通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

「てにをは」の一語でも!

2017年12月07日 13時29分55秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

●「てにをは」の一語でも!

数百通のメールの受験情報に、精査を重ねて、先ほど、ようやく、2017年度第2次口述試験「通訳問題文」すべての試作(たたき台)が完成しました。情報をご提供くださいました読者の皆様には、この場をかりまして深く、深く御礼申し上げます。試作(たたき台)には、まだ間違いが多々あると思いますので、お気づきの点があれば、「てにをは」の一語でも結構ですので、至急、お知らせいただきたく重ねてお願い申し上げます。完全な<通訳問題文>作成のために、引き続き、ご協力を切にお願い申し上げる次第です。

件名:<通訳問題文>(氏名)
宛先:info@hello.ac

「通訳問題文」の試作

●カツ丼
カツ丼は、ご飯の上に、タレと卵でとじた豚カツを乗せた丼料理です。庶民的家庭料理ですが、外食としても人気があります。一般的なカツ丼は、一旦豚カツを作ってから玉ねぎとタレで軽く煮こんでからとき卵を入れ温かいご飯の上に乗せて食べます。

●梅雨
日本には、北海道を除き梅雨があります。日本は南北に細長いので、梅雨は沖縄と東北では約1カ月ずれます。梅雨が終わると本格的な夏が来て、気温が上がります。梅雨は日本の農業、特に稲作にとって重要です。

●三鷹の森ジブリ美術館
三鷹の森ジブリ美術館は、東京の三鷹市にある市立のアニメーション美術館です。館長は宮崎駿で、「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」などの絵コンテを展示しています。台湾、香港、オーストラリア(豪州)などから、多い時には一日1000人以上の訪日外国人が訪れます。

●パクチー
パクチーは、独特な香りから好き嫌いが分かれます。近年の東南アジア料理の人気が高まるにつれ、専門レストランができたり、スーパーでも売られるようになりました。以前は中国語や英語で呼ばれていましたが、今ではタイ語でパクチーと呼ばれています。

●屋形船
屋形船は、船の上に屋形が乗ったもので、元々、貴族が舟遊びに使っていました。後になって、庶民が水上での飲食を楽しんだり、娯楽や観光に使うようになりました。今では、春には花見、夏には納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。

●演歌
演歌は、日本人の心を歌う歌謡曲の一つのジャンルで、古くからあるものと思われがちですが、その歴史は意外と新しく1960年代に始まったと言われています。明治時代から戦前までは、ジャズやシャンソンといった外国音楽や唱歌、軍歌などが人気がありました。

●道後温泉
道後温泉は、四国愛媛県松山市に湧出する温泉です。日本三古湯の一つとして、その存在は古代から知られ、万葉集にもその名が記されています。また、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台にも登場したことで有名で、愛媛県を代表する観光地となっています。共同浴場がある道後温泉本館は街のシンボルです。

●プレミアムフライデー
プレミアムフライデーは、政府と経済界が作った政策で、月末の金曜日は仕事を早めに切り上げ退社し、買い物をしたり、友達と食事をしたり、旅行に出たりすることを促進する消費喚起が目的です。2017年2月24日から開始され、消費促進だけでなく、充実感を感じ、満足感の高い生活スタイルを構築することも目的です。

●花火大会
日本では、花火大会が夏の風物詩です。7月から8月にかけて、各自治体で花火大会が開催されます。一部の地域では大きな花火大会がおこなわれます。特に、江戸中期からの伝統と格式がある東京の隅田川の花火大会は格別で、屋形船から見る花火はおすすめです。

●ねぶた祭り
東北三大祭りの一つである青森のねぶた祭りは、8月上旬に行われます。歌舞伎をテーマにした人形の山車とともに、ハネトと呼ばれる踊り手が街を練り歩きます。最近では、ねぶた祭りはアメリカ、フランス、ブラジルでも行われており、国際交流に一役買っています。

●日光東照宮陽明門
日光東照宮の陽明門は、日本を代表する素晴らしい芸術作品で国宝にも指定されています。一日中見ていても飽きないので、ひぐらしの門とも呼ばれています。今年、44年ぶりに21回目の修復を終え、古代中国の故事や聖人をかたどった500以上の美しい彫刻がよみがえりました。

●摩周湖
摩周湖は北海道の東部に位置する湖です。火山の噴火によってできた窪地に水が溜まってできたカルデラ湖で、周囲は20キロメートル、深さは212メートルあります。透明度がとても高く、青以外の色をあまり反射しないことから、よく晴れた日の湖面の色はとても美しい青色になり「摩周ブルー」と呼ばれています。

2017年度第2次口述試験の「通訳問題文」検討のための下記サイトの内容は、現在、随時、追加・変更しておりますので、ご確認ください。

●カツ丼
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6160f2268afe5fabe5b74cf92e2917e2

●梅雨
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1240825569b910c0a33a1fca56bbf95e

●三鷹の森ジブリ美術館
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/0752c9ff0777746416b9f4d49d23605a

●パクチ
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5d14f0454647b729620236518b14ba7d

●屋形舟
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/41368856f98f8f399a69b845998e2e18

●演歌
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/dc1e4c5dd40d010b396ad3340e967a19

●道後温泉
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/295918d17ef814f7945a2d5869b55612

●プレミアムフライデー
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/d71aeb78ee14917d7adcfa0b259a475f

●花火大会
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/183b10548908a22c562cd20debd1cff0

●ねぶた祭
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6281c5cc965bb65d2ffcd341bf6797a7

●日光東照宮陽明門
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5653380f4e2702f65b0743889495514a

●摩周湖
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18ccf437c2a04698a20b00056a561365

以上

コメント

(12)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【17:00~18:00】<摩周湖>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 13時13分55秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(12)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【17:00~18:00】<摩周湖>の「通訳問題文」候補

●摩周湖
摩周湖は北海道の東部に位置する湖です。火山の噴火によってできた窪地に水が溜まってできたカルデラ湖で、周囲は20キロメートル、深さは212メートルあります。透明度がとても高く、青以外の色をあまり反射しないことから、よく晴れた日の湖面の色はとても美しい青色になり「摩周ブルー」と呼ばれています。

皆さんからご提供いただいた<摩周湖>

●摩周湖は、北海道東部にある湖です。火山の噴火によって作られた窪地に水が溜まってできた、カルデラ湖です。透明度がとても高く、青以外の色をあまり反射しないため、晴れた日には摩周ブルーと呼ばれる美しい湖面を見ることができます。

●摩周湖は北海道の東部にあるカルデラ湖です。周囲は20kmあります。水深が深く、また青色以外の色を反射しないという特徴があり、透明度がとても高くなっています。
(水深の具体的数値も示されていて、それはメモしたので訳に入れたのは覚えていますが、メモは持ち帰り禁止でしたので思い出せません。情けない記憶力の悪さをお許しください。なお、実際の問題文はこれに尾ひれをつけてかなり長かったです。)

●摩周湖は北海道の東に位置し、火山活動によってできたカルデラ湖です。その深さは最大221mで、透明度は非常に高く、透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれています。

●摩周湖は北海道の東にあります。火山の噴火のあとで出来た凹地に水がたまったカルデラ湖です。周囲20キロ、深さは220メートル(この数字はすでに記憶不確か)あります。透明度は●●高く●●、湖面に映る青は「摩周ブルー」といわれています。
(すみませんがこの程度です。特に後半の文章は、摩周湖のことが理解できていないと、どこをポイントに通訳してしたらよいか、その文の組み立てが困難なようか気がしました。)
(注:http://www.masyuko.or.jp/pc/sightseeing/masyuko.html あたりが出所か?

