深*龍宮の使いのブログ

色々なことを書いていきたいと思います、よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

支持と、人気は違う、

2006-04-28 14:55:06 | 社会
    どうもこんにちは


  今日は共謀罪とか言う、戦前の治安維持法のような法案を、通そうとしているらしいですな、まあ、今の政権はファシズム、平たくいえば独裁を目指す政権ですから、当然そういう動きもあるでしょう、ただ昔と違うのは、今はネットがあって、しかもかなり強力な暗号も簡単にできるようになっているので、情報の伝達を政府がさえぎるのはかなり難しいだろなと思います、そのあたりが抜け道になるような気がします。 むかし見たテレビでアフリカのほうの独裁的政権に反対していた勢力が、そういうネットワークと暗号で、政府と対抗したというのを聞いたことがあるので、まあ、日本がどこまでおかしくなるかは分かりませんが、もしかすると最後はこのあたりまでくるかもしれません。


  さて、それはいいとして、今日は、支持と、人気は違う、ということでも、よくありますよね、何とか支持率とか、けどその支持というのは、本当に支持なのか?と思うことがあります、たとえば芸能人とか、人気はありますよね、けど、支持があるというわけではない、人気と支持は似たものですが、しかし、根本的にぜんぜん違う、その違いを悪用して政府は自分勝手なことをしているわけですが、まあ、ならば支持と人気の違い、それは何なのかということ考えていけば、今の政府のやっているペテン的茶番の本質も見えてくるのかなと思ったので、書いてみようかと。


  それで、支持と、人気は違う、その違いというのを考えていくと、支持というのは、理解したうえでいいと思うこと、人気というのは、表層的なものですね、表面的なものを見て、いいなと思うこと、この二つの根本的に違うところは、具体性があるかどうかだと思います。 たとえば~~を支持する、というのはよく分かった上で、具体的な部分を分かった上で、良いと言っている、協力しようという意味をいっているわけですが、反面、人気というものは、具体的には分かっていないわけですよね、表面だけを見ていいなと思うわけですから、具体性というものはないわけです、ある種の虚構のようなものと言ってもいいかもしれません。


  では、今の政府の政権は支持率が高いといわれています、しかし、本当にそうでしょうか、たとえば支持をしていると言われている人々は、具体性を理解してますか、今の政権の本質を。 100%言えるのは今の政権を支持しているといわれる人々は、具体性においてはいまの政府の問題に対して、ほぼ理解していない、そう言い切って良いと思います、なぜなら国家制度の破綻に進んでいる政権を誰が支持います?、しかもわざとその方向へ進ませようとしている、つまり現行政府はこの国を破綻に進ませようとする、何故そうやっているのかは分からないのですが、必要性があるのか、もしくはそうするメリットがあるのか、どちらにしろ自分の都合のために、国民を犠牲にしようとしているわけで、それを支持するというのは、どう考えてもありえない話だと思います。


  支持と人気は違う、よく似ていますが、ぜんぜん違う、また、たとえば重要で責任のあるような、立場、仕事の場合、人気があるからやっていいわけじゃない、やはり、そういう立場なり、仕事なり、をこなせないような人物ではだめなわけですよ、そのためにはその人物に対する理解、そして評価が必要になる、それは人気とはあまり関係ないはず、少なくとも人気だけで決めていいものではない。 ならば政治家だってそうでしょう、支持と人気は分けないといけない、人気があるからといって政治家を評価するのはいけないこと、ではないですか?、人気があるということは政治家の評価基準にしてはいけないことなのではないでしょうか、本来はそうであるはず、しかし今の日本では、人気でしか政治家をはからない、だから本質的に政治家でないまがい物ばかりが、政治を行ってしまう。


  政治というものも確かに人気商売のように見えますが、しかし人気商売にしたとたん崩壊するような、本質的には全然逆のものなのではないでしょうか、人気のある政治家に中身がありますか?、冷静に見て、殆どの場合歴史を振り返ってみても、人気のある政治家というは、中身がないか、あまりないことが殆どでしょう、少なくとも人気取りばかり考えている人物は、中身がない。 それで今の政治を見渡してみて、人気取りしか考えていない政治家が殆どではないですか、つまりそれは逆にいえば、今の政治家の殆どは中身がない、頭がピーマンなやつらが殆どなわけですな、表面だけあって中身は空っぽ、そういう連中がこの国を牛耳っているわけです。


  だから支持と人気の違いというものを、常に意識して、分けて考えておいたほうがこの国の動きいや、世論を見たときに見やすいのではないかと思います。 たとえば、政党とか政権の、~~支持率というものがある、それを見るとこの国の人間の判断力には、おかしいのではないかと思ってしまうのだけど、人気率と言葉を変えてみると、納得できるような気がします、つまり人気があるだけなんじゃないかな、支持はないだろうと考えると、納得できるというか、そんな気もします。 こういう問題は、本質的には、人気と支持という言葉の概念が、どうもこんがらがっているようのが原因な気がしますが、しかし、現実的には、人気と支持では方向性が全然違う、政府はその辺を悪用しているのでしょうけど、国民としてそういうところを冷静に見て、人気があるだけでは政治家としての意味はない、そう思って眺めていたが良いのではないでしょうか、支持率とかそういう数値も。





    それでは、今日は金曜ですので、次回は月曜になります、では、よい週末を。