通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

第2次口述試験受験対策<2次セミナー>の資料、動画を無料公開!

2018年12月30日 05時19分58秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

第2次口述試験受験対策<2次セミナー>(その1)の資料、動画を無料公開! 

2018年度、第2次口述試験受験の最強、最高の<2次セミナー>の資料と動画を無料公開! 

資料を印刷した上で、動画をご覧ください! 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(その1)の資料、動画 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●資料(いわゆる切腹資料) 
http://www.hello.ac/2018.10.14.2nd.seminar.koukai.pdf 

※切腹資料とは、「これでダメなら切腹します」という気概を持って作成した資料の意味です。 

●動画 
https://youtu.be/LircL1N9sDc 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(その3)の資料、動画 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
・<2次セミナー>(その3)の資料 
http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf 

・<2次セミナー>(その3)の動画 
https://youtu.be/9zaW5t6cdNE 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
第2次口述試験合格必勝<鉄板資料><鉄板動画> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●合格必勝<鉄板資料> 

・日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> 
http://www.hello.ac/teppan128.pdf 

・<プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答予想問題60題 
http://www.hello.ac/yosou60dai.pdf 

・第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> 
http://www.hello.ac/teppan70.pdf 

●「日本的事象英文説明300選」の購入方法 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 

以上

コメント

<2次セミナー>(その3)の動画を公開!

2018年11月20日 13時13分02秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<2次セミナー>(その3)の動画を公開! 

11月17日に開催しました2018年度全国通訳案内士試験 第2次口述試験対策<2次セミナー>(その3)の動画を下記にて公開させていただきましたのでご覧ください。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(その3)の動画 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
https://youtu.be/9zaW5t6cdNE 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(その3)の資料 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●<2次セミナー>(その3)の資料(セミナー資料+参加者のご質問+「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題>) 
http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
下記は、上記の資料を個別化したファイルです 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> 
http://www.hello.ac/teppan128.pdf 

●<参加者の皆さんからのご質問> 
http://www.hello.ac/questions.pdf 

●第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題>(おまけ) 
http://www.hello.ac/teppan70.pdf 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
その他、参考となる資料(1) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●<2次セミナー>(その3)参加者のご感想 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/86bdfd9e82e0e03a9564a121190bd377 

●「日本的事象英文説明300選」(受験者のバイブル)の購入方法 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
その他、参考となる合格必勝資料(2) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●2018年度2次試験<プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答・予想問題60題(1~30) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/a48a32223a2a1fecea3e11b3d36667e4 

●2018年度2次試験<プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答・予想問題60題(31~60) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/3174dbeab33345c7e401c48f0d87c8af 

以上

コメント

<2次セミナー>(その3)の資料を公開!

2018年11月20日 00時07分44秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<2次セミナー>(その3)の資料を公開!

11月17日に開催しました2018年度全国通訳案内士試験 第2次口述試験対策<2次セミナー>(その3)の資料を下記にて公開させていただきますので、ご参照ください。

●<2次セミナー>(その3)の資料(セミナー資料+参加者のご質問+「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題>)
http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.combined.pdf

下記は、上記の資料を個別化したファイルです。

●「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題>
http://www.hello.ac/teppan128.pdf

●<参加者の皆さんからのご質問>
http://www.hello.ac/questions.pdf

●第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題>(おまけ)
http://www.hello.ac/teppan70.pdf

●<2次セミナー>(その3)参加者のご感想
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/86bdfd9e82e0e03a9564a121190bd377

●「日本的事象英文説明300選」(受験者のバイブル)の購入方法
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

以上

コメント

<2次セミナー>(その3)参加者のご感想

2018年11月19日 11時48分11秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<2次セミナー>(その3)参加者のご感想

11月17日に開催した<2次セミナー>(その3)参加者のご感想をご紹介いたします。

●昨日は2次セミナー(その3)開催いただきありがとうございました。
静岡よりお邪魔させていただく関係や、仕事との調整がうまくいかず、初めて参加することができ、大変有意義な時間となりました。
いつもDVD等では拝見させていただいていましたが、日々のいろいろな事で集中できず理解度も会場にお邪魔してお話を聞く方が何倍も集中でき、頭に入り腑に落ちたように思います。
今日から早速<切腹鉄板予想問題70題>に取り掛かりました。不安に打ち勝つためにできる最大限の準備を「気を使わず頭を使って」戦略的に、サインをいただいた「300選」を傍らに、最後まで諦めず頑張ります。
モチベーションたくさんいただきました。本当にありがとうございました。

●昨日は、すばらしいセミナーを受講させていただき誠にありがとうございました。
①口述試験の予定内容について
通知はさっと読み流していましたが、改めて解説いただき、出題者の狙いがわかりました。
特に、「キーワードわからないと止まってしまうので、細部にこだわらず大雑把に伝えることが大切」というアドバイスは大変参考になりました。
また、「外国語訳+質疑」が試験のヤマとなることを認識できたので、重点的に準備したいと思います。

②外国語を話すことが苦手な人が、第2次口述試験に合格する秘訣
まさに、英語を話すことが苦手な自分にとっては、希望につながるお話でした。
ただ先生のように「落語セメダイン方式」を本番の試験で応用できるかは自信がありませんが(笑)

③<切腹鉄板予想問題70題>、「300選」<鉄板厳選128題>
試験まで残り3週間ですが、最後まで何とか<切腹鉄板予想問題70題>、「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題>にくらいついていきます!

④連日遅くまで、好きな新聞も断ち、受験生のために昨日のセミナーを準備いただきありがとうございました。
また、受付ボランティアの方々にも大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。大変力になりました。

●本日は誠にありがとうございました。
実は一次試験通過をあきらめていたのを言い訳に、二次対策をほとんどやっておらず、最後のチャンスのつもりで、この度参加させていただきました。
まさに、これでダメなら本当にダメだと思える、最強の資料とセミナーでした。
<切腹鉄板予想問題70題>からさらに絞った53項目、そして「300選」<鉄板厳選128題>!
ここまでしてくださった植山先生の愛情を感じました。
まずは、教えていただいた最低限のことを完璧にし、前向きに頑張る決心がようやくできました。
今からじゃ遅いだろ、っておもわず、まだ3週間ある!との気持ちで、仕事、家庭は二の次三の次に、邁進いたします。
先生とのツーショットを待ち受けにして、これから毎日、元気と勇気と幸運をいただきます!
本当にありがとうございました。

●今日はセミナーに参加させて頂いて、勇気百倍です。
先生の人生、哲学までを含んだ奥の深い内容の2次試験対策を消化理解するのには、しばらく時間がかかりそうです。
ただ「人事を尽くして天命を待つ」の心境で、最後まで、出来るだけの努力をすることに尽きると覚悟を決めました。
それぞれのトピックスについて、暗記を続けます。
そしていかに、自分のストーリーを作って、エンターテイメントにしていくか・・・これを考えると前向きに楽しむことが出来そうです。個人のエピソードを入れるのも、良いかも知れません。
残された限られた時間のなかで、いかに頭を使って準備していくか、優先順位をつけて、応用工夫していくか・・・厳しいところですが、やるだけやってみます。
先生がほぼ徹夜で用意して下さった今日の資料(<切腹鉄板予想問題70題>、「300選」<鉄板厳選128題>)を手元において、毎日見ながらあと3週間を頑張りたいと思います。
有難うございました。

●今日も貴重な講義をありがとうございました。
ファイル資料作成のために、大変な労力を割いていらっしゃることを伺い、先生並びに受付の方々にも、心から感謝いたします。
講義を受けて、気持ちが穏やかになりました。
やはり哲学を専攻されていた先生のお話は、まるで、大学時代に戻り(カトリックの大学だったので)神父さまからお話を伺ってるようでした。
この講義を無駄にしないために、全力でがんばります!
ありがとうございました!

●昨日、初めてセミナーに参加しました。
植山先生、ビデオで見るよりお若くてステキでした。貴重な講義と資料ありがとうございました。
また、資料をファイルにまとめてくださったボランティアの方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。
私は一次試験でおちてしまい、新しい一歩を踏み出すことができずに落ち込んでいました。
でも今回のセミナーを受けて前向きな気持ちになることができました。
先生のお話を伺うと、私は全く実力が伴っていなくて、もし一次に受かっていても二次は無理だったろうなと思いました
でも、私にはまだ一年の時間がある!それならば「300選」もおぼえられるかもと感じました。
先生が精選してくださった<切腹鉄板予想問題70題>からしっかり覚えていきたいと思います。
「言語の本質は音声だから、1日中英語をBGMとして聴くこと!」とのお話は特に印象に残りました。
今日から、来年の二次にむけて実践したいと思います。
いつもは一人で机に向かっているので、志を共にする方々と一緒に学習できたことも大変刺激になりました。
みなさん、二次試験がんばってくださいね。

●いつも大変お世話になっております。
本日、2次セミナー(その3)に参加させていただきました。
直前期に、先生の通訳案内士試験対策のノウハウが凝縮された貴重なお話を拝聴できなによりでした。
限れた時間の中で、何をすべきかという勉強の指針を与え、また不安を取り除いてくださる素晴らしいセミナーでした。
残り期間、<切腹鉄板予想問題70題>、「300選」<鉄板厳選128題>をできる限り回転し(人事を尽くし)、「切腹資料」と「300選」をお守りに、会場へ向かいたいと思います。
このような貴重なセミナーを開催していただきましたこと心より感謝しております。

●植山先生、本日は、ありがとうございました。
①今日の資料は印刷しなくてもいいのかしら…と疑問に思いつつ参加しました。立派なファイル資料を用意して下さったのですね。
 先生が、引退されずに、「こういう、受験分析訳資料作りが、三度の飯より好き」とおっしゃって下さり、受験生としては、大変心強いです。
 今日は、しばらく封印されていた、植山節の楽しい脱線話が聞けて、楽しく、為になりました。
②為になった話
 その1:自分が旅行者だとして、ガイドに対して、こうあってほしいというガイドを演じて下さい。→マチュピチュの無資格ガイドのようにならないように、と思って演じます。
 その2:評価項目5つを考えて練習すること。 →もう一度、評価項目を確認出来ました。
 その3:暗記が出来るとハロー思いません。という方に対して、この方は、逃げてます。まだ一カ月あります。→これは、私の心に響きました。私も暗記がニガテです。
 その4:一人で練習するのが寂しいなら、犬猫、いや、逃げてしまわない、魚か鳥を相手に練習。→ぬいぐるみにでもいいから、やってみます。
 その5:準備が出来てないから不安になる。先生は逆に楽しみだった。→私の不安も準備不足です。
③模擬面接、今年も開いて下さい。お願いいたします。今日はなんのお手伝いも出来ず、申し訳ありませんでした。お身体に お気をつけください。

●昨日もありがとうございました。
先生が徹夜で作られた資料を今日からじっくり読んで、準備に備えたいと思います。
英語を話すのは私は苦になりませんが覚えるのが大変です。
昨日受講したおかげで試験日のイメージが頭に浮かび、段々と緊張がほぐれてきたように思います。
頭を使って準備することを肝に銘じて試験日まで頑張っていきます。ありがとうございました。

