深*龍宮の使いのブログ

色々なことを書いていきたいと思います、よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ移転のお知らせ、

2013-11-18 12:11:43 | はじめまして
    どうもこんにちは、


  長い間見ていただいてありがとうございます、このブログはFC2の方に移転しました、移転先は”深*龍宮の使いのブログ(FC2版)”になります、


  GOOのブログはずいぶん長い間書いていますが、一番このブログで気に入っていたのはこの壁紙みたいなものです、

  海中の画像とこのブログのタイトルがマッチしていて、この画像があったからGOOブログを続けてきた所があります、


  移転するFC2の方は実はブログ自体を止める予定だったので保管用にと考えていたため、かなり変わった感じになっています、

  あまり見る人もいないだろうと思って、好き勝手にしていたら少々変わったサイトになりました、


  元々はブログをやめてリンク集のようなサイトにしようと思っていたため、あれこれリンクを作ったりしていたのですが、アマゾンと楽天のリンクがけばけばしい感じになりました、

  私はアマゾンなどを調べる時に、サイト内で調べると上手く辿り着かない事が多かったので、そんなリンクを作ろうかと思っていたのですけど、

  それが何故か派手な感じになってしまったのですが、それ以外のリンクも「使い道があるのか!」というのが多くて、もうちょっと面白い物を作れていたらと思います、

  
  ともかく、このブログは長いこと書いてきたので思い入れもありますが、FC2の方へ移転しようと思います、こっちブログはどうしますかね、

  時々メンテ代わりに何か書くか、形式的なものを上げる可能性はありますけど、それぐらいでしょうか、


  小泉改革だ何だというので書き始めたブログですが、こういうブログを書かないですむ社会に早くなってほしいものです、




金のためのTPPと農産物を全滅させる自民党、

2013-11-16 14:07:39 | 社会
地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  何故かGOOブログのアドバンスがオフになっていますね、あれ?、11月分までは払っていたはずだけど、、

  というわけでGOOブログのほうは今日でおしまいのようです、アドバンスが続くまでやろうと思っていたのですが、今月いっぱいやる事は出来なさそうです、


  GOOブログはこういう態度を見てもわかるように、余りユーザーフレンドりーじゃないんですよね、杓子定規でユーザーにとって何がいるのかと考えない、

  反面FC2の方は、ユーザーフレンドリーすぎで大丈夫なのかと思ってしまう所がありますけど、

  GOOのブログは安定性が良くて、一度も落ちた事がありませんでしたから、その点は評価できるのですけど、もうちょっと自由度があればとも思います、
 

  それはともかく何か起きているかな日本は破滅に向かいつつあり、自民党に投票する人間がいる以上暗い未来しか来ないのだが、

  それでその暗黒社会について書いてみるとTPPのネタがありますね、


  最近ウィキリークスでTPPの情報が暴露された、内容が多いので余り読めてはいないのだけど、TPPの実情が見えているようだ、

  例えば関税の撤廃が決まっているとか、著作権の権利が厳格化されて手術方法の権利料の規定化とか、そういう社会保障や医療に対してビジネスライクにすべきだという意見が見えている、


  これはよくいわれていた話だが、TPPで破壊されるのは社会保障と農業だといわれている、

  例えばアメリカでは盲腸の手術をすると数百万かかって、それが全部実費なので金を払えないと手術が出来ないとか、

  歯医者に行くと一回あたり数十万かかるとか、ちょっとした検査でも数万掛かるのが普通らしく、向こうでは自分で虫歯を抜く人が多いらしい、


  TPPに入ってしまうと虫歯を自分で抜く世の中になってしまうのだけど、TPPというのは如何に金儲けをするかという考えに基づいたものなので、金になれば何でもいいという発想で出来ている、


  例えばTPPでいわれている著作権の問題、ありとあらゆるものの権利を強化するといっていて、病院で手術をすると手術のやり方も考えた人の権利がありますから、その権利料を払えということになる、