●摩周湖は北海道の西側にあり、…周囲20㎞、深さ211のカルデラ湖です。カルデラとは火山の噴火後に火口部が陥没してできた凹地のことを言います。刻々として変わる湖面の変化が訪れる人々を魅了します。世界一級を誇る透明度と、独特の深い青は摩周ブルーと言われています。

●摩周湖は北海道東部にある湖です。火山の噴火によってできた窪みに水が流れ込んでできたカルデラ湖です。摩周湖の周囲は20km、最大深度は約212mです。その透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれています。
(最後の文はwikipediaにあったので何かの引用と思われます)

●摩周湖は、北海道の東部にある湖で、火山の噴火により陥没した場所に、水が溜まってできあがった。周囲がXX(今はもう忘れましたがメモはできました)キロメートルで、最も深いところで112?メートル(その場では聞こえにくかったです)です。湖は透明度が高く、青色が他の湖に比べて少ないため、輝きが...あり(その場で聞き取りづらかったです)それは摩周ブルーと呼ばれています。
 
●摩周湖は北海道の東にある湖です。??のくぼみに水がたまったカルデラ湖です。周囲は20キロで、最高の深さは121メートルあります。透明度が高いことでも有名で、青い色しか反射しないため、天候のいい時は湖が特に青くなり「摩周ブルー」といわれています。

●摩周湖は北海道の東部にあります。火山が噴火してそのあとに水がたまってできたカルデラ湖です。周囲は20キロメートルあり、1番深いところは212メートルです。天気のいい日は湖の表面がとても美しい青色になります。

●摩周湖は北海道に位置し水面に映る景色が美しい。全長20km、水深約213mであり透明度が高く所以青く摩周ブルーと呼ばれ観光客に人気のスポットである。

●北海道の摩周湖は、北部に位置し、透明度が高いので、青だけ反射?海の周囲が22km.深さ、一番深いところで、220m.摩周ブルーと言われる。

●摩周湖は北海道の東部に位置し、大きさは〇〇で、深さは〇〇です。透明度が高く青く光る成分が多く含まれており天気の良い日は摩周ブルーという青さが楽しめます、的な内容。

●摩周湖は北海道の東部に位置し、周囲約20km、水深212m。青色の光以外は通さないので、湖面は摩周湖ブルーと呼ばれている。

●摩周湖は北海道の東部に位置する湖です。カルデラ湖で周囲は20キロメートル、深さは212メートルあります。摩周湖はその透明度の高さで有名です。これは、湖面が青以外の光を反射しないことに起因します。その湖面は摩周ブルーと呼ばれています。

●摩周湖は北海道の東北部にある湖で火山の噴火によって出来たカルデラ湖です。周囲は...km、最大水深…kmです。湖面の色は青以外の色味が少なくしばしば摩周ブルーと呼ばれています。(日本文読む速度結構早かったです。多分円周と言われたんでしょうが、直径と答えてしまいました。

●摩周湖は北海道の東部に位置し、周囲約20km、水深212m。青色の光以外は通さないので、湖面は摩周湖ブルーと呼ばれている。

●摩周湖は北海道の東部にあるカルデラ湖。火山の噴火で出来た窪みに水が溜まったもの。周囲は20キロメートル、水深は212メートルあるとされている。透明で、晴れた日にはその青の色が素晴らしく、摩周ブルーとして有名だ。

●摩周湖は北海道の東部にあり、火山の噴火によってできました。その外周は約200km、一番深いところは125m?あります透明度が高いため、青色以外の色を反射して・・・・とても綺麗。摩周湖ブルーと呼ばれる
 
●摩周湖は北海道の東部に位置しています。火山活動の結果、窪みに水の溜まったカルデラ湖です。周囲は22km?深さは2??m、透明度が非常に高く、青色以外を反射するので、摩周ブルーと言われる青色が見られます。
 
●摩周湖は火山の噴火によって出来たカルデラ湖。周囲xxキロメートル、水深220メートル。水は、青以外の光線を通さないため、青く映る。

●摩周湖は北海道の東部に位置する湖です。火山の噴火により形成されたカルデラにできた湖で、直径20km、水深は最も深いところで212mあります。良く晴れた日には、( …… 透明?)なので、摩周ブルーを見ることができます。

●摩周湖は北海道の東に位置し、火山活動によってできたカルデラ湖です。その深さは最大221mで、透明度は非常に高く、透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれています。

●摩周湖は北海道の東部にある湖です。火山でできた穴に水がたまって、カルデラができました。広さは〇〇キロメートルで、最大深度は〇〇メートルです。光を反射して水面が青以外の色が見えません。これが摩周ブルーです。

●摩周湖は北海道東部にある火山の噴火によってできたカルデラ湖です。周囲はーーkm、深さはーーで、ーーーその青さは摩周ブルーと呼ばれています。

●摩周湖は北海道の東部に位置し、周囲20キロで最大水深が212メートルに達する。摩周ブルーが??

●摩周湖は北海道東部の湖で、周囲20km深さ200Mのカルデラ湖である。その透明度は有名で摩周湖ブルーと言われている。

●摩周湖は、北海道東部に位置する湖である。火山活動により、作られたカルデラに出来た湖である。湖の周囲は、約20Km, 水深は212mである。湖は、青以外の光は反射しない。それゆえ、その青い湖面は、マシューブルーと呼ばれている。

●摩周湖の説明ですが、書き忘れた箇所がありました。「火山の噴火でできた窪地に水が溜まってできたカルデラ湖です。」という一文と、「透明度がとても高く、青以外の色をあまり反射しないことから、晴れた日には摩周ブルーと呼ばれる美しい湖面を見ることができます。」の間に、「全周20キロ、深さは1番深い部分で212メートルあります。」という1文が入っていました。「全周」、という言葉は確実に記憶に残っています。また「火山の噴火」、「窪地に水が溜まってできた」、「透明度がとても高く」、「摩周ブルーと呼ばれる」、「湖面」という言葉もよく覚えています。
完全でなくすみませんが、参考になれば幸いです!よろしくお願いいたします!

●「摩周湖」の出展についてお知らせします。

環境省の関連団体サイト資料に前半部分がほぼそのまま載っています。
生物多様性センター
モニタリングサイト1000
http://www.biodic.go.jp/moni1000/findings/newsflash/pdf/lakes_benthos_h27.pdf

またこちらの資料にもP14,16に同じような記述がありました。
http://www.cger.nies.go.jp/publications/report/m016/M016.pdf

後半部分はウィキペディア冒頭説明文にありました。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/摩周湖

また、英文ウィキペディアに参考となる英文が載っています。
http://www.cger.nies.go.jp/publications/report/m016/M016.pdf

以上、お役に立てれば幸いです。

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。
info@hello.ac

以上

 

コメント

(11)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【17:00~18:00】<日光東照宮陽明門>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 13時09分51秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(11)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【17:00~18:00】<日光東照宮陽明門>の「通訳問題文」候補

●日光東照宮陽明門
日光東照宮の陽明門は、日本を代表する素晴らしい芸術作品で国宝にも指定されています。一日中見ていても飽きないので、ひぐらしの門とも呼ばれています。今年、44年ぶりに21回目の修復を終え、古代中国の故事や聖人をかたどった500以上の美しい彫刻がよみがえりました。

皆さんからご提供いただいた<日光東照宮陽明門>

●40年ぶりの修復で今回が21回目の修復にあたる。一日中見ていても飽きないので、ひぐらしの門とも言う
 
●日光東照宮は国宝に指定されている有名な観光名所です。陽明門という門があって、一日中見飽きないと言われています。44年ぶりに改修工事があり、三年をかけて完成しました。先人や偉人の彫刻(この辺り定かではありません)が飾られ沢山の人が訪れました。