●本日のセミナーありがとうございました
受講料2,00円でファイル付資料まで準備頂き 先生の受験生に対する思い入れの深さを感じます。
昨年は1次で敗退し 今年初めて2次試験を受けますが本日のセミナーでの先生の話をお聞きして もやもやが 吹っ切れました。
試験日までは 悔いの残らないように 目一杯準備を行い 試験当日は気を楽にして ここまで準備したのだから 落ちるはずはないと 自分に言い聞かせて 気楽に臨むようにしたいと思います。
本日は 貴重なアドバイス ありがとうございました。

●昨日(11月17日)のセミナー、ありがとうございました。
通訳案内士になったつもりで面接に臨むべし、というあたり、本当にその通りなのですが、改めて再認識しました。
地理に2回失敗し、今年仕切り直しで全科目再受験、幸い合格しました。
勉強も三年目に入り、情熱もやや薄れ、ともすればだれがちな毎日に活を入れるべく、最後のセミナーに参加しました。切腹資料も購入しましたが、
素晴らしい資料で強い刺激を受けました。試験まで一ヶ月を切りましたが、この切腹資料を参照し、要所要所を中国語に訳しながら、面接に備えたいと思います。
先生には、健康に留意され、益々のご活躍をお祈りします。私も負けないよう頑張ります。

●昨日は、ありがとうございました。
2次まで3週間と迫り、自分のやり方が正しいのか迷っていた時なので、とても励みになりました。
迷っていても仕方がありません。ただやるのみですね。頑張って、笑顔で合格を勝ち取りたいと思います。
頭をフルに使って、人事を尽くして天命を待つの境地に行くまで、最善を尽くします。昨日は、ありがとうございました。

●11月17日土曜日の二次セミナーはその前の大所帯の講義に比べてややこじんまりとアットホームな今年の試験の大改革後にようやく植山先生も自信を持たれてこうすればいいのでは感を来た人達にご披露されている感じがしました。
資料はより具体的、実践的で二次試験に対処するエッセンスに溢れています。→<切腹鉄板予想問題70題>、「300選」<鉄板厳選128題>
二回の二次試験に惜しくも不合格を出した末に植山先生直々に電話をしたらすぐにブログ読者になりセミナーにも毎回出ました。
英語だけは合格、他四つは再度の結果になりましたがある自信を植山先生からいただいたのでまた4科目と最終難関二次試験に向けて頑張ります。
今回はお世話になりました当然としてボランティアが出来て嬉しかったです。
来年度こそは、武蔵になり頑張ります。

●本日は「この後に及んでもまだ迷い続ける子羊」のため、最後の叱咤激励&盛り上げセミナーを開催して下さり、ありがとうございました。元気が出ました。
先生の英検1級受験のエピソードが、勿論全てのプレゼンに当てはまる訳ではないとは思いますが、その考え方、出されたお題をいかに自分のパターンにはめ込めるかで勝負が決まる、ということは、大変よく理解できました。知っていることを絞り出して並べていくよりも、遥かにまとまりのあるプレゼンができそうな気がしてきました。これからマイパターンをいくつか作成しようと考えています。
例えば日本固有の道具について、
①定義、使用目的をまず示し、
②元来.....現在.....と今昔に触れ、
③自分の知識に基づく補足説明や経験からのエピソードで話を広げ、
④外国人観光客へのメッセージで結ぶ。
というような感じではいかがでしょうか?
何か試験が楽しみになってきました。植山先生と撮っていただいた写真を待ち受けにして、残り3週間がんばります!
今日は参加して良かったです。ありがとうございました。

●今回も、先生の熱意溢れる講義をお聴きすることができ、やる気がわいてきました。
講義の始まる直前まで、練りに練ったファイル資料を用意してくださり、本当に感謝しています。
第1回目の特別セミナーの内容を、ぎりぎりまで精選してくださり、これから何に集中して準備するのかが、さらに明確になりました。 
二次試験が刻一刻と近づき、「気をもんでいるより、頭を使って準備すること」と、厳しく温かく指導していただき、すっきりしました。
先生ご自身が、英検1級や通訳案内士の試験に向けて、どのように準備されたのか、笑いの中に、大切なポイントが凝縮され、大きなヒントになりました。
予想問題(<切腹鉄板予想問題70題>、「300選」<鉄板厳選128題>)を徹底的に暗記し、外国語訳+質疑では、「私 失敗しないので」と言い切ることができるよう、頑張ります。
そして、先生に合格の報告ができることを、しっかりとイメージし、試験に臨みます。

●本日は2次セミナーを開催していただきありがとうございました。
試験まで3週間になり、準備が進んでいないことから焦りが出てきて不安になっていましたが、今日のセミナーを受講して改めて勇気と希望が沸いてきました。
特にメンタル面のお話は自分にとって非常に為になりました。
頭を使い、気を使うなというお話はまさに的を得たりという感じで心に響きました。
思い悩むよりも資料をもとに改めて冷静に準備し諦めずに試験に臨みたいと思います。
残り3週間でどこまで出来るか試してみたいと思います。本日はありがとうございました。

●今までほとんどのセミナーに参加させていただきまして、ありがとうございました。
今年度はこれで終わりと伺い、先生の熱意とユーモアあふれる講義をもう聞けないと思うととても寂しい気持ちになりました。
前回の嘉悦先生の講義で「綿菓子」をいただき、昨日でまたダメ押しをしていただいたような気持ちです。
丁寧に、細部まで解説された資料を見ていると 必ず合格するぞという気持ちが湧いてきました。
もうほとんど追い込みの時期で  あれもこれもと とても焦る気持ちがありますが 予想問題の優先順位を押さえつつ、おちついて努力したいと思います。
面接練習も期待しております。(もし開催されましたら・・・)

●二次セミナー(その3)、ありがとうございました。
「その1」「その2」「その3」と受講して、繰り返し言われた大事なことを胸に刻むことができました。
また、出題が予想される事項や最低限押さえておくべきことも、ある程度イメージすることができたように思います。
残った時間は限られておりますが、本番まで精一杯がんばります。

●本日はエネルギー溢れる先生の講義を拝聴いたしました。どうもありがとうございました。
仕事上、どうしても捨てることのできない時間はありますが、限られた中、できる限り、心を尽くし、力を尽くし、合格を信じて、残りの時間を決して無駄にせず、精一杯走ってみようと思います。
次にはきっと、「合格の御礼」のメールができますようにがんばります。

●初ライブ参加になります。
早めに行ったのですが、先生も熱心に講演の準備をされており、また、ビデオカメラもご自分でスイッチをいれられているのには、驚きました。
講演中は、もちろん、休み時間も立たれており、71歳のお元気なことに、パワーをいただきました。
私が一番気になっていた。プレゼンと通訳の順序の変更および通訳の日本語の質問について、明確にご説明いただき、疑問がとけ、集中して勉強することができます。
プレゼンについて、いかに自分のストリーに持ち込むか、先生のペルーの通訳のお話し英検一級のプレゼンなど、<2次セミナー>(その1)のDVDのセミナーでも、聞いておりましたが、いいお話は何度きいても、いいとわかりました。
自分も いい話を準備し、本場のプレゼンに臨みたいと思います。
これから、一気に「300選」<鉄板厳選128題>は覚えます。
本日はありがとうございました。

●本日は、熱のこもったセミナーをありがとうございました。
先生に直接お会いするのは初めてでしたが,今までYouTubeやメルマガなどで接していたせいか全く何の違和感もなく、セミナーに没入できました。
先生ご自身の若い時の経験に基づく話や、休憩時間に受講者と気さくに雑談される姿に大変親しみを感じました。
これからの3週間、本日の資料の<切腹鉄板予想問題70題>、「300選」<鉄板厳選128題>に集中して悔いのないように頑張りたいと思います。先生が、徹夜までして頑張っておられるのですから!!
・蛇足
昨年秋、CT社のツアーで南米に行ってきました。LA経由の13日間のツアーでおそらく先生が2年前に行かれたのとほぼ同じようなコースです。
先生のコンプレインの効果か、クスコ、マチュピチュのガイドもリマ、ナスカのガイドもペルーの公認資格を持った日本人ガイドでしっかりと案内をしてくれましたよ。

●昨日も、いつもと同様、至れり尽くせりのセミナーをありがとうございました。
口述試験の予定内容の分析も、準備の方法、予想問題も大変参考になりました。
同時期に別の試験を控えて、準備の仕方に少し迷いがあったのですが、昨日、先生から、これだけの資料を作るのに新聞は読めない、一度に全部はできないでしょうというお話を伺い、ガイド試験の準備に全力を傾ける決心がつきました。
本当にどうもありがとうございました。

●昨日は二次試験対策セミナーに参加させていただき、ありがとうございました。
比較的小規模な集まりで、アットホームな感じがよかったです。
今回はテクニック的なことよりも口述試験にあたっての心構え、メンタル面で気持ちを新たにすることができました。
「人事を尽くして天命を待つ」の心境に至るまで、資料の読み込みを行っていきたいと思います。

●本日はどうもありがとうございました。
あと3週間、気はあせれども頭働かずの状態がなんとなく続いているようで不安ばかりでしたが、先生の「あきらめるな」の檄を聞いて何とか前に進めるようです。とにかくできることは頑張ってやります。
本当にありがとうございました。

●本日の講義誠にありがとうございました。
参加させていただきました主目的は、
①学習内容優先度の指針を確認させていただくことと
②先生の強力パワーを少しでも頂いて気力を充実させることでしたので、達成感あります。
絞りに絞って、これで切腹させられたのではたまらないレベルに達してしまっているかと思います。
更に励みます。切腹する?覚悟を持って、受講生としまして。

●本日はどうもありがとうございました。
二次試験の準備をほとんどしておらず、正直諦めかけていたところ本日の直前講習で「まだ諦めるべきではないと気持ちを新たにいたしました。
まずは頂いた資料の中の<切腹鉄板予想問題53題>を頭に叩き込むことから始めたいと思います。
重ねてのお礼となりますが、本日は貴重な機会を設けていただき誠にありがとうございました。

●今日も勇気と知識の両方をいただける貴重な講義ありがとうございました!
「私は合格に相応しい人間である」と唱えつつ、日々先生の鉄板、厳選問題が完全に自分のモノとなるまで勉強したいと思います。
引き続き試験当日まで応援よろしくお願い申し上げます。

以上

コメント

2018年度2次試験<プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答・予想問題60題(1~30)

2018年11月19日 11時41分45秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

2018年度2次試験<プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答・予想問題60題(1~30)

英語以外の外国語受験者は、日本語部分を各外国語に訳してご準備ください。

[自然] 
(1) What is Japan’s climate like? 
There are four distinct seasons in Japan; spring, summer, fall and winter. There is also a rainy season between spring and summer. Japan’s climate is influenced by summer and winter monsoons, ocean currents and topographical features.
(1) 日本の気候はどのようなものか。 
日本には春夏秋冬というはっきりした四季があり、春と夏の間には雨季もある。日本の気候は、夏と冬の季節風、海流、地勢に影響を受けている。

(2) How big is Japan?
Japan’s land area is about 378,000 km2, which is slightly smaller than the state of California in the United States or slightly larger than the entire size of Germany. Japan’s archipelago stretches some 3,500 km (2,170 miles) between the northernmost and southernmost points.
(2) 日本の大きさはどれくらいか。 
日本の陸域面積は約378,000 km2で、米国のカリフォルニア州よりも少し小さく、ドイツの全面積よりも少し大きい。日本列島は北端から南端まで約3,500 km (2,170マイル)伸びている。

