深*龍宮の使いのブログ

色々なことを書いていきたいと思います、よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近の政治の話と日本の中枢、

2011-06-29 10:00:30 | 社会
地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、





    どうもこんにちは、



  最近は死ぬほど暑いですね、梅雨の猛暑とか変なことを言っているけど、どう考えても雨季の猛暑だろこれは、

  アフリカとかああいうところの気象に近くなってしまったようだけど、そうだね、こういう風に暑くなったら前も書いたけど、テレビを消してエアコンをつけたほうが良い、


  テレビは消費電力が大きいので、テレビさえ消せばエアコンはつけても大丈夫なので、

  温度設定も低めにして、熱中症対策をしたほうがいい、


  エアコンもあまり高い温度設定だと冷却が効かないので、ある程度は低くしたほうがいいと思う、


  昔はエアコンが贅沢だという時代もあっただろうけど、その頃は30度に行くことがめったにない時代だったから、今のように30度過ぎが普通になったのならばエアコンは必需品であるし、暑ければつけたほうが良い、


  今の日本は南国に近いですから、エアコンはつけないとダメだと思います、エアコンなしは多分もう無理ですね、



  さてそれは良いとして何か起きていますかね、、大きな話が昨日二つあったようで、一つが東電の株式総会、そしてもう一つが民主党の総会ですね、


  どっちも非難轟々だったらしいが、犯罪者どもは逃げたようだね、

  それで東電の総会は、出席者からお前らはオウムだ原子炉へ逝けと非難が出ていたようで、反原発動議も出ていたようだが否決されたようだ、


  民主党のほうは、菅のアホがさっさと辞めろこの世から消えろと、まあ非難があったようだがこいつも途中で逃げたらしいね、



  それぞれを分けて考えてみると、まず東京電力というのは、実は国営に近いものなんですね、

  民間会社といわれているのだけど、筆頭株主は東京都だし、実態としては国営なんです、



  だから株式総会をしても、国営企業みたいなものでたいした意味を持たないのだけど、

  東電の問題というのは他の発電会社も同じなだけど、実態としては国営なんですよ、

  しかし形態が民間企業なので、だからもしこれが国営だったら国営企業として責任を問えるし、民間企業であれば民間企業として責任を問えるのが、


  それが、どっちでもないので問えないんですね、

  国営だったら国の責任になるし、民間だったら株式だなんだと問えるけど、両方できない、

  制度的に責任を問う方法がそもそもないわけで、実は日本の発電制度はインチキから生まれている、



  根本的にえば、実態は国営なのだから出資元である政府に対する責任を問う必要がある、

  それを株式総会でやってもうまくは行かないということで、変な話だけど株式という制度を持っていることが、電力会社の隠蔽体制を作っている、



  制度的には株式で責務を問うのだけど、その株式を国が持っているから、国が責任を問うという発想に立たない限りは、東電は何の責任を負わなくて良いようになっている、


  そして東電は見返りに国に天下り先や金を渡したりしているわけで、見かけ上発電所というの発電をしているように見えるけど、実は権力機構の一つであり、国民から搾取をして国家権力の肥大化を目指す、国家権力のための道具である、


  電力を買えば国家権力が強くなるというインチキ制度なのだが、多分江戸時代の幕府のお墨付きの御用商人とか、そういうのをまねているだと思うのだけど、


  国民から見ればインチキであるし、江戸時代のような世の中ではないから、そういうことをしていると原発が爆発してしまう、


  これは完全に制度設計ミスなんですね、日本の電力システムは、国民の不利益になるようにしかなっていない、

  だからこれは根本から作り直すしかないと思います、



  で、もう一つの菅のやつは、菅のアホは新エネルギー政策をやるとか、それが次回の選挙の争点になるといっていた、


  次回の選挙ではお前は落ちるから関係ないんじゃないかと思うが、人間、夢幻を見る自由くらいはあるから、菅の幻覚によると次の選挙の争点は新エネルギー政策だといっている、



  しかしそれは根本的に間違いである、なぜかといえば民主党はそういう制度になっていないからで、民主党はマニフェストを出す政党であるから、政治家個人もしくは首相や党首によって政策が決まるのではなく、マニフェストによって政策が決まるのだから、政治家個人にはあまり意味がない、


  そもそも今の新エネルギー政策の法案も、マニフェストに書いてあったことをやっているだけで、別に菅のやつは何の関係もない、


  だから新エネルギー政策や脱原発をしたければ、マニフェストに書けばよく、そのために特定の個人が必要になるわけではない、

  つまり、菅のやつが新エネルギー政策で選挙をするのならば、民主党を離党しないと不可能である、



  民主党のシステムでは、特定の政治家個人が政治をするようにはなっておらず、政治家の発言や行動、政策というものにはあまり意味がなく、

  マニフェストという共通の政策のビジョンで政治をするのだから、ここで菅のアホが新エネルギー政策といっているのは意味不明である、


  別に菅がいてもいなくてもいいのだから、そうだと思えばマニフェストに書けば良いし、そもそも民主党のマニフェストには、自然エネルギー政策を行うと書いているのだから、そのままやれば良いだけである、