● 日光東照宮の陽明門は、日本を代表するその美しさから国宝に指定されました。いつまで眺めても見飽きないことから、ひぐらしの門とも呼ばれています。昨年44年ぶりに21回目の修復を終え、聖人君子、○○などの500以上の美しい彫刻がよみがえりました。

●日光東照宮の陽明門は日本を代表する素晴らしい門で国宝です。いつまで見ていても見飽きないので、ひぐらし門と呼ばれています。今年44年ぶりに22回目の修復を終え、その見事な彫刻が復活しました。

●日光東照宮は陽明門が有名で、日暮門は一日見ていても見飽きないほどすばらしいです。今年、〇年ぶりに修復 が行われ、古事記、賢人、500にも上る彫刻が復刻されました。

●日光の陽明門は素晴らしい芸術作品で国宝です、この度44?年ぶり21?回目の修復で、500以上の素晴らしい人形や何とかの彫刻がよみがえりました、といった内容でした。

●日光で有名な場所は東照宮で陽明門は特に美しく、ひぐらし門とも呼ばれる。44年ぶりに12回目の改修を終え、500体を超える聖人や神話の動物の彫刻が色鮮やかに蘇った。

●日光東照宮陽明門は、日本の代表的建築物で国宝にも指定されている。この度4?年ぶりに2?回目の改修を終えた。(メモして説明はできましたが、今となっては思い出せません)。500以上の聖人、賢者の格言が刻まれている。

●日光にある、東照宮の陽明門はその美しさから日暮門と呼ばれている。今年、21年?ぶりに44回目の改修工事が完了し、500もの故事成語が?????

●一度受験詳細を送った者ですがあとからまた思い出したので送ります。

日光東照宮の陽明門は日本を代表する?素晴らしい芸術作品?の一つで、この門は国宝です。
いつまで眺めていても見飽きないことから、日暮らしの門と呼ばれています。
今年2017年には44?年ぶり21?回目の修復を終え、中国の聖人君主や神話の動物などの500以上の(すばらしい?色とりどりの?)彫刻がよみがえりました。

陽明門が素晴らしいなんとかの一つ、とすぐに頭の中で自分が訳したのを覚えています。
また、「この門は国宝です」と言い切っていた気がします。
日暮らし門については↑がかなり近い気がします。
「年ぶり」と「回目」と「修復」で撃沈したのですが、「○○年ぶり○○回目の修復」、と、「500以上」のたぶん「彫刻」が「よみがえりました」は確実にありました。「中国の聖人君主」は確実にあったと思います。もうひとつ動物だったかは忘れました。

仕事の関係で試験の前日も翌日も東照宮で陽明門見てまして、聖人君主像まで頭に浮かぶほどなので、最初は「キタッ」と思ったのですが、100%訳したいくらいだったのに、途中くじけてその分実に悔しいです。

●日光東照宮陽明門は、日本を代表する国宝のひとつです。(思い出せない言葉) ヒグラシ門と呼ばれ、今年、44年ぶりに、21回目の修復を経て、500以上の(思い出せない言葉)彫刻がよみがえりました。
出典は、http://toshogu.jp/shaden/ の陽明門をベースに https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H1O_Q7A310C1CR0000/ の日経新聞電子版を利用されて作成されたのではと検索して思いました。

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。
info@hello.ac

以上

コメント

(10)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【16:00~17:00】<ねぶた祭>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 12時41分33秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(10)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【16:00~17:00】<ねぶた祭>の「通訳問題文」候補

●ねぶた祭り

東北三大祭りの一つである青森のねぶた祭りは、8月上旬に行われます。歌舞伎をテーマにした人形の山車とともに、ハネトと呼ばれる踊り手が街を練り歩く大変勇壮な祭りです。最近では、ねぶた祭りはアメリカ、フランス、ブラジルでも行われており、国際交流に一役買っています。

皆さんからご提供いただいた<ねぶた祭>

●ねぶた祭りは東北三大祭である。人形を山車に乗せ街中を走り回る。はねとと呼ばれる踊り子もおり、町を跳ね歩き盛り上げる。ねぶた祭りは、アメリカ、フランスでも行ったことがあり、日本の国際交流にも一役になっている。

●東北の3大祭りの一つ青森ねぶた祭りは8月の 上旬に行われます。歌舞伎役者の(・・・不明)山車を(・・・不明)はねとと呼ばれる人たちが(町を練り歩きます)(ねぶた祭りは)アメリカ、フランス、ブラジルでも(有名で)国際交流に一役買っています。

●青森のねぶた祭りは・・・ハネトという踊り子・・・フランス、アメリカ、ブラジル国際交流の大きな助けになっています。

●東北三大祭りの青森ねぶた祭りは...巨大な人形型の山車とともにハネトという踊子が街を練り歩きます。最近は外国でも知られるようになり、フランスや...でも人気があり国際交流にも役立っています。(みたいな...でした。よく覚えてません。)

●東北3大祭の一つで8月上旬に始まり、「ねぶた」と呼ばれる巨大な山車が見物である。山車に歴史上の人物や歌舞伎の登場人物の像を積んで町を巡り、「はねと」と呼ばれる踊り子の一団が、日本の伝統音楽に合わせて踊りながら後に続く様子は迫力がある。この祭りは、アメリカ、フランス、ブラジルにも紹介され、国際交流に一役買っている。

●東北3大祭りである、秋田県のねぶたは8月に行われます。はねとと呼ばれる人々がねぶたの山車とともに町中を練り歩く、ダイナミックなお祭りです。ねぶたはアメリカ、フランス、ブラジルなどにも進出し、国際貢献に一躍かっています。

●ねぶた祭りは東北三大祭りの1つ 歌舞伎を題材とした山車に加えてハネトと呼ばれる踊り手が勇壮な舞をします。ねぶた祭りは日本のみならず、アメリカやブラジルなど海外の多くの国で演じられており、国際交流に大きく役立っています。

●青森ねぶた祭りは、東北三大祭りの一つです。歌舞伎を題材にした??山車とハネトと呼ばれるおどりの集団が町中を練り歩きます。

●東北の三大祭りの1つであるねぶた祭りは8月上旬に行われる。歌舞伎の登場人物を模した勇壮な山車とハネトと呼ばれる踊り子が踊り回る賑やかな祭りである(後半はややうろ覚えです)。ねぶたは外国にも輸出されており、アメリカ、フランス、ブラジル(ブラジルは自信なし)でも行われ、国際交流に一役買っている。

●東北三大祭りの一つである青森のねぶた祭りは、歌舞伎の俳優を模した山車を曳き、ハネトと呼ばれる踊り子が、跳ね踊り練り歩く。ねぶたは日本だけではなく、 ? フランス、ブラジルで有名で国際交流に役立っている。

●東北三大祭りの一つである”青森ねぷた祭り”は、歌舞伎をテーマにした大きな山車、ハネトと呼ばれる人達が踊る様はにきやかなものです。今や、アメリカ、フランス、ブラジルででも催され、交際交流に一役買っています。

●青森のねぶた祭りは、東北3大祭りの一つで、歌舞伎役者を模った派手な山車などで、ハネコと呼ばれる踊り子と共に街を練り歩きます。また、ねぶたはアメリカやブラジルなどでも行われており、国際交流に一役買っています。

●青森のねぶた祭りは、東北三大祭りのひとつです。8月の中旬に行われます。山車の上には☆☆が飾られ、☆☆と呼ばれる人々が、飛び回りながら町中を巡ります。ねぶた祭りはアメリカ、フランスなどにも趣き、人気です。