(3) Please tell me about the topographical features of Japan.
Japan is a very mountainous island nation. Although its total land area is a little smaller than California, 67% is covered by mountains. Plains account for only 13%. Japan also has 111 of the world’s 1,500 active volcanoes.
(3) 日本の地形的な特徴について教えてほしい。
日本は非常に山がちな島国である。日本の全陸域面積がカリフォルニアよりも少し小さいのに、67%が山地である。平野はわずか13%である。また、世界に1,500個ある活火山のうち111個が日本にある。

(4) Why are there many volcanoes in Japan? 
It is because Japan is located on the circum-Pacific earthquake belt. There are 111 active volcanoes in Japan. It is said that about 7.4% of the world’s 1,500 active volcanoes are concentrated in Japan.
(4) なぜ日本にはたくさんの火山があるのか。 
それは日本が環太平洋地震帯の一部に位置しているからだ。日本には111の活火山がある。世界にある1,500の活火山の約7.4パーセントが日本に集まっていると言われている。

(5) Why are there so many hot springs in Japan? 
The number of hot springs has a lot to do with the number of volcanoes. Because Japan has lots of volcanoes, it abounds in natural hot springs.
(5) なぜ日本には非常に多くの温泉があるのか。 
温泉の数は火山の数と大いに関係する。日本には多くの火山があるので、日本は温泉に恵まれている。

(6) Why are there many earthquakes in Japan? 
The Japanese archipelago is situated along the North American Plate and the Eurasian Plate. Squeezed in under these plates are the Pacific Plate and the Philippines Sea Plate, which makes the landforms unstable, causing a lot of earthquakes in and around Japan. 
(6) なぜ日本は地震が多いのか。 
日本列島は北米プレートとユーラシアプレートに沿って位置している。これらのプレートの下に押し込まれているのが太平洋プレートとフィリピン海プレートである。そのことが地形を不安定にし、多くの地震が日本や日本近辺に発生するのである。

(7) What is typhoon? 
Typhoons, or Taifu, are violent tropical storms which often strike Japan from early summer through autumn. 
(7) 台風とは何か。 
台風は、初夏から秋に日本をしばしば襲う激しい熱帯性暴風雨である。

(8) What is tsuyu? 
Tsuyu is the early summer rainy season which begins about the middle of June and lasts about a month. This rain is needed by the farmers at rice-planting time.
(8) 梅雨とは何か。 
梅雨は、6月中頃に始まり約1ヶ月続く初夏の雨季である。梅雨は田植期の農家にとって欠かせないものである。

(9) What is the charm of spring in Japan? 
In early May, trees are covered in fresh green. Above all, spring is the season when cherry blossoms bloom so beautifully, and people enjoy “hanami,” or Cherry-Blossom-Viewing picnics, under the trees. Also, since it is neither too hot nor too cold, spring is one of the best seasons to travel.
(9) 日本の春の魅力は何か。 
5月初旬木々は新しい緑に包まれる。とりわけ春は桜が非常に美しく開花し、人々は木の下で花見を楽しむ季節である。また、暑すぎず寒すぎないので、春は旅行をするには最もよい季節のひとつである。

(10) What is the charm of summer in Japan? 
If you are interested in outdoor activities, you can enjoy swimming in the sea or climbing mountains. You can also enjoy viewing fireworks displays and Bon dances, throughout Japan in summer. 
(10) 日本の夏の魅力は何か。 
野外活動に興味があるのなら、海水浴や登山を楽しむことができる。また夏は日本各地で花火大会や盆踊りを楽しむことができる。

(11) What is the charm of autumn in Japan? 
Because it is neither too hot nor too cold, it is one of the best seasons to travel. Besides, a lot of delicious food including seafood and vegetables in season is available in autumn. Also, you can enjoy viewing the beautifully changing colors of autumnal leaves in the mountain.
(11) 日本の秋の魅力は何か。 
暑すぎず寒すぎないので、秋は旅行するには最もよい季節のひとつである。それに、魚介類や野菜を含むたくさんの旬のおいしい食べ物が秋に出回る。また、美しく色づき始めている山の紅葉を楽しむことができる。

(12) What is the charm of winter in Japan? 
You can enjoy skiing and snowboarding in ski resorts such as Niseko in Hokkaido. Its powdery snow is regarded as the best in Japan. Also, I can recommend that you go to Zaozan, on the border of Miyagi and Yamagata Prefectures. This place is famous for its winter landscape of ice-covered trees.
(12) 日本の冬の魅力は何か。 
北海道ニセコのようなスキーリゾートでスキーやスノーボーディングを楽しむことができる。ニセコの粉雪は日本で最高のものと見なされている。さらに、宮城県と山形県の境にある蔵王へ行くことを勧める。蔵王は雪をかぶった木々の冬の景観で有名である。

[歴史]
(13) Who do you think is the most important person in Japanese history?
I think it’s Tokugawa Ieyasu, who lived from 1543 to 1616. He was the founder and first shogun of the Tokugawa Shogunate, which was to maintain effective rule over Japan from 1600 through 1867. With his sweeping victory in the Battle of Sekigahara in 1600, Ieyasu became the most powerful warrior leader in Japan, and in 1603 he assumed the title of the shogun, thus succeeding in the reunification of Japan. Ieyasu established the “bakuhan” (literally, shogunate-domain) system, which was the political, economic, and social foundation of the entire Edo period.
(13) 日本の歴史の中で最も重要な人は誰だと思うか。 
それは徳川家康だと思う。彼は1543年から1616年まで生きた人だ。彼は徳川幕府を創設しその初代将軍だった。幕府は1600年から1867年まで日本を効果的に支配することを続けることになった。1600年の関ヶ原の戦いで大勝した家康は日本で最も力のある戦国大名となった。そして1603年に将軍に就任し、よって日本を再び統一することに成功した。家康は幕藩体制を作った。それは江戸時代全体の政治的、経済的、社会的基盤であった。

(14) What do you think is the most important historical event in Japan? 
It was the Meiji Restoration. It is narrowly defined to refer to the 1867 coup d’état that overthrew the Tokugawa shogunate, but it more broadly marked the beginning of Japan’s modernization. Following the opening of the country to the West in the mid-19th century, Japan had an influx of various foreign things from Western technology to the military draft system to democracy. Japan abolished its feudalistic shogunate system and developed into a constitutional monarchy.
(14) 日本で最も重要な歴史的な出来事は何だと思うか。 
それは明治維新だ。明治維新は狭義には徳川幕府を倒した1867年のクーデターである。しかしもっと広義には日本の近代化の始まりを記したものである。19世紀半ばに西洋に門戸を開放してから、日本には、西洋の科学技術から徴兵制、民主主義にいたるまで外国の様々なものがたくさん入ってきた。日本は封建的な幕府を廃して、立憲君主国に発展していったのである。

(15) Who do you think is the most influential foreigner in Japanese history? 
I think it is Commodore Matthew C. Perry, who used “gunboat diplomacy” to make Japan accept and sign “the Treaty of Peace and Amity” (or “Treaty of Kanagawa”) in 1854. This led to the opening of two ports (Shimoda and Hakodate) to American whaling ships. This also meant the end of Japan’s 220-year “sakoku” (seclusion) policy and later Japan’s signing of “The Treaty of Amity and Commerce” under conditions favorable to the U.S. in 1858. These historical events marked the burgeoning Western influence on Japan.
(15) 日本の歴史の中で最も影響力のあった外国人は誰だと思うか。 
マシュー・C・ペリー提督だと思う。彼は「砲艦外交」を利用して、1854年に日本に「和親条約」(神奈川条約)を受け入れさせ、締結させた。このことによって2つの港(下田と箱館)がアメリカの捕鯨船に開港したのである。このことはまた、日本の220年間にわたる鎖国政策が終わったことと、のち1858年に最恵国待遇の条件で日本がアメリカと「修好通商条約」を締結することを意味した。これらの歴史的な出来事は、西洋の日本におけるますます大きくなっていく影響をしるしたのである。

(16) Please explain the Meiji Restoration. Why was it so important in Japanese history?
Japan realized the need to establish a modern state to cope with powerful Western countries, once it opened its doors to the world in 1854 after 220 years of national isolation. As a result of strong demands from imperial loyalists of the lower samurai class, the last shogun Tokugawa Yoshinobu stepped down in 1867, and Emperor Meiji came to the throne. Thus, the Meiji Restoration took place in 1868, which included a series of drastic political, economic and cultural changes. Seeking to “enrich the nation and strengthen the military,” the new government promoted industrialization and modernization, through abolishing the feudal system and introducing Western culture and political systems.
(16) 明治維新を説明せよ。日本の歴史の中で明治維新はなぜそれほどまでに重要なのか。 
1854年に日本が220年間の鎖国のあとでいったん開国すると、日本は強い西洋諸国に対応するため近代国家を作る必要を悟った。武士階級の下層の勤王派からの強い要求の結果、最後の将軍となった徳川慶喜は1867年に将軍職を退き、明治天皇が即位した。このようにして明治維新は1868年に起こった。明治維新には一連の抜本的な政治的、経済的、また文化的改革が含まれる。「富国強兵」を目指して新政府は、封建制度を廃止し、西洋文化や西洋の政治制度を導入することによって、産業化と近代化を促進したのである。

(17) When did Japan end its policy of national isolation? How did it happen and what changes it brought to Japan? 
In 1853, Commodore Perry and his squadron of American ships appeared in Uraga Bay in Kanagawa to press for the opening the country. At first, powerful Satsuma (now Kagoshima Prefecture) and Choshu (now Yamaguchi Prefecture) domains were opposed to the idea of giving up the national isolation policy. With their growing knowledge of the Western power, however, they decided to switch their allegiance toward the drive to open up the country. On the other hand, the masses were suffering under inflation, and riots and attacks on shops of wealthy merchants occurred in various regions, weakening the foundations of the bakuhan system. This led in 1867 to the relinquishing of power by the 15th Tokugawa shogun, Yoshinobu, to the imperial court. A decree was made which established a government centered around the emperor, bringing to an end the long-lasting feudal system, and the Meiji period came into being.
(17) 日本はいつその鎖国政策を終わらせたのか。それはどのようにして起こったのか。またそれは日本にどんな変革をもたらしたか。
1853年にペリー提督とそのアメリカ艦隊は神奈川の浦賀湾に現れ、日本の開国を強く要求した。初めは勢力のある薩摩藩(現在の鹿児島県)と長州藩(現在の山口県)は鎖国政策をやめる考えに反対した。しかしながら、西洋列強をだんだんと知るようになると、2藩は支持を切り替えて、日本を開国する運動を支持するようになった。その一方、大衆は物価騰貴のもとで苦しみ、一揆や富裕な商人の店を襲うことが様々な地方で起き、幕藩体制の基盤が弱体化することになった。このことによって、15代将軍慶喜は権力を朝廷に譲った。天皇を中心とする政府を樹立する命令が下り、長い封建制度が終わって、明治時代が始まった。

