台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

「虎ノ門」的中文是「虎門」還是「虎之門」?(「虎ノ門」の中国語は「虎門」、「虎之門」のどっちだ?)

2012年07月13日 | こう言うんだ!~リアルな中国語
一個學生最近問我一個問題,她說「虎ノ門」,「霞ヶ関」,還有「四ツ谷」,這些地名翻成中文時,「ノ」,「ヶ」,還有「ツ」這些東西該怎麼辦?
地名の「虎ノ門」の「ノ」、「霞ヶ関」の「ヶ」、そして「四ツ谷」を中国語に翻訳する際に、「ノ」、「ヶ」、「ツ」みたいなものはどうすればいいの?という生徒さんからの質問があった。

我想基本上應該是沒有人硬性規定或有什麼一定的規則吧!只不過,拿掉似乎是比較主流的做法。
基本的に誰かによって一定のルールがあるわけではないと思うが、はずすほうが主流ではないかな?

但有時基於語感或字數平衡感的考量,也有可能保留會比較好,這就牽涉到個人感覺問題了。
ただ、語感や字数のバランスで、そのまま残したほうがいい場合もある。その辺は各個人の感覚問題になってくる。

而如果翻譯出來的話,「ヶ」「ツ」還有「が」都會翻成「之」。
訳出される場合、「ヶ」「ツ」と「が」はいずれも「之」(「ノ」の意)になる。

我個人比較偏向拿掉,因為不拿掉的話,會覺得聽起來沒有專有名詞的感覺,或覺得太強調,太誇張。但為什麼會這樣呢?
わたしはどちらかといえばはずす派。はずさないと固有名詞に聞こえなかったり、または強調・大げさに聞こえたりするから。でも、どうしてそうなの?

根據我個人的分析,比如說拿「我爸爸」和「我的爸爸」相比,前者可以說近似一個專有名詞,但後者因為多了一個「的」字,所以比較偏向臨時性組合,用在於強調不是「別人的爸爸」而是「我的爸爸」,而用在地方名詞時也有類似的感覺吧!
個人的な分析によると、たとえば「我爸爸」(ちち)と「我的爸爸」(わたしのお父さん)を比較すると、前者は固有名詞に近く、後者は「的」(の)があるため、一時的な組み合わせに感じられ、「ほかの人のお父さん」ではなく、「わたしのお父さん」という強調のニュアンスを帯びている。それは地名の場合も似たような感じでしょう。

再者,如果把「霞ヶ関」翻成「霞之關」,雖然不至於聽起來不像個地名,但因為有「之」,所以會覺得有點強調→有點誇張→有點太氣派堂皇。
なお、「霞ヶ関」を「霞之關」に訳す場合は,地名に聞こえないまでいかないが、「之」があるため、ちょっと強調→ちょっと大げさ→ちょっと立派過ぎ、といった感じかな。

「世田谷」這個地名雖然發音中有「が」,但並不出現在字面上,由此可見「が」這個字是可有可無,比較次要的要素。
「世田谷」の地名に「が」の発音が存在するものの、字面には現れない。そういうところからも「が」の字はあってもなくても、副次的な要素とみていいでしょう。

不過,雖然「省略」是基本款,還是看得到如「自由之丘」,「井之頭公園」這樣放進去不省略的。
ただ、「省略」が基本パターン(定番)とはいえ、「自由之丘」(自由が丘)・「井之頭公園」(井の頭公園)のように省略しないで訳出されるものもなくはない。

所以說來說去,還是以聽起來比較順為優先吧!如果你下次不知道該怎麼辦的時候,還是上網查一下,看看大家是怎麼用的吧!
ということで、やはり自然に聞こえることが先決条件だろう。今度迷ったときは、ネットで検索をかけてみて、ほかの人の使用状況を確認してみるといいでしょう。

以下是一些大家耳熟能詳的東京地名的中文翻譯,提供給大家做參考。四谷,市谷,霞關,虎門,丸內,御茶水...。
次はご参考に、いくつかおなじみの東京の地名の中国語訳を挙げてみよう。四谷(四ツ谷)、市谷(市ヶ谷),霞關(霞ヶ関),虎門(虎ノ門),丸內(丸の内),御茶水(御茶ノ水)...。

說到這裡,你能正確無誤地區分「四谷sìgǔ」,「市谷shìgǔ」還有「澀谷sègǔ」的中文發音嗎?
ところで、「四谷」、「市谷」と「渋谷」の中国語発音をきちんと区別できますか?



台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 送禮習慣中日差異之管見(お... | トップ | 讓人心服口服的一次服務(納... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Li Yuanhung)
2012-09-15 13:19:01
我自己感覺
日文地名加了""之"'的地名
很像中國"'文言文"'的語法
不知是否是受到過去漢字的影響?
Unknown (こうりん)
2012-09-15 21:55:40
應該是,而且比方有一個人的名字裡有「之」這個字,當他要自我介紹時,他會說「『これ』の『之』」、意即「這個」的「之」。

也就是,我們對「之」一字的基本認識現在應該是「的」,可是他們反而停留在更原始的意思上。

不過,當然如果你跟他們說我家的地址是250號之3的「之」是「の」,他們還是能馬上理解的。

コメントを投稿

こう言うんだ!~リアルな中国語」カテゴリの最新記事