●青森ねぶた祭りは東北三大祭りの一つで、8月上旬に開催されます。ねぶたと呼ばれる山車が町中の練り歩きます。はやて?と呼ばれる踊り子たちも、、、(この辺り記憶が曖昧だったので、一緒に廻ります、とかにしてしまいました)ねぶたはアメリカ、フランス、ブラジルでも紹介?導入?され、国際交流にも一役かっています。

●東北地方のお祭りで青森のねぶた祭りがあります。これは東北三大祭りの一つです。歌舞伎役者などの題材をモデルにした大きな山車を引っ張りながら歩きます。はねと呼ばれる踊り子もいます。最近では、アメリカ、フランス、ブラジルにも進出し、国際交流に貢献しています。

●東北には、有名な夏祭りがある、その一つは青森のねぶたで、歌舞伎のやぐらが、ハネトと呼ばれるダンサーと練り歩く。ねぶたは、 ? フランス、ブラジルで有名で国際交流に役立っている。

●ねぶたは 東北3代祭りのひとつで 毎年 8月の上旬に行われる。 張り子の人形が素晴らしく はねこと 呼ばれり踊り手が 周りを囲んで 踊る。日本だけでなく アメリカ ブラジル フランスでも 行われて 現地でも とても成功していて 国際交流の場にもなっている。

●ねぶた祭りは東北三大祭りのひとつです。8月上旬に行われます。歌舞伎をテーマにした人形の山車が有名です。~と呼ばれる踊り子が踊ります。ねぶた祭りはアメリカ、フランス、ブラジルにも進出していて国際交流に貢献しています。

●表題の件、個人の方がどこからかコピーしたようなブログ記事が、通訳問題文中のねぶた祭の描写の部分と似ていて、また英語対訳という点でも採用されやすいかと思いましたので、下記にお知らせいたします。
http://risusan.net/?page_id=10780
「青森のねぶた祭りは日本で最も迫力のある祭りの一つであり、「ねぶた」と呼ばれる巨大な山車が見物である。山車は歴史上の人物や歌舞伎の登場人物の像を積んで町を巡り、地元民や観光客の一団が日本の伝統音楽に合わせて踊りながら後に続く。祝宴の最終日にはベスト3のねぶたが選ばれ、数百万人もの見物客は花火の感動的なフィナーレに酔いしれる

また、英語のみの記事ですが、最初の書き出しが東北三大祭りから入る点が、やはり問題文に近いので、下記2つも、記憶が薄れないうちにお送りいたします。
https://fastjapan.com/en/p119045

http://ziptripjapan.com/our-destination/nebuta-festival/

●東北3大祭りのひとつである、青森県のねぶた祭りは8月に行われます。歌舞伎を題材にした人形???はねとと呼ばれる踊り子がねぶたの山車と共に町中を練り歩くダイナミックなお祭りです。ねぶたはアメリカ、フランス、ブラジルなどにも進出し、国際交流に一役かっています。

●青森ねぶた祭りは東北三大祭りの一つで、8月上旬に開催されます。ねぶたと呼ばれる山車が町中の練り歩きます。はねとと呼ばれる踊り子たちも、、、(この辺り記憶が曖昧だったので、一緒に廻ります、とかにしてしまいました)
ねぶたはアメリカ、フランス、ブラジルにも進出し、国際交流にも一役かっています。

東北3大祭りのひとつである、青森県のねぶた祭りは8月に行われます。歌舞伎を題材にした人形???はねとと呼ばれる踊り子がねぶたの山車と共に町中を練り歩くダイナミックなお祭りです。ねぶたはアメリカ、フランス、ブラジルなどにも進出し、国際交流に一役かっています。(←赤字は、メモしたので、自信があります)

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。

info@hello.ac

以上

 

コメント

(9)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【16:00~17:00】<花火大会>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 12時36分46秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(9)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【16:00~17:00】<花火大会>の「通訳問題文」候補

●花火大会
日本では、花火大会が夏の風物詩です。7月から8月にかけて、各自治体で花火大会が開催されます。一部の地域では大きな花火大会がおこなわれます。特に、江戸中期からの伝統と格式がある東京の隅田川の花火大会は格別で、屋形船から見る花火はおすすめです。

皆さんからご提供いただいた<花火大会>

●日本では花火大会が夏の風物詩です。一部の地域では大きな花火大会がおこなわれます。隅田川の花火大会はその1つです。隅田川の花火は伝統と格式があり、屋台船からみる花火は格別です。(最後は記憶があやふやです。)

●日本では花火が夏の風物詩です。毎年7-8月には多くの花火大会が開催され多くの人で賑わいますが、東京の隅田川の花火大会では屋形船の上から花火を観賞することができ、ひときわ素晴らしいものです。

●花火は夏の風物詩で、7月から8月にかけて、いくつかの自治体により花火大会が開催されます。特に有名なものは、隅田川花火大会があり、これは17世紀中頃に始まりました。屋形船に乗って眺める花火は、風流です。

●隅田川の花火大会は夏の風物詩として有名です。花火大会は7月、8月に行われます。江戸中期頃の伝統的な花火が使用されています。大規模な花火もあります。やかた舟に乗って、花火を観るのも人気があります。

●日本には多くの花火大会があり、地方自治体も趣向をこらしていて、特に隅田川の花火大会は江戸中期から始まっていて趣がある。屋形船からみる花火はいいものだ…的な。毎年たくさんの人が訪れる。

●日本では毎年夏の7から8月になると各自治体で花火大会が開催されます。特に隅田川では江戸中期の風情を残した祭りで人々を魅了しています。おすすめは屋形船から眺める花火です。

●日本では夏、7月から8月にかけてたくさんの都市(自治体?)で花火大会が開催されます。隅田川の花火大会は7月に開催されますが、屋形船から見る花火はおすすめです。

●花火。夏の風物詩。江戸中期頃から開催。隅田川の花火大会は有名です。隅田川の屋形船は風情があり,おすすめです。
(こんな感じです。記憶がもうあいまいです。結構長かったです。)

●日本では、夏の風物詩のひとつとして花火大会があります。一部の地域では、大規模のものがあり、隅田川の花火大会も、その一つです。隅田川花火大会は、格式があり、屋台舟から観る景色は、素晴らしいです。

●花火大会は夏の風物詩です。地方自治体が大きな花火大会を催します。江戸時代から続く隅田川の花火大会は有名です。(?)屋形船から眺める花火は素晴らしいです。ぜひおすすめします。

●日本では花火大会が夏の風物詩です。6月から7月にかけて地方では多くの自治体が花火大会を行います。中でも江戸中期から行われている隅田川花火大会は多くの人が訪れます。屋形船から見る花火は格別です。

●花火は日本では夏の風物詩です。各自治体では7-8月にかけて花火大会が行われます。特に江戸中期からの伝統と格式をもつ隅田川の花火大会は格別で、屋形船から見るのがおすすめです。

●二次試験【16:00-17:00】の通訳問題文をネットで検索した結果をご連絡いたします。
Google の検索機能をもってしてもぴったりな文はみつかりませんでした。キーワードを変えても出て来ませんでした。最終的にはハローのブログが出てきました!
他の方が見つけてくださっていればよいのですが‥
ただ、すこし似た説明を見つけましたのでご参考までにリンク先をお知らせいたします。
http://www.crosscurrents.hawaii.edu/content.aspx?lang=jap&site=japan&theme=cal&subtheme=FESTIVAL&unit=JCAL032