(18) What was the Edo period like?
The Edo Period is the 260-year span following Tokugawa Ieyasu’s defeat of his principal rivals in the Battle of Sekigahara in 1600 and the establishment of a shogunate government in Edo (now Tokyo) in 1603. This period saw the reinforcement of a status system known as “shi-no-ko-sho” (warrior-peasant-artisan-merchant), which placed the warrior in the top social class, and externally, the establishment of a policy of national isolation and the prohibition of Christianity.
(18) 江戸時代はどんな時代だったのか。
江戸時代とは、1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康が主たるライバルを滅ぼし、1603年、江戸(現在の東京)に幕府を開いてからの260年にわたる期間のことである。この時代には、武士を一番上の社会階級とする「士農工商」として知られる身分制度を設け、対外的には、鎖国政策を講じ、キリスト教を禁止した。

(19) What was the Meiji period like?
This period saw the transfer of power from the Tokugawa shogunate to the imperial court, and the transition from a system of government based on the shogunate and “han” domains to a unified state. This was also the period that witnessed the transition to a capitalist economy and the establishment of a modern Japanese state system.
(19) 明治時代はどんな時代だったのか。
この時代は、徳川幕府から朝廷へと政権が移行し、幕府と藩に基づく政治制度から統一国家へと移り変わった時代である。また、この時代は、資本主義経済へと移行して、近代日本の制度が確立した時代でもあった。

(20) What is the difference between emperor and shogun?
Shogun was at the top of samurai warriors. The title, shogun, was given by the emperor. The term shogun came to be commonly used with the establishment of the government called bakufu, which controlled the land and people of the nation for about 700 years until the middle of the 19th century. The emperor of Japan is believed to have direct lineage from the Sun Goddess of Japanese mythology. Japanese people refer to the current emperor as Ten-no, and almost never use his actual name. Ten-no doesn’t have any political power whatsoever.
(20) 天皇と将軍の違いは何か。 
武士の一番上にいるのが将軍である。将軍という称号は天皇によって与えられた。将軍ということばは、幕府と呼ばれる政府が創設されるとともに一般に使われるようになった。幕府は国と人民を19世紀の半ばまで約700年にわたって支配した。日本の天皇は日本の神話の太陽神の直系であると信じられている。日本人は今の天皇を天皇と言い、天皇の実際の名を使うことはほとんど全くない。天皇は政治権力は全く持たない。

(21) What is sakoku?
Sakoku was Japan’s policy of isolation from the 17th to the mid-19th centuries. Adopted by the Edo government for security from European countries, the policy also ensured control over regional lords by depriving them of their ability to conduct foreign trade.
(21) 鎖国とは何か。 
鎖国は17世紀から19世紀半ばまでの日本の鎖国政策であった。ヨーロッパ諸国から安全に国を守るため、江戸幕府によって採用され、鎖国政策はまた地方の大名が外国貿易を行うことをできないようにすることによって、彼らに対する支配権を確実なものにしたのである。

[観光] 
(22) What is the attraction of Mt. Fuji?
With a height of 3,776 meters, Mt. Fuji is Japan’s highest mountain. Though classified as an active volcano, Mt. Fuji last erupted about 300 years ago. Its almost perfect cone shape is world-famous for its beauty and the mountain is a symbol of Japan.
(22) 富士山の魅力とは何か。
高さが3,776メートルで、富士山は日本で最も高い山である。富士山は活火山に分類されているが、最後に噴火したのは約300年前である。ほぼ完璧な円錐形をした富士山は、その美しさで世界に知られており、日本の象徴である。

(23) I want to go to Nikko. Could you tell me something about Nikko? 
Nikko is a popular tourist site characterized by the elaborately constructed Toshogu Shrine dedicated to Tokugawa Ieyasu, the first shogun of the Tokugawa Shogunate. In Nikko the harmony between nature and man-made beauty is such that there is a famous expression, “Never say kekko (wonderful) until you see Nikko.”
(23) 日光に行きたいのだが、日光について何か話してほしい。 
日光は人気の高い観光地で、精を凝らして建てられた東照宮がその特色だ。東照宮は徳川幕府の初代将軍である徳川家康を祀っている。日光では自然美と人工美との調和があまりにも素晴らしく、「日光を見ずして結構と言うなかれ」という有名なことわざがある。

(24) I want to go to Kamakura. Could you tell me something about Kamakura? 
Kamakura is about 50 km southwest of Tokyo. From the end of the 12th century through the early 14th century, Kamakura was the seat of the bakufu or feudal military government. The city has many historical and cultural sites and, along with Kyoto and Nara, draws visitors from all over the world.
(24) 鎌倉に行きたいのだが、鎌倉について何か教えてほしい。 
鎌倉は東京の約50キロ南西にある。12世紀の終わりから14世紀初頭まで鎌倉は鎌倉幕府の所在地だった。鎌倉には多くの名所旧跡があり、京都、奈良とともに世界中から訪問者を惹き付けている。

(25) I want to visit a Japanese garden. Where would you recommend? 
I would recommend that you visit one of the three most famous landscape gardens of Japan. They are (1) Koraku-en in Okayama, Okayama Prefecture, (2) Kenroku-en in Kanazawa, Ishikawa Prefecture, and (3) Kairaku-en in Mito, Ibaraki Prefecture.
(25) 日本庭園を訪れてみたい。どこがいいか。 
日本3名園のいずれかを訪れるのがよいだろう。日本3名園は岡山県岡山の後楽園、石川県金沢の兼六園、茨城県水戸の偕楽園だ。

(26) Please explain Todai-ji Temple. 
Todaiji is one of Japan’s most famous and historically significant temples, and is a major landmark of Nara. Todaiji was completed in the middle of the 8th century as the head temple of all provincial Buddhist temples of Japan. It houses Japan’s largest statue of Buddha (Daibutsu). Also, the Great Buddha’s hall of Todaiji is the world’s largest wooden structure, even though the present reconstruction of the early 18th century is only two thirds the size of the original.
(26) 東大寺について説明してほしい。 
東大寺は、日本で最も有名で歴史的にも重要な寺院のひとつであり、奈良の主要な目印となる建物だ。東大寺は8世紀の中頃に国分寺の総本山として完成した。東大寺は日本最大の仏像(大仏)を安置している。大仏殿は世界最大の木造建造物だ。もっとも、18世紀初頭に建造された現在の大仏殿は創建時の3分の2の大きさしかないが。

(27) Please explain Meiji Shrine. 
Meiji Shrine is the largest Shinto shrine in Tokyo. This shrine is dedicated to Emperor Meiji and Empress Shoken, who oversaw Japan’s entry into the modern world following the Meiji Restoration of 1868. The shrine buildings are made of Japanese cypress and built in a classic Shinto architectural style that is simple but grand. It is a special oasis in the midst of all the big-city hustle and bustle.
(27) 明治神宮について説明してほしい。
明治神宮は東京最大の神社である。この神社は明治天皇と昭憲皇后を祀っている。二人は1868年の明治維新についで、日本の近代化が始まるのを目撃した。神社は檜で造られており、簡素ではあるが壮大な古典的な神道様式で建てられている。明治神宮は大都会の喧噪のど真ん中におけるオアシスである。

(28) I hear that there are many hot-spring resorts in Japan. Please recommend one of them. 
If you are staying in Tokyo, I would recommend Hakone hot-spring resort. Hakone is a popular all-year tourist site because of its many hot-spring resorts, beautiful scenery and comfortable climate. Its easy access from Tokyo, views of Mt. Fuji, and the plentiful facilities in the district also add to its attraction. 
(28) 日本には多くの温泉地があるそうだが、どれか推薦してほしい。 
東京に滞在中なら箱根がいい。箱根は多くの温泉、美しい景色、快適な気候ゆえに、1年中を通して観光客の絶えない観光地だ。東京から簡単に行けること、富士山の眺望、その地域におけるたくさんの施設がまたその魅力を増している。

(29) Where would you recommend I visit for sightseeing in Tokyo? 
I would recommend Tokyo Tower in Minato Ward. Having been built in 1958 and molded after the Eiffel Tower in Paris, this 333m structure is a beloved landmark in the city’s landscape. The tower boasts two observatories, both of which offer spectacular, panoramic views of Tokyo. 
(29) 東京で観光するのに、どこがお勧めか。 
港区にある東京タワーをお勧めする。パリのエッフェル塔を模して1958年に完成したこの333メートルの建物は、誰からも親しまれる東京の目印となっている所だ。タワーの二つの展望台からは東京の壮観な全景を見渡せる。

(30) I want to take a day trip from Tokyo. Where would you recommend I go?
I would recommend that you go to Atami. Atami is one of the largest hot-spring resorts in Japan. The city has more than five hundred hotels and inns. Atami is about 100 km southwest of Tokyo, so it is easily accessible from Tokyo.
(30) 東京から日帰り旅行をしたいと思う。どこがお勧めか。 
熱海に行くことを勧める。熱海は日本でも最大規模の温泉地である。市には500を超えるホテルや旅館がある。熱海は東京の南西約100キロに位置しているので、東京からは気軽に行くことが出来る。

コメント

<2次セミナー>(その3)開催のお知らせ

2018年11月16日 20時25分36秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<2次セミナー>(その3)開催のお知らせ

この度、下記により、全国通訳案内士試験 第2次口述試験対策<2次セミナー>(その3)を11月17日(土)に開催するはこびとなりましたのでのお知らせいたします。

●本セミナーの趣旨

「これでダメなら、本当にダメです」の内容で、第2次口述試験合格必勝を期します!

●講師:植山源一郎

●講演内容

(1)第1次筆記試験合格者に対して送られてきた「平成30年度全国通訳案内士試験口述試験の予定内容について」の分析とその対応

(2)外国語を話すことが苦手な人が、第2次口述試験に合格する<秘訣>

私は、大学卒業後、ソニーLL英語スクールの英語教師、マネジャー、住友ゴム工業株式会社副社長(英国人)の秘書兼社内通訳、翻訳、ハロー通訳アカデミーの学院長を約40年間勤めてきましたが、実は、英語を話すことはそれほど得意ではありません。
そんな私が、20歳代で、どのようにして英検1級、通訳案内士試験に合格したのか、その<秘話>を詳しくお話いたします。

(3)緊張しやすい方、どんな問題がでるか不安でしかたがない方の対応方法

外国語対策は大前提ですが、メンタル面での対策も大切です。緊張しない方法、不安解消法についてお話いたします。

(4)これでダメなら、本当にダメです。

前回の<2次セミナー>(その2)では、出題が予想されるテーマ<厳選70題>をお示ししましたが、「日本的事象英文説明300選」の<厳選〇〇題>など、「これでダメなら、本当にダメです」の<切腹厳選テーマ>をご提示したいと思っています。

(5)答の分からない質問に対する対処法・話に詰まってしまった時の対処法

黙ってしまっては、即、不合格となります。どのように切り抜けるのか、その<秘訣>をお話いたします。

※おことわり:内容的に、<2次セミナー>(その1)(その2)と重なる部分があります。予めご了承ください。

●質疑応答

講演の最後には、質疑応答の時間も設ける予定ですが、まずは、<申込書>に質問事項をご記入ください。

●定員
定員は、96名(スクール形式)、136名(シアター形式)と少なくなっておりますので、参加ご希望の方は、なるべく早くお申込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<2次セミナー>(その3)募集要項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●正式セミナー名:

