深*龍宮の使いのブログ

色々なことを書いていきたいと思います、よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誹謗猪瀬と売国記念日と民主党を潰すべきかとバブルデフレ経済の話、

2013-04-30 12:48:19 | 社会
地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  今日は変な天気ですね、最近は暑かったり寒かったりするので、嵐が来ているのかもしれません、


  さてそれで何か起きているかな、ふーむ、聞いたところでは東京の顔面猪瀬が罪を犯したらしい、

  何でもトルコの批判をしたようだ、批判というよりは誹謗中傷をしたようだが、相変らず知能の足りない間抜けであるが、


  こいつは結構差別主義者で、都庁内でも権限を利用して立場の弱い人を叩いて、犯罪行為を繰り返していたらしいが、知能の足りない馬鹿なので頭がおかしいらしい、

  極端なことをいっているように見えるが、本当にそうらしくて、確かこいつにセクハラを受けて精神的におかしくなった女性職員がいたくらいで、本質的に頭のおかしいやつらしい、


  で、馬鹿猪瀬がいったのは、トルコは文化がない?、イスラム教徒はアラーを信じて争いばかりしている?、イスラム原理主義者が殺しに来そうなことをいっているが、

  ついでにヤッてくれると楽なのだけど、まあそういうアホ発言を繰り返しているらしい、


  それがオリンピック誘致の話で、オリンピック候補にはトルコも手を上げているから、誹謗中傷をすれば勝てると思い、馬鹿なので馬鹿なことをした、

  その点は戦車に乗る馬鹿安部と良く似ているが、オリンピックの誘致では他の候補を批判することを禁止していて、比較をするアピールも禁止している、


  それは外交問題になりかねないからであろうが、それをこの馬鹿猪瀬がそのままやってしまった、

  結果オリンピックはなくなりましたが、馬鹿と鋏は使いようでこういう知能の足りないパッパラパーも、馬鹿であるがゆえに、無能であるがゆえに、社会の役に立たないからこそ、余計な問題のをなくすこともあるようです、


  次に、アホ安部のやった主権回復の日とやらいう、売国記念日ショーで天皇陛下に万歳三唱を下らしい、

  天皇陛下はご立腹だったようだが、こういう獅子身中の虫がいるから天皇家の名誉が穢れるわけで、ゴミはさっさと駆除しなければいけないのだけど、


  で、安部のやった売国記念日は、当初は長い時間をかけたものを予定していたが、周囲の反対があったので一時間に縮小され、また知事なども殆ど集まることがなく、天皇家もいやいや来ていたようだ、


  そもそもいまの天皇家は平和を愛する信念を持っており、それは中国や韓国が天皇家を批判することはないが、安部や靖国を批判する辺りにも違いが見えていて、

  昔韓国のトップが天皇家を批判したら、韓国内で反発が強まったように、いまの天皇家は平和の象徴になっているから、それを軍事利用する安部はアホというしかない、


  少し前も戦車に乗って、馬鹿で馬鹿面をしていたが、結局右翼だ保守だというのは、天皇家の名誉を喰い物にする国賊であり、愛国者とは国を滅ぼす犯罪者に過ぎないということであろう、

  それが安部であり自民党であるのだが、自民党や安部のやった売国記念日は、日本がゴミの国になった記念日として後世に語られるでしょう、


  後は、山口の補選は民主党候補が負けたようだ、なんとなくそんな気もしていたが、そういう結果になりますかね、

  それでそのことで民主党を批判したり、民主党を解党すべきだという意見も見られるが、それは現実的ではないと思う、


  そもそも民主党がなくなったらどうなるのか、新しい政党を作れるのか?、民主党は鳩山氏が資財を数十億出して作ったもので、政党というのはそう簡単に作れるわけではなく、多分今の民主党がなくなればもう一度こういう政党を作ることはできなくなると思う、


  もちろん国民が金を出したり、寄付をすれば違うかもしれないが、そういう習慣は日本ではないわけで、民主党が崩壊して新しい政党をなどというのは絵に描いた餅であり、崩壊すれば二度とこういう政党は出てこないだろう、


  そしていまの民主党の体制はそれほど悪くはないのだ、例えば憲法改正でいえば海江田氏は反対の姿勢を持っている、現状で見る限り憲法改正を止めれる一番のポジションにいるのが民主党で、それ以外の党は少数勢力だから憲法改正に対して効果がない、

  公明党は護憲といっているが、いざとなったら自民党の憲法案をそのまま認めると思うので、現状で見る限り憲法改正を止めるには民主党の力がいる、


  だからこそマスコミを含め批判が激しいわけで、いまの民主党が既得権にとって厄介なのは、連中が一番したい憲法改正において一番邪魔だから盛んに叩いているわけです、


  もちろん民主党が正しいとは言わないが、現状の政治情勢からすると、小沢氏やその周囲の党が大きくなるとは思えず、少なくとも憲法改正をとめるほどの勢力にはならないだろう、

