深*龍宮の使いのブログ

色々なことを書いていきたいと思います、よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

労働以外の創造、

2007-01-30 13:06:35 | 社会
    どうもこんにちは


  そういえば最近は恵方巻きというのがあちこちで売っているようですね、私の子供のころはそんなものはなかったのですが、いつの間にか普通に売ってる商品になっているようです。 私が恵方巻きというものを知ったのは涼宮ハルヒの憂鬱というライトノベルで出てきたからなのですが、調べてみると恵方巻きというものが広まったのは、海苔業者とコンビニの陰謀のような面があったようです、あまり普通に広まったわけではないようで。 それで、そういう事を見ていて思ったのですが、考えてみると私の子供のころに比べて、色々な文化風習というものが大幅に廃れてしまって、こういう商業利用という面でしか見かけることがなくなったなあという気がします、なんとなくこの辺りにこの国の問題点があるような、そんな風に思えるのですが。



  さてそれはいいとして今日は、労働以外の創造、ということでも、今の時代というものは企業活動の先鋭化というものが、どんどん行われていて、企業の究極形を目指すようなそんな流れが強いように思います、しかし先鋭化すれば先鋭化するほど物事というものはもろくなるもので、先鋭化して行った最終形が非常に不安定なものになるのは間違いがないでしょう。 だとしたらそういう先鋭化し、不安定化する企業の方向性に対して、人々はどうするべきかと考えたときに、労働以外の創造というものがいるのではないかと思ったので書いてみようかと。


  それで労働以外の創造ということで、今までの世の中は企業等が社会的側面を持ち、企業収益の増加が社会の活性化につながる面がありましたが、今現在をみる限りもうそういう事はほとんどないようです、今の企業は企業としてどうであるかという理想形を追っているだけであって、そういう考え方は企業としては正しいのかもしれませんが、それ以外の点では価値がないという、全体から見た場合の企業の価値の収縮、縮小化のような面を持っていると思います。
  


  そしてそういう面を持ち始めているのに、相変わらず企業は自分の社会的な大きさを勘違いし、今となっては企業価値などというのは全体的に見れは縮小化しているにもかかわらず、企業は妄信をし、企業的方向性の絶対性が社会全体における企業の立場の絶対性に直結すると勘違いしています。 しかし本来企業というものは商業的側面しか持っていないものであり、その方向性に特化するということは、社会的な面における企業の立場の失墜のような面も実は持っているということを、今の日本企業は理解できていないのでしょう。


  そして今、企業の社会的価値、意味は失墜し、企業というものは全体的に見ればそれほど価値のないものに成り下がったと見ていいでしょう、企業側はまだ気づいていないかもしれませんが、いずれ企業の社会的価値がどれほど落ちてしまったのか気づくでしょう。 そしてそういう状態において、人々はどう生きるべきかと考えると、まず労働を減らして、それ以外の創造というものをしないと上手くいかないのではないかと思います。


  何故かというと、まず企業の先鋭化は全体のアンバランスを生みます、そしてその全体のアンバランスによって全体が崩壊する恐れがあるのです、ですから企業には協力してはいけなくなってきているのです、そしてその次に、企業の生み出すアンバランスを解消するための手を作らなければならない、そうしなければ企業の生むアンバランスでまた社会全体が崩壊してしまいます。 つまり企業が社会を不安定化させていく要素に対して、人々が補正をしていかなければならない、まあいってみれば企業の先鋭化は全体的に見れはデメリットにしかなってないので、その修正がいるということです。



  そしてそれが最終的にどうなるかというと、多分ヨーロッパ的な社会を目指すことになるような気がします、まあ今までのような滅私奉公的な企業というものも、個人的には嫌いではないのですが、しかしやはり西洋化してしまった時点で、日本的な社会というものにはもう戻れないのでしょう、もしくはアメリカによる日本改造がなければここまで来なかったんでしょうが、売国奴ばかりの政治家連中がアメリカの要求を拒むことはないので、こうなるしかなかったのでしょう。


  まあなんにしろ今の日本の状況としていえるのは、まず企業の社会的価値の没落という面があること、そして、企業経営の先鋭化によって、企業が社会悪になってきており、企業への協力というものが回りまわって社会全体のデメリットになり、そしてそれが人々の人生の弊害になってきていること、だから企業への協力というものを単純には考えれなくなってきていること、そして、企業が社会悪化してきている以上それを補正するような、労働以外の創造というものを何らかの形で生み出したほうが、全体の安定化を生むのではないかということ、そしてそういう方向性を目指すことが、多くの人々にとってメリットを生むのではないかと、最近の社会情勢をみていると思うのですが。





    それでは今は週二回ですので、次回は木曜になります、では次回まで。