全国通訳案内士試験 第2次口述試験対策<特別セミナー>(その3)→ <2次セミナー>(その3)

●受講資格:

セミナーの翌日の11月18日(日)24:00までに<受講の感想>を必ず提出していただける方。

 ・件名:<受講の感想>2次セミナー(その2)(氏名)
 ・宛先:info@hello.ac

 <ご注意>期限までに<受講の感想>を提出していただけない方は、今後、ハローのサービスを一切受けることができません。

(5)ハロー通訳アカデミーのメルマガ読者でない方は、必ず、下記よりメルマガに登録していただくこと。(重要な連絡のため!)
 http://www.hello.ac/mailmag/mailmag.php

●日時:11月17日(土)13:30~16:00(開場・受付:13:00)

●会場:TKP田町カンファレンスセンター(カンファレンスルームB1:A)
・住所:東京都港区芝5-29-14 田町日工ビル2F

<アクセス>
・JR山手線 田町駅三田口(西口) 徒歩5分
・JR京浜東北線 田町駅 三田口(西口) 徒歩5分
・都営三田線 三田駅 A3出口 徒歩5分
・都営浅草線 三田駅 A3出口 徒歩5分

<地図>
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tamachi/access/

●講師:植山源一郎(ハロー通訳アカデミー学院長)
SONYLL英語スクールマネジャー、住友ゴム工業株式会社副社長(英国人)の秘書兼通訳・翻訳担当を経て、1977年に、日本で初めて、通訳案内士試験受験専門予備校であるハロー通訳アカデミーを創立。
これまでに、約10万人の受講生に受験指導をし、約1万人の合格者を輩出してきた。
通訳案内士試験のバイブル「日本的事象英文説明300選」の著者。

●資料:当日、会場にて配布します。

●定員:96名(スクール形式)、136名(シアター形式)

●参加費用:

・会場費のみ:3,000円(当日会場払い)

●申込み方法

(1)下記の<申込書>に必要事項をご記入の上、コピー&ペイストしてご返信ください。

(2)セミナー当日、受付でお名前を仰ってください。

(3)受講者の方で、受付ボランティア(3名)をしていただける方を募集します。<申込みフォーム>にてお申込みください。

(4)本件に関する問い合わせは、下記宛てにお願いします。
件名:<2次セミナー>(その2)(氏名)
宛先:info@hello.ac

●セミナー当日、受付で、「日本的事象英文説明300選」を消費税、送料、手数料なしで販売いたします。
ご希望の方は、<申込書>にてお申込みください。

「300選(本)(1,600円)
「300選」(CD)(3,000円)

●本セミナーは、内容にもよりますが、後日、動画を公開させていただく可能性があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<申込書>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
件名:<2次セミナー>(その3)(氏名)←必ず、氏名をご記入ください。
宛先:info@hello.ac

(以下をコピーして、ご返送ください)

          記

●私は、11月18日(日)24:00までに<受講の感想>2次セミナー(3.0)を提出します。

●氏名(ふりがな)(必須):
●住所(必須):
●電話番号(必須):
●2018年度の受験外国語:
●自己採点の点数(免除の方は免除をお書きください)

・外国語: 点
・日本地理: 点
・日本歴史: 点
・一般常識: 点
・通訳案内の実務: 点

●受信用メールアドレス:
●職業(任意):
●年齢(任意):

●会場費:3,000円は、当日、会場でお支払いください。。

●「日本的事象英文説明300選」特価販売(予約制)

「300選」(本)(1,600円)→( )希望します。(当日受付にて購入してください)
「300選」(CD)(3,000円)→( )希望します。(当日受付にて購入してください)

●<2次セミナー>のDVDセット特別販売(予約制)

DVDセット(切腹資料とDVD)(9,000円)→( )希望します。(当日受付にて購入してください)
切腹資料のみ(3,000円)        →( )希望します。(当日受付にて購入してください)

●受付ボランティアを希望する方は、○印をお付けください。 →( )希望します
(応募したが、当方から連絡がない場合は、他の方に決まったとご理解ください)

●講師に対する質問をご記入ください。(重要)

 

以上

コメント

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)参加者のご感想(その2)

2018年11月14日 11時01分54秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)参加者のご感想(その2)

11月11日に開催しました<2次セミナー>(その2)参加者のご感想(その2)をご紹介します。

●植山源一郎先生
昨日は第2次口述試験対策<特別セミナー>(その2)に参加させて頂きましてありがとうございました。
第1部の植山先生の「口述試験の予定内容」についての解説は自分の不安を軽くしてくれました。
一次試験通過のお知らせと共に封筒に入っていたこの文書は試験を初めて受ける者にとっては文字通りの意味しかわからず不安の種の一つでした。
やはり「客観的な事実を知る」ということは大切なことなのだと実感しました。
また<厳選70題>は私のようなスロースターターの受験生にとってどれだけありがたかったかわかりません。
第2部では嘉悦先生がどのレベルまでの説明が必要か、何処にフォーカスして質問に答えるのか、そして外国語訳のコツなどを丁寧に説明して下さり、試験のより具体的なイメージを掴むことができました。
外国語訳のパートでなるべく多くの日本語を訳そうとして時間がかかってしまっていた自分にとっては大変ありがたい情報でした。
植山先生の長年のご指導のご経験からの視点と嘉悦先生の元受験生としてまた現役ガイドとしての視点からの鋭い分析は非常に説得力があり、この貴重な講義を受けただけでアドバンテージを得たと確信しています。
内容の濃いセミナーに参加できて綿あめをたくさん頂いて帰ってきました。
最後に、前回ご一緒した受講生の方と学習法などの話を通して盛り上がり、励ましの言葉をたくさん頂きました。
同じ目標に向かっている方から励ましは大きなエネルギーになりました。本当にありがとうございました。
そしてこのような温かな交流の機会をいただけましたこと、植山先生に深く感謝申し上げます。

●植山先生ならびに嘉悦講師様
日曜の2次セミナーでの貴重な講演有難うございました。
植山先生の第1部では、あらためて2次口述試験にたいする心構え、勘どころ、留意点等につき再整理したうえでご教示いただきました。
今回は1次試験通過の結果を受けて臨んだセミナーでしたので、ひとつ1つのアドバイスに重みを感じました。
先ずは「厳選70題」をどこからでも説明できるように、また、あと1か月しか、ではなく1か月もあるとの気持ちで集中して取り組みたいと思います。
嘉悦講師の第2部では、昨年まで連続で試験を受け続けたという、まさに現役ならでは臨場感の溢れる講義は大いに刺激となりました。
特に次のような言葉が心に残りました:
①通訳文では、日本語の細かいニュアンスはそれ程気にしなくてよい。
②文法よりも内容を伝えることが大事である。
③開き直って、正確さにこだわらず、とっとと口に出すこと。
試験までほぼ1か月という絶妙なタイミングでのセミナー開催に心より感謝申し上げます。
あとは、やるしかないの心境です。

●植山先生
昨日はお世話になり有難うございました。
思いがけない1次の合格と2次まで残り1ヶ月という短さに呆然とし、何をしたら良いのかわからない状態でした。
しかしセミナーに参加させて頂き、おかげさまで落ち着きを取り戻しました。
まずはご提示下さいました<厳選70題>の準備に取り組みます。「これ以外が出たらどうしようと考えるのは無意味」と教えていただいたので、余計なことを考えずに進めようと思います。
あと心に残りましたのは、プレゼンテーションと外国語訳の対策を分ける必要がなく、プレゼンの準備をすることがそのまま外国語訳の対策になるというこ とです。
「日本的事象英文説明300選」も少しづつやっていこうと思います。
いつも力を与えてくださり感謝いたしております。

●植山様、嘉悦様
昨日はご多忙のところ、我々受験生のために貴重な時間を割いて頂き、誠に有難うございました。
本年度60歳にして初めての通訳案内士試験への挑戦でありますが、仕事の合間を縫ってハロー様のWEB教材で学習したかいがあり、なんとか一次試験に合格致しました。改めて御礼申し上げます。
(ユーチューブ及び、歴史、地理、一般常識の第1次邦文試験対策<特訓1800題>を3回やり込みました)
但し、英会話力が当方の大きな課題であり、二次試験は相当不安があります。なかなか勉強のコツがつかめない中、二次セミナーのDVD/資料を購入させて頂き、それをバイブルとして、「日本的事象英文説明300選」中心にこれからエンジンをかけていこうと思っております。
昨日のセミナーでは大変元気と勇気をいただきました。植山先生のいつもながらのエネルギッシュな講義に加え、嘉悦様の講義が非常にわかりやすく、感動致しました。「天才」嘉悦様のようにはいかないと思いますが、当方も熱意は他の受験生の方々に劣ることはないと信じておりますので、あとは、教えて頂いたように、的を絞っていかに効率的に勉強していくかですね。
今度は合格の報告ができるよう頑張ります。有難うございました。

●昨日のセミナーは本当にお疲れ様でした。
今年は1次試験に手ごたえがあったので、早く2次試験の用意をしなければと思いつつ、なかなか取り掛かれず、「300選」をイタリア語にダラダラと訳し始めたところ、こんなペースでは全然間に合わないことに気が付き、焦り始めていました。
やることはわかっているのに量が多くてつい逃避してしまう・・そんなところに先生のセミナー、これはまた喝!を入れていただかなければと迷わず参加。
先生の素晴らしい分析と嘉悦さんの具体的な勉強方法を伺って、やるしかない!と改めてあと1か月間に合っても間に合わなくてもベストを尽くそうと気合を入れなおしました。
やることはたくさんありますが、とにかくひとつでも多くの項目について準備したいと思います。
初期の頃から先生のセミナーを受けていますが、情報収集と分析を怠らず毎回レベルアップしていくセミナーには頭が下がるばかりです。
先生から有料化についての説明がありましたが、これだけの資料を労せずして手に入れるのですから当然です。
ただその分、先生のダジャレや暴走、脱線が少なくなっていく気がします・・。
いつも鹿の笑顔の写真を思い出しホッと暖かい気持ちになりますし、ダジャレや写真にも先生の愛情を感じている私としては、ダジャレが散りばめられた植山先生ワールドを継続して頂きたい・・

●植山先生、嘉悦先生、昨日はどうもありがとうございました。
お二人のお蔭で 結果がどうであれ、これから全力で頑張ろうと決心しました。
すきま時間を見つけては、「日本的事象英文説明300選」をシャドーイングしながら家事をしています。
植山先生のいつも通りのユーモアあふれる講義、不安を吹き飛ばしてくれました。
試験を宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘例えてのお話には笑わされて、試験に挑む態度について考えさせられました。
嘉悦先生の流暢に出てくる英語、ポルトガル語には感服しました。
どのお話も素晴らしかったですが、プレゼンの 具体的な展開方法はとても参考になりました。
いつも短くなりがちで 悩んでおりましたが、これで解決できそうです。
メールので質問にも、(前日に出したにもかかわらず)、お答えいただき ありがとうございました。
昨日の講義の最後に植山先生がおっしゃていた、模擬面接が実施されることを期待しております。

