深*龍宮の使いのブログ

色々なことを書いていきたいと思います、よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

間抜執行部と原発内の問題と汚染地域の疎開と大飯原発活断層と小沢氏の話、

2012-06-29 12:33:49 | 社会
地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、




    どうもこんにちは、


  相変わらず涼しい夏ですが、そういえば今日首相官邸でデモがあるらしいです、今の政府に不満がある方は行ってみてはどうでしょうか、沢山人が来るらしいので、


  さてそれで何か起きているかな、消費税の反対があって大きく動くかと思ったのだけど、それほどでもなかったですね、

  う~む、まだ参議院の議論があるから、その後にと考えているのかもしれないけど、参議院の消費税議論は7月上旬らしいので、また動くのは早いと思っているのか、


  となるとあまりはっきりした話はないのだが、そういえば民主党の岸本周平とかいうアホが妙なことをいっていたらしい、

  なんでも、消費税に賛成した俺らが正しいのに、消費税に反対した連中が評価されるのは気に入らない、総理の権利であいつらを弾圧してくれと頼んだようだ、


  言い方は違ったようだがいっている事は同じで日本は擬似民主主義、実態はただの独裁国家なので野田豚の権利を使った小沢弾圧をしてくれと頼んだのが実情でしょう、


  それに対して野田豚も消費税の賛成派が非難され、反対派が賞賛されるのは気に入らない、国民が俺のいうことを聞かないのは生意気だといったらしい、


  そんなのにしか今の執行部にはいないということで、程度の低いゴミの集まりではそうなるだろう、体制というのは権力であるが、権力というものは意味であるから体制=権力と考えていると、存在意味がなくなっていく、


  野田豚やそのゴミ議員にしても、権力を握ればそれで全ては解決するのだと思っているようだが、そうはならない、
  
  権力を握って弾圧をすればその反発があるのだから、結局権力は崩壊し全てを失うことになる、


  今の執行部のゴミ連中が勘違いしているのは、権力を握って何をするべきかという判断が間違っていれば、その権力はなかったことにされてしまい、逆にその罪を問われることになる、

  力を得るという事はリスクがあるわけで、権力を握ったことのリスクというものは、それだけ高い判断をしなければ逆に重い罪に問われる、


  高いところに立てば落ちたときのリスクも大きい、官僚も野田豚のアホグループも、そのリスクを考えていなかったのだろう、

  権力は握った分だけリスクを背負うことになる、それが分からない間抜けな連中はいずれ粛清されていくでしょう、


  次に、今日は原発の話が多いようだが、まずは福島原発の一号炉の内部を調べたら10シーベルトあったらしい、

  確か1シーベルトくらいで人間は死ぬから、10シーベルトというと即死レベルだろうね、

  それも水は放射能を遮蔽しますから、水に浸かった状態でとなると、その下では数百倍の線量が出ている可能性がある、


  そしてその線量という事は、核燃料が転がっている可能性もあるから、かなりまずい状態のようだ、

  それに聞いたところでは原発内の配管が壊れ始めて、あちこちから汚染水を噴出す恐れがあるらしいから、段々と福島原発は末期状態に入りつつあるようだけど、


  こういう事に関しては、核燃料の取り出しをやめるか、もしくは水冷ではなく空冷式にして、余計な水を発生させないようにする必要があると思う、

  少なくとも今やっている手段では解決しないと思うので、一回原発をどうするかということを考え直すべきだと思う、

  線量からして放射性物質は原子炉外に多く出ていると思うから、石棺の様にするしかと思います、


  他では、福島で40マイクロシーベルトくらいの線量が出たようだ、40マイクロという事は年間被爆は400ミリシーベルトくらいだから、死ぬ可能性があるレベルだね、

  しかも外部被爆ではなく内部被爆だから、どれだけ恐ろしい放射能がまっていたのだろうかと思いますけど、


  こういう線量の問題は、いわゆる外部被爆と内部被爆の問題で、空間に一時的に放射能が出て、しばらくして下がったとしても、それで安全になるというわけじゃない、


  今回の40マイクロというのが計測のミスでないのならば、それがそのまま体内に入るわけで重度の被爆を起こす、

  そして放射能というのはあまり体内から出ないから、一時的なものであっても汚染地域に住んでいると蓄積のダメージが大きくなる、


  前々から思うのだが、よく考えると政府は汚染地域の人々の一時疎開みたいなことしていませんよね、放射能の汚染というのは汚染されていない地域に住まない限り内部被爆したものは出ませんから、内部被爆に対する対処法は汚染されていない地域にある程度の期間移住する必要がある、


