台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

繁体字で受けられる台湾教育部による「華語文能力測験」

2010年08月11日 | お役立ち情報
簡体字による中国語検定、HSKはよく知られている中国語能力試験だが、意外と知られていないのは台湾の教育部による「華語文能力測験」。

教室に通っている台湾好きの生徒さんに聞いても、やはり知っている人が少ない。ただの宣伝不足なのか、何かに遠慮しているのか?

2010年現在、日本では3月の東京会場と11月の大阪会場の年2回のみ。一度落ちたら次のチャンスは1年後という遠い先のこと。まだ受験者が少ないから年に何回もやれないのはわかるけど、もっと関連機関を通じて情報を広めてもいいのではと思う。

オンラインの模擬試験が用意されているので、申し込む前に一度実力を試してみたらいいと思う。
華測会の「登入」をクリックし、「線上模擬測驗」ページに入る。「線上模擬測驗」をクリックし、レベル別(4つ)の模擬試験のいずれかを選択すれば、テストスタート。

中国語検定やHSKとくらべて、出題は教科書っぽくないのが最大の特徴。ネーティブの日常会話やニュースに出てきそうな話題ばかりだから、普段の試験準備は、大量の熟語、ことわざ、慣用表現やニュース表現のストックを十分意識する必要がある。

リスリングでは、最初から最後まで気を抜かずに聞かないと、とくに文章が長い場合は、耳に入った情報がどんどん消えていく可能性がある。要所要所紙に控えるとよいでしょ。それから、ずっと聞いていると耳がどんどん疲れてくるから、一問終わったら、許される限り、耳を(というか脳を)休ませたほうがいい。

リーディングは普段どれだけ中文の文章に慣れているがカギ。リスリングもそうだが、言葉の問題というより主観判断、場合によっては常識問題、ときには引っかけ問題が登場し、文中に十分なヒントのない設問もあり、もう右往左往しそう。
※たとえば、ある出題はトンネルで発生した交通事故に関する叙述で、「以下正しいのは?」を選ぶ問題。その正解は「由於這場車禍発生厳重塞車」(事故が原因で大渋滞が起きた)となっているが、文中の渋滞は1kmとあった。この「1km」を大渋滞といえるかどうか、みたいな。

ちなみに「高等模擬試題」をやってみたところ、リスリングは3問不正解(一瞬の隙をつかれた感じ、クヤシい!)、リーディングは全問正解。終わったら、ネーティブの私でも頭クラクラ。疲れた!

<ご参考に>普段の試験準備は、↓のような、とにかく「日常表現」、「生活密着の熟語」の素材で。(全て日本で入手するもののため、簡体字中心であしからず)
たとえば「子供も話す実用中国語成語1000ーうろ覚え索引つき」や「気持ちが伝わる! 中国語リアルフレーズBOOK (CD付) (CD BOOK)」、「ネイティブがよく使う中国語表現」、または著者が台湾人の「中国語のスラング表現?映画・ドラマ・音楽が楽しめる! (アスカカルチャー)






台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 台北宿泊のおすすめーゲスト... | トップ | 炎炎夏日、飲水要思「塩」! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (太陽)
2010-09-08 11:50:55
オンライン模試・初等をやってみました。
結果は3/120・・・・????
変ですよね(涙)
立ち直れません;;

初級とはいえ問題数も多いしなかなか大変でした。最後の問題は疲れた脳みそに過酷ですよね(笑)
Unknown (こうりん)
2010-09-10 13:42:32
実はわたしも「高級」をやってみたところ、得点を楽しみにしていたら、おなじく3/120でした。絶対システムがおかしいと思って、一つ一つ確認しましたよ。
答えを別のところに控えて正解をチェックしたほうがいいと思いました。

コメントを投稿

お役立ち情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事