  他でも、ネットなどにあるアニメを加工したものや、同人などの二次利用も全面禁止になる恐れがあり、

  一種のジョークだと思うのだけど、ミッキーマウスの落書きを書いたら逮捕される、そういう世の中に成る恐れがある、


  そうやって権利を強化すれば金になるから、それでいいじゃないかというのがTPPなのだけど、


  もう一つの側面として農業の問題がある、農業は基本的に余り儲からない産業で、金銭的な意味を持つ場合もあるけど、多くの場合収入にはなりづらい、

  そういうものであるからTPPにおいて農業は基本廃止すべきだいっている、


  何故かって、それは金にならないからで、TPPの基準は金であって、金以外は全て無駄だというシステムですから、

  金銭収入になりづらい一次産業の全廃がTPPの狙いなので、TPPにはいれば農業や漁業の廃止はほぼ確定するでしょう、


  TPPは難しく考える必要はないんですよ、よく防衛だ何だといったり、左翼が反対しているとか、無駄な税金の問題だという人はいるけど、

  結局のところTPPとは金だけの世界を作り出す事で、金になることは全面肯定し、金にならないことは全面否定する、そういう社会を作るのがTPPの狙いである、


  だからTPPの事を考えるならば、病気になった場合の需要は何であるかと考えればいい、どうすれば金になるかと考えてみよう、

  そこで出る答えは、薬の値段を上げる、保険料をあげる、手術の費用を上げる、そうすれば儲かるでしょ?、TPPに入ればそういう方向性が強くなる、なぜなら金になるから、


  農業も同じで、農業で金儲けをしようとする、どうするべきか?、

  一つには危ない農薬を使い、遺伝子加工した農産物を使う、そして効率のいい農業政策を行い、効率の悪い農家には全滅してもらう、それがTPPのシステムである、


  そして、こういう形になると貧困層の救済はなく、利益ならない農業などの一次産業はほぼ全員失業する事になるが、それに対する保障も多分廃止になると思う、

  最近の生活保護叩きもそうだが、ああいうのもTPPに入って貧困層や失業者が増大する事を見越して、それに合わせて社会保障の廃止を狙っているのだと思う、


  そして政府は結局どうなるかといえば、企業に反発する不満分子を抑圧する管理団体になり、税金は全て企業の補助金に消え、社会保障のようなものは段々やらなくなってくるだろう、


  TPPとは金が全ての社会を作るものですから、国民にとってのメリットは全くなく、

  その暴露された情報でも、国民の権利は大幅に制限される、政府は国民への監視団体になる、農業は弱いところは全滅する、そんな感じのことが書いてあったが、

  ろくなものじゃないのだけど、それをやろうとする自民党に投票した人が多いので、この未来を変えるのは難しいでしょう、


  次に、減反政策について書いてみましょうか、

  なんだか地味な内容ですけど、適当にテレビを見ていたら減反政策の事をいっていて、ああこういうインチキになっているのかと思ったのですが、


  そのテレビは読売系の権力に媚を売って延命しているような番組でしたから、どんなインチキなのかが逆に分かりやすかったのですけど、

  そこでいわれていたのが日本政府は減反政策をやめる、なぜ止めるかというと輸出をするためだといっていた、


  それをみてああそういうことなのかと思ったのだけど、どういうことかというと、多分自民党や官僚は日本の農業に見切りをつけて、廃止に持って行こうとしているのだと思う、


  昔の林業がいい例だけど、あれも規制を緩和したり自由競争にしたら、海外の輸入品で林業が全滅して、結局天下りの団体が残っただけになったが、それとよく似ている、

  
  林業にそういう意図があったかは分からないのだが、農業の場合TPPとの関連性があって、

  いま自民党や官僚はTPPに入ろうとしている、そしてTPPに入れば日本の農業は全滅する事が確定している、

  それは別に陰謀論ではなく、政府の公式のデータでも全滅すると出ているわけで、日本政府がTPPに入るということは、意図的に日本の農業を潰そうとしているとみてもよいことになる、


  それとこの減反の話が似ているわけで、日本の農家の多くは米作だから、そこを潰してしまえば農家は全滅する、

  現状TPPは批判が多くて早期に加入できそうにない、しかし政府としては農家が全滅してもらわないと困る事情があるのだろう、だから減反政策の見直しをして潰しに来ているのだと思う、


  テレビで自民党のやつがいっていた、海外の農業市場は大きい、だから農業の自由化をして輸出重視をすれば利益になる、そのためには減反を止めてもっと米を作って輸出すべきだといっていたが、それが成り立つ可能性は100%ない、


  一部のブランド品は別かもしれないが、日本の多くの米などは海外では歯が立たず、輸出のメリットにはならない、

  何故かというと、まず海外の農産物には大量の補助金がかかっており、例えばヨーロッパの場合農産物価格の30%は税金だといわれていて、その分価格が下げられた状態で売られている、

  それはアメリカやオーストラリアなども一緒だろうから、まずそういう補助金の差があるので価格競争で勝てないという問題がある、


  更に、じゃあ途上国などのお金がない国ならば、そういう補助金がないから戦えるかといえば、そういう国は賃金が安いので物価は日本の数分の一ですから、そういう国の労働力に勝てるはずがなく、価格競争では勝てない、


  大規模集約化も日本の耕作地の大半は山なので不可能だし、機械化をしても農地が小さすぎるのでメリットがない、

  もし農地を集約化したとしても、その規模はアメリカの100分の一行くかどうかなので、規模を拡大しても勝負にはならない、

  つまり輸出は無理だという事で、そして輸出が出来ないまま減反を止めれば、国内需要が不安定化して価格の暴落が起きて、農家の多くが廃業する事になる、

   
  これは林業の話と似ている、あれも自由競争で規制を緩和したり関税を下げたりして、それに合わせて大量の杉林を作って供給過剰になって、林を放置する人が増えて日本の山がおかしくなった、