  けど、日本政府はそういう計画すら考えていないように思うが、これで汚染対策になるのか?、

  今回福島で40マイクロの線量が出た、40マイクロという事はベクレルで言えば天文学的な数値だろう、元々福島では10マイクロくらいは普通に出ているけど、40マイクロといえばかなり異常な数値であり、その環境にいた人々は強い内部被爆をしたはずだ、


  そして汚染地域にいる限り内部被爆は軽減されないので、もし汚染された地域に住ませるならば、内部被爆の軽減のために一時的な疎開が必要になる、

  チェルノブイリでもそれはやっていて、汚染地域にずうっと住んでいると内部被爆が重症化してきて、チェルノブイリエイズという体力や免疫力がどんどん落ちる状態になるから、それを避けるためには住民の疎開が必要である、


  本来の計画であれば福島や茨城北部と宮城南部の住民を定期的に汚染されていない地域に移住させ、内部被爆を体内から吐き出させる毒抜きのようなことをする必要があり、政府にはその義務があるはずだが、そんな話聞いたことがないね、


  食べて応援とか、原発は収束したとかいう電波話は聞いた事はあるが、内部被爆は蓄積して重症化するのだから、汚染地域の住民を定期的に移住させて健康保全をしないといけないのだけど、


  何もしていないよね、被爆というものはそういう被害を受けない時間がないと修復されないので、汚染地域に住んでいる限り被爆の問題が低減化されることはない、被爆を避けるには被爆から遠ざかるしかない、


  それが完全にできないとしても、一時的な移住くらいは政府がするべきだと思うが、そういう案を聞いたことがない、
 
  今回40マイクロという数値が出たけど、それだけ強い汚染や被爆をするのならば、その汚染されたものを体内から出す時間がいるわけで、汚染地域にいる限りそういうことはおきませんから、この対策はどうするんだろう?、


  外部被爆と違って内部被爆は一過性のものではなく、毒物が体内に溜まってしまうものですから、毒物の多い地域ではそれが体外に出て行かない、

  その対策を考えないといけないのに、何で何もせずに被爆だけはさせるのだろうか、


  本当の意味で政府は原発に対する安全対策を考えているのか、どうもいまだに放射能は健康にいいとか思っているような気しかしない、

  ともかく福島ではいまだに強い線量が出るようだ、だからそこで住み続けるのは難しい、となれば定期的な移住が必要であるけれど、そういう形になるまで何年かかるんでしょうね、何十年後とかじゃなければいいのですが、


  後は、福井の大飯原発に活断層があるという話が上がっている、これは前も書きましたが専門家の人の意見のようで、興味を持っている人も多いようだ、
  
  いっている事を聞いてみたのだけど、今までも大飯原発の下に活断層があるとは指摘されていたのだが、それを原子力村は無視をしていて、なかったことにしていたらしい、
  

  無視をすれば活断層は消える、どうも頭のおかしなやつしか原子力をやってないようですが、無視をすれば物理現象は消えるとは初めて聞いたな、原子力村の連中を捕まえて、どういう生き物なのか調べたいところでありますけど、


