goo

(Longinus), From On the Sublime

(ロンギノス)
『崇高について』より

I
この書の読者は文学をよく知っているであろうから、次のようにいうだけで十分である。いつだって崇高なものがあらわれるのは、気高く、並はずれて優れた言葉のなかにおいてである。この崇高なものによって、崇高なもののみによって、詩人や散文作家は高く評価されてきた。名声の神殿のなか、永遠の場所を与えられてきた。気高い一節は読者を理性的に説得したりしない。むしろ読者の心を読者自身から奪う。驚嘆は思考を混乱させ、理に適うもの、快をもたらすものの魅力を翳らせる。信じる・信じない、ということは通常わたしたちが意のままにできることである。が、崇高なものの専横、抗うことを許さないその力は、否応なく読者を支配する。器用な発想、事実にもとづく明晰な展開は、一節・一段落では評価できない。それは作品全体の構成のなか、しだいに見えてくる。これに対して崇高な思考は、ここぞという時に主題全体を稲妻のように鮮烈に照らしつける。語り手のもてる力を一瞬のうちに思い知らせるのである。

VIII
……自信をもっていうが、崇高の感覚がもたらされるのは、嘘のない強烈な感情が然るべきかたちで表現された時、「美しい狂気」にとらわれたかのような、神々がのりうつったかのような、そんな強い感情が、天の声のようにわたしたちの耳に響きわたる時、に他ならない。

IX
……ホメロスが神々をどのように威厳あるかたちで描いているか見てみよう。

高い崖の上に立ち、
葡萄酒色の暗い海を見渡すゼウスの目、
それと同じ速さで天の馬が飛んでいく。

天の馬の速さは、いわば秒速「世界の端から端の距離」……これは壮大な比喩である。そんな馬が二歩進んだら、もう三歩めを踏み出す場所がなかろう。次のような神々の戦争の図も崇高である。

喇叭(らっぱ)の音が
空に鳴り響き、オリンポスの高い山に地震を起こす。
冥界の王も恐怖に襲われ、玉座から飛びあがり
おぞましい声で叫ぶ。その声たるや、まるでネプトゥルヌスの
腕力で大地が引きちぎられ、あの暗く陰惨でどろどろの、
神々さえ恐れ嫌う死の広間がこの世にあらわれたかのようだった。

大地がその土台から引きちぎられる? 地獄がこの世にさらされる? 全世界がバラバラになってひっくり返る? これぞまさに完璧な滅茶苦茶ぐちゃぐちゃであり、全世界の、天国と地獄の、人と神々の破滅の危機である。確かに恐ろしい絵だ。しかし(寓意として見るのでなければ)まったく不敬であり、慎みをもって描いていい限度を超えてしまっている。思うに、ホメロス以来受け継がれてきた神々の物語、傷と争いと復讐と涙と隷属とその他あらゆる不幸の奇妙なごちゃまぜは、可能なかぎり神々を人のレベルに貶めようとしているのではないか。そして逆に人を神々のレベルにまでもちあげようとしているのではないか。そもそもホメロスの神々は人よりも不幸である。どれだけ不幸でも、わたしたちには死という苦しみからの隠れ場所が与えられている。ホメロスの神々は永遠に、永遠に悲惨に、生きなくてはならない。いずれにせよ、上のような神々の戦いの場面よりはるかに優れているのが、神性を正しく描いている場面、汚れなく偉大でしみひとつない存在として神々を描く場面である。たとえば、よくとりあげられてきたポセイドンの一節だ。

森と山、並ぶ者なきその頂上、
アカイアの船、トロイアの塔、これらがみな
不死なる神ポセイドンの足の陰で震えていた。
波の上を彼は行く。あたりでは
海溝から誘い出された海の怪物たちが、
奇妙に跳躍して海の主を歓迎していた。
魔法のように大波がわかれ、翼のかたちで飛んでいった。

ユダヤの立法者モーセもただ者ではない。彼は最高者たる神にふさわしい描きかたを編み出して、律法の冒頭にこう記した。「神はいわれた」--なんと?--「光あれ、すると光があった。地があらわれよ、すると地が現れた」。

*****
(Longinus)
From On the Sublime

I
As I am addressing a person so accomplished in literature, I need only state, without enlarging further on the matter, that the Sublime, wherever it occurs, consists in a certain loftiness and excellence of language, and that it is by this, and this only, that the greatest poets and prose-writers have gained eminence, and won themselves a lasting place in the Temple of Fame. A lofty passage does not convince the reason of the reader, but takes him out of himself. That which is admirable ever confounds our judgment, and eclipses that which is merely reasonable or agreeable. To believe or not is usually in our own power; but the Sublime, acting with an imperious and irresistible force, sways every reader whether he will or no. Skill in invention, lucid arrangement and disposition of facts, are appreciated not by one passage, or by two, but gradually manifest themselves in the general structure of a work; but a sublime thought, if happily timed, illumines an entire subject with the vividness of a lightning-flash, and exhibits the whole power of the orator in a moment of time.

VIII
For I would confidently pronounce that nothing is so conducive to sublimity as an appropriate display of genuine passion, which bursts out with a kind of “fine madness” and divine inspiration, and falls on our ears like the voice of a god.

IX
. . . Now consider how Homer gives dignity to his divine persons—

“As far as lies his airy ken, who sits
On some tall crag, and scans the wine-dark sea:
So far extends the heavenly coursers’ stride.”

He measures their speed by the extent of the whole world—a grand comparison, which might reasonably lead us to remark that if the divine steeds were to take two such leaps in succession, they would find no room in the world for another. Sublime also are the images in the “Battle of the Gods”—

“A trumpet sound
Rang through the air, and shook the Olympian height;
Then terror seized the monarch of the dead,
And springing from his throne he cried aloud
With fearful voice, lest the earth, rent asunder
By Neptune’s mighty arm, forthwith reveal
To mortal and immortal eyes those halls
So drear and dank, which e’en the gods abhor.”

Earth rent from its foundations! Tartarus itself laid bare! The whole world torn asunder and turned upside down! Why, my dear friend, this is a perfect hurly-burly, in which the whole universe, heaven and hell, mortals and immortals, share the conflict and the peril. A terrible picture, certainly, but (unless perhaps it is to be taken allegorically) downright impious, and overstepping the bounds of decency. It seems to me that the strange medley of wounds, quarrels, revenges, tears, bonds, and other woes which makes up the Homeric tradition of the gods was designed by its author to degrade his deities, as far as possible, into men, and exalt his men into deities—or rather, his gods are worse off than his human characters, since we, when we are unhappy, have a haven from ills in death, while the gods, according to him, not only live for ever, but live for ever in misery. Far to be preferred to this description of the Battle of the Gods are those passages which exhibit the divine nature in its true light, as something spotless, great, and pure, as, for instance, a passage which has often been handled by my predecessors, the lines on Poseidon:—

“Mountain and wood and solitary peak,
The ships Achaian, and the towers of Troy,
Trembled beneath the god’s immortal feet.
Over the waves he rode, and round him played,
Lured from the deeps, the ocean’s monstrous brood,
With uncouth gambols welcoming their lord:
The charmèd billows parted: on they flew.”

And thus also the lawgiver of the Jews, no ordinary man, having formed an adequate conception of the Supreme Being, gave it adequate expression in the opening words of his “Laws”: “God said”—what?—“let there be light, and there was light: let there be land, and there was.”

http://www.gutenberg.org/ebooks/17957

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Milton, Parad... Burns, "A Red... »