●本日は濃密な二次対策のセミナーに参加出来て本当に良かったです。
実は1次試験不合格と思っており、2次は諦めていたのですが、予想外の合格であわてて前日に申込させていただきました。
嘉悦さんのお話も大変すばらしく、現場で学ばれたガイディングの経験、知識までご紹介いただき受験に向けてモチベーションがUpしました。
まさにおんぶにだっこに肩車に、そして綿菓子までいただきました!
「寿司桶にしゃもじ」のように文字ではなくイメージ絵を描く事は実際の試験で覚えきれずメモを取れないときなどに大変有効と思います。
「日本的事象英文説明300選」も昨日購入しましたし、「英語で日本紹介ハンドブック」も以前たまたま購入していたのでこれを中心に残り1か月を頑張りたいと思います。
重ねて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

●昨日は長時間の講義をありがとうございました。大変参考になりました。
実は私、一次試験に不合格でした。合格していた科目は一般常識・ガイドの実務のみでした。
言い訳するようですが、試験前に熱中症に2回もなりまして、その上腰痛もひどくて全く勉強出来なかったです。
でも、今は先生のおっしゃる意味がよく分かります。
「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」
過去問題を勉強してないのに、自信過剰でした。今年の失敗を糧に、来年こそは合格出来るように頑張ります。
私は現在、某美術館のアテンダントをやってます。ガイド試験に合格したら日本史・日本美術・文学・病気のケアに詳しいガイドを目指します。

●植山先生、喜悦様、濃いセミナーをありがとうございました。
今回も楽しくてあっという間の3時間でした。
おかげさまで決意を新たに、あと4週間、切腹資料と「日本的事象英文説明300選」のみに集中してがんばります!
それから、昨日の話でなんとなく明治神宮が個人的に気になったのですが、まだ東京ビギナーで行ったことがないので、ちょっと来週末に行っておこうと思います(何かの予感?)。
今後ともよろしくお願いいたします。

●植山先生
3時間のセミナー、いつものように感激しながら聞かせていただきました。
今回のセミナーで2次試験の対処方法がより明確になり疑問点は大いに解消しました。
「日本的事象英文説明300選」に一層集中し厳選70題を徹底暗記します。
嘉悦先生の講義は明快で二次面接試験の対応方法が全て述べられており光明が見えました。
実は去年の通訳問題に当たってみて、分かりづらさと長文化にウンザリしていました。
また「通訳案内の現場」の対処方法はセミナーに十分にありましたが、具体的にどのようなのか不安でした。
プリゼンの勉強をすれば組み合わせて外国語訳対策へと十分につながること、「通訳案内の現場」試験での具体的な進行状況とHospitalityをいかに示すか、等具体的な事例に基づき説明されよく理解できました。
あと28日あまりこのセミナーの内容に沿って勉強します。

●植山先生
お世話になっております。昨日はありがとうございました。
残念ながら、2018年の1次試験は不合格となり、もうこれで終わりにしようかと思っておりました。
しかしながら、昨日受講し、植山先生、 嘉悦先生の講義、また受講されていた1次試験を合格された方々のやる気に満ちた姿をみて、こちらも「来年こそは!」という気持ちになりました。
ありがとうございました。また来年もお世話になるかとい思います。よろしくお願いいたします。

●二次セミナー(その2)、ありがとうございました。
とても実践的で参考になる内容でした。
「日本的事象英文説明300選」の重要性を改めて認識しました。
キーワードや汎用性のある表現を中心に、毎日聴いて、声を出しながら、できる限り覚えようと思います。
そして試験当日は、何があっても、それをチャンスと捉え、笑顔とおもてなしの気持ちを忘れず、拙い英会話能力を、言い換えや機転でカバーし、なんとか合格ラインに持って行けるよう、最後まで粘ります。

●植山先生
本日は誠にありがとうございました。
植山先生には、昨年までとの違いをふまえた口述試験への具体的な対策を詳細にお話しいただきました。
また、熱意と笑顔で談笑し、通訳案内士を演じ切るという本番への大切な心構えも教えていただきました。
三冠王の嘉悦先生には、実際に三回受験されて合格に至った勉強のノウハウ、残された時間での勉強の優先順位等をお話しいただき、また、外国語訳の実践練習もしてくださいました。
さらに、受講者からの質問に時間の許す限り丁寧にお答えいただきました。大学のレポート提出の忙しい中、短時間であのように貴重な資料を作成してくださるとは、まさに通訳案内における“藤井聡太”ですね。
お二人の渾身の資料を肌身離さず、最後の最後まであきらめずに頑張ります。

●昨日のセミナーの感想をお送りします。
当日申込みで参加させていただきました。合否のポイントが何なのかを、マンツーマンの如く教えていただきました。
一連の対策セミナー資料DVDと合格に必要な鎧兜甲冑と金の草鞋も履かせていただいた心持ちです。落ち着いて学習します。
有難うございました。

●植山先生、嘉悦先生
大変充実したセミナー、試験へのモチベーションを上げていただきありがとうございます。
正直一次が終わってから、家族の世話や職場の新しいプロジェクトに忙殺されたりしたこともあり、最早何をどう勉強したらいいのか分からなくていました。
今年は諦めようかという気持ちに流されそうになったり、迷いつつ英会話に手を出して見たり、日本に関する本をチラ見していましたが、改めて自分の甘さ、努力不足と戦略不足に気づかされました。
心が折れていた「日本的事象英文説明300選」マスターが大前提、プラスアルファの通訳案内士としての機転(を英語で言えること)が必要だと理解し、あと1ヶ月、現役は最後まで伸びる、の気持ちを忘れずに、諦めずにスキマ時間を活用して頑張ります。
嘉悦先生の戦略と植山先生の気合、素敵なコンビですね。お二人のセミナーに、またいつか参加したいです。
改めまして、ありがとうございました。

以上

コメント

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)参加者のご感想(その1)

2018年11月12日 18時16分17秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)参加者のご感想(その1)

11月11日に開催しました<2次セミナー>(その2)参加者のご感想をご紹介します。

●植山先生、嘉悦様、充実した3時間をありがとうございました。
一瞬たりとも弛むことのない濃密なセミナーでした。
植山先生のお話で印象に残ったのは、「何が出題されるかは自分でどうにかできるものではない。
そんなことに不安になるだけ時間の無駄」とのお言葉です。また、「プレゼンと質疑」「外国誤訳と質疑」、この二つは分けて準備するものではない、とのご説明もストンと理解できました。
また、嘉悦氏は受験生だったお立場(それも三言語)と、実際の通訳案内士のお立場で語っていただき、またとない機会となりました。
「寿司桶にしゃもじ」のように頭の中に絵を描く…、外国語訳するときの大ヒントをいただきました。
来年初めて受験する私が、こんな直前セミナーに参加するのはおこがましいと思っておりましたが、今朝のメルマガで残席が少しあると知り、慌てて参加希望のメールを送ったのですが、参加して大正解でした。私はついています。
また、先月のセミナーでお隣だった方が、見事に一次を突破され、今日再会できたことも大変うれしいことでした。
短期間で一次の準備をなさったとのことですが、使ったのはハローの動画やダウンロードした資料、特に第1次邦文試験対策<特訓1800題>フラッシュカードには随分と助けられたと教えてくださいました。
あれこれ手を出さずにハローだけで見事に一次合格をなさった方に実際の学習方法を伺え、迷いがなくなりました。
ありがとうございました。私もこれから、ハローのおんぶに抱っこ以上のサービスを味わい尽くそうと思います。
どうぞ、本日参加なさった皆様が無事合格なさいますように。

●本日はご多忙の折、2次セミナー(その2)を開催頂き、大変ありがとうございました。
正直期待を大幅に超える内容であり、あっという間の3時間でした。
植山先生のパートは、今回の口述試験の予定内容についてのご見解をお伺いでき、その上で改めてキーポイントとなる点を今回再確認できたことは大変有用でした。
そして、嘉悦レオナルド祐悟講師のパートは、非常に新鮮であり、予想を遥かに上回る内容でした。 
さすが、通訳案内士二次試験を3回も受験合格し、現在実際のガイディング業務をこなしているご経験に基づいたアドバイスは非常に的確、大きな収穫でした。
現代のグローバル社会でご活躍している若者らしく、説明内容が非常に論理的、合理的、実用的であり、シンプルでありながら、今後の受験勉強において特に必要なこと/それほど重要でないだろうことの棲み分けをわかりやすくご説明頂き、大変ためになりました。
さすが植山先生が後継に指名したいと密かに思っているだけの人だ、と共感致しました。
本日のセミナーを通してあらためて感じたことは、やはり「日本的事象英文説明300選」を攻略することに尽きる、ここから逃げてはいけない!、ということでした。 
また、前回の二次セミナ-その1と今回のその2は、今後の勉強の両輪となるもの!、
どちらも欠かすことのできないものである、と思いました。
あと1ケ月弱、これを肝に銘じて頑張ります。
本日は本当にありがとうございました。 参加して本当に良かったです。 
非常に価値あるセミナーでした!!!

●本日は二次セミナーを開催していただき、どうもありがとうございました。
どうしようか迷いましたが、思いきって参加させて頂き、本当に良かった、と思いました。
植山先生も嘉悦さんも、実践的なお話が多く、役立つ情報が満載で、あっという間の3時間でした。
早速今日から「日本的事象英文説明300選」ノート作ってみようと思います。本日は誠にありがとうございました。

●本日はお時間をありがとうございました。
参加出来て良かった!というのが第一の感想です。
そして、いかに切腹予想問題、「日本的事象英文説明300選」は効率よく勉強するのに向いているのかを再認識する時間でもありました。
今回のセミナーでは、切腹予想問題の中でもより具体的な例題も明示していただいて集中して勉強出来そうです。
300選全てに目を通せているわけではありませんが、キーワードに注目してインプットしようと思います。
目から鱗だったのは、プレゼン対策と通訳対策を分けてする必要がないというのと。プレゼン対策をしていれば、結果として通訳に必要な単語なども覚えられるので、通訳対策にも繋がるという教えには、なるほどと納得させられました。
嘉悦さんの、現場で学ばれたガイディングで必要な知識と二次試験対策で必要な知識の違いについてロジカルに話されていたのも印象に残りました。
たった1週間の準備期間でこれだけ出題側の意図を読み解き分析して順序立ててお話しされていることに感動すら覚えました。
満腹すぎるので、正直消化しきれていません。
帰りの電車で読み返し、また帰宅しても振り返っているところです。
実績のある予備校講師植山先生と三回通訳試験を合格した実力ある三冠王の嘉悦先生、お二人による講義はとてもぎっしり内容の濃い、これ以上ない素晴らしいものでした。
無駄のない話で3時間はあっという間。一字一句聞き逃すまいと集中して聞かせてもらっていたので、終わったときには息が上がったような興奮状態でした。
これだけの情報を教えていただき、まさにおんぶにだっこに肩車に、そして綿菓子状態でした。
参加することで満足しないように、これからの28日間は、自分のものにするように努力します。
本日は、本当にありがとうございました!

●今日も、また、植山先生と嘉悦さんから、凄まじいエネルギーを頂きました。
この一年間、先生から頂いた、溜め込んであるエネルギーを、本番で爆発させてまいります。
決してポシャと不発にならないように頑張ります。植山先生いろいろありがとうございました。

●今朝、先生から「今からでも遅くありません」というメルマガをいただき、当日申し込みで受講しました。結果、参加してとても良かったです。
切腹資料もそうですが、出題の意図を論理的に分析し、だからこの対策が必要といった趣旨のご説明、とても納得いたしました。
また、実際に受験して合格された嘉悦先生の勉強方法、取り組みかたは、とても参考になりました。
特にプレゼントピックの展開のしかたは参考になりました。
先生、声をかけていただいて感謝しております。
試験まで、がんばります!