  こいつのいっている事は一から十まで矛盾している、そもそも新エネルギー政策は民主党のマニフェストに書いているのだから、必要ならばただやれば良いだけ、別に菅のアホは関係ない、


  昔の政治ならば政治家が政策を言ってどうするというのがあったし、発言や行動も人間的であったが、民主党の場合は政策集団という意識でできているから、特定の政策を個人がやっていくという制度にはなっていない、


  そう考えると鳩山氏の普天間基地問題もおかしなことをしていたことになるけど、まああれは直接的な被害があったから急いだほうが良いということだったのかもしれないが、



  新エネルギーについては急ぐ必要はまだないのではないか?、まずは原発対策をしてそのめどがついてからでも良いと思うのだが、


  だから菅のやつが個人的にいうのならば、マニフェストにない原子力行政、そして福島原発対策をどうするか、というのならば分かるのだが、


  そこらへんは何も言っていない気がするな、新エネルギー政策は別に急ぐ話ではない、どっちにしろ原発対策で多額の費用がかかるし、そっちに回す余力はしばらくはないだろう、



  だからまずすべきは、原子力の見直しと削減、そして福島原発の対策だと思う、

  そういう厳しい道を通って、その上で新エネルギーなら筋が通るが、そこを迂回して新エネルギー政策というのは詭弁ではないか?、


  というか詭弁だろう、それしか可能性が思いつかないからね、だから菅のいう新エネルギーで解散総選挙というのは、菅の身の保身の詭弁であるので、もしそうなったら菅一人だけで解散総選挙してもらいましょう、



  次に、福島原発の話でちょっと気になっていたことがあって、なんでも工程表通りに進んでいるので、避難しているエリアを小さくしようといっているらしい、


  え~っと、工程表通り何が進んでいるのかわからないが、現実逃避をすれば確かに工程表通りに進んでいるのだろう、



  菅とか官僚は幻覚剤を常に打っている状態だから、目の前にあることに気づくこともないのだろうが、

  彼らの夢の中では工程表どおりに進んでいて、それでなぜか危険区域の縮小を言っている、


  理由がなんだか、水素爆発の可能性がなくなったので、縮小しようとしているらしい、

  そうなのか?、じゃあ何で窒素を今も入れているの?、水素爆発の可能性はまだあるし、もしかして、、、


  こいつら危険区域を決めた理由って、放射能じゃなくて爆発の爆風を理由に決めていたのか、爆発が起こるから危険なので逃がしたということ?、放射能じゃなくて?、
 
  
  ああそうか、だから放射能対策は何もしていなかったのね、そして放射能の情報を全く出していなかったのか、つまり放射能は想定外だったわけか、


  原子力発電所が爆発して、それをただのガス爆発と同じように考えていたわけね、どうりで何の放射線対策もしなければ、原発対策もしていないわけだ、ただの爆発だと考えていたわけか、


  それで爆発の可能性が低いから、安全になったので危険区域を狭めますか、ふ~、どうやら福島以前に日本政府の石棺が必要なようですけど、



  いや~、それはないだろ、説明するのもめんどくさいけど、放射能というのは放射性物質としてそこらへんにあるのだから、そういうのは100年くらいは消えないわけで、そういうものを減らさないと住むことはできない、


  そういう作業は民間では動いているが、政府は大した事はしていないから、放射能は殆ど減っていないんじゃないか?、

  しかも放射能というのは風で飛ぶので、台風や大きな風が来れば、また福島中に撒き散らされますから、対策は殆ど出来ないんですよね、


  だからもし危険地域を狭めるのならば、放射性物質の除去がその一帯で行われる必要があるし、

  また風が吹けばすぐに撒き散らされますから、そのたびに除去する必要がある、



  そうしないと人が住めないのだけどね、福島原発が爆発すると起こる問題とは、爆発ではなくで爆発によって放射性物質がばら撒かれる問題であり、逆に言えば放射性物質がばら撒かれれば、それが台風であっても同じことが起きる、


  つまり水素爆発の可能性が低くなっても、安全性は変わらないわけで、福島一帯の放射能の除去が終わらない限りは安全ではないのである、



  そ~れ~が~全く分かってないのね、おばかさんなのね~、分かっていたけど、、

  この国の中枢はいったいどうなっているのか、少なくとも人類に理解できそうなものは、存在していないようです、