  スギ花粉などもそれが原因なのだけど、それと全くそっくりなので、自民党や役人は農業の廃止を検討していると見ていいだろう、


  確かに日本の農業は崩壊寸前で、高齢者も多く後継者がいないのが殆どだから、いずれ日本の農業は潰れるだろうけど、それを助けもせず潰しにかかるあたりが自民党らしいですが、


  ともかく、自民党が減反政策の廃止を言っている、それは農業の将来性のなさと、建て直しの面倒くささを考えて、農家を潰したほうが彼らにとって得だと考えた結果なのだろう、


  TPPの段階では、自民党の農業政策がはっきりしていなかったが、この減反政策で日本の農家を潰そうとしているのを見るに、自民党は最初から日本の農家を潰す予定だった見るべきだと思う、


  減反政策を廃止すれば、無制限に米が作られる事になり、価格の暴落の可能性が高まる、

  そうすれば小さなところは潰れるだろう、自民党は農産物の輸出で利益を上げるといっているが、海外のように補助金を出しているわけではないので、価格競争で勝てる可能性は100%ない、


  これは昔書いた日本が円安になって輸出重視で、経済をよくすることが出来ない事と似ていて、
   
  輸出重視経済というのは、地下資源を売る場合は別だろうけど、製品を売る場合そこで重要になるのは、製品の質ではなく人件費になる場合が多いので、

  輸出重視経済というのは、国民の所得をその分引き下げる事が多く、自民党が言っている輸出重視農業というのも、農業収入の低減化を狙ったものだと思う、
  

  分かりやすくいえば農家を潰したいという事で、いまの自民党は軍事利権を漁るのが主流ですから、軍事以外に金を回したいとは思っていないので、農業に金を払うのは無駄だと考えているのでしょう、

 
  もしくは日本の壊滅的な農業の問題を改善するのは負担が大きいのでやりたくないのか、どっちかは分からないけど自民党が日本の農業を潰そうとしているのははっきりしていると思う、


  自民党がTPPに入った時点で、そういう考えはなんとなく見えていましたが、この減反政策廃止を見るに、自民党はどうあっても農家を潰したいと考えているようなので、日本の農産物はいずれこの世から消えるでしょう、



詐欺師脱原発と甲状腺問題と秘密保護法で損するマスコミの話、

2013-11-13 13:59:36 | 社会
地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、

 
  寒くなってきましたね、ただ冬が来て寒くなったというよりは、異常気象で寒くなった感じがします、

  大きな台風が発生したりしていますから、この寒さも変な理由から来ているのだろうけど、


  それはともかく何か起きているかな、そういえば詐欺師の小泉が脱原発だ何だといっているね、

  所詮は詐欺しだから何らかのインチキなのだろうが、まだ詐欺の手口までは見えていないので、このペテンがどうなるかは分からないけど、


  こいつがいっているのは、原発から出る廃棄物の処理の問題があるから、原発の維持はできないといっている、

  一見あっているように見えるが、悪くいえば小沢氏のパクリだな、


  詐欺師の小泉は実は小沢氏と政治的方向性が近い、たとえば小泉改革でいわれていたその殆どは、小沢氏が言っていたことの実践であり、

  良く小沢氏が新自由主義者だという人がいるけど、それはそういう理由からきている、


  ただ小泉は詐欺師だから、小沢氏のいっていることを利用しただけで、たとえば小沢氏のいっていた自由経済論は、セーフティーネットとセットにしたものだったけど、

  詐欺師の小泉のやったのは、そういう保護政策が一切ない状態で、労働などの自由化をしたため、大量の貧困層を生み社会の崩壊を招いた、


  ビジネス的にいえば、本物の偽者どっちが儲かるかといえば、そりゃ偽者のほうで、

  最近の偽装料理の話もそうだけど、材料を安いものに変えておけば莫大な利益が出るように、利益という点で言えば本当に何かをするよりも、それに似せて暴利を得るような形のほうが利益は大きい、