  ともかく、大飯原発の下に活断層があり、また周囲の山にも入っているらしく山が崩れる恐れがあって、もし地震がおきると大飯原発は天然の石棺ならぬ土棺になるようですが、


  そして活断層もかなり危ないもので、写真を見てみたのですが、原発の敷地内を粉々にするように、10本くらいはしっていて、全部がばらばらになるようになっている、

  もしこの活断層が全部動けば、たぶん敷地内の全施設が壊れて、その上で近くの山から土砂が大量に流れて来ると思う、

  その上その原発につながる道は土砂で埋まり唯一の橋は落ち、修復もできないまま大量の放射能が降り続けるでしょう、

 
  こんなもの作っていやがったんだねと思いましたが、大飯原発に関しては地震が来たらほぼ助からないと思ったほうがいいので、これは止めるしかないと思います、


  それ以外だと何かあるかな、では何度か書いていますが小沢氏が党を割るべきかどうかということでも書いてみましょうか、

  現状だと割る可能性が高いですが、小沢氏が党を割ることに特に問題はないでしょう、

  そもそも小沢氏は自由党、鳩山氏は民主党で別の政党が一緒になっているわけですから、それが元に戻るだけならば問題はない、


  タイミング的にも民主党批判が大きいし、党を割ってもデメリットはないだろうね、

  今回の消費税の話は実質的な民主党の終焉を意味しているので、こういう形があるのならば問題はないでしょう、


  そうではなく、民主党に対する信用が残っている段階で党を割るとなれば、国民の批判もあるだろうけど、民主党の支持が殆どない状態では党を割ってもそれを批判する声は上がらないはずだ、


  何事もタイミングで、自公民の連立という民主主義を否定する形が見えている以上、それを否定する勢力の需要も増えているわけで、国民感情としては自公民の独裁ではなく、対立軸になる政党勢力を欲している、


  しかし自公民以外だと、共産社民は小さすぎるし、みんな維新は自民党の別働隊であり、こいつらを支持することは自民党を支持することと同じなので、国民の対立軸としての選択肢には入らないだろう、


  問題は自公民という独裁体制に対する新しい勢力の必要性であるから、小沢氏が新しい政党を作れば、そこに対して国民の注目は集まるだろう、

  マスコミは全く逆なことをいうかもしれないが、大体からして社会はマスコミのいうことの逆に動きますから、マスコミの言い分は社会には受け容れられず、国民の選択とマスコミの選択は違うものになるだろう、


  国民感情としては、大連立による独裁は国民の不利益にしかならないので、消費税の話もありますが国民世論を完全否定するような、連立を認める可能性は無いので、小沢氏が党を割ればそれに対する支持は増えると思う、
  
  ただ問題があるとすれば、政権をとるとなると大規模な組織、そして資金源が必要になり、その獲得がどの程度できるかというのはあると思います、

  
  小沢氏が党を割るというのは、大きくみれば既得権と国民との争いという分かりやすい形になる、

  誰がどう考えても自公民の連立は国民の意思の封殺ですから、それを認める可能性は無くいくら組織票があるといってもやりすぎれば反発を招くだけで、マスコミを使ったプロパガンダをしたとしてもそれを国民が信じることはないと思う、


  だから小沢氏が党を割るのは悪くない、欠点があるとすれば大規模選挙をするだけの人材と資金を集めれるかどうか、一からやり直す分体制は弱くなりますから、選挙に向けてどこまで体制を整えられるかになるでしょう、


  小沢氏が党を割るのはタイミングとしてはいい状態である、もちろん党を割らないという手段もあるけど、ただどっちにしろ民主党は崩壊するから小沢氏は党を出なければならなくなる、


  まあ低い可能性だけど、小沢氏が次の代表戦に出て首相になる可能性もないではない、しかし小沢氏が首相になっても民主党の衰退までは止まらないから、何らかの形で政治的変換は起きるだろう、


  今までは民主党の勢いがあって信用があった、だから党を割れば批判があったかもしれないが、それも消費税を上げた結果民主党に対する信用はなくなり、今の状態ならば党を割っても国民は非難しないだろう、


  そして自公民の独裁に対する、対立軸としての必要性もあるから、それなりには評価される可能性が高い、

  マスコミは全く逆の形を宣伝するだろうが、さすがにここまで極端な状態になれば、マスコミの情報操作を信じる人もいないだろうから、マスコミの言い分とは違う世論で社会が動くだろう、

 
  その先のことまでは分からないけど、小沢氏が党を割ることは悪いことではない、元々別の党の人間なのだから元に戻るだけで問題点はない、

  状況的にも恵まれているし、マスコミの言い分を聞く国民もいないだろうから、うまくいく可能性は高いが、


  ただどの程度勝てるかとか、人材をそろえたりする点には難しいところがあるので、そこら辺のサポートや協力者がほしいところだけど、

  現状で見ると党を割るかどうかは分からないけど、党を割る時点までは悪い判断にはならないと思う、後はそのあとの協力者を見つけれるかどうか、

  そしてその協力者が悪事をしないかどうか、それによって流れが変わってくると思います、