参考に私が12/3に送った説明文も下記にのせておきます。アンダーラインははっきり覚えてるキーワードです。
リンク先にある「浴衣」「250年」や祭りの由来は二次では言われませんでした。
全体の文が不自然に繋がっていたので、面食らった記憶がありますので、おそらく寄せ集めの文ではなかったのか?と思いました。
最初が「日本」ではじまってますが、最後の主語が前の隅田川をさしているだけの始まりで、おすすめは?ときたので「えっ」と思いました。
「ここでのおすすめは?」としてくれればとてもわかりやすいのにと思いましたので最初と最後の文を組み合わせたのかな?と思いました。
迷推理で申し訳ごさいません。
何かの参考になれば幸いです。
取り急ぎの文章で失礼します。
毎日お忙しいとおもいますので、どうぞご自愛くださいませ。

日本では毎年、夏の7月から8月になると各自治体で花火大会が開催されます。特に隅田川では江戸中期の風情を残した歴史のある祭りで人々を魅了しています。おすすめは屋形船から眺める花火です。

●日本では毎年7~8月に各地で花火大会が行われ、夏の風物詩です。一部の地域では大規模なものが行われ、江戸中期に始まった隅田川の花火大会もその一つです。隅田川の花火大会は伝統と格式があり、多くの人が屋形船かから花火を見ますが、それは格別です。
以下ははっきりおぼえているwordsです。

日本では 7~8月 夏の風物詩 一部の
江戸中期 隅田川の花火大会 その一つ
伝統と格式 屋形船 

●日本では、花火が夏の風物詩です。毎年、7月から8月には多くの花火大会が開催されます。一部の自治体では独自の趣向を凝らした花火大会を行います。東京の隅田川の花火大会は江戸中期からの伝統的なもので屋形船からみる花火は格別でお勧めです。

●日本では、花火大会が夏の風物詩です。7月から8月にかけて、各自治体で花火大会が開催されます。一部の地域では大きな花火大会がおこなわれます。特に、東京の隅田川の花火大会は、江戸中期からの伝統と格式があり、屋形船から見る花火は格別です。ぜひ、花火を見に隅田川に訪れることをお勧めします。

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。
info@hello.ac

以上

 

コメント

(8)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【14:00~15:00】<プレミアムフライデー>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 12時33分11秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(8)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【14:00~15:00】<プレミアムフライデー>の「通訳問題文」候補

●プレミアムフライデー
プレミアムフライデーは、政府と経済界が作った政策で、月末の金曜日は仕事を早めに切り上げ退社し、買い物をしたり、友達と食事をしたり、旅行に出たりすることを促進する消費喚起が目的です。2017年2月24日から開始され、消費促進だけでなく、充実感を感じ、満足感の高い生活スタイルを構築することも目的です。

皆さんからご提供いただいた<プレミアムフライデー>

●プレミアムフライデーは、政府と経済団体が主体で開始された。月末の金曜日は仕事を早めに切り上げ、消費をうながしたり生活スタイルの充実を図るものである。2017年2月24日から開始され、買い物や旅行などに利用されている。

●プレミアムフライデーは、政府が経済界と共に消費促進のために始めました。月末の金曜日に早めに仕事を切り上げ、食事をしたり、買い物をしたりすることが目的です。2017年2月24日から開始され、消費促進だけでなく、充実感を感じ、満足感の高いライフスタイルを構築することも目的です。

●政府が決めた施策、早く仕事を終えて買い物や食事を楽しんでもらおうとする意図だがそれだけでなく気持ちの充実も図るように企画され、2017年の2月に始まった。

●プレミアムフライデーは、日本政府が?。月末の金曜日?。仕事を早く終わらせ、食事や買い物?。2017年2月24日に?。消費を?、満足感を?。

●充実感と満足感を与える的な内容だったと思います。

●プレミアムフライデーは、毎月末の金曜日にあり、個人消費を促進するために政府と経済界で始めた施策です。この日は、社員が早く仕事を終え、買い物や旅行などに費やすことが期待されています。2017.2.24から開始しており、景気の刺激のほか生活スタイルの改善も目的となっています。

●プレミアムフライデーは、経済界との協力のもと始まった政策です。毎月の最後の金曜日に早めに退社し、買い物、飲食、小旅行などの消費喚起が目的です。2017年2月24日に始まったこの政策は、充実かつ満足のいく生活スタイルが目的です。

●プレミアムフライデーは、政府と経済界が作った政策で、金曜日に早めに退社し、買い物をしたり、友達と食事にいったり、旅行にでたりを促進するもので2017年2月24日にスタートしました。この政策は消費を高めるだけでなく、幸せや充足感も高めるものです。~

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。
info@hello.ac

以上

 

コメント

(7)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【14:00~15:00】<道後温泉>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 12時30分00秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(7)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【14:00~15:00】<道後温泉>の「通訳問題文」候補

●道後温泉
道後温泉は、四国愛媛県松山市に湧出する温泉です。日本三古湯の一つとして、その存在は古代から知られ、万葉集にもその名が記されています。また、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台にも登場したことで有名で、愛媛県を代表する観光地となっています。共同浴場がある道後温泉本館は街のシンボルです。

皆さんからご提供いただいた<道後温泉>

●道後温泉は、愛媛県の松山市にある温泉です。古くから有名で、日本3古湯のひとつに数えられています。また、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台としても有名です。最も特筆すべきは、道後温泉本館という建物で、その建築は~

●道後温泉は松山にある温泉である。日本三古湯の一つである。夏目漱石の小説、坊ちゃんにも登場する。共同浴場のある本館は街のシンボルになっている。

●道後温泉は松山市にあり三古泉の一つとされている。古くから??万葉集にもうたわれた。夏目漱石の一つ小説ぼっちゃんにも登場した。道後温泉本館は町のシンボルであり道後温泉は愛媛を代表する人気ある観光地。

●道後温泉は四国愛媛県松山市にある温泉です。その存在は古くから知られており、万葉集にも記載があります。夏目漱石は自身の著書坊ちゃんの中で道後温泉に触れています。道後温泉は愛媛県の主要な観光スポットで、公共施設である道後温泉本館はそのシンボルです。

●道後温泉は四国の愛媛県松島にある温泉である。古来より知られていて、万葉集にも書かれている。また、夏目漱石の小説・坊ちゃんにも出てくる。公衆浴場がある道後温泉本館は、街のシンボルである。
 
●道後温泉は愛媛県松山市、四国に流出する温泉である。日本三古湯のひとつ、万葉集に書かれている?夏目漱石も坊ちゃんで描いた、代表的な○○である。道後温泉本館は○○のシンボルとなっている

●道後温泉は愛媛県松山市にある温泉です。日本三大古湯の1つで、歴史は古く、万葉集にも記されています。夏目漱石の小説坊ちゃんにも登場したことで有名で、愛媛県を代表する温泉です。

●道後温泉は愛媛県の松山市にある。日本三古泉のひとつである。万葉集にも出てくる。夏目漱石の坊っちゃんにも出てくる。愛媛の観光スポットのひとつである。道後温泉の本館はなんとかかんとか(笑)。

●道後温泉は四国、愛媛の松山にある、日本に古くからある温泉で、古くからよく知られています。夏目漱石の坊ちゃんの舞台です。日本三名湯の一つです。公共にある道後温泉本館は愛媛のシンボルです。

●道後温泉は、愛媛県の松山市にあり日本三大古泉として有名です。古代は万葉集にも唄われ、夏目漱石の坊っちゃんにも出てきます。道後温泉旅館の本館(?)は有名で、その建築物は????、松江の街のシンボルにもなっています。

●道後温泉は四国の愛媛県松山市にある温泉です。日本三大古湯のひとつです。万葉集にもその名が記されており、夏目漱石の坊ちゃんの舞台にもなっています。温泉施設のある道後温泉本館は愛媛を代表する観光地です。