  詐欺師の小泉は基本的には馬鹿である、知能もなければ理念もなく、社会や政治に対する常識のない者であるが、

  そういう輩は自分で政治を考える事が出来ないので、他人に依存し、利用する考えを持つことが多い、


  今回の件がそれがなのかはちょっと分からないのだが、小沢氏は常々原発の問題は廃棄物の問題だといっていた、

  たとえば原子力発電所から出たゴミは処理をする方法がなく、技術が不完全なので対策がない、


  元々原発から出るゴミは海に捨てる事を前提にしていて、それが条約によって出来なくなってゴミの処理の方法がなくなった、

  そういう点を小沢氏はかなり初期の頃から指摘しており、多分311の前からそういう事を考えていたと思う、


  それと詐欺師の小泉が良く似ている、こいつの言っていることはその廃棄物に特化していて、小沢氏が廃棄物の問題を重視していた事とよく似ている、

  そして詐欺師の小泉は、原発の安全性や福島の住民の問題、そして被爆の問題や福島原発の収束対策については発言していない、そこらへんに不自然なところがある、


  まあ所詮こいつは詐欺師に過ぎず発言に意味はないが、その発言の意図は考えなければならず、やつが脱原発と言う利害損得を計算しなければいけないだろう、

  詐欺師の小泉がまともな事をする可能性は100%ないので、後は利害の読みだけをしておけばいいと思います、


  次に、福島で被爆の人が出たようだね、甲状腺問題か、

  甲状腺問題はがんの問題もいわれるが、他にも色々な病気があるようで、体調不良なども起こすようだけど、政府はそれを認めていない、


  その問題が福島の子供で起きているようだが、元来甲状腺がんは子供には出来づらく、専門家ではないので詳しくはないのだが、起きる確率は殆どゼロらしい、

  それがかなりの比率で発生していて、被爆が原因じゃないかといわれている、


  甲状腺にはヨウ素が集中しやすく、原発事故時に大量に出るのは放射性ヨウ素ですから、それを吸い込むと病気になりやすい、

  原発事故時、福島周囲は空間線量が1ミリシーベルトを越えており、一時間いれば一ミリ被爆する環境にもあったが、子供たちは普通にそういう環境で遊んでいたので、重症化している恐れがある、

  チェルノブイリの場合は一応住民の移住をさせたが、日本政府は一切しなかったので、重度の被爆をしている恐れがある、


  政府はよくそんなに大した被爆ではない、もししていたとしても十ミリシーベルトくらいで、大したものじゃないといっているけど、

  確か初期の頃の被爆データは検査機が壊れていて計測できておらず(意図的に破棄した恐れもある)良く分かっていない、


  現状被爆した数値といわれているのは、その後のセシウムの比率から割り出したもので、それもかなり時間がたってからであるから、フォールアウト時にどの程度放射性ヨウ素の被爆をしていたかは分からない、

  ただ事故直後現地に入った記者によると、空間線量は一時間あたり一ミリを越えていたらしいから、その多くがヨウ素によるものだと考えるとかなりの被爆になるだろう、


  チェルノブイリのときにヨウ素剤を配った国では甲状腺問題が全く出ず、そういう事をしなかった国では出ていたので、

  311事故直後は盛んにヨウ素剤を配るべきだと、多くの人がいっていたが政府は配らなかった、

  
その時の政府の言い分はヨウ素剤は副作用があるので、一般の人に配るのは危険であるといっていたが、実はヨウ素剤は海外では健康食品として売られているものであり、配っても問題はなかったのだけど、

  どういうわけか役人には配っていて住民を見殺しにしていた、


  話が変な方にいっていますが、ともかく福島の子供に甲状腺問題が出ている、

  それを政府は金を払いたくないから、被爆の問題ではないといっている、

  しかし甲状腺問題を引き起こす放射性ヨウ素については、その計測データは破棄されていてどうなっているか分からない、


  それなのに政府は、チェルノブイリでは3~4年たってから症状が出たのだから、そんな事はないといっているけど、

  実はチェルノブイリでもすぐに症状は出ていて、確か計測の問題か何かで表面化していなかっただけで、フォールアウトによる甲状腺問題はすぐに出ても不思議ではない、


  学者や学問というのは、学術的にこうだというだけで現実を一切見ない連中ですが、

  本来甲状腺がんが子供に出るのは、100万分の一か、数十万分の一の確率で、現状10万人に数十人出ているのは異常だから、症状が出ているのだろう、

  これも政府のやつは甲状腺が出やすい大人のデータと子供のデータを比べて、比率は大した事ないといっているようだけど、水俣病のような問題がこれから起きるのだろうかね、


  学術的に正しければ子供が死んでもいい、自分の利権が維持できれば福島県民が病気になってもかまわない、それが日本という国家制度であり、棄民の国日本の実情であります、


  後は、特定秘密保護法の話があるね、

  この法案は国民の知る権利を阻害し、情報を得ただけで刑務所送りにする、非常に危ない法律ですが、

  マスコミも自分が不利になる可能性に気付いて、ようやく反対の意見を述べるようになった、


  それは要求していたマスコミ関係者は逮捕されないという形が、よく考えてみると「マスコミかかわった人々は逮捕される=自分の責任になるんじゃね?」という問題に気づき、そのリスクを考え反対するようになった、


  マスコミは情報産業ですから彼方此方と関わりがある、そしてこの法律ではそのかかわった人を全て処罰する事が出来るので、マスコミ関係者を適法外にしても立場上不利になる、

