応の基本
1 災害発生時における行動の基本
2 初動対応―災害が起きたら―
3 避難行動
4 けが人・病人等が出た場合の対応

第 2 救急救命措置
1 救急救命措置における全国通訳案内士の役割
2 応急手当

第 3 外国人旅行者に対応可能な医療施設等に関する知識
1 主な医療施設の種類
2 どの医療施設を受診するか
3 診療の流れ
4 遠隔医療通訳サービス

第 4 危機管理/災害時対応で有用な情報
1 自然災害時に役立つアプリケーション等
2 インバウンド向け旅行保険

・第 5 章 コンプライアンス

第 1 著作権法
1 著作権制度の概要
2 著作物の使用方法と罰則について
3 全国通訳案内士による著作物の使用について

第 2 道路運送法
1 旅客自動車運送事業について
2 全国通訳案内士の業務における自家用車の使用について
3 旅客自動車運送事業者の利用について

第 3 商品・サービスの説明に関係する法令
1 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
2 不当景品類及び不当表示防止法
3 全国通訳案内士による商品・サービスの口頭説明時の留意事項について

●第 3 編 外国人ごとの生活文化への対応

・第 6 章 宗教上の注意点・食事制限の知識

第 1 なぜ、外国人ごとの生活文化への対応が必要か
1 背景
2 食は、訪日旅行の最大の楽しみ
3 食の多様性と多文化共生
4 「お客様が要望する」食材と料理に関する理解

第 2 宗教ごとの特徴
1 宗教ごと対応の基本
2 イスラム教
3 ユダヤ教
4 キリスト教
5 仏教
6 ヒンドゥー教
7 ジャイナ教

第 3 食事制限に関する知識
1 ベジタリアン
2 食物アレルギー

第 4 飲食店等での受入れ対応方法
1 飲食店等での受入れにおける全国通訳案内士の役割
2 飲食店等との連携による接遇の基本
3 飲食店等における対応の方法

・第 7 章 文化別・国別の特徴

第 1 訪日客全体の状況

第 2 東アジア
1 韓国
2 中国
3 台湾
4 香港

第 3 東南アジア
1 タイ
2 シンガポール
3 マレーシア
4 インドネシア
5 フィリピン

第 4 北米
1 アメリカ合衆国
2 カナダ

第 5 ヨーロッパ
1 英国
2 ドイツ
3 フランス
4 イタリア
5 スペイン
6 ロシア

第 6 オセアニア
1 オーストラリア

●資料編
資料 1 覚えておきたい専門用語
資料 2 著作者人格権と著作権(財産権)
資料 3 著作物の種類
資料 4 著作権の保護期間
資料 5 著作物が自由に使える場合
資料 6 通訳案内士による自家用車を用いた通訳案内行為について
資料 7 その他の応急手当(ファーストエイド)のケースごとの対応について
資料 8 救急救命の手順
資料 9 医療施設に関する情報源
資料 10 和食の 4 つの特徴
資料 11 ハラル認証
資料 12 宗教に関する情報の問い合わせ先一覧
資料 13 ベジタリアンの定義や最近の動向
資料 14 ピクトグラム対応(情報開示型)
資料 15 医学用語の多言語翻訳(10 言語)

●観光庁研修テキスト

第 1 編 旅程の管理に関する基礎的な項目・関係法令に関する基本的な知識
第 1 章 通訳案内士法・旅行業法等に関する知識
第 2 章 旅程管理の実務

第 2 編 危機管理・災害発生時等における適切な対応
第 3 章 危機管理と事前調査
第 4 章 災害発生時等における適切な対応
第 5 章 コンプライアンス

第 3 編 外国人ごとの生活文化への対応
第 6 章 宗教上の注意点・食事制限の知識
第 7 章 文化別・国別の特徴

資料編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
観光庁<研修テキスト>の章ごとのURL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
表紙・目次
http://www.mlit.go.jp/common/001228605.pdf

第1章 通訳案内士法・旅行業法等に関する知識
http://www.mlit.go.jp/common/001228606.pdf

第2章 旅程管理の実務
http://www.mlit.go.jp/common/001228607.pdf

第3章 危機管理と事前調査
http://www.mlit.go.jp/common/001228608.pdf

第4章 災害発生時等における適切な対応
http://www.mlit.go.jp/common/001228622.pdf

第5章 コンプライアンス
http://www.mlit.go.jp/common/001228623.pdf

第6章 宗教上の注意点・食事制限の知識
http://www.mlit.go.jp/common/001228611.pdf

第7章 文化別・国別の特徴
http://www.mlit.go.jp/common/001228612.pdf

資料編
http://www.mlit.go.jp/common/001228625.pdf

●観光庁<研修テキスト>(総合版)(上記すべて)
https://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=2

以上

コメント

平成30年度一般常識筆記試験は、平成29年版『観光白書』から出題されます!

2018年05月01日 13時47分39秒 | ●2018年度受験予定の皆さんへ

平成30年度一般常識筆記試験は、平成29年版『観光白書』から出題されます! 

平成30年度(2018年度)の通訳案内士試験ガイドラインの<V>では、一般常識筆記試験について、下記にように、「 例えば、試験実施年度の前年度に発行された「観光白書」のうち、外国人観光旅客の誘客 に効果的な主要施策及び旅行者の安全・安心 確保に必要となる知識 」から出題されることが明記されています。 
なので、受験生は、下記の 平成29年版『観光白書』を印刷して準備をしておかなくてはいけません。 

V.一般常識筆記試験について 

(1)試験方法 
・試験は、現代の日本の産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識(例えば、試験実施年度の前年度に発行された「観光白書」のうち、外国人観光旅客の誘客に効果的な主要施策及び旅行者の安全・安心確保に必要となる知識、並びに新聞(一般紙)の 1 面等で大きく取り上げられた時事問題等)を問うものとする。 
・試験の方式は、多肢選択式(マークシート方式)とする。 
・試験時間は 20 分とする。 
・試験の満点は、50 点とする。 
・問題の数は、20 問程度とする。 

(2)合否判定 
・合否判定は、原則として 30 点を合格基準点として行う。 
・実際の平均点が、合格基準点から著しく乖離した科目については、Ⅰ(4)において記載した合格基準の事後的な調整を行うこともある点に留意すること。 

━━━━━━━━━━━━━ 
平成29年版『観光白書』 
━━━━━━━━━━━━━ 

●概要 
http://www.mlit.go.jp/common/001187257.pdf 

●目次 
http://www.mlit.go.jp/common/001211872.pdf 

●本文(第 I 部 観光の動向) 
http://www.mlit.go.jp/common/001211873.pdf 

●本文(第 II 部 持続可能な賑わいを有する観光地づくりに向けて) 
http://www.mlit.go.jp/common/001211874.pdf 

●本文(第 III 部 平成28年度に講じた施策) 
http://www.mlit.go.jp/common/001211875.pdf 

●本文(第 IV 部 平成29年度に講じようとする施策) 
http://www.mlit.go.jp/common/001211876.pdf 

●資料編 
http://www.mlit.go.jp/common/001211877.pdf3 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<通訳案内の実務>対策<研修テキスト>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
観光庁の<研修テキスト>は、第1次筆記試験の<通訳案内の実務>科目の必須学習内容です。
受験者は、<研修テキスト>を印刷の上、学習しておくこと。

●観光庁<研修テキスト>(総合版)
https://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=2

●「通訳案内士試験ガイドライン新旧対照表」も必ずご確認ください。
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=1


以上 

コメント