●道後温泉は、愛媛県松山市にある日本を代表する温泉の一つで、四国で最も人気のある温泉です。古代からの温泉としても知られていて、万葉集や、夏目漱石の坊ちゃんにも登場します。道後温泉の本館は、高知県を代表する建物としても有名です。

●四国の愛媛県、松山市の道後温泉は、有名~日本三古湯のひとつ。万葉集にも出てきた。夏目漱石「坊っちゃん」~また、道後温泉本館も有名、市の代表的~になっています。

●松山市に湧出している道後温泉は三古泉のひとつとして古くから知られており、万葉集にも詠まれています。また、夏目漱石の小説『坊ちゃん』にも道後温泉が取り上げられています。共同浴場である道後温泉本館は有名で、まちのシンボルとなっており、愛媛県を代表する観光地です。

●まず、構成の元となったのではないかと思われる文が、wikipediaにありました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/道後温泉
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
道後温泉は四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉である。日本三古湯の一といわれる。
その存在は古代から知られる。古名を「にきたつ」(煮える湯の津の意)といい、万葉集巻一に見える。なおかつてはこの周辺が温泉郡(湯郡)と呼ばれていたが、これはこの温泉にちなむ地名である。伊予国(いよのくに)という名前も湯国(ゆのくに)が転じたものという説がある[要出典]。
夏目漱石の小説『坊つちやん』(1905年)にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地となっている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1、これを見て、自分がメモした 「流出している」、は「湧出している」、の聞き違いであったと気づきました。お恥ずかしいです。

2、前半、赤字の部分は、ほぼ原文通りの順序で、不要な部分を削り、万葉集「巻一に見える」を、万葉集に「記載がある」、とか万葉集に「書かれている」、のようにわかりやすい語尾に変えていたと思います。

(メールに色文字が使えませんので、色文字の文を添付ファイルに添えます)

3、最後に、独自に、道後温泉本館の一文が足されています。
(公衆浴場のある道後温泉本館は、(街?)のシンボルとなっています)

4、夏目漱石の下り(代表的な)があやふやで、夏目漱石にかかっていたのか、道後温泉本館にかかっていたのか微妙です。皆の聞き取りが一番苦しかった部分かもしれません。確かに言えるのは、「代表的な」という言葉が、夏目漱石と道後温泉本館の間に入っていた、ということです。

まとめると、こんな感じかと。(赤字:自分のメモ、青字:他の方の投稿から思い出した部分)

道後温泉は四国、愛媛県 松山市に湧出する温泉で、日本三古湯の一つと言われます。
その存在は古くから知られ、万葉集にも記載があります。
夏目漱石の坊ちゃんにも描かれ、(代表的な?)
公衆浴場のある道後温泉本館は、(街?)のシンボルとなっています。

自分はメモれず2つとも抜けましたが、「古くから知られ」→聞いた記憶があります。
「公衆浴場のある道後温泉本館」公衆浴場→日本文を聞いた瞬間にpublic bath と単語が思い浮かんだのを、夜になってから思い出しました。

馴染みのある言葉ばかりで、難易度は高くないはずなのですが、長かったので、最後の温泉本館の文が始まったとき、「えっ?まだもう一文あるの?」という感じになりました。ですから、「代表的な」は、wikipediaの原文通りで、夏目漱石の文にかかっていたのかもしれません。「夏目漱石の小説『坊つちやん』にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地となっている」。これで「終わった」と思ったのに、さらにこの後、もう一文続いたから、びっくりしたのかもしれません。

再現は大変な作業と存じます。少しでも助けになればと願います。

●<出典サイト>(道後温泉)に関しまして、これではないか、と思うものが見つかりましたのでご報告いたします。

下記2サイトから、組み合わせていると思います。(wikipediaでした)
問題文に出てきたところを、赤文字にしました。
(黒字は、問題文にはありませんでした。アンダーラインはwikipedia上の印で、消せませんでした。申し訳ありません)

「道後温泉」Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%BE%8C%E6%B8%A9%E6%B3%89

道後温泉(どうごおんせん)は四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉である。日本三古湯の一といわれる。
その存在は古代から知られる。古名を「にきたつ」(煮える湯の津の意)といい、万葉集巻一に見える。なおかつてはこの周辺が温泉郡(湯郡)と呼ばれていたが、これはこの温泉にちなむ地名である。伊予国(いよのくに)という名前も湯国(ゆのくに)が転じたものという説がある[要出典]。
夏目漱石の小説『坊つちやん』(1905年)にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地となっている。2007年8月に地域団体商標(地域ブランド)として認定された(申請者は道後温泉旅館協同組合、登録商標第5071495号)。

「道後温泉本館」Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%BE%8C%E6%B8%A9%E6%B3%89%E6%9C%AC%E9%A4%A8

道後温泉本館(どうごおんせんほんかん)は、愛媛県松山市の道後温泉の中心にある温泉共同浴場。別名・愛称は坊っちゃん湯。
戦前に建築された歴史ある建物(近代和風建築)で、街のシンボル的存在であり、1994年に国の重要文化財(文化施設)として指定された。共同浴場番付において、東の湯田中温泉大湯と並び西の横綱に番付けされているほか、2009年3月、ミシュランガイド(観光地)日本編において2つ星に選定された。2009年、経済産業省の「近代化産業遺産」に認定。

上記の2サイトを組み合わせ、文末を「ですます」にアレンジしていたように思います。
固有名詞の流れが、ぴったり合います。冒頭の「四国・愛媛~」が、特に印象的でした。
また、最後に「シンボル」という言葉があったことも、覚えています。
組み合わせてみると、こんなかんじです。



道後温泉は、四国・愛媛県松山市に湧出する温泉です。
日本三古湯のひとつといわれています。
その存在は古代から知られ、万葉集にも ~ 。
夏目漱石の『坊っちゃん』にも描かれました。
また、道後温泉本館は、~~ 松山市のシンボル的存在となっています。

以上です。 まだ抜けているところ(~)があり、申し訳ありません。ほかの方からも情報提供がおありだと思いますので、合致するところがありましたら、うれしく思います。

●「道後温泉」の通訳文の出典は、多分Wikipediaと道後温泉の公式ページです。 
ほとんどはWikipediaをそぎ落として細部の表現を変えたもの。最後の文だけ公式ページを参考にして「道後温泉本館が道後温泉のシンボル」と作ったものと思われます。 
以下は私の編集を少し入れたものですが、ドンピシャでは無くてもかなり近い物になっていると思います。 Wikipediaは「である」調ですが、問題文は「です、ます」調だったと思います。

道後温泉は四国・愛媛県松山市に湧出する温泉です。日本三古湯の一つといわれます。その存在は古代から知られ、万葉集にも登場します。夏目漱石の小説『坊つちやん』にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地となっています。道後温泉本館は、道後温泉のシンボルです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%BE%8C%E6%B8%A9%E6%B3%89

http://www.dogo.or.jp/pc/about/

https://dogo.jp/

●アップされた皆さんの記憶と出典調査結果を読んで思い出したことがありますので、追記します。 いずれも最後の文についてです。
1.「公衆浴場」は確かに付いていました。bathhouseと言ったのを覚えています。public bathhouseと言ったかどうか覚えていませんが、public抜きで「浴場である道後温泉本館」では、文が落ち着きませんよね。
2.皆さん、道後温泉本館が何のシンボルだったか自信がなさそうですね。 私もです(笑)。 自分は、the city of Matsuyamaと言ったのを先ほど思い出しました。「道後温泉の」ではなくて「松山市の」シンボルが正解だと思います。

●道後温泉は愛媛県松山市のある四国に湧出する温泉で、日本三古湯の一つと言われます。 その存在は古くから知られ、万葉集にも記載があります。夏目漱石の坊ちゃんにも描かれ、代表的な観光地となっています。公衆浴場のある道後温泉本館は、街のシンボルとなっています。