  そうなると自分らの問題が大きくなるし、情報を集約する事が出来なくなれば実質ビジネスを廃業する事になるので反対だといっている、


  もちろん自分に損になるから言っているだけで、社会や世の中がどうなろうが連中は興味を持っていないだろうけど、


  ともかく、国家機密(実際は国家の問題)を隠蔽すべく作られつつあるこの法案であるが、

  この法案で政府はマスコミを子飼にしようとして、マスコミはこの法律の適応外である、だから安心していいといって、馬鹿なマスコミはそれを信じていたのだけど、


  よくよく考えてみると、マスコミは適法外であっても、マスコミにかかわっている人は法律の範囲内になるのだから、結果としてマスコミと関わる人がいなくなるという問題に気づき、急に意見を変え始めた、

  マスコミはあちこちと付き合って情報を集め報道している、それが不可能になるこの法律が出来てしまえば商売はそれまでで、その損失を考えて反対に回ったのだろう、


  この法案がどうなるかは分からないが、言論弾圧で一番損をするのがマスコミである以上ある程度反対をするだろう、

  しかしその反対を認めれば、自民党の独裁を作るべく出したこの法案が骨抜きになってしまう、その両者の対立がどうなるかだが、
 

  多分結果は金持ち喧嘩せずで、国民に責任だけをおっ被せるものになるだろうけど、構図的に単純にはそういう形に出来ないので暫く争いが続きそうです、



  (あれ?、GOOブログアドバンスが切れていますね、11月分は払っているはずなのだけど、、)



Gooブログの話と20ミリ被爆と特定秘密保護法とインフレ貧困問題、

2013-11-10 13:49:56 | 社会
地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  あれこれ考えたのですが、GOOブログの方は止めようかと思います、

  別にブログ自体は止めないのですけど、同じ内容のブログを更新しても意味がないと思って、移転のような事をしようと思っています、


  GOOのブログは安定性はいいのですが自由度が低くて、たとえばいま有料化してアフィリエイトみたいのをやっていますが、これがスクリプトが動かせないので全部手で張らないといけないんですね、

  最初の頃は楽しかったのですが段々疲れてきました、

  他でもバックアップが有料で、バックアップを取るだけでお金を払わなければいけないのもどうかなと思って、あまりメリットがないような気がしました、

  GOOのブログそのものは好きなのですけど、同じ内容を二ヶ所で書いても仕方がないので、FC2のほうに変えようと思っています、


  それはともかく何か起きているかな、一応ネタはあるようだけど、どれがいいか、

  ではひとまずは、福島の住民帰還について書いてみましょうか、


  福島原発が爆発しフォールアウトが起きて、その結果広範囲の地域で人が住めなくなった、

  チェルノブイリの例を見れば移住させるのが当然であるけど、そうすると多額の費用がかかるので政府はそうしたくはない、その結果帰還させようという考えが出ている、


  そこで問題になるのが空間線量の問題で、いまの基準は年間一ミリシーベルトで、これが本来の法的基準ですから、それ以下にしようと今まで除染をしてきましたが、

  除染には効果がないので一ミリ以下にする事が出来ず、移住をさせる事ができなかった、


  それで自民党は国民は金のなる木、金を奪えば生きようが死のうがどうでもいいと考えている連中ですから、強制的に住民を帰す方法を考え出した、

  それが年間被爆を20ミリまで上げるもので、20ミリシーベルトというのは原発作業員の被爆上限ですから、原発の作業員のレベルまで被爆限度を上げようとしている、


  問題になるのは、妊婦さんや子供もこの基準になる事で、子供や胎児は感受性が高く、何十倍何百倍というダメージを受け致命的な問題になる、

  また現場の作業員は内部被爆を防ぐ特別なスーツを着ているが、一般の人はそういうものを着ていませんので、内部被爆が深刻化する恐れがある、


  そもそも作業員の被爆上限は外部被爆の上限ですから、致命的なダメージを与えやすい内部被爆がない状態のものなので、そういう基準を内部被爆が多い一般家庭の被爆問題に当てはめるのは問題が多い、


  分かりやすく言えば住民は死ねといっているようなものだけど、自民党は昔とは違い今は国民の命を狙う人殺しの集まりに過ぎないので、連中が国民のメリットになることをする可能性は100%なく、福島の人々は自民党に殺されるでしょう、


  次に、特定秘密保護法について書いてみると、

  安部の屑と自民党のゴミ連中がやっている特定秘密保護法ですが、色々問題が見えてきているね、


  まあ全部問題でしかない法案であるけど、たとえばこの法案は日本の防衛に関する情報を保護するものだといっているが、実際は無制限なんですね、

  法律の条文を全部読んだわけではないのだけど、条文ごとにその他とかそれ以外と書いてあって、例外が無制限になっている、


  たとえば自民党に渡した賄賂なども、特定機密にする事は可能なので、それを報道するれば関係者全員牢獄送りで、

  将来的に刑罰が死刑まで含むようになれば全員殺される、

  昔の治安維持法も最初は懲役刑までのものだったのが、最終的に死刑まで可能になり軍に都合の悪い人を片っ端から殺していたらしいけど、この法案をちょっと変えると同じ事が出来る、


