goo

Howard, "The Restress State of a Lover" (Tottel 3)

ヘンリー・ハワード、サリー伯
「恋する男の落ちつかないようす」

若さゆえに突っ走ってきた。
愛の神に鞭で追い立てられて、へとへとになりながら。
ふり返り、はじめにいた場所、そもそも
どこから走りはじめたか考えてみた。

そうだった、欲望のためにぼくは
いけない方向に走ってきた。道を誤ってきた。
目が目の前のご褒美を求めすぎ、
それでぼくはよりよい餌食を逃してきた。

ぼくはため息をついて日々過ごし、
悲しみを隠せなかった。陽気にふるまえなかった。
ため息はいつも沸騰した蒸気のように熱かった。
燃える秘密の炎を隠せなった。

胸は塩辛い涙でいっぱい。でも
心の畑もいっぱい、愛の神が撒く楽しい誘惑の種で。
その果実を美しいあの人が潰す、
芽が出て花が咲く前に。

いつも目は追ってきた、
狙う獲物を。逃げる獲物を。
飢えた目で獲物を狙うたび、
新しい秘密の傷で心が痛んだ。

獲物を狙って頬が染まる、
死人の白に、赤熱の赤に。
誰が見ても明らかな色に。そんな時、
ぼくの心は逃げた、あの人に助けを求めて。

今さらながら愛の神から習っている、
顔色を上書きする方法を。
人目をだます方法を。
愛でいろんな色の染みがついた頬を隠せるように。

それよりむしろ誰にも見えない心がほしい。
そこで愛の神をこっそり讃えたい。
彼に聖なる炎を燃やしたい。
赤い火花を飛ばすことなく。

*****
Henry Howard, Earl of Surrey
"Description of the Restress State of a Lover"

When youth had led me half the race
That Cupid's scourge had made me run;
I looked back to mete the place
From whence my weary course begun.

And then I saw how my desire
By guiding ill had led the way:
Mine eyen, to greedy of their hire,
Had made me lose a better prey.

For when in sighs I spent the day,
And could not cloak my grief with game;
The boiling smoke did still bewray
The present heat of secret flame.

And when salt tears do bain my breast,
Where Love his pleasant trains hath sown;
Her beauty hath the fruits opprest,
Ere that the buds were sprung and blown.

And when mine eyen did still pursue
The flying chase of their request;
Their greedy looks did oft renew
The hidden wound within my breast.

When every look these cheeks might stain,
From deadly pale to glowing red;
By outward signs appeared plain,
To her for help my heart was fled.

But all too late Love learneth me
To paint all kind of colours new;
To blind their eyes that else should see
My speckled cheeks with Cupid's hue.

And now the covert breast I claim,
That worshipp'd Cupid secretely;
And nourished his sacred flame,
From whence no blazing sparks do fly.

http://www.luminarium.org/renlit/whenyouth.htm

*****
解釈例:

a better prey
= "Her beauty" の彼女
= "To her for help my heart was fled" の彼女
≒ 宮廷風恋愛のパターンにおける「貴婦人」

"my desire . . . guiding ill"
"Mine eyen, to greedy of their hire"
"The boiling smoke"
"The present heat of secret flame"
"his [i.e., love's] pleasant trains"
"The hidden wound within my breast"
"My speckled cheeks with Cupid's hue"
≒ 他のいろんな女性も好きになる、ということ

"worshipp'd"
"nourished"
≒ 仮定法(的)

愛の対象(だと自分で思っている人)がいて、
でも他に好きになってしまう女性もたくさんいて、
それがばれないようにしたい、という話。

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Smith, "At Mi... 登呂 2017 »