深*龍宮の使いのブログ

色々なことを書いていきたいと思います、よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Gooブログの話と20ミリ被爆と特定秘密保護法とインフレ貧困問題、

2013-11-10 13:49:56 | 社会
地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  あれこれ考えたのですが、GOOブログの方は止めようかと思います、

  別にブログ自体は止めないのですけど、同じ内容のブログを更新しても意味がないと思って、移転のような事をしようと思っています、


  GOOのブログは安定性はいいのですが自由度が低くて、たとえばいま有料化してアフィリエイトみたいのをやっていますが、これがスクリプトが動かせないので全部手で張らないといけないんですね、

  最初の頃は楽しかったのですが段々疲れてきました、

  他でもバックアップが有料で、バックアップを取るだけでお金を払わなければいけないのもどうかなと思って、あまりメリットがないような気がしました、

  GOOのブログそのものは好きなのですけど、同じ内容を二ヶ所で書いても仕方がないので、FC2のほうに変えようと思っています、


  それはともかく何か起きているかな、一応ネタはあるようだけど、どれがいいか、

  ではひとまずは、福島の住民帰還について書いてみましょうか、


  福島原発が爆発しフォールアウトが起きて、その結果広範囲の地域で人が住めなくなった、

  チェルノブイリの例を見れば移住させるのが当然であるけど、そうすると多額の費用がかかるので政府はそうしたくはない、その結果帰還させようという考えが出ている、


  そこで問題になるのが空間線量の問題で、いまの基準は年間一ミリシーベルトで、これが本来の法的基準ですから、それ以下にしようと今まで除染をしてきましたが、

  除染には効果がないので一ミリ以下にする事が出来ず、移住をさせる事ができなかった、


  それで自民党は国民は金のなる木、金を奪えば生きようが死のうがどうでもいいと考えている連中ですから、強制的に住民を帰す方法を考え出した、

  それが年間被爆を20ミリまで上げるもので、20ミリシーベルトというのは原発作業員の被爆上限ですから、原発の作業員のレベルまで被爆限度を上げようとしている、


  問題になるのは、妊婦さんや子供もこの基準になる事で、子供や胎児は感受性が高く、何十倍何百倍というダメージを受け致命的な問題になる、

  また現場の作業員は内部被爆を防ぐ特別なスーツを着ているが、一般の人はそういうものを着ていませんので、内部被爆が深刻化する恐れがある、


  そもそも作業員の被爆上限は外部被爆の上限ですから、致命的なダメージを与えやすい内部被爆がない状態のものなので、そういう基準を内部被爆が多い一般家庭の被爆問題に当てはめるのは問題が多い、


  分かりやすく言えば住民は死ねといっているようなものだけど、自民党は昔とは違い今は国民の命を狙う人殺しの集まりに過ぎないので、連中が国民のメリットになることをする可能性は100%なく、福島の人々は自民党に殺されるでしょう、


  次に、特定秘密保護法について書いてみると、

  安部の屑と自民党のゴミ連中がやっている特定秘密保護法ですが、色々問題が見えてきているね、


  まあ全部問題でしかない法案であるけど、たとえばこの法案は日本の防衛に関する情報を保護するものだといっているが、実際は無制限なんですね、

  法律の条文を全部読んだわけではないのだけど、条文ごとにその他とかそれ以外と書いてあって、例外が無制限になっている、


  たとえば自民党に渡した賄賂なども、特定機密にする事は可能なので、それを報道するれば関係者全員牢獄送りで、

  将来的に刑罰が死刑まで含むようになれば全員殺される、

  昔の治安維持法も最初は懲役刑までのものだったのが、最終的に死刑まで可能になり軍に都合の悪い人を片っ端から殺していたらしいけど、この法案をちょっと変えると同じ事が出来る、


  そもそも無制限に秘密の指定が出来て、しかもそれによる裁判は何が罪であるかを明らかにせず、裁判官も検察も弁護士も何が罪なのか分からないまま、政府の都合で人を処罰できてしまうので、法治国家でなくなってしまう、


  そういえば自民党はむかし軍人が国民を裁く裁判制度を作ろうとしていたから、もしかするとこの法案はその裁判を想定していて、自衛隊が国民を銃殺刑にするために出している法案なのかもしれないけど、


  ともかく、自民党の基地外どもが出している特定機密保持法ですが、連中は国の防衛のためといっていますけど、国家の機密を保護する法律は存在し、またスパイなどへの法律もあるので、国の機密を守るための法律を作る必要性は全くない、


  じゃあ何で作っているのかというのが、その例外規定の多さで、この法案の狙いは秘密裁判のようなものを狙っているのではないかと思う、

  つまり、何の罪状であるか、何の証拠があるのか、どんな行為が問題だったのか、そういうWhat、Howみたいな疑問の解決のための裁判制度を止めて、政府に都合の悪い人間を処罰するための裁判制度にするのが狙いだと思う、