  そもそも無制限に秘密の指定が出来て、しかもそれによる裁判は何が罪であるかを明らかにせず、裁判官も検察も弁護士も何が罪なのか分からないまま、政府の都合で人を処罰できてしまうので、法治国家でなくなってしまう、


  そういえば自民党はむかし軍人が国民を裁く裁判制度を作ろうとしていたから、もしかするとこの法案はその裁判を想定していて、自衛隊が国民を銃殺刑にするために出している法案なのかもしれないけど、


  ともかく、自民党の基地外どもが出している特定機密保持法ですが、連中は国の防衛のためといっていますけど、国家の機密を保護する法律は存在し、またスパイなどへの法律もあるので、国の機密を守るための法律を作る必要性は全くない、


  じゃあ何で作っているのかというのが、その例外規定の多さで、この法案の狙いは秘密裁判のようなものを狙っているのではないかと思う、

  つまり、何の罪状であるか、何の証拠があるのか、どんな行為が問題だったのか、そういうWhat、Howみたいな疑問の解決のための裁判制度を止めて、政府に都合の悪い人間を処罰するための裁判制度にするのが狙いだと思う、

  国家権力に逆らうやつは犯罪者、その理由はどうでもいいという形に変えるのが自民党の狙いだとみていい、


  これは私のよくいう中世への退行だね、江戸時代なら成り立ったかもしれないが、いまの時代にやれば昔の南米の独裁国家のようになるだろう、

  もしくはポルポトみたいな、大量虐殺を前提とした国家制度になる恐れがある、


  何度も書いていますが、近代化社会は国民の力の向上と問題の増加が主たる問題であり、相対的に国家の価値は小さくなるから民主主義が必要になる、

  それを安部の基地外の馬鹿は、馬鹿だから理解できないのだろうな、


  このまま自民党体制が続けば大量虐殺の時代が来るか、陰湿で貧困の蔓延る薄暗い社会に永遠に生きるかのどちらかになるだろう、

  そこまで行くかは分からないが、少なくとも自民党が目指しているのがそういう社会であるのは間違いないと思います、


  後は、あまりネタがないのでインフレについて書いてみましょうか、

  安部のアホがやっているインフレですが、経済学者はインフレにすれば全ての人は幸せになれると、薬物中毒者のような学説をいっているが、


  さてどうなんでしょうね、今は確かに幾らかインフレ気味だけど、じゃあ景気がよくなったかといえば、大企業は景気が良くなったけど、一般の人は景気が悪くなったという人が殆どである、


  そのギャップは何かというと、昔から言われる話だけど、税制制度上の富の移転が起きていると、左翼系の人が言いますよね、

  法人税の減税と消費税のアップは関連していて、企業の収益の増加は実は国民の税負担増とほぼ同じ額になっていて、自民党の企業優遇政策と国民の負担増政策によって、国民の富が企業に転化されたのだといわれる、


  実はそれとインフレは全く同じ意味を持っていて、インフレになると物価が上昇しますが、同時に金融資産は増加するので、裕福者や株式などを持っている企業の利益は増加する、

  逆に一般の人は物価が上がるだけなので、その分損失をこうむる事になる、


  詐欺師の小泉の頃は税制度上の富の転化をして国民を騙していたが、いまは市場を通してインフレを使って富の転化をし、国民から搾取するシステムを作っている、


  頭のおかしい経済学者などは、インフレにすれば経済は良くなるという、しかし経済論とは企業経済論に過ぎないわけで、国民の生活は経済論の基準には入っていませんから、連中はインフレにすれば企業収益は上がるといっているだけで、国民の生活が向上するとは一言も言っていない、


  いまの日本経済は頭打ちなので、経済が拡大してみんなが儲かるという形は起きず、誰かの利益は誰かの損失にしかならない、

  経済学的に経済の利益を追求していけば、それは企業が儲かって国民が損をする形にしからない、


  だから経済学者がインフレにすれば経済が良くなるというのは、インフレによって国民の富が企業に吸収されて、企業業績がよくなるという意味でしかなく、それ以外の意味は存在しない、


  税制上の富の移転は、今まで散々やってきたので、それに対する批判も多く、またその方法論の限界も出てきている、

  そうなれば新しい利益を得る手段として、市場を利用した富の移転を考えるわけで、それがインフレ政策による富の移転政策だったわけです、


  インフレ政策というのは、富めるものはより富み、貧しいものはより貧しくという政策ですから、

  それが市場を通して行われるので一見分からず、昔のような税制を使ったものに比べ騙しやすく、その点を自民党は利用している、


  インフレによって景気が良くなる、デフレは景気悪化の原因だというのはインチキは、経済学が企業しか見ていない学問だと分かっていないと理解できない、

  そしていまの経済は伸びる事のないものですから、そこで経済学的な成長を重視すれば、そこで出てくる論は全て国民の損失になるようなものしか出てこない、


  よく経済学は役に立たないといわれるが、それはいまの社会ではどうしてもそうなるもので、経済の伸びが鈍化してきた原因は社会の衰退であり、そして経済論は企業論でしかないから、社会の衰退を放置して企業利益だけを伸ばすような事をしても意味がなく、そういう理論しか組み立てれない経済学は役に立たない、