●本日もありがとうございました。
2次に向けて毎日の家事に出来るだけ手を抜き、勉強していますがやればやるほど不安になる日々でしたが今日のセミナーで少し落ち着きました。
正直なところ、嘉悦氏はできすぎで、私のような普通の人間に参考になるかなーと思いながら参加しました。
しかし、スピーチのやり方の説明を聞いて、大きなヒントをもらいました。
まずは導入--本文--まとめ。これを頭において今後練習していきます。
気持ちは石にもかじりつく気持ちです。
なんとしても合格したい!です。
ガイドを実際にされているお話もとても参考になりました。

●質問コーナーで最初にリテンションについて質問した者です。
セミナーを受ける前は外国語訳の対策としてリテンションの特訓にかなりの時間を割こうと思っていましたが、それほど神経質ならずとも良いということに納得!!できたことが一番の収穫です。
これだけでも宝塚から新幹線できた価値がありました。
また将来英語合格の後スペイン語の通訳ガイドへの挑戦を考えております。
嘉悦さんのポルトガルの勉強法もありがたく拝聴しました。(セミナーでは英語も未合格なのに恥ずかしくて質問できませんでした)
小生、自分の分析能力は高いと思っていたのですが、先生と嘉悦さん(特に嘉悦さん)の分析には舌を巻きました。
これから28日間頑張ります!

●本日は大変密度の濃いセミナーを開催いただき、有り難うございました。
前回同様にわかりやすく纏まった資料での説明で、試験への具体的な対策が立てやすくなりました。
嘉悦講師のご自分のご体験からのアドバイスと説明は具体的でわかりやすく、大変参考になりました。
試験まであと1ヵ月弱しかありませんが、最後まで粘り強く合格に向けて頑張りたいと思います。
有り難うございました。

●本日は貴重な二次対策のセミナーを開いていただきありがとうございました。
先生のお話に加え嘉悦さんのお話はほんとにわかりやすくてためになりました。
ただし、元々の頭の出来が違うのと若さでそのままそれを自分の勉強に当てはめるのは無理があるかもしれないな(笑)と思いました。
でも、実際に口述試験を受けられたお話は体験者だからこそわかる内容であったりして興味深かったです。
「日本的事象英文説明300選」のテキストをどのように使って勉強するのかもヒントをいただけました。
残り1ヶ月、なんとかがんばりたいと思います。
刺激をいただき感謝です。
どうもありがとうございました。

●只今本日の「ハローアカデミー二次対策ゼミ」から帰宅致しました。
本日は、非常に中身の濃いセミナーを拝聴致し、かつてなく充実した講義内容に触れ自分でも相当勉強になったと思っています。
植山学院長の気合の入った力説を拝聴致し、さっそく仰せの通りに勉強に拍車をかけるつもりです。
また、嘉悦レオナルド裕悟先生はまさに天才そのものと、感激致し、嘉悦天才を目標に少しでも近づけたら最高と覚悟を新たにしています。
本日購入致した「日本的事象英文説明300選」の文章とCDを開くのが楽しみです。
先ずは、心からの感謝を申し上げ本日のご報告に代えさせていた だきます。

●いつもお世話になっています。第二次試験の勉強は一次試験が終了して、自己採点の結果合格しそうだった事が判ってから始めていましたが、何分範囲が広く、未だに何を勉強したら良いのか焦点が定まらず、二次試験に合格するというイメージが中々持てない状況でした。
今回のセミナーを受講し、出題が予想される70題を提示してもらいましたので、これを先ず集中的に後30日弱で進めようと考えています。
その他の留意点、最初に板書された「ピンチをチャンスに」、「談笑、笑顔、熱意」を心に留めて試験に臨みたいと考えています。
試験の結果がどうなるかは、判りませんが、先ずは御礼迄。

●今日はレオナルドさんを迎えての実践セミナーの開催、本当にありがとうございました。
レオナルドさんの勉強方法や試験対策方法を教えていただき、仕事に追われ時間のない私にとって、選択と集中の重要性を改めて実感させていただけました。
先生がおっしゃった「合格者を演じる」を肝に銘じて残り1か月できることを頑張ります。
引き続き有効情報をいただけるようよろしくお願い申し上げます。
今日もありがとうございました。

●本日は、ご多忙の中、受験生のためにご講義いただき、心より感謝申し上げます。
今日の講義は、非常に集中でき、今までで一番あっというまに時間が過ぎた気がします。気が付くと、終わりの時刻がきておりました。
この1ヶ月で、やる気になれば相当なことができるという植山先生のお言葉を胸にしっかりと刻みこみました。
また、念願がかない、嘉悦先生ご本人に初めてお目にかかることができ、感激しました。
直筆のノートのあまりの綺麗さや、講義の合間に話された、嘉悦先生の軽妙なおしゃべりに心を奪われました。
嘉悦先生の資料は、実際の2次試験を3回受験された実体験を基になっているので、2次試験の実際のレベルを含め、ポイントが的確で、かつ、わかりやすく分類整理されていて、とても読みやすいと感じました。
また、レクチャーも素晴らしく、聴いていてすんなりと頭に入りました。
残りの約1ヶ月は、今回の講義で書かれている、絞り込まれた課題のみに集中します。
本日は本当にありがとうございました。

●本日は貴重な講義ありがとうございます。
また、嘉悦先生もレポートで忙しい中ありがとうございました。とお伝えください。
本日の講義は有意義な時間でした。
あっという間に終了の時間になっていました。
嘉悦先生の話に何度も何度もうんうんと頷いておりました。
受験の経験と実際の現場に基づく考察にはとても説得力がありました。
そして私にはまだまだ勉強すべきところかたくさんあることに改めて気づきました。
スピーチの際そのものの説明のあとにより広い文脈に位置づける構成、広い文脈につなげられるだけの知識、物事を簡単に言い換える力、など意識して勉強していきたいと思いました。
またその日の行動、出来事を英語で考える練習は私も電車の中、お風呂の中など実践していきたいと思います。
私は緊張しいの心配性なのですが、心の持ちようも変えていかなければなと思いました。
自分でどうしようもできないことを心配してもしょうがない!の精神で頑張ります。
改めて、本日はありがとうございました。
また植山先生と嘉悦先生のお話を聞けたらと思います。

●本日開催された2次セミナー(その2)を受講しました。
ご講義頂きありがとうございました。
2次対策をどうしたらいいのだろうと不安でしたが、植山先生や嘉悦レオナルド先生の講義を聴き少し自信がつきました。
「日本的事象英文説明300選」を頑張って覚えたいと思います。
今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

●本日は、貴重な情報がたくさん詰まったセミナーを開催いただき、ありがとうございました!
私は来年フランス語で受験予定ですが、何から手をつけて良いかわからない状態でした。
今回のセミナーを受講して、今やるべきことや本番に向けての心構えを掴むことができました。
植山先生の試験の分析や楽しく前向きになれる心の持ち方のお話、嘉悦さんの複数の言語での受験経験と実際にガイドとして活動されている目線でのお話は本当に濃く有益な情報ばかりで、『これでダメなら、ダメだ』を実感しました。
実際に使用された書籍やノートを見せていただけたことも良かったです。
300選とその他フランス語の書籍で、早速来年に向けて取り組みを開始しようと思います。
ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。

●今回も非常に参考になりました。ありがとうございます。
植山先生の熱血指導もさることながら、嘉悦さんの心理学も絡めた冷静な論理的説明はコミュニケーション学の基本をそのまま具現化したものであり、なるほど、このような試験なのかとその説明の的確さに感心させられました。
持っているすべての知識を総動員、またジェスチャーもなども出来る限り加えて試験にチャレンジしたいと思います。
確かにリアルな景色、物が何もないところで、説明するのは日本語でも難しく、その場合のジェスチャーは極めて効果的かと考えます。
大きなヒントを得たとても感謝しております。

●本日の授業も、非常に役に立つ、そして勉強になる内容でした。
重点的に習得すべき事、2分間話すための工夫、役に立つ参考書、勉強方法、初めて日本に来た外国人を想定してプレゼンテーションを行うべき等の貴重な情報が得られたのは、大きな収穫です。
大変有難うございます。
授業の途中で行われた、聞き取り通訳テストの練習が、非常に役に立つと思いました。
植山先生が有料の模擬テストをご計画されていると仰っていましたが、日程が許す限り全ての模擬テストに参加させていただければと存じます。
模擬テストの日程も是非お知らせ願います。
試験の日程が迫ってきましたが、自分の実力はあまり向上していなかったので、その焦りによって勉強に身が入らなくなっていました。
先生方の温かい励ましのお言葉によって、もう一度、やる気が湧いてきました。
今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願い致します。

●昨日はありがとうございました。
口述試験の臨場感が伝わってきました。
また、「日本的事象英文説明300選」の重要性を再認識しました。
来年の合格目指して頑張ります。

以上

コメント

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)開催のお知らせ

2018年11月09日 15時04分13秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

全国通訳案内士試験 第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)開催のお知らせ 

11月11日(日)に、<2次セミナー>(その2)を東京にて開催いたします。 

●受講資格と参加費用に変更があります。

(1)第2次口述試験対策<2次セミナー>(その1)(9月16日に大阪で開催、9月24日、10月14日に東京で開催)参加者 → 6,000円

(2)<2次セミナー>(その1)の資料のみ購入者 → 9,000円

(3)<2次セミナー>(その1)の資料・DVDセット購入者 → 15,000円

●当日のお支払いも可能になりました。

本セミナーは、第1次筆記試験の合格発表の直後ということもあり、当日(明後日:11月11日)のお支払いも可能にさせていただきました。

●本セミナーの趣旨 

「これでダメなら、ダメだ」内容で、第2次口述試験合格必勝を期します! 

●【講演内容】あの伝説の三冠王、嘉悦レオナルド裕悟氏と私(植山)が<合格の秘策>をお話します! 