●先生、おつかれさまです。

道後温泉チーム、確定できそうな部分と残る課題を整理してみました。

出典:wikipedia道後温泉、wikipedia道後温泉本館からの抜粋アレンジ
----------------------------------------------------------------------
道後温泉は四国・愛媛県松山市に湧出する温泉で、日本三古湯の一つと(いわれています)。その存在は(古く)から知られ、万葉集にも( 
)。夏目漱石の小説『坊つちやん』にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地となっています。公衆浴場のある道後温泉本館は、松山市のシンボル(    )。
----------------------------------------------------------------------

1文目:語尾の可能性として、(いわれます)or(いわれています)
大きな違いではありませんが、文として(いわれています)が自然かと。

2文目:その存在は(古代)or(古くから)から知られ、万葉集にも( )。

(1)wikipediaは(古代から)だが、皆の意見、記憶に残る響き的にも、問題文は(古くから)に言い換えられていた可能性が高いと思われます。

(2)(万葉集にも)の後が難しい。意見多数
(描かれています)(書かれています)(記されています)(詠まれています)(登場します)など。

3文目:夏目漱石→wikipedia原文通りでほぼ確定

4文目:公衆浴場のある道後温泉本館は、松山市のシンボル(   )。

(公衆浴場のある道後温泉本館は)→統一意見として確定できそう

何のシンボルだったかが、不明でしたが、(松山市の)を確定されている方がいらっしゃいました。聞き取りすばらしいですね。

語尾の可能性 
(シンボルです)(シンボルとなっています)(シンボル的存在となっています)

確定できる場所をお持ちの方、いらっしゃいましたら、どうぞお願いします!

●みなさんが書いてくださってるなかで、私の記憶と違うと思う点があるのでご連絡させていただきます。

1) 街(町)のシンボル
これは、 音だけで"まち"をtown かcityか松山くらいだとどっちがいいかなと、どうでもいいことを迷ったので、"まち"のシンボルだと思います。"シンボル的存在"ではなく"シンボル"と記憶しています。

2) 公衆浴場
これは、共同浴場だったと思います。メモに共同浴場と書いたため、public bath とすぐ思いつかず、一瞬考えたので。公衆浴場という表現であれば、すぐにpublic bathが思いついてたと思うことも理由のひとつです。

他はすごくあいまいな記憶しかないのですが、最初の文章は、四国の松山という表現で、愛媛という地名がでたのはもっとあとだった気がします。この辺りは、上記2点よりかなりあやふやです。
完璧な文章復元に少しでもお役にたてれば嬉しいです。

●道後温泉

道後温泉は愛媛県松山市、四国に流出する温泉である。日本三古湯のひとつ、万葉集に書かれている?夏目漱石も坊ちゃんで描いた、代表的な○○である。道後温泉本館は○○のシンボルとなっている

と速報で報告しました。
---------------------------------------
自分でメモした言葉として、確実に覚えているのが、

道後温泉、愛媛、松山、四国、流出する
日本三古湯、万葉集
夏目漱石、坊ちゃん、representative
道後温泉本館、シンボル

です。この順番の通りに、この形でメモしました。

「流出する」をどう訳していいのか、わからなかったので、道後温泉は〜に位置する、と訳しました。

representative を(代表的な)と言う意味でメモ取りしましたが、この言葉がどこにかかっていたのか、わからなくなり、適当に訳しました。
後から他の方の報告文を見て、「代表的な建物は道後温泉本館で、〇〇のシンボルとなっている」だったと理解しました。representativeは本館の前に書けば良かったと思いました。場所を間違えました。

あと、シンボルはわかっても、どこのシンボルか、メモを忘れました。
町のなのか、県のなのか? わからなくなってしまい、仕方ないので、本番では愛媛県のと訳しました。

●通訳問題文が読み上げられたとき、冒頭が「四国・愛媛・松山~」と地名を連呼する形ではじまり、いったい何の話なのか、話の筋がわからなくて不安な気持ちでメモをとっていたことを覚えています。
「道後温泉」という固有名詞が出てきたのは、文章の途中だったと思いますので試験で読み上げられたテキストは、このようなものではないか と思います↓

四国愛媛県松山市に湧出する道後温泉は、日本三古湯の一つとして、その存在は古代から知られ、万葉集にもその名が記されています。夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台にも登場したことで有名で、愛媛県を代表する観光地となっています。また、共同浴場がある道後温泉本館は街のシンボルです。
同じ時間帯に受験された他の方からも、同じようなコメントがおありでしょうか?私の場合、メモに温泉マークを書いたのが、文章の途中だったように覚えていますので出だしは、地名だったと思います。

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。
info@hello.ac

以上

コメント

(6)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【13:00~14:00】<演歌>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 12時26分06秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(6)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【13:00~14:00】<演歌>の「通訳問題文」候補

●演歌
演歌は、日本人の心を歌う歌謡曲の一つのジャンルで、古くからあるものと思われがちですが、その歴史は意外と新しく1960年代に始まったと言われています。明治時代から戦前までは、ジャズやシャンソンといった外国音楽や唱歌、軍歌などが人気がありました。

皆さんからご提供いただいた<演歌>

●演歌は日本人の心と言われているので古くからあるものと思われがちですが、その歴史は意外と新しく、1960年代にうまれました。明治時代から戦前までは西洋のジャズやシャンソン、また軍歌や唱歌が一般的でした。

●演歌は日本の心を歌う古くからあるジャンルだと考えられていますが、その歴史は意外と新しく1860年以降にできました。戦前の日本では、ジャズやシャンソンの外国音楽や、唱歌や軍歌が歌われていました。

●演歌は日本の心を歌う、歌謡曲の一つのジャンルで、その歴史は意外と新しく、1860年?以降に出来ました。(ここまでは何とかメモを取れましたが、その後メモが追い付かなくなりました。)明治時代から戦前は…、ジャズ、シャンソン、唱歌、軍歌 と単語は拾ったのですが、後から見直しても、結局訳にたどり着けませんでした。

●演歌は日本の代表的な歌謡曲だが、歴史は古くない。明治から戦後にかけて、シャンソンやジャズが流行り、唱歌や軍歌が国歌として…?

●演歌は日本人の心を表す歌謡のジャンルです。その歴史は意外と新しいです。1960年代に始まったと言われています。明治時代から戦前までは、ジャズやシャンソンといった外来の音楽や唱歌、軍歌が人気がありました。

●演歌は・・・・・ 日本人の心とも言われていますが、その歴史は意外と短く1960年代に始まったと言われています。明治、大正時代はジャズやシャンソンなど、また唱歌や軍歌などがはやっていました。

●演歌は日本人の心を表す古くからある歌のジャンルだと考えられていますが、その歴史は意外と新しく1960年以降に確立されました。明治以後から戦前までの日本では、ジャズやシャンソン等の外国音楽や、唱歌や軍歌が歌われていました。

●演歌は日本の伝統音楽と見なされ、日本の心の歌と言われることもあるが、実はその歴史は意外と新しく、1960年代によく歌われるようになった。大正時代から戦前までは、ジャズやシャンソンなどの外国音楽や唱歌や軍歌などの日本音楽が盛んであった。
→ 大体、こういう内容だったと思います。なお、制限時間は1分だと思っていたのですが、開始前に、日本人面接官の方が1分半と言ってくれました。それで、ゆっくり訳しました。短文ばかりをつないで話したように思います。「意外と」と「唱歌」は訳し忘れ、「心の歌」はballadにしてしまいました。時間は、ほとんどぴったりでした。