  そして経済は経済学でしか考えられないから、どんな論をとっても国民が貧しくなるのは確定しているわけですけど、
  

  ともかく、いま安部の基地外はインフレ政策をしている、詐欺師の小泉以降自民党の政治家は権力の操り人形に過ぎず、本体は別にいるだろうからこいつが考えたわけではないだろうけど、

   
  そいつのやっているインフレ政策は、国民から企業への富の移転に過ぎず、そうする事によって企業業績を見かけ上回復させている、

  昔は税制上の富の移転を行い、それは国家を使った金の流れであったが、今回はそれを市場のを使ったものに変えてきたようだ、


  自民党や財界などは詐欺師に過ぎないので、手を変え品を変え詐欺の新しい手法論を切磋琢磨している、

  いまの時代は衰退の時代ですから、経済が伸びてみんなが幸せになることはない、だから経済を伸ばす事は誰かを不幸にする意味しか持っていない、


  まあ伸ばし方によるかもしれないけど普通の方法でやる限り、経済の伸びは誰かの損失がなければ生まれなくなっている、

  そういう状態でインフレによる経済成長といっているのは「誰へ損失の転化なのか?」、それを見定められないと貧しく苦しい社会がこれから続く事になると思います、


  (GOOの方は11月いっぱいまでやろうと思っています、その後はどうしますかねぇ。)

嘘吐き安部軍事TPPと4号炉核燃料と福島移住問題、

2013-11-07 14:07:34 | 社会
地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  テレビを見ると景気が良くなったという話を聞きますが、そうなんですかね、

  うちの近所に工場が集まっている所があるのですが大量に潰れています、ずっと見慣れていた風景がどんどん消えていて、本当に景気がいいのかね?、


  景気が良いなら大量に潰れるわけがないのだが、それはともかく何か起きているかな、

  ふ~む、ネタはあるけど、安部屑が汚い話題しかないようで日本は末期症状ですが、


  それで安部屑がやったのは、NSCとかいうのがあるようだな、

  NSCというのは良く分からないのだが、アメリカで似たような組織があるのでそれの真似っぽいが、

  役割としては軍事を統括する組織を作るもので、軍事司令部のようなものを作るのが狙いのようだ、


  書いていてなんだと思うけど、憲法9条下で軍事司令部を作って、無制限に軍事行動をするとは、日本はもうすでに崩壊していると見るしかありませんが、

  で、その安部の屑がやっているNSCだけど、組織を作っても活動が出来なければいけないので、これから集団自衛権や特定秘密保護法のような治安維持法を作って、軍事独裁に進むようだ、


  これがどうなるかだね、この法案に対しては民主党も賛成していて、公明党も賛成しているが、

  両党とも特定秘密保護法と集団自衛権は否定している、つまりNSCまでは作る事が出来るがそれ以上はハードルが高いようだ、

  ただし民主党はNSCに賛成しているから、修正して賛成という形になる可能性があり、歯止めが利かない恐れがある、


  まあ自民党に投票した人が悪いのだけど、そういう人も別に悪意があったわけではなく、テレビや新聞に自民党が良いと書いてあったから投票しただけなのだろうけど、

  その結果がこれですからね、自民党に投票した代価は自分や子供の命になるわけで、もっと世の中のことを知るべきだったと思います、


  次に、安部の屑がやったもう一つの犯罪にTPPがある、

  このアホはTPPに入っても関税は維持する、農産物の保障は必ず手に入れるし、出来なかったら政治家をやめるといっていたが、

  知能の足りないゴミクズなので、当然そんな約束を守るはずもなく、アメリカの言い分を10000%受け入れて、その売国行為で利潤を漁っているわけですが、


  で、そのアホがやった事にTPPの関税問題がある、

 
  いままで自民党は農産物の関税は維持するけれど、加工品の関税は維持しない、つまり農産物をそのまま売る事は可能だけど加工品は全部ダメになるとそんな説明をしていた、

  農産物は加工品の利益が大きいので、加工品がだめになれば農産物自体もだめになるのですが、それを隠蔽しつつ騒いでいたのだけど、


  アメリカに国を売るしか能がない安部のクズが、今度は農産物自体の関税を引き下げるといい始めた、

  てことは全滅だよね、加工品がダメな時点で終わっていたけど、農産物自体の関税もなくなるのならば、日本の農業が崩壊するのは確定したといえよう、


  これも自民党に投票した人が悪い、特に農家の人がかなり投票していて、ああいう人は昔からの付き合いで投票たのだろうけど、

  その結果自分の事業は全滅し、コミュニティーや社会性も崩壊して人間らしく生きる事も難しくなった、

  自民党に投票するのは自殺行為であり誰にとってもメリットはない、それを理解できなかったので地獄をみる羽目になったのでしょう、


  後は、そういえば福島原発の4号炉の燃料を取り出すらしいね、

  福嶋原発は1~3号炉が爆発し、その影響で4号炉も爆発した、

  4号炉そのものは活動していなかったので、それ自体が爆発したわけではないのだが、隣の3号炉から流れてきたガスによって爆発し大破した、

  ただ運よく核燃料を保管しているプールなどは破損せず、二次災害は起きなかったのだけど、そのままにしておくわけにはいかないので、プール内の核燃料棒の取り出しを考えている、


