深*龍宮の使いのブログ

色々なことを書いていきたいと思います、よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

詐欺師脱原発と甲状腺問題と秘密保護法で損するマスコミの話、

2013-11-13 13:59:36 | 社会
地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、

 
  寒くなってきましたね、ただ冬が来て寒くなったというよりは、異常気象で寒くなった感じがします、

  大きな台風が発生したりしていますから、この寒さも変な理由から来ているのだろうけど、


  それはともかく何か起きているかな、そういえば詐欺師の小泉が脱原発だ何だといっているね、

  所詮は詐欺しだから何らかのインチキなのだろうが、まだ詐欺の手口までは見えていないので、このペテンがどうなるかは分からないけど、


  こいつがいっているのは、原発から出る廃棄物の処理の問題があるから、原発の維持はできないといっている、

  一見あっているように見えるが、悪くいえば小沢氏のパクリだな、


  詐欺師の小泉は実は小沢氏と政治的方向性が近い、たとえば小泉改革でいわれていたその殆どは、小沢氏が言っていたことの実践であり、

  良く小沢氏が新自由主義者だという人がいるけど、それはそういう理由からきている、


  ただ小泉は詐欺師だから、小沢氏のいっていることを利用しただけで、たとえば小沢氏のいっていた自由経済論は、セーフティーネットとセットにしたものだったけど、

  詐欺師の小泉のやったのは、そういう保護政策が一切ない状態で、労働などの自由化をしたため、大量の貧困層を生み社会の崩壊を招いた、


  ビジネス的にいえば、本物の偽者どっちが儲かるかといえば、そりゃ偽者のほうで、

  最近の偽装料理の話もそうだけど、材料を安いものに変えておけば莫大な利益が出るように、利益という点で言えば本当に何かをするよりも、それに似せて暴利を得るような形のほうが利益は大きい、


  詐欺師の小泉は基本的には馬鹿である、知能もなければ理念もなく、社会や政治に対する常識のない者であるが、

  そういう輩は自分で政治を考える事が出来ないので、他人に依存し、利用する考えを持つことが多い、


  今回の件がそれがなのかはちょっと分からないのだが、小沢氏は常々原発の問題は廃棄物の問題だといっていた、

  たとえば原子力発電所から出たゴミは処理をする方法がなく、技術が不完全なので対策がない、


  元々原発から出るゴミは海に捨てる事を前提にしていて、それが条約によって出来なくなってゴミの処理の方法がなくなった、

  そういう点を小沢氏はかなり初期の頃から指摘しており、多分311の前からそういう事を考えていたと思う、


  それと詐欺師の小泉が良く似ている、こいつの言っていることはその廃棄物に特化していて、小沢氏が廃棄物の問題を重視していた事とよく似ている、

  そして詐欺師の小泉は、原発の安全性や福島の住民の問題、そして被爆の問題や福島原発の収束対策については発言していない、そこらへんに不自然なところがある、


  まあ所詮こいつは詐欺師に過ぎず発言に意味はないが、その発言の意図は考えなければならず、やつが脱原発と言う利害損得を計算しなければいけないだろう、

  詐欺師の小泉がまともな事をする可能性は100%ないので、後は利害の読みだけをしておけばいいと思います、


  次に、福島で被爆の人が出たようだね、甲状腺問題か、

  甲状腺問題はがんの問題もいわれるが、他にも色々な病気があるようで、体調不良なども起こすようだけど、政府はそれを認めていない、


  その問題が福島の子供で起きているようだが、元来甲状腺がんは子供には出来づらく、専門家ではないので詳しくはないのだが、起きる確率は殆どゼロらしい、

  それがかなりの比率で発生していて、被爆が原因じゃないかといわれている、


  甲状腺にはヨウ素が集中しやすく、原発事故時に大量に出るのは放射性ヨウ素ですから、それを吸い込むと病気になりやすい、

  原発事故時、福島周囲は空間線量が1ミリシーベルトを越えており、一時間いれば一ミリ被爆する環境にもあったが、子供たちは普通にそういう環境で遊んでいたので、重症化している恐れがある、

  チェルノブイリの場合は一応住民の移住をさせたが、日本政府は一切しなかったので、重度の被爆をしている恐れがある、


  政府はよくそんなに大した被爆ではない、もししていたとしても十ミリシーベルトくらいで、大したものじゃないといっているけど、

  確か初期の頃の被爆データは検査機が壊れていて計測できておらず(意図的に破棄した恐れもある)良く分かっていない、


  現状被爆した数値といわれているのは、その後のセシウムの比率から割り出したもので、それもかなり時間がたってからであるから、フォールアウト時にどの程度放射性ヨウ素の被爆をしていたかは分からない、