  それは共産党も同じで、彼らも護憲といっているが役に立つこともあるまい、


  それ以外だと維新やみんなの党は憲法改正に賛成で、公明党は自民党の補完勢力だからいざとなれば考えを変えるだろうし、現状で見る限り自民党の憲法改正を止めれるのは民主党だけである、

  そしてそれは今の民主党体制だから出来るのであって、今の体制が壊れ海江田氏がやめれば次は前原辺りになるだろうから、そうなれば民主党も憲法改正に賛成することになる、


  つまり今の状態で民主党がある程度の勢力を残せば、自民党の憲法案は通らないが、

  もし民主党が崩壊すれば、民主党も憲法改正に賛成することになるので、小沢氏の周囲と共産党以外は全て憲法改正に賛成することになる、

  しかも自民党の逝かれた案に賛同すると見ていいので、そうなってしまえば詰む、


  別に民主党が正しいとはいいませんが、自民党の異常な憲法案を止めれるのは彼らしかおらず、それ以外の勢力は役に立たない、

  そういう状況があるからこそ民主党たたきが激しいわけで、もしいまの民主党の党首が前原辺りで、自民党の憲法案に賛成するといっていれば、民主党たたきはこんなにはなっていないと思う、


  いまの時代は個人が我慢する必要はないが、感情的に社会を考えるのは危険な時代である、

  例えるならば崖っぷちにいる車みたいなもので、感情的に楽をしたければそのまま落ちればいいだけで、それを何とか踏みとどまるためには理性的に判断しなければならない、


  現状で見る限り小沢氏やその周囲の勢力では、今の政治の流れを変えるのは難しい、小沢氏の意見は素晴らしいがやはり兵力が足りない、

  そう考えると、憲法に関しては海江田氏はそれほど悪くはないので、小沢氏の勢力と民主党がある程度上手くいく形を理想とすべきだと思う、


  民主党が潰れたら次の政党は出てこない、なぜなら出てくるシステムがないから、

  そして潰れた民主党は完全に自民党の補完勢力になってしまい、第二維新の会のような勢力になるので危険度が増す、


  情勢判断としては、自民、公明、維新、みんな、対、小沢氏の周囲の勢力、共産党、民主党であると思う、これで民主党が崩壊すれば民主党は自民党のほうへ行き、そして新しい政党は二度と生まれなくなると考えれば、民主党の潰れるリスクの大きさが見えると思う、

  いまは良いだ悪いだということはいえないんですね、どうすれば危険が下がるかと考えるべき時代ですから、いまの民主党が潰れるリスクは非常に大きいと考えた方が良いです、


  それ以外だと、金融的な話を書いてみましょうか、

  いま日銀が金融緩和をして株価が上がっている、それはインフレだから上がっているといっているが、実際は違うようだ、


  経済指標によると実はデフレが強まっていて、あれだけ金融緩和したのにさらにデフレになっているようだ、

  その理由としてあるのが、流通している資金が増えていないことで、金融緩和はしたのだけど銀行の奥のほうにある金が増えただけで、市場に流れる金は増えなかった、

  つまり、金融緩和はしたけどインフレ誘導は起きなかったようで、円安になって株価は上がったが物価は逆にデフレになった、


  インフレやデフレは金融バブルによるものは排除しているので、例えば株価が上がったり土地の値段が上がったりすることは、インフレやデフレとは関係ないと考えるから、金融緩和によってバブルが起きたことが逆にデフレの原因になっている、

  これは前に指摘したこともあるけど、金融的な膨張が起きると逆にデフレは強まりやすく、意味もなく物の値段が上がるのがバブルですから、それを適正化しようという圧力がかかり、それがデフレになる、


  いまの経済の難しいところは基本バブル経済ですから金融膨張によるデフレと、バブル経済の警戒から企業が賃金を払わなくなることが合わさって、非常にデフレが強くなってしまう面がある、

  日本は90年代バブルを経験しましたから、あの味が忘れられないのか、「経済を良くする=バブルを起こすべき」という発想になりやすいけど、バブルは不安定ですから長期的に見ると経済に良い影響を与えない、


  ある意味国民が貧しくなっている原因は、バブルを重視する経済政策にあるといえ、意味もなく物が上がるからそれが国民負担になり、そしてバブルははじけるものですから、その警戒感から企業が給料を払わなくなる、

  バブルが貧困を生んでいるようなものなのですけど、90年代のバブルはいい面もありましたが、あれで味をしめた日本人はまともに経済を作る考えを失い、バブル経済だけを目指す非常に苦しい社会を作ってしまったように思えます、