  計画はもう少し先だったはずだが予定が早まって、今月にも行うようだけど、

  その作業の問題としていわれているのは、一つが核燃料を吊り上げるときに不手際があって爆発するのではないかといわれている、

  作業そのものはプールが残ったので普通の原発とそれほど変わらないらしいが周囲の壁などはなくなっていますから、もし爆発が起きたらもう一回311のような事が起きる、


  別の問題として、4号炉のプールはかなり長い間むき出しになっており、蓋などがなかったのでゴミが大量に落ちているらしい、

  特に事故時の爆発の破片が落ちていて、昔は大型クレーンがそのまま落ちて取出しが大変だった話を聞いた事があるけど、プール内はゴミだらけなのでそれが取り出し時にどんな問題を生むのか、という話があります、


  他の点で言えば、核燃料そのものの問題もあります、現状ではプール内の核燃料の確認は出来ていないので、どんな状態にあるか分からないらしいです、

  一応ある程度は分かっているのですが、野晒しのプールに何年も浸かっていたものですから、ちゃんとした管理をしていたわけではないので、核燃料自体が異常性をもっている可能性がある、

  それに事故時に受けた衝撃もあるから、核燃料自体が破損していて持ち上げたら爆発する可能性もあるわけで、安全とはいえない、


  とはいえ放っておけばプールそのものが崩壊しかねないので、取り出さなければいけないのだけど、

  その問題は上で書いたように、どんな問題が発生するかがわからないこと、核燃料の状態とか、プールの状態の確認が出来ていないので、吊り上げてどうなるかは全く不明である、

  更に、プールはむき出し状態ですから、もしそこから放射性物質が漏れれば、周囲に拡散する事になるので、非常に危険であります、


  事故対策はしなければいけないが安全の確保は出来ない、原発事故後の作業はそういうものにしからないわけです、


  それ以外だと、自民党が福島県民の移住を言い出している、

  福島原発が爆発し、その結果強く汚染された地域が出来て、人の住めないエリアが生まれた、

   
  自民党はそのエリアに強引に戻そうとしていたのだが、どういうわけが移住を言い出ている、

  う~ん、多分除染費用の問題と除染が不可能である実情からきているのだろう、


  除染の費用は数兆かかる、それに比べると移住の費用は安いので、政府の負担を下げるために移住計画に切り替えた可能性がある、

  そしてもう一つは、除染が行き詰っていて作業員が集まらなくなってきているらしいから、方向性を切り替えたのだろう、


  とはいえ自民党は自民党、まともな事をするわけがなく実態はかなり悪質なものになるだろうがね、

  私の見立てだと自民党がやりそうなのは、このままフォールアウトによって特定の地域が住めなくなったとなれば、民事訴訟が始まって多額の賠償金を払わなければならなくなる、


  たとえば家一軒土地一つとすれば、あわせれば数千万億単位の金になるし、

  更に損害賠償もセットになるから、更にどんどん負担金が上昇する、

  それを避けるためには、賠償をどのようにするかを政府が自分の都合の良いように決めて、そこで出来る限り値切るような形を作って、それ以外を認めないという形を目指すと思う、


  自民党は利権政党だから、金が全てなので善意は一切ないですから、

  金勘定の優位性を作りたいというのが、今回の除染をやめて移住を重視する政策転換だと思うので、出来る限り安い移住計画にしてくると思う、


  それは費用の値切りであると思うけど、もう一つが補償範囲の限定化もしてくると思う、

  自民党の移住計画は見たところ汚染が強い一部地域に限定したものだから、汚染が強くて除染が難しく訴訟になりやすい地域だけを安く保障して、それ以外の地域は法か制度で訴訟を出来なくさせて、強制帰還を重視するのではないかと思う、


  分かりやすくいえば、目に付くような形、明らかにダメだと思われるものを残しておくと、それが反対活動の中心になる恐れがあるから、そこだけは救済してそれ以外を助けない、そうするのではないかと思う、


  自民党にとって大事なのは身の保身と金だけである、連中が社会や世の中のために何かをすることはない、

  そう考えると自民党の移住計画とは、水俣病等であった一部救済による、反体制活動の軽減が狙いに見える、


  まあ少なくともまもとなことはしないだろう、自民党がまともな党なら原発は爆発しなかっただろうし、そういう連中がやる事に意味があるとは思わないほうが良いです、