  ただ事故直後現地に入った記者によると、空間線量は一時間あたり一ミリを越えていたらしいから、その多くがヨウ素によるものだと考えるとかなりの被爆になるだろう、


  チェルノブイリのときにヨウ素剤を配った国では甲状腺問題が全く出ず、そういう事をしなかった国では出ていたので、

  311事故直後は盛んにヨウ素剤を配るべきだと、多くの人がいっていたが政府は配らなかった、

  
その時の政府の言い分はヨウ素剤は副作用があるので、一般の人に配るのは危険であるといっていたが、実はヨウ素剤は海外では健康食品として売られているものであり、配っても問題はなかったのだけど、

  どういうわけか役人には配っていて住民を見殺しにしていた、


  話が変な方にいっていますが、ともかく福島の子供に甲状腺問題が出ている、

  それを政府は金を払いたくないから、被爆の問題ではないといっている、

  しかし甲状腺問題を引き起こす放射性ヨウ素については、その計測データは破棄されていてどうなっているか分からない、


  それなのに政府は、チェルノブイリでは3~4年たってから症状が出たのだから、そんな事はないといっているけど、

  実はチェルノブイリでもすぐに症状は出ていて、確か計測の問題か何かで表面化していなかっただけで、フォールアウトによる甲状腺問題はすぐに出ても不思議ではない、


  学者や学問というのは、学術的にこうだというだけで現実を一切見ない連中ですが、

  本来甲状腺がんが子供に出るのは、100万分の一か、数十万分の一の確率で、現状10万人に数十人出ているのは異常だから、症状が出ているのだろう、

  これも政府のやつは甲状腺が出やすい大人のデータと子供のデータを比べて、比率は大した事ないといっているようだけど、水俣病のような問題がこれから起きるのだろうかね、


  学術的に正しければ子供が死んでもいい、自分の利権が維持できれば福島県民が病気になってもかまわない、それが日本という国家制度であり、棄民の国日本の実情であります、


  後は、特定秘密保護法の話があるね、

  この法案は国民の知る権利を阻害し、情報を得ただけで刑務所送りにする、非常に危ない法律ですが、

  マスコミも自分が不利になる可能性に気付いて、ようやく反対の意見を述べるようになった、


  それは要求していたマスコミ関係者は逮捕されないという形が、よく考えてみると「マスコミかかわった人々は逮捕される=自分の責任になるんじゃね?」という問題に気づき、そのリスクを考え反対するようになった、


  マスコミは情報産業ですから彼方此方と関わりがある、そしてこの法律ではそのかかわった人を全て処罰する事が出来るので、マスコミ関係者を適法外にしても立場上不利になる、

  そうなると自分らの問題が大きくなるし、情報を集約する事が出来なくなれば実質ビジネスを廃業する事になるので反対だといっている、


  もちろん自分に損になるから言っているだけで、社会や世の中がどうなろうが連中は興味を持っていないだろうけど、


  ともかく、国家機密(実際は国家の問題)を隠蔽すべく作られつつあるこの法案であるが、

  この法案で政府はマスコミを子飼にしようとして、マスコミはこの法律の適応外である、だから安心していいといって、馬鹿なマスコミはそれを信じていたのだけど、


  よくよく考えてみると、マスコミは適法外であっても、マスコミにかかわっている人は法律の範囲内になるのだから、結果としてマスコミと関わる人がいなくなるという問題に気づき、急に意見を変え始めた、

  マスコミはあちこちと付き合って情報を集め報道している、それが不可能になるこの法律が出来てしまえば商売はそれまでで、その損失を考えて反対に回ったのだろう、


  この法案がどうなるかは分からないが、言論弾圧で一番損をするのがマスコミである以上ある程度反対をするだろう、

  しかしその反対を認めれば、自民党の独裁を作るべく出したこの法案が骨抜きになってしまう、その両者の対立がどうなるかだが、
 

  多分結果は金持ち喧嘩せずで、国民に責任だけをおっ被せるものになるだろうけど、構図的に単純にはそういう形に出来ないので暫く争いが続きそうです、



  (あれ?、GOOブログアドバンスが切れていますね、11月分は払っているはずなのだけど、、)



この記事についてブログを書く
« Gooブログの話と20ミリ... | トップ | 金のためのTPPと農産物を... »

社会」カテゴリの最新記事