  国家権力に逆らうやつは犯罪者、その理由はどうでもいいという形に変えるのが自民党の狙いだとみていい、


  これは私のよくいう中世への退行だね、江戸時代なら成り立ったかもしれないが、いまの時代にやれば昔の南米の独裁国家のようになるだろう、

  もしくはポルポトみたいな、大量虐殺を前提とした国家制度になる恐れがある、


  何度も書いていますが、近代化社会は国民の力の向上と問題の増加が主たる問題であり、相対的に国家の価値は小さくなるから民主主義が必要になる、

  それを安部の基地外の馬鹿は、馬鹿だから理解できないのだろうな、


  このまま自民党体制が続けば大量虐殺の時代が来るか、陰湿で貧困の蔓延る薄暗い社会に永遠に生きるかのどちらかになるだろう、

  そこまで行くかは分からないが、少なくとも自民党が目指しているのがそういう社会であるのは間違いないと思います、


  後は、あまりネタがないのでインフレについて書いてみましょうか、

  安部のアホがやっているインフレですが、経済学者はインフレにすれば全ての人は幸せになれると、薬物中毒者のような学説をいっているが、


  さてどうなんでしょうね、今は確かに幾らかインフレ気味だけど、じゃあ景気がよくなったかといえば、大企業は景気が良くなったけど、一般の人は景気が悪くなったという人が殆どである、


  そのギャップは何かというと、昔から言われる話だけど、税制制度上の富の移転が起きていると、左翼系の人が言いますよね、

  法人税の減税と消費税のアップは関連していて、企業の収益の増加は実は国民の税負担増とほぼ同じ額になっていて、自民党の企業優遇政策と国民の負担増政策によって、国民の富が企業に転化されたのだといわれる、


  実はそれとインフレは全く同じ意味を持っていて、インフレになると物価が上昇しますが、同時に金融資産は増加するので、裕福者や株式などを持っている企業の利益は増加する、

  逆に一般の人は物価が上がるだけなので、その分損失をこうむる事になる、


  詐欺師の小泉の頃は税制度上の富の転化をして国民を騙していたが、いまは市場を通してインフレを使って富の転化をし、国民から搾取するシステムを作っている、


  頭のおかしい経済学者などは、インフレにすれば経済は良くなるという、しかし経済論とは企業経済論に過ぎないわけで、国民の生活は経済論の基準には入っていませんから、連中はインフレにすれば企業収益は上がるといっているだけで、国民の生活が向上するとは一言も言っていない、


  いまの日本経済は頭打ちなので、経済が拡大してみんなが儲かるという形は起きず、誰かの利益は誰かの損失にしかならない、

  経済学的に経済の利益を追求していけば、それは企業が儲かって国民が損をする形にしからない、


  だから経済学者がインフレにすれば経済が良くなるというのは、インフレによって国民の富が企業に吸収されて、企業業績がよくなるという意味でしかなく、それ以外の意味は存在しない、


  税制上の富の移転は、今まで散々やってきたので、それに対する批判も多く、またその方法論の限界も出てきている、

  そうなれば新しい利益を得る手段として、市場を利用した富の移転を考えるわけで、それがインフレ政策による富の移転政策だったわけです、


  インフレ政策というのは、富めるものはより富み、貧しいものはより貧しくという政策ですから、

  それが市場を通して行われるので一見分からず、昔のような税制を使ったものに比べ騙しやすく、その点を自民党は利用している、


  インフレによって景気が良くなる、デフレは景気悪化の原因だというのはインチキは、経済学が企業しか見ていない学問だと分かっていないと理解できない、

  そしていまの経済は伸びる事のないものですから、そこで経済学的な成長を重視すれば、そこで出てくる論は全て国民の損失になるようなものしか出てこない、


  よく経済学は役に立たないといわれるが、それはいまの社会ではどうしてもそうなるもので、経済の伸びが鈍化してきた原因は社会の衰退であり、そして経済論は企業論でしかないから、社会の衰退を放置して企業利益だけを伸ばすような事をしても意味がなく、そういう理論しか組み立てれない経済学は役に立たない、


  そして経済は経済学でしか考えられないから、どんな論をとっても国民が貧しくなるのは確定しているわけですけど、
  

  ともかく、いま安部の基地外はインフレ政策をしている、詐欺師の小泉以降自民党の政治家は権力の操り人形に過ぎず、本体は別にいるだろうからこいつが考えたわけではないだろうけど、

   
  そいつのやっているインフレ政策は、国民から企業への富の移転に過ぎず、そうする事によって企業業績を見かけ上回復させている、

  昔は税制上の富の移転を行い、それは国家を使った金の流れであったが、今回はそれを市場のを使ったものに変えてきたようだ、


  自民党や財界などは詐欺師に過ぎないので、手を変え品を変え詐欺の新しい手法論を切磋琢磨している、

  いまの時代は衰退の時代ですから、経済が伸びてみんなが幸せになることはない、だから経済を伸ばす事は誰かを不幸にする意味しか持っていない、


  まあ伸ばし方によるかもしれないけど普通の方法でやる限り、経済の伸びは誰かの損失がなければ生まれなくなっている、

  そういう状態でインフレによる経済成長といっているのは「誰へ損失の転化なのか?」、それを見定められないと貧しく苦しい社会がこれから続く事になると思います、


  (GOOの方は11月いっぱいまでやろうと思っています、その後はどうしますかねぇ。)

この記事についてブログを書く
« 嘘吐き安部軍事TPPと4号炉... | トップ | 詐欺師脱原発と甲状腺問題と... »

社会」カテゴリの最新記事