●演歌は日本人の心に・・・(?)人気があります。しかしそれほど古い歴史はありません。1960年代からです(?)。それ以前は明治時代からジャズやシャンソン、唱歌や軍歌が盛んでした。
(通訳できたのは、演歌が人気あること、古い歴史がなく1960年代からだということ、それ以前はジャズやシャンソンが人気だったことくらいで、唱歌も軍歌もすぐに出てこず訳せませんでした)

●演歌は日本の心、明治時代以降、ジャズ、シャンソン等、単語を拾うのに精一杯でストーリーはほとんど覚えておりません。

●演歌は、日本で人気があり、しばしば日本の心と言われます。しかし、演歌が歌われるようになったのは、1950(60だったかもしれません)年代のことで、それ以前は、ジャズ、シャンソン、軍歌などが人気がありました。(それ以降の問題文はメモできず、通訳できませんでした)。

●演歌は日本人の心を表す歌謡のジャンルです。その歴史は意外と新しいです。1960年代に始まったと言われています。明治時代から戦前までは、ジャズやシャンソンといった外来の音楽や唱歌、軍歌が人気がありました。

●演歌は日本の心を歌う歌の一つで、古くからあると思われがちだが、実はその歴史は意外と新しく1960年代に始まったと言われています。明治以降から戦前まではジャズやシャンソンなどの外国の音楽、また、唱歌や軍歌などが人気だった。

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。
info@hello.ac

以上

コメント

(5)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【13:00~14:00】<屋形船>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 12時23分13秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(5)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【13:00~14:00】<屋形船>の「通訳問題文」候補

●屋形船
屋形船は、船の上に屋形が乗ったもので、元々、貴族が舟遊びに使っていました。後になって、庶民が水上での飲食を楽しんだり、娯楽や観光に使うようになりました。今では、春には花見、夏には納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。

皆さんからご提供いただいた<屋形船>

●屋形船は昔は貴族の遊びでした。後に庶民も○○や観光に使うようになりました。現在は春は花見、夏は納涼や花火など、多くの人々が屋形船を利用しています。

●屋形船の問題でした。以前は貴族が船遊びとして使っていたが、今では庶民が娯楽や観光に使っている。春には花見、夏には納涼や花火観賞に使われている、というような内容でした。

●屋形船は家の形をした船で、昔は貴族の遊びに使われた。現在は庶民の娯楽に使われる。春は花見に、夏は納涼の花火に使われる。

●屋形船は、屋形を載せた船で川をくだる乗り物で、もともとは貴族の遊びとして行われていました。その後庶民の娯楽としても広まりました?現在でも花火大会や納涼に・・・(すいません、ここまでした憶えていません。)

●屋形船は元々は貴族の遊びであった。今日は一般の人も楽しめる。屋形船は、船に屋根がついたもので、元々貴族が舟遊びに使っていました。後になって庶民が水上での飲食を楽しんだり、娯楽や観光に使うようになりました。春は花見、夏は納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。食事もでき、舟の上から、花見、納涼、花火を見る事が出来る。

●屋形船は、船に屋根がついたもので、元々貴族が舟遊びに使っていました。後になって庶民が水上での飲食を楽しんだり、娯楽や観光に使うようになりました。春は花見、夏は納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。

●「屋形船は、船の上に館があるもので、元は貴族の遊びに使われていましが、後に一般庶民の遊びにも広がりました。今では、春は花見、夏は納涼や花火鑑賞になどに使われ、人々に人気があります」

●屋形船は、舟の上に屋形が乗ったものです。もともとは貴族の娯楽でした。のちに、庶民も屋形船の上で飲食を楽しむようになりました。今では多くの人が、春にはお花見、夏には涼んだり花火を楽しんでいます。

●屋形船は船の上に屋台?が乗ったもので貴族が舟遊びに使っていました。後に庶民たちが飲食しながら娯楽や観光に使うようになりました。現在は、春には花見、夏には納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。
info@hello.ac

以上

コメント

(4)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【11:00~12:00】<パクチー>の「通訳問題文」候補

2017年12月05日 12時17分42秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

(4)2017年度<第2次口述試験>通訳問題【11:00~12:00】<パクチー>の「通訳問題文」候補

●パクチー
パクチーは、独特な香りから好き嫌いが分かれます。近年の東南アジア料理の人気が高まるにつれ、専門レストランができたり、スーパーでも売られるようになりました。以前は中国語や英語で呼ばれていましたが、今ではタイ語でパクチーと呼ばれています。


皆さんからご提供いただいた<パクチー>

●パクチーはその独特な香りのため、好き嫌いがはっきり分かれるが、近年の東南アジア料理人気により、日本のスーパーでも手軽に買えるようになっている。昔は中国語、英語の表記で呼ばれていたが、タイ語でのパクチーと表記されている。

●パクチーは独特の香りから好き嫌いが分かれます。東南アジア料理の人気が高まるにつれ、専門レストランができたら、スーパーでも売られるようになりました。以前は中国語や英語の読み方で発音してきましたが、今ではタイ語でパクチーと発音します。

●パクチーはその強い臭いが特徴ですが、最近日本でも人気で、スーパーマーケットや専門店でも見られるようになりました。パクチーは、以前は中国語や韓国語で発音されていましたが、最近はタイ語の名前で発音されています。

●パクチーはその独特な匂いのため、人によって、好き嫌いが分かれます。東南アジア料理の人気が高まるに連れて、パクチーはスーパーでも売られるようになり、専門のレストランも出てきました。かつては中国語や英語名で呼ばれていましたが、今はタイ語のパクチーで呼ばれています。

●パクチーは香辛料で、好きな人もいれば、嫌いな人もいます。もともとは東アジアで食べられていました。以前は、専門店で買うことができましたが、今では多くのレストランやスーパーマーケットでみかけるようになりました。日本でも人気です。以前は中国名で、呼ばれていましたが、現在はタイ語のパクチーと呼ばれています。

●パクチーは、風味が独特なため、人により好き嫌いが激しいが、次第に人気が出て、スーパーマーケットで売られたり、レストランでも出されるようになってきました。当初は、英語や中国語で呼ばれることが多かったですが、東南アジアブームに後押しされて、タイ語でそのまま呼ばれるようになっています。

●「バクチーはその香りの良さで知られています。最近は日本でも多く見かけるようになり、スーパーや専門店で買う事ができます。以前は中国語や英語で呼ばれていましたが今ではタイ語で呼ばれるようになりました。」

●パクチーは独特の風味で好き嫌いが分かれます。最近日本ではスーパーで買うことができて、専門レストランもある。パクチーは中国語の名前や英語の名前で呼ばれていたが最近はパクチーという名前で呼ばれるようになっている。

●パクチーは、独特な香りから好き嫌いが分かれます。近年の東南アジア料理ブームで専門料理店もあらわれ、スーパーでもよく見かけるようになりました。以前は中国語や英語の名前で呼ばれていましたが、最近はタイ語でパクチーと言われています。
以下は絶対自信のある部分です。
・「匂い 」ではなく「香り」
・「好き嫌いが分かれます。」で文章切れる。
・「近年」と「東南アジア」は入っていた。

●パクチーはその香りから好き嫌いが分かれます。東南アジア・・・(ここはパニックで飛んでしまいました)。最近ではスーパーマーケットでも販売され、パクチー専門のレストランもあります。以前は中国名で呼ばれていましたが、現在ではタイ語名で呼ばれています。

●【出典】
旬の野菜百科 『●香菜(シャンサイ)とは』から多少文章を編集して出題したと思われます!
文章が酷似しています!!
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/syansai.htm

★出典サイトを見つけたら、ご連絡ください。
info@hello.ac

以上

コメント