嘉悦レオナルド裕悟氏の講演内容
2014年度、2016年度、2017年度に、それぞれ、英語、ポルトガル語、フランス語に合格した三冠王、嘉悦レオナルド裕悟氏を講師にお招きし、第2次口述試験の<合格の秘策>をお話していただきます。 

<植山の講演内容>
<2次セミナー>(その1)(3.0)の内容をさらに一歩踏み込んで、実戦的な<合格の秘訣>をお話いたします。

<質疑応答>
講演の最後には、質疑応答の時間も設ける予定ですが、まずは、<申込書>に質問事項をご記入ください。 

●定員 
今回のセミナーは、定員が96名と少なくなっておりますので、参加ご希望の方は、なるべく早くお申込みください。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(その2)募集要項 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●正式セミナー名: 

全国通訳案内士試験 第2次口述試験対策<特別セミナー>(その2)→ <2次セミナー>(その2) 

●受講資格: 

(1)第2次口述試験対策<2次セミナー>(その1)(9月16日に大阪で開催、9月24日、10月14日に東京で開催)参加者 

(2)<2次セミナー>(その1)の資料購入者

(3)<2次セミナー>(その1)の資料・DVDセット購入者

(4)セミナーの翌日の11月12日(月)24:00までに<受講の感想>を必ず提出していただける方。 

 ・件名:<受講の感想>2次セミナー(その2)(氏名) 
 ・宛先:info@hello.ac 

 <ご注意>期限までに<受講の感想>を提出していただけない方は、今後、ハローのサービスを一切受けることができません。 

(5)ハロー通訳アカデミーのメルマガ読者でない方は、必ず、下記よりメルマガに登録していただくこと。(重要な連絡のため!) 
 http://www.hello.ac/mailmag/mailmag.php 

●ご参考:<2次セミナー>(その1)は、10月14日に東京で開催された第2次口述試験対策<特別セミナー>のことで、本年度第2次口述試験合格のために必須の内容となっております。

<2次セミナー>(その1)の<資料>(サンプル)(1)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5

<2次セミナー>(その1)の<動画>(サンプル) (1)
https://youtu.be/daaLcjbJGpc

<2次セミナー>(その1)の<資料>(サンプル)(2) 答の分からない質問に対する対処法
http://www.hello.ac/kotae.pdf

<2次セミナー>(その1)の<動画>(サンプル) (2) 答の分からない質問に対する対処法
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=4

●日時:11月11日(日)13:00~16:00(開場・受付:12:30) 

●会場:TKP田町カンファレンスセンター(カンファレンスルームB1:A) 
・住所:東京都港区芝5-29-14 田町日工ビル2F 

<アクセス> 
・JR山手線 田町駅三田口(西口) 徒歩5分 
・JR京浜東北線 田町駅 三田口(西口) 徒歩5分 
・都営三田線 三田駅 A3出口 徒歩5分 
・都営浅草線 三田駅 A3出口 徒歩5分 

<地図> 
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tamachi/access/ 

●講師:嘉悦レオナルド裕悟氏 
2014年:海城高等学校2年生の時に、通訳案内士試験(英語)合格。(植山学院長より、夜中に個人特訓を受けた) 
2016年:東京大学文科一類入学。同年、通訳案内士試験(ポルトガル語)合格。 
2017年:仏検二級合格。同年、通訳案内士試験(フランス語)合格し、見事、三冠王(英語、ポルトガル語、フランス語)達成! 
2018年:現在、都内を中心に、ガイドとして大活躍しています。通訳案内士の間では「大学生ガイド」としてかなりの有名人です。 

・英語合格体験記(2014年度) 
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/13fe3cc84e9329ec3794308e5f48f370 

・ポルトガル語合格体験記(2016年度) 
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/c592169f699d055dc858afaba5531ca6 

・フランス語合格体験記(2017年度) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/a11518f2142ec7d4993e3a5054d21105 

・趣味 
吹奏楽、フルート、篠笛、語学 

・「300選」を完全武装した元「スーパー高校生」の動画 
(1)<模擬面接特訓>(その1) 
https://www.youtube.com/watch?v=D2yp3eoUvj0 

(2)<模擬面接特訓>(その2) 
https://www.youtube.com/watch?v=H0dVq_17NyE 

(3)<第2次試験再現映像> 
https://youtu.be/UjMvVJGIvuw 

●講師:植山源一郎(ハロー通訳アカデミー学院長) 
SONYLL英語スクールマネジャー、住友ゴム工業株式会社副社長(英国人)の秘書兼通訳・翻訳担当を経て、1977年に、日本で初めて、通訳案内士試験受験専門予備校であるハロー通訳アカデミーを創立。 
これまでに、約10万人の受講生に受験指導をし、約1万人の合格者を輩出してきた。 
通訳案内士試験のバイブル「日本的事象英文説明300選」の著者。 

●資料:当日、会場にて配布します。 

●定員:96名 

●参加費用: 

・費用<その1>
<2次セミナー>(9月16日に大阪で開催、9月24日、10月14日に東京で開催)の参加者、および、DVDセット購入者:6,000円
(当日、お支払いの方も、6,000円)

・費用<その2> 
一般の方:<2次セミナー>(その1)の資料代金(3,000円)プラス 6,000円 =9,000円 
(当日、お支払いの方も、9,000円) 
(資料は、当日、会場にてお渡しします)

・費用<その3> 
一般の方:<2次セミナー>(その1)の資料・DVDセット代金(9,000円)プラス 6,000円 =15,000円 
(当日、お支払いの方も、15,000円) 
(資料・DVDセットは、当日、会場にてお渡しします) 

●申込み方法 

(1)下記の<申込書>に必要事項をご記入の上、コピー&ペイストしてご返信ください。 

(2)<申込書>送付後、費用を下記口座お振込みください。(振込み手数料はご負担ください) 

 みずほ銀行 浜田山支店 
 普通口座 1928500 
 名義:植山源一郎(ウエヤマ ゲンイチロウ) 

(3)上記の振込みをもって、正式な申込み受付とさせていただきます。 

(4)セミナー当日、受付でお名前を仰ってください。 

(5)<申込書>を送付して、振り込みが完了していない方は、定員に達した段階で、申込みをキャンセルとさせていただきます。 

(6)受講者の方で、受付ボランティア(3名)をしていただける方を募集します。<申込みフォーム>にてお申込みください。 

(7)本件に関する問い合わせは、下記宛てにお願いします。 
件名:<2次セミナー>(その2)(氏名) 
宛先:info@hello.ac 

●動画による公開はいたしません。DVDの販売もしないことになりましたので、会場にて受講なさってください。

●セミナー当日、受付で、「日本的事象英文説明300選」を消費税、送料、手数料なしで販売いたします。 
ご希望の方は、<申込書>にてお申込みください。 

「300選(本)(1,600円) 
「300選」(CD)(3,000円) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<申込書> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●このメルマガのメールは送信専門です。返信しても当方には届きません。 

件名:<2次セミナー>(その2)(氏名)←必ず、氏名をご記入ください。 
宛先:info@hello.ac 

(以下をコピーして、ご返送ください) 

          記 

●私は、11月12日(月)24:00までに<受講の感想>2次セミナー(3.0)を提出します。

●氏名(ふりがな)(必須):
●住所(必須):
●電話番号(必須):
●2018年度の受験外国語:
●受信用メールアドレス:
●職業(任意):
●年齢(任意):

●費用:6,000円(該当するところに〇印を付けてください)

( )費用<その1> 6,000円
   <2次セミナー>(9月16日に大阪で開催、9月24日、10月14日に東京で開催)参加者、および、資料・DVDセット購入者

( )費用<その2>9,000円
   一般の方:<2次セミナー>(その1)の資料代金(3,000円)プラス 6,000円 =9,000円

( )費用<その3>15,000円
   一般の方:<2次セミナー>(その1)の資料・DVDセット代金(9,000円)プラス 6,000円 =15,000円

●費用の支払いについて(該当するところに〇印を付けてください)

( )費用は、(11月 日)にすでに振り込みました。

( )費用は、当日、会場にてお支払いします。

●「日本的事象英文説明300選」特価販売(予約制) 

「300選」(本)(1,600円)→( )希望します。(当日受付にて購入してください) 
「300選」(CD)(3,000円)→( )希望します。(当日受付にて購入してください)

●受付ボランティアを希望する方は、○印をお付けください。 →( )希望します 
(応募したが、当方から連絡がない場合は、他の方に決まったとご理解ください) 

●講師に対する質問をご記入ください。(重要) 

以上

コメント

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)申込者のご質問(1)

2018年11月06日 20時41分08秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

第2次口述試験対策<2次セミナー>(その2)申込者のご質問(1)

●<2次セミナー>(その2)募集要項
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/eff92051aa54e182876bf13ded03f9b6

●(1)「300選」をすべてフランス語やポルトガル語に訳したかどうか
(2)フランス語、ポルトガル語では「300選」以外にどんなことをしたか
(3)英語・中国語など受験者の多い言語とそうでない言語(イタリア語、フランス語など)で、2次試験の様子がどう違うか。

●(1)外国語訳問題で訳したい内容のうち受験言語でわからない単語があった場合、どのように対応したか。
(例1:干潟(名詞)など日本語の意味はわかるが受験外語でわからない、例2:水分を浸透させる(動詞)など日本語の意味はわかるが受験外語でわからない場合、この場合はこの動詞だけわからずあとは文章を作れる場合) 
(2)外国語訳が不安で不安でしょうがないです。 (プレゼンも不安ですが)どうやって勉強していましたか?
(3)初の二次試験のためとにかく不安です、勇気が出るよう心構えをお願いします!(笑)

●10月14日のセミナー参加でお人柄と実力、業績の信じられないほどの高さを感じており、2次突破の要諦をご教示いただき嬉しく思っております。
ただただ、まず一次試験突破を信じて用意しておるばかりです。よろしくお願いします。

●時間的に残すところ限られていますので、直前に必ず押さえて置いた方が良いこと勉強方法(ヒアリング、スピーキング、暗記等々)ありましたらアドバイス頂ければ幸いです。

●初めて2次試験受験の準備をしています。
それなりに勉強は進めてきましたが、語学は記憶力の減退で大分苦戦しています。合格しても実際に仕事が満足にできるのか疑問があります。
受験時代や実際に実務につかれて見聞きされた高齢者の受験苦労やガイド業務での執務状況の良さそうな点や問題点等、もしご存知なら参考のために何でも聞かせて下さい。

●「300選」や予想問題の暗記方法、項目中の優先順位についてご教示ください。
現在、「その1」で予想問題及び過去に出題されたと指摘された部分をチェックし、そこを優先して見ていくことと、休憩等に全体の音声を聴くことを行っておりますが、試験日までに全部を丸暗記するのは難しそうです。
できる範囲でやる場合、丸暗記は無理でも全部をまんべんなくやるのがいいのか、ある程度項目を絞り、そこはしっかり暗記するようにしたほうがいいでしょうか。
このジャンルが最優先、このジャンルは(ある程度)捨ててもいい、というのもあればお教えください。

●二次試験の会話のスピードはどれくらいが適切か。
慌てると単語、文法の間違いが出るのでできるだけゆっくり話したいが、適切なスピードについてアドバイスいただきたいです。

●通訳案内士の仕事について、体験談を通した魅力や課題についてお聞きしたい。

●残り1カ月間の中で、特に重点的に取り組んだ方が良いだろうことをアドバイス頂けますと幸甚です。

●「300選」以外に、最低限、どのようなことができる必要がありますか。
優先順位の高いものから順に必要なスキル、及び、そのスキルに対応する最適な練習方法をご紹介ください。

●今回新たに追加される「通訳案内の現場」での想定質問と回答について、出来るだけ多くの英文例をご教示いただき、参考にしたい。

●スピーチの組み立て方を教えて欲しいです。よろしくお願いします。

●「300選」の覚え方について(最も効率的な覚え方は何か?)

●通訳問題の勉強法色々試していますが、しっくりいくものが未だありません。色々とご紹介いただければ幸いです。

●臨機応変力についてケーススタディをたくさん紹介して下さい。

●始めの外国語訳のメモの取り方と、訓練方法を教えてください。
また、プレゼンテーションの時間の測り方のコツはありますか。気が焦ると時間の感覚がなくなりそうです。ご助言をお願